ゆし豆腐のお汁

[豆腐料理]
「ゆし豆腐」とは、豆乳ににがりを加えただけの豆腐のこと。
固まる手前の、やわらかくふわっとした状態で、濃厚な味わいが特徴です。
カラダにやさしい ゆし豆腐のお汁 カラダにやさしい ゆし豆腐のお汁

▲胃腸が疲れたときにオススメ「ゆし豆腐のお汁」(上)

▲袋中の汁を入れて作ってもおいしい(左下)「ゆし豆腐そば」。地元食堂では人気メニューのひとつ(右下)

「ゆし豆腐」とは、豆乳ににがりを加えただけの豆腐のこと。固まる手前の、やわらかくふわっとした状態で、濃厚な味わいが特徴です。本土では「くみ豆腐」「おぼろ豆腐」と呼ばれていますが、そこは島豆腐、本土のソレよりはいささか固めです。

そのゆし豆腐、沖縄では味噌汁仕立てでいただくのが一般的で、料理自体を「ゆし豆腐」と呼ぶことも。作り方は味噌汁同様、鰹だしの中にゆし豆腐を入れ、味噌を溶かし入れるだけ。香りづけに醤油を少したらしてもグッド。実にシンプルで素朴な味わいですが、それだけに食べ飽きることなく、胃にストンと落ち着きます。

味噌汁仕立てでいただく以外で、最近人気なのが「ゆし豆腐そば」。沖縄そばにゆし豆腐をのせたもので、クリーミーなゆし豆腐と、スープの塩気が絶妙にマッチ!町の食堂でもメニューに挙げるお店が増えてきているようで、その人気ぶりがうかがえます。

もちろんそのまま冷奴でいただいても美味。あっさりさっぱり、それでいてコク深いゆし豆腐で、夏バテのカラダを癒しましょう!

ゆし豆腐のお汁の豆知識

豆腐の原料である大豆は、「畑のお肉」といわれるほど栄養価の高い食品。その栄養素の約30%を占めるといわれる「大豆たんぱく質」は、人間の体内では合成できない9種類の必須アミノ酸がすべて含まれているとか。その他、カルシウムやビタミンB1・ B2、オリゴ糖、イソフラボンなどが豊富に含まれ、まさに栄養の宝庫です。その栄養を無理なく摂取できる豆腐は、消化吸収も抜群によいため、大豆に勝るとも劣らない健康栄養食品の帝王!といえるでしょう。ちなみに、木綿豆腐1丁あたりのたんぱく質は、卵3.5個分に匹敵するとも。

低カロリーで栄養価抜群の豆腐はダイエットにも最適。1日1丁の豆腐は、体重計と医者を遠ざけることになるかも!?

沖縄料理一覧

豚肉料理
ラーメン・麺料理
家庭料理
すし・魚料理・シーフード
豆腐料理
丼物
天ぷら
カフェ・スイーツ
沖縄料理のご紹介「ゆし豆腐のお汁」ページ上部へ