ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

お茶と素適なデザインの手ぬぐいの販売、
そしておいしいお茶も飲んでいただける日本茶カフェです。

【お茶】は日本茶を京田辺産を中心に、オリジナルブレンドもございます。
【手ぬぐい】は有名ブランドから、個人作家さんのものまで幅広く
【由来】「お互いにお茶を楽しみに会いましょう」
この言葉を「こころ」に想い、互茶=GOCHA(ごちゃ)とさせていただきました。

『互茶』は
岡山県笠岡市で創業60余年のおいしいお茶の『青山茶舗』の姉妹店です。お茶と茶道具を販売しています。こちらもよろしくお願いいたします

お茶と手ぬぐい日本茶カフェ 互茶の基本情報

店名

お茶と手ぬぐい日本茶カフェ 互茶

オチャトテヌグイニホンチャカフェゴチャ

電話番号
  • 086-697-6515
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

住所
アクセス
  • JR 倉敷駅 南口 徒歩10分
営業時間 月~日
ランチ 10:00~17:00
定休日
  • 不定休日あり
平均予算
  • 600円(通常平均)
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。

席・設備

総席数

5席

禁煙・喫煙
  • 店内全面禁煙
お子様連れ

お子様連れOK

外国語対応
  • 外国語対応スタッフ:
  • 英語を話せるスタッフがいる
携帯・Wi-Fi・電源
  • 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )

美観地区にあるスポット

美観地区には倉敷市駅や 倉敷市立美術館倉敷成人病センター 等、様々なスポットがあります。 また、美観地区には、「大原美術館」もあります。岡山県の倉敷市美観地区にある「大原美術館」は、倉敷を基盤に活躍した事業家大原孫三郎が昭和5年に設立しました。昭和4年に死去した画家で友人の児島虎次郎を記念して建てられた、日本最初の西洋美術中心の私立美術館です。日本人の感覚を総動員してヨーロッパの美術作品を選び取った虎次郎は、ゴーギャン、モネ等の作品を、倉敷にもたらしました。同時に進めた中国、エジプト美術の収集にも、虎次郎の審美眼が生かされました。大原美術館は、日本美術、民芸運動作家たちの仕事等にもコレクションを広げ、ユニークな美術館として知られています。この美観地区にあるのが、日本茶カフェ「お茶と手ぬぐい日本茶カフェ 互茶」です。