ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

前へ 次へ

明治時代に東京浅草に牛鍋専門店「米久」を開業し、全国に近江牛を普及させた老舗。自社牧場を保有し、近江牛を飼育している。肉のうまみと甘みが際立つ石焼きが自慢だ。

データ提供:昭文社

近江牛毛利志満が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    旬ハイウェイ(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    読売テレビ  放送

    明治12年創業の近江牛ステーキ店です。 近江八幡市の名所を特集したコーナーで紹介されました。

    朝だ!生です旅サラダ

    テレビ朝日  放送

    12月6日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、毎週土曜午前8時)で、「冬の滋賀 運気を上げる旅」と題し、タレントの蛭子能収さんが「近江牛 毛利志満」(滋賀県近江八幡市)を訪れた。

     江戸末期から近江牛を扱う老舗の同店では、自社牧場で育てた近江牛をさまざま
    な料理で味わうことができる。蛭子さんは近江牛づくしのコース「雅会席(要予約)」(1万800円 税込み)を注文。

     運ばれてきたのは、A5ランクの厚切りロースを使った「特選近江牛 鉄板焼きステーキ」。鉄板の上で自分でステーキを焼き、特製の赤ワインソースをつけて食すと、「あ~おいしい。やわらかくて。1回食べると癖になってまた食べたくなる」とすっかり魅了された様子だった。さらに紙鍋で食べる「極上近江牛 紙しゃぶ」なども味わい、「うまい。口の中でとけるような感じ。こんなにおいしいしゃぶしゃぶは初めて」と心ゆくまで近江牛を堪能した。

    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

近江牛毛利志満の基本情報

店名

近江牛毛利志満

オウミウシモリシマ

電話番号
  • 0748-37-4325
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス岡屋南行きで7分、東川下車すぐ
駐車場
  • 無料
営業時間 11:00~20:30(閉店21:30)、日曜、祝日は~20:00(閉店21:00)
定休日
  • 水曜(盆時期は営業、12月29日~翌1月1日休)
平均予算
  • 6000円(通常平均)

データ提供:昭文社

近江八幡にあるスポット

近江八幡には 長命寺観音正寺 等、様々なスポットがあります。また、近江八幡には、「安土城」もあります。『安土城』は、織田信長によって安土桃山時代の幕開けとして、現在の滋賀県近江八幡市安土町下豊浦に立てられた城で、大型の天守を持ち、独創的な意匠で絢爛豪華な城であったといわれています。本能寺の変の後焼失し、現在は石垣だけが残っています。安土城考古博物館でその歴史を感じた後、ミュージアムショップで近江牛の肉うどんやハンバーグ、信長弁当などを味わったりすれば、歴史探訪に彩りを添えてくれるでしょう。他にも複数の食事処や売店がある中で、織田信長が安土城を築いた頃に食べていたといわれる食事を再現した「かちどき汁」を味わえるお店もあります。この近江八幡にあるのが日本料理「近江牛毛利志満」です。