沖縄産黒糖くずもち

[カフェ・スイーツ]
食の安全が不安視されるなか、自然食品に注目が集まっていますが、
沖縄料理はまさに自然食品の宝庫。
身体が喜ぶ沖縄産黒糖くずもち 身体が喜ぶ沖縄産黒糖くずもち

▲身体が喜ぶ沖縄産黒糖くずもち(上)

▲沖縄料理はまさに自然食品の宝庫(左下)焦がさないようによく煮立てて(右下)

食の安全が不安視されるなか、自然食品に注目が集まっていますが、沖縄料理はまさに自然食品の宝庫。

例えば今回使用した沖縄産の黒糖は、さとうきびの汁を煮詰めて作ったもので、精製された白砂糖と違い、ビタミンB1・B2、ミネラルやカルシウムを豊富に含んでいます。

また、黒糖に含まれる「フェニルグルコシド」という成分は、糖質の吸収を緩やかにするので、血糖値の上昇も穏やかで、血糖値が気になる方にもお勧め。

そして、白砂糖より低カロリーなうえ、腹持ちが良いので、ダイエット中の方にもお勧めなのです。

お子様と一緒に作れる、このくずもち。秋の夜長のお茶うけに、家族の会話も弾むかもしれませんね。

沖縄産黒糖くずもちの豆知識

糖分はブドウ糖として吸収され、エネルギーになりますが、黒糖は限りなくブドウ糖に近い形をしています。

昔は漢方薬としても使われていた黒糖。腹痛・生理痛などの痛みや、風邪の引き始め、冷えにもよく効くのだそう。

さとうきびの収穫量が日本一の沖縄で、昔から培われてきた知恵なのでしょうね。

ちょっと疲れたな。と感じたときや、なんだか体調が思わしくないときに、栄養ドリンクや薬に頼るのではなく、黒糖をひとかけら含むのも案外効果的なのかもしれません。

沖縄料理一覧

豚肉料理
ラーメン・麺料理
家庭料理
すし・魚料理・シーフード
豆腐料理
丼物
天ぷら
カフェ・スイーツ
沖縄料理のご紹介「沖縄産黒糖くずもち」ページ上部へ