こだわり1 干物

旨味凝縮!日本の伝統食「干物」

古くは縄文時代から日本人が愛した「干物」。海に囲まれた日本で暮らす日本人の知恵と歴史の詰まった食べ物。鮮魚を開いて塩をふり、天日に干す。海風にさらし、豊かな太陽光を浴びせることで保存性を高めるだけでなく、旨味が増すし、保存性も高まる干物は「日本食の本質」が問われる昨今だからこそ注目したい逸品です!

  • 【全国より厳選した干物】
    当店名物の特大のシマホッケや金目鯛をはじめ関サバ、鯵、つぼ鯛など種類豊富に取り揃えております。中でも大人気のシマホッケは誰もが驚く特大サイズ。そのボリュームとリースナブルな価格も魅力的です。また、焼き場で干物を直接選ぶこともできますので、ご自分で見て選んでお楽しみください。

  • 最高級クラスのブランド干物「伴助」の干物を一度食べるとその味わいが忘れられません。特大サイズのサバの開きは旨味と脂の乗った厚みのある逸品!

こだわり2 郷土の雰囲気

漁師小屋を思わす情緒豊かな店内

池袋駅西口を出て徒歩1分!豪快な焼き台からは食欲をそそる香ばしい薫り。古木や竹の質感に、旅情豊かなアイテムが映える空間はまるで漁師小屋。少人数~大人数でのご宴会にも対応できるゆったりとした掘りごたつ席をメインに、8~12名程度での半個室の掘りごたつと、様々なシーンを演出するくつろぎ空間をご用意。

  • ご宴会はこちらでどうぞ。最大60名様で貸切利用ができる広々掘りごたつ席。ゆったりとした席配置は、ついつい横になりたくなるほどの居心地の良さ。60名様といる大人数が一堂に会せる空間も希少です!

  • 日本人が好きな木の造り。気取った感じがない分、落ち着けること間違いなし。ついつい長居しちゃうかも♪

こだわり3 宴会コース

絶品干物が味わえる自慢のご宴会コース

備長炭を使用しふっくら柔らかに焼きあげた絶品干物を筆頭に、旬にこだわり仕入れる鮮魚が存分に味わえる刺盛りやお酒のお供にぴったりのこだわりの逸品料理など満足いくお料理をご提供いたします。またどのコースも種類豊富な飲み放題が付きます。+500円で日本酒、焼酎が豊富なプレミアム飲み放題をご利用いただけます。

  • 【各種ご宴会に!】ひもの屋一押し!満腹コースは9品3時間飲み放題付4,500円!
    平日限定の3時間飲み放題付2,980円コースもございます!

  • 【驚愕の飲み放題メニュー】
    飲み放題の種類は驚愕の80種!!ビールをはじめサワー、お茶割り、ハイボール、ワイン、焼酎、日本酒、果実酒など多種多様なドリンクをお選びいただけます。+500円で、約20種の厳選した日本酒、焼酎などを追加でお楽しみいただけます。美味しいお酒を心行くまでご堪能ください。

  • ※このこだわりは夜営業時間のみ適用です。

こだわり4 お酒の品揃え

干物にかかせない厳選のお酒たち!

名物の干物や海の幸、炭火焼きなど、当店の料理の美味しさをより一層深めるお酒。ビールはサッポロ、エビス、サッポロラガーなど各銘柄を取り揃える。また、店主がこだわる焼酎や地酒も、全国の蔵元から吟味した美酒揃い。

  • 多彩な焼酎。芋・麦・米・黒糖など充実のラインナップ。杜氏の伝統技と素材の旨味が活かされた個性溢れる銘柄が並びます。干物の豊かな旨味と、豊潤な焼酎がベストな相性です。

  • 店主が一本一本吟味し仕入れる全国の地酒。研ぎ澄まされた酒米の甘味・旨味と鮮やかな薫り。喉に冴えるキレ。日本の伝統食である干物と、同じく伝統の酒である日本酒の見事な美味しさの調和をご堪能ください。

こだわり5 炭火焼き

炭火で焼くから干物も肉も旨い!

熟練の妙技でじっくり焼き上げる絶品炭火焼!炭火の炎は強い遠赤外線と1000度にも達する高温で外側はパリっと香ばしく、中はふっくら柔らかに焼き上げ、素材の旨味を内側にギュッと凝縮します。厳選した備長炭は煙が出にくく、食材に雑味がつきずらいので素材本来の味わいを損なわずに調理することができるのが魅力です。

  • 【干物にも引けを取らない絶品炭火焼】
    干物だけじゃない!厳選素材を炭火で焼くと…これまた旨い!!貝焼きや、大山鶏の焼鳥は男性客にも大人気。女性が喜ぶ焼き野菜は全9種類、焼くと瑞々しさが溢れ、野菜本来の旨味をお楽しみいただけます。ひもの屋ですが自慢の炭火焼きで肉、野菜、貝でもお客様を満足させます!

  • 【特製味噌漬け国産牛ホルモンの炭火火柱焼き】
    ぷりぷり新鮮で脂がのった、柔らかい国産牛の小腸のみを使用。熟成し旨味が増した特製味噌ダレにじっくり漬け込み炭火焼きしました。新鮮なホルモンの甘みと脂の旨味、柔らかだが弾力のある小気味良い食感、炭火で少し焦げた味噌の香りが最高の絶品料理をお楽しみください。

西池袋のひもの屋 のサービス一覧

シェフ紹介:
西池袋のひもの屋