ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

データ提供:昭文社

データ提供:昭文社

データ提供:昭文社

前へ 次へ

60年前の創業当時から変わらない製法でつくるちゃんぽんと皿うどんは、豚骨ベースのスープが味の決め手。頭骨を長時間煮込んだスープに、キャベツ、ニンジン、タマネギを入れ、あくを取りながらていねいに炊く。豚骨のゼラチンと野菜のうまみが溶け込んだスープは、濃厚な見た目に反して意外にあっさりしている。

データ提供:昭文社

王鶴が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    日本!食紀行(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    朝日放送  放送

    昔ながらの長崎ちゃんぽんやフカヒレスープの他、薄焼き玉子で包む春巻きなど新しいメニューも揃えるお店です。 長崎のソウルフード・長崎ちゃんぽんの特集で紹介されました。

    日本!食紀行

    テレビ朝日  放送

    2月16日放送の「日本!食紀行」(テレビ朝日系、毎週日曜午前6時)では、「これがちゃんぽんだ! 本物にこだわる料理人に学ぶ」と題して長崎県の名物料理「ちゃんぽん」を特集し、長崎市の中華料理店「王鶴」が紹介された。

     もともとは貿易品の倉庫を建てるため、海を埋め立
    てて作られたのが長崎市の新地中華街。街には40軒を超す中華料理店が軒を連ね、「店の数だけちゃんぽんがある」ともいわれている。店ごとの特徴はスープにあり、ここ王鶴では豚の頭を使用する。豚の頭は下顎(あご)がないものを用い、寸胴に5~6個は入れる。営業時間内はずっと煮込み続け、翌日の営業で使うのだという。料理人の田端実さんは、60年前の創業当時から変わらない作り方にこだわり、製法を守り続けていくことが大切だとも語った。

     完成した「ちゃんぽん」は濃厚なスープが特徴で、利用客も「ダシがすごい。スープがおいしい。めっちゃ濃くて、最後まで飲み干します」などと話していた。

    続きを読む

王鶴の基本情報

店名

王鶴

オウヅル

電話番号
  • 095-822-2668
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統正覚寺下行きで7分、築町下車、徒歩3分
駐車場
  • 無料
営業時間 11:00~16:00(閉店)、17:00~21:00(閉店21:30)
定休日
  • 不定休(1月1日休)
平均予算
  • 2000円(通常平均)

データ提供:昭文社

観光通り・思案橋・正覚寺下にあるスポット

観光通り・思案橋・正覚寺下には長崎駅や 長崎県美術館眼鏡橋 等、様々なスポットがあります。 また、観光通り・思案橋・正覚寺下には、「出島」もあります。「出島」は、江戸幕府の鎖国政策の一環として長崎に築造された扇形の人工島で、オランダ貿易が行われた場所です。「出島和蘭商館跡」(でじまおらんだしょうかんあと)として国の史跡に指定されています。長崎市では昭和26年度から整備計画に着手し、復元された出島の中では、旧長崎内外クラブ一階でレストラン・喫茶メニューの他、トルコライスなどの食事もできます。また、江戸時代にビールが造られた歴史を持つ出島をテーマにした、日本で最初のノンアルコール地ビール「出島」を販売しています。東側ゲート方面からは、徒歩2~3分で新地中華街があり、長崎の食が楽しめます。この観光通り・思案橋・正覚寺下にあるのが、中華料理「王鶴」です。