ニガナの白和え

[家庭料理]
沖縄では「ンジャナ」と呼ばれ、ゴーヤに負けないくらい強い苦味を持つニガナ。
古くから薬草として使われ、ビタミン・カルシウムが豊富な沖縄野菜です。
甘苦さが絶妙! ニガナの白和え 甘苦さが絶妙! ニガナの白和え

▲見た目は地味だけど栄養価は抜群!ニガナの白和え(上)

▲ニガナ。葉もの野菜のなかでダントツの苦さ(左下)一般の豆腐より硬く水気が少ない島豆腐(1/2丁)(右下)

沖縄では「ンジャナ」と呼ばれ、ゴーヤに負けないくらい強い苦味を持つニガナ。古くから薬草として使われ、ビタミン・カルシウムが豊富な沖縄野菜です。

現地では生でサラダとしても食べられていますが、その苦味に慣れていない人には、生食はかなりキツイかも。「にがな」初心者には白和えでいただくことをオススメします。

豆腐に味噌、さらにピーナツバターのコクと甘味が、ニガナの苦味と絶妙にからみあい、白と緑のさわやかな見た目も食欲をそそります。豆腐と合わせることでイソフラボンやたんぱく質も補えるので、まさに美容と健康に抜群の逸品です。

調理法も切って、混ぜて、和えるだけと実に簡単。唯一のポイントは豆腐の水気をよく切り、よくつぶすこと。島豆腐が手に入りにくいときは普通の木綿豆腐でも代用できます。

また、ニガナは生のまま調理しますが、苦味が気になる場合は、軽く下茹でするといいでしょう。

簡単にできて、栄養満点の健康料理。もう一品ほしいときにも便利です。ぜひお試しを!

ニガナの白和えの豆知識

ニガナ(和名:ホソバワダシ)は、海岸の岩場などに自生する多年草で、九州中国地方の日本海側から沖縄まで分布します。旬は春から夏で、沖縄では古くから薬草として使われてきました。

その栄養素は実に多様で、とくにカルシウム、ビタミンA、ビタミンC、カロチン、そしてポリフェノールが豊富。風邪や解熱、胃腸系の病気に効果があると言われているほか、抗ウイルス作用、動脈硬化の原因となるLDL(悪玉コレステロール)の酸化を抑制する働きもあるとされ、まさに「万能薬」的野菜です。沖縄では、その葉や茎をすりつぶして「青汁」として飲む習慣もあり、沖縄県人の健康・長寿を支えています。

ちなみに、ニガナ(ンジャナ)と呼ぶのは沖縄の方言で、「ニガナ」という和名をもつ植物とは別ものなので、気をつけて。

沖縄料理一覧

豚肉料理
ラーメン・麺料理
家庭料理
すし・魚料理・シーフード
豆腐料理
丼物
天ぷら
カフェ・スイーツ
沖縄料理のご紹介「ニガナの白和え」ページ上部へ