ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

支那そば(塩) データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

オープン当時のままのレトロな雰囲気の店。メニューは魚介類と野菜だけでとったあっさり塩味スープの支那そばとカレーライスのみ。支那そばに半カレーなどの2品セットが人気だ。

データ提供:昭文社

インディアンが紹介されたメディア情報

  • テレビ

    Nスタ

    TBS  放送

    7月7日放送の「Nスタ」(TBS系、毎週月~金曜午後3時50分)、「直アタリ!」のコーナーで、「外出強烈女将の大繁盛店!」と題して、リポーターの児玉理恵さんが西蒲田にある「武田流古式カレーと支那そばの店 インディアン」(東京都大田区)を訪れた。

     同店は、カレーと中華
    そばがおいしいと評判の隠れた名店だ。児玉さんは同店おすすめの「カレー 中華そばセット」を注文。まず、具材のうまみがルーに凝縮された濃厚カレーを一口食べた児玉さんは、「ん~、濃い!」と一言。次に中華そばの麺をすすり、スープを飲もうとした時、同店の女将から「まだ飲まないでください」とストップがかかった。児玉さんが麺を食べ続けて約2分後、再度女将から「スープを1口飲んで、カレーを食べてみてください」との指示が。その通りに食した児玉さんは「ん~! 全然別世界!」とその味の変化に驚いた。

     実は中華そばに使用される魚介スープの温度が60度まで下がると、カレーをマイルドで上品な味に変身させるダシになるという。同店の女将さんはスープの見た目で温度の変化を判断できるため、営業中頻繁に客席を見て、スープが適温になったタイミングでカレーを出しているという。

    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

インディアンの投稿写真・口コミ

  • 支那そば(塩)

    二代目麺集長さん

    塩味野菜と魚介のスープ。カレーと合わせると最高。タップリ入ったメンマとチャーシューは食べるほどに旨みがでてくる。 。支那そばとカレーの二枚看板の店です。創業54年目になります。アッサリ味のスープとパワーあるカレーの組み合わせを楽しんでください。 種別/ラーメン|脂の量/少なめ|…

口コミをすべて見る

ラーメン、カレーととても美味しいです。 ただ、ラーメンはあっさりしていて「がっつり豚骨!」という人はだめでしょう。 池上にこのような上品なラーメンがあって嬉しいです。

[投稿日:]

※写真及びコメントはユーザーが食事をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

インディアンの基本情報

店名

インディアン

インディアン

電話番号
  • 03-3738-1902
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東急池上線蓮沼駅からすぐ
営業時間 11:00~18:30、土曜は~18:00(全て材料がなくなり次第閉店)
定休日
  • 日曜、祝日の場合は営業(盆時期休、1月1~3日休)
平均予算
  • 1100円(通常平均)

データ提供:昭文社

蒲田にあるスポット

蒲田には蓮沼駅や 大田区民ホール・アプリコ東京工科大学(蒲田キャンパス)アーヴェストホテル蒲田(東口) 等、様々なスポットがあります。この蒲田にあるのが、ラーメン「インディアン」です。