沖縄そば(ソーキソバ)

[ラーメン・麺料理]
沖縄そばにも地方によりいろいろあり、八重山そば、
宮古そばなど麺の太さや盛り付け方もちがう。
どうちがうの?沖縄そばとソーキソバ どうちがうの?沖縄そばとソーキソバ

▲10月17日を「沖縄そばの日」として県内のそば屋さんではいろいろなサービスをしている。沖縄そば(上)、

▲ソーキそば(左下)、てびちそば(右下)。

沖縄そばにも地方によりいろいろあり、八重山そば、宮古そばなど麺の太さや盛り付け方もちがう。

スープもとんこつや鰹だしなどがあり、いわゆる本土のそばダシに近いものから、ラーメンに近いものまでお店により様々。

まさに、ラーメンに好みがあるように、沖縄そばにも、好みが存在し、島へ渡れば、あそこのそばが俺は好みだ、私はここだとソバ談義になることも少なくない(笑)。

具は豚肉(三枚肉)の味付けしたもの、蒲鉾・錦糸卵・ねぎ・紅しょうが等、これがいわゆる「沖縄そば」。

三枚肉の代わりに豚の骨付き肉を味付けしたもの、これを「ソーキ」と呼び、それがそのままズバリ「ソーキそば」という名称で人気を呼んでいる。

しかし、私個人的にはゆし豆腐ののった「豆腐そば」がやさしくて大好き。また、沖縄では「中そば」「小そば」など子供も食べきれるように量が選べるようになっているお店も多い。沖縄の人のやさしさがこんなこところにも現れているのでした。。。

沖縄そば(ソーキソバ)の豆知識

中国文化の影響をもろに受けている沖縄では、明治後半に中国人が木炭に上澄み液と小麦粉を混合して麺をうち、汁と共に食したのが広まりといわれている。その昔。そば粉を使用している本土のそばに対してそばは全く使わない麺の「沖縄そば」(小麦粉100%)は、そばではないと、またそば粉を30%以上使用してないものは「そば」とは認められないという理由で沖縄が本土復帰後は、その呼び名が禁止されたが昔から「すば」とか「そば」と呼んで親しまれ、愛されてきた呼称を存続させようと数年間に渡って運動を続けた結果、昭和53年10月17日に公正取引協議会から正式に「沖縄そば」の呼称認定を受け、全国麺類名産・特産品にも指定された。

沖縄料理一覧

豚肉料理
ラーメン・麺料理
家庭料理
すし・魚料理・シーフード
豆腐料理
丼物
天ぷら
カフェ・スイーツ
沖縄料理のご紹介「沖縄そば(ソーキソバ)」ページ上部へ