ジーマミ豆腐

[豆腐料理]
通常、お豆腐は大豆から作られますが、
ジーマミ豆腐は落花生から作られたお豆腐。
ジーマミ豆腐の楽しみ方 ジーマミ豆腐の楽しみ方

▲モチモチした触感で、さっぱりしているが、食べごたえ十分。ジーマミ豆腐(上)

▲落花生は明治時代以降に一般の人も食べるようになった。(左下)落花生と黒蜜の相性は抜群(右下)

通常、お豆腐は大豆から作られますが、ジーマミ豆腐は落花生から作られたお豆腐。

ジーマミとは沖縄の方言で「落花生」のこと。大豆の豆腐に比べて、歯ごたえのあるモチモチした触感と、口の中に広がる落花生の芳ばしさが、一度食べたら忘れられない感じ。絶対にもう一度食べたくなります。

ジーマミ豆腐の楽しみ方は2通り。泡盛やビールなど、お酒のお供として。もしくは、デザートとして。それぞれ上にかかっているタレが違うのです。

お酒のお供の場合、酢みそのタレ、もしくは普通のお豆腐と同じように、おろし生姜やわさびとともにお醤油で食べます。落花生のまったりとした味と酢やお醤油のさっぱり感が、口の中でほど良いバランスに。

デザートの場合、冷やしたジーマミ豆腐の上から、黒蜜や醤油と砂糖で作った甘辛タレがかかっています。口に入れたときの食感は、プリンよりもしっかりとしたプリプリさ。

お酒の一品として、デザートの一品として、沖縄に来たら是非、お店で注文してみて下さい。

ジーマミ豆腐の豆知識

落花生には、アルコール中の糖分の代謝を助けるビタミンB1が多く含まれているので、ジーマミ豆腐は、お酒のお供に最適な一品。また、美肌や若返り効果で注目のビタミンEも多く含んでいるので、女性には嬉しいデザートなのです。

良脂質であるリノール酸、リノレン酸を多く含み、コレステロールを抑えるとともに、それらは、脳神経にとって大事な栄養素となります。疲労感が激しい時や、病気の時、蒸し暑くなって食欲のなくなった時の一品におすすめです。

沖縄料理一覧

豚肉料理
ラーメン・麺料理
家庭料理
すし・魚料理・シーフード
豆腐料理
丼物
天ぷら
カフェ・スイーツ
沖縄料理のご紹介「ジーマミ豆腐」ページ上部へ