• ※写真はイメージです。仕入れ状況などにより実際とは異なる場合がございますのでご了承ください。
  • 「伝統的な形の「お食い初め(お喰い初め)」は、一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」が用意される。これには鯛など尾頭(おかしら)つきの魚および、赤飯・焚き物・香の物・紅白の餅のほか、吸う力が強くなるようにとの考えから吸い物(汁物)、歯が丈夫になるようにとの考えから歯固め石が供される。「歯固め石」は古くからの習わしでは地元の神社の境内から授かるもので、儀式が終われば再び境内へ納める。食器は正式には漆器で高足の御膳にしつらえる。器の漆の色も赤ちゃんの性別で異なり、男児は内外ともに赤色で女児は黒色で内側が赤色である。

名古屋・白壁 料亭 か茂免 のサービス一覧

名古屋・白壁 料亭 か茂免