ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

前へ 次へ

昭和29(1954)年創業の、東京で一番古いおにぎり専門店。大釜で炊かれたコシヒカリに厳選素材の具を入れ、香ばしい江戸前の海苔で包む。具は18種類前後。

データ提供:昭文社

おにぎり 浅草 宿六が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    極上!旅のススメ(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ朝日  放送

    昭和29年(1954年)創業のおにぎり専門店です。 男性落語家のルーツをたどる、心のふるさと旅を特集した中で紹介されました。

    L4YOU!

    テレビ東京  放送

    9月17日放送の「L4YOU!」(テレビ東京系、午後16時00分~)では、おにぎりの名店に潜入しておいしさの秘密を探るという特集を放送。梅田陽子さんが、東京・浅草にある創業60年以上の老舗おにぎり店「おにぎり・浅草・宿六」(東京都台東区)を訪れた。

    お店に入った梅田陽子さん
    は店内のカウンターを見て、「お寿司屋さんのネタが入ったショーケースみたい!」と驚きの声を上げた。こちらの特徴はこのカウンター。まるでお寿司屋さんのようなケースには女将さん特製の具材がズラリと並んでいる。お客さんの注文を受けてから目の前で握ってくれる。

    お米は新潟産のコシヒカリをガス釜で炊いている。塩は沖縄県産。そして大きめの江戸前海苔で全体を包むのがお店流。

    梅田陽子さんは「生姜味噌漬おにぎり」(1個270円/税込)と「スジコ」(1個570円/税込)を注文。握りたてのおにぎりを食べ、「ほわほわで、全く握ってない」「おいしい!」「日本人で良かったと思います」と絶賛。

    他にも北海道産の素材を使用した「たらこおにぎり」(1個320円/税込)や「さけおにぎり」(1個290円/税込)、紀州の梅を使用した「梅干しおにぎり」(1個290円/税込)などがある。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

おにぎり 浅草 宿六の基本情報

店名

おにぎり 浅草 宿六

オニギリアサクサヤドロク

電話番号
  • 03-3874-1615
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 地下鉄浅草駅から徒歩10分
営業時間 11:30~16:30(閉店17:00)、18:00~翌1:30(閉店翌2:00、ご飯がなくなり次第閉店、水曜は昼のみ、日曜は夜のみ)
定休日
  • 不定休
平均予算
  • 1200円(通常平均)

データ提供:昭文社

浅草にあるスポット

浅草には浅草駅や 浅草花やしき雷門 等、様々なスポットがあります。 また、浅草には、「浅草寺」もあります。浅草寺は1400年ほど前、隅田川で漁師の網にかかった仏像を起源とし、御利益は古今無双、あらゆる願いを叶えると言われています。特に7月10日のお参りは4万6千日参詣分の御利益があるとして人気。10月18日の菊供養会では浅草寺幼稚園園児の献花と併せ、中国の故事にちなみ菊の葉のお守りで長寿を願います。また江戸三十三観音めぐり第一番の御朱印やおみくじも人気です。浅草寺を中心に発展した浅草は、鉄道開業で銀座が台頭するまで江戸期を通じて最大の繁華街。ライトアップされた姿には今もそんな力強さがあります。この浅草にあるのが、日本料理「おにぎり 浅草 宿六」です。