今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選

ブックマーク
-
ブックマーク
-

2016/01/15 公開

記事詳細

今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選

寒さが本格化してきた今日この頃ですが、寒い冬だからこそ楽しめる期間限定の美味しいスイーツがよりどりみどり!幅広い世代に愛されるものばかりなので、ぜひこの機会に今だけの特別な味わいを堪能してみてはいかが?

1:音楽やジャズ好きに贈りたい!鍵盤形の「ジャズ羊羹」

今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選
今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選

大分県由布院生まれの「ジャズ羊羹」は、ピアノの鍵盤を模したとっても珍しい形の羊羹。東京では唯一、表参道の「へイデンブックス」に併設のカフェで提供されています。今なら、冬限定のクーベルチュールチョコレートを使った、チョコレート味のジャズ羊羹もあります。ドライいちじくやレーズン、さくらんぼが入っていて、洋菓子と和菓子のどちらの要素も併せ持っている一品。数量にも限りがあるので、予約が確実です。

2:見た目は柿そのもの!柚子香るあんが爽やかな冬季限定のお菓子

今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選
今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選

柔らかな「あんぽ柿」の外側をそのまま使ったインパクトのあるこちらは、広島県三原市にある「共楽堂」の「柿中柚香(かきなかゆうか)」という名前のお菓子。あんぽ柿の中身をくりぬいて、風味豊かな柚子あんがたっぷり詰められています。口に入れるとドライフルーツのような歯ごたえと、もっちり感のコントラストを味わうことができます。柿の甘酸っぱさと軽やかで爽やかな柚子餡のハーモニーもなかなか!

3:冬のあったかドリンクといえば「ココア」!バンホーテンの限定店へ急げ!

今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選
今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選

昨年11月、埼玉県の越谷レイクタウンにあの「バンホーテン」の期間限定ショップが登場しました。その名も「バンホーテン ココアバー」。世界で唯一ここだけという、バンホーテンココアをふんだんに使ったオリジナルスイーツが楽しめます。ロールケーキは、ふんわりとしながらも弾力のある生地に、口あたりの良いクレーム・オ・ショコラが舌のうえでじんわりと溶けていく本格派。「堂島ロール」とのコラボと聞けば納得です。ほかにも、驚きの「ココアビール」や1.5倍の特濃ココア「ハイカカオ ココア」など10種類以上のココアドリンクが楽しめるのも嬉しいですね。

4:一度体験するとハマる!? こたつで冷たい水ようかん、これ最高!

今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選
今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選

福井県の冬の風物詩といえば、こたつに入っていただく「水ようかん」。毎年11月から翌年3月にかけての冬季だけ販売され、福井には水ようかんを作っているお店がたくさんあります。平たい箱に入っているのが特徴で、溶かした寒天に小豆あんや黒砂糖などを加えただけのシンプルな製法ながら、ぷるんとしたやわらかい食感と、すっきりした甘さや小豆そのものの風味が感じられます。日持ちがしないのが難点ですが、表参道にある福井のアンテナショップでも購入可能です。

5:冬のお楽しみスイーツが岐阜県にも!重いのに軽い「ふるーつ大福」

今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選

がぶりと一口いただけば、マシュマロのようにふわっふわの生地と、ジューシーなフルーツ、甘すぎないつぶ餡とホイップクリームが絶妙なハーモニーに、たちまち心奪われるのが「ふるーつ大福」。岐阜県にある「養老軒」の11月〜5月までの季節限定商品です。中にはギューギューに詰められた数種類のフルーツとホイップクリーム。ずっしり重いのに、食べると軽い。不思議なことに、冷やしても硬くなりません。冷蔵庫で冷やすと、より美味しく頂くことが出来ます。オンラインでの注文も順番待ちになるほどの人気商品ですが、ぜひ一度味わってみてください。

ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
今食べなくていつ食べる?見逃し厳禁の冬季限定スイーツ5選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

この記事をシェアする

次へ

前へ