• ※写真はイメージです。仕入れ状況などにより実際とは異なる場合がございますのでご了承ください。
  • ~扱う食材に対する私たちの考え~



    当店は海鮮居酒屋ですから、もちろん鮮度の良い魚貝を豊富に扱っておりますが、実はそれ以上に地元の農作物や肉に対してもこだわりを持っております。

    地元の農家さんを訪ね歩くと、今まで考えもしなかったような多くのことを学ぶことができます。

    有機農法・無農薬農法・減農薬農法はもちろんのこと、土壌菌や土壌のカルシウム濃度やミネラルの話、農作物の物流や日本の食糧事情の話。そして、今が旬の食材の話や新野菜と呼ばれる、まだ市場に出回っていない野菜の話まで。

    僕らが訪ねて行くと、地元の農家さんは『こうやって訪ねて来てくれる地元の飲食店さんは、あなた方が初めてだ。』と言います。

    地元の僕らが知らないだけで、全国から注目されるほど品質が高い農作物を作っている農家さんも道南には何件もあります。東京の百貨店のバイヤーさんが買い付けに来たり、日本中の農家さんが勉強の為にと訪ねて来るけれど、地元函館の飲食店が訪ねてきたことは無いと言われます。

    農家さん達にとっては、自分達が育てた作物は、自分達が育てた子供のような存在なんです。ですから、当店はその嫁ぎ先なのです。農作物を抱える生産者さんの笑顔が本当に素敵なのは、自分の子供を抱っこしてるのと同じだからなのでしょう。

    訪ねて行くと、皆さん笑顔で自慢の農作物を見せてくれます。

    そして、一番良くできた作物を僕らに手渡してくれます。

    そうやって信頼関係を築いた上で食材を仕入れさせて貰ってますので、当店は生産者さんに対して仕入れ値の交渉をしたことがございません。

    直接仕入れているのだから、さぞかし安く仕入れているのだろうなどと言われる事がありますが、そんなことはありません。

    ただ、直接仕入れているから、一番良いものを仕入れさせて頂いています。また、当店が使う分だけ特別に育ててくれる場合もあります。

    『今度お店に遊びに行くからな!美味しく調理してくれよ!』

    僕らは生産者さん達の期待を背負って食材の調理をしています。

    地産地消というのは、その土地のものをその土地で消費するという意味ですが、当店の地産地消は、地元の農家さんとお客様を繋ぐという意味も持っています。

    僕らは函館の食材や食文化を全国の皆様に知って頂きたいと思っております。函館って素敵な街ですねと言って頂きたいのです。
函館海鮮居酒屋 魚まさ 札幌すすきのF45店