ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

前へ 次へ

明治31(1898)年創業の老舗で買える茂助だんごは、売り切れ必至。契約農家から仕入れた最高級の十勝産小豆を使った「こしあん」と「つぶあん」、「生醤油」の3種類用意。

データ提供:昭文社

茂助だんごが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    「茂助だんご」は、東京築地にある老舗のお団子屋さんとして有名なお店です。創業は明治31年、現在の築地が魚河岸として栄えていた頃、初代である福田茂助によって誕生しました。当時と変わらない素朴な味が評判となり、数多くのテレビ番組でも紹介されました。爆発的なヒットを記録した歌、「だんご三兄弟」のモデルになったお店としても知られています。

    地下鉄築地市場駅から徒歩3分の好立地にあるお店。築地市場にあるため、営業時間は午前5時から正午12時までと限られているのが大きな特徴です。午前中に訪れないと味わうことが出来ない老舗の味なのです。定休日は不定休なので、事前に確認しておくとよいでしょう。

    代表的な商品は、何と言っても串団子。こしあんや粒あん、草もち、醤油など様々な味があります。ほどよい大きさで、何本でも食べてしまいそうなほどです。醤油団子は4個、こしあん、粒あんは3個が串に刺さっています。醤油団子は香ばしい醤油の香りが食欲をそそります。あんは甘さ控えめで、その素朴な味わいが人気を集めています。店頭には、人気の串団子を買い求める人が絶えることはありません。串団子の他にも、おはぎ、草もちなどもあります。季節限定の桜もちや柏餅なども是非味わってみてはいかがでしょうか。

    「茂助だんご」の和菓子が多くの人に愛される理由は、その厳選された材料選びにあります。あんには北海道十勝産の契約農家が有機農法で丹精込めて育てた小豆が使われています。団子作りに欠かせない上新粉は、国産米を丹念に挽いた自家製なのです。良質で最高の材料に、長年培ってきた技術を加えて他にはまねできない「茂助だんご」の味をつくり上げています。

    店内は、創業当時の面影を残しており、歴史を感じさせる雰囲気を感じることができます。4人掛けのテーブル席が3つあり、お汁粉や団子、ところてん、あんみつなどが楽しめます。また、人気メニューとして雑炊もありま
    す。女性客の多くが、この雑炊を注文しています。雑炊がメニューにあるのは、築地市場内ならではですね。

    続きを読む
  • テレビ

    なないろ日和!(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    明治31年創業のお団子屋です。 移転まであと半年となった築地市場の今訪れるべきスポットを特集したコーナーで紹介されました。

    土曜スペシャル

    テレビ東京  放送

    5月7日放送の「土曜スペシャル」(テレビ東京系、午後18時30分~)では、豊洲への移転まで残すところ半年となった築地市場を特集。驚きのグルメを味わいつつ、市場の思い出がたくさん詰まっているものを探すコーナーで、お笑いコンビの塙宣之(ナイツ)さんと土屋伸之(ナイツ)さんが「茂助だんご・本店」(東京都中央区)を訪れた。

    同店は、店内でお茶や食事も可能な明治31年創業の団子屋。市場で働く人々が得意先に配る手土産を求めて立ち寄る事も多く、1日の売上は多い日で約4000本にもなるという。
    看板メニューとして3種類の団子「こし餡」「つぶ餡」「醤油」を紹介。餡には北海道産の小豆を使っており、優しい甘みがある特徴的な味わいに仕上がっている。
    「美味しそう。これが甘くない焼き団子ですね?」と期待に満ちた表情で醤油味の団子を食べた土屋さんは「本当だ。すごい香ばしい!」とコメント。
    他にも「玉子ぞうに」「おしるこ」「クリームあんみつ」「白玉あんみつ」「あべ川いそべ巻」「ところ天」といった豊富なメニューを扱っている。これらは移転するまでの期間限定メニューになるかもしれないとの事だ。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

茂助だんごの基本情報

店名

茂助だんご

モスケダンゴ

電話番号
  • 03-3541-8730
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 地下鉄築地市場駅から徒歩3分
営業時間 5:00~12:00(閉店)
定休日
  • 日曜、祝日、築地市場の休みに準じる
平均予算
  • 1000円(通常平均)

データ提供:昭文社

築地にあるスポット

築地には築地市場駅や 築地本願寺浜離宮朝日ホール 等、様々なスポットがあります。 また、築地には、「聖路加国際病院」もあります。米国聖公会の宣教師ルドルフ・トイスラー博士によって1902年に創設された、東京都中央区の聖路加国際病院は、病院ランキングなどで何度も上位に上ったことのある、人気の高い大規模総合病院です。通院や入院経験がある人の口コミによれば、医師や看護師のレベルが高く対応も丁寧で、施設もまるで高級ホテルのようだと評判です。すべての病室が個室であり、プライバシーが保護されているのも大きな特徴の一つです。お見舞いに訪れた際には、ぜひ近隣の築地ならではの新鮮な魚料理やお寿司が味わえるお店に立ち寄るのも良いでしょう。この築地にあるのが、和菓子「茂助だんご」です。