• 火鍋由来
    中国四川省と言えば漢方薬のメッカでもありますが、この四川火鍋にはさまざまな漢方素材が使われています。花山椒、唐辛子を始め、さまざまな香辛料・漢方薬など沢山の素材を、肉スープや砂糖とともに芳ばしい香りが漂ってくるまで丁寧に煮込めて作られます。
    歴史的には、遼、宋の時代にすでに「羊のしゃぶしゃぶ」や「山珍(野生動物)鍋」などが記録されていることから、少なくとも4千年以上の間、愛好されてきたことがわかります。火鍋の最盛期は清の時代の半ばくらいだと言われています。清の皇帝・乾隆帝が火鍋を大好きだったことがその理由のようです。
    近年、火鍋はまた広く普及し始め、今ではその美味しい味わいがすっかり浸透しています。
    発祥地の四川省はもとより、上海や北京、中国全土の大都市はもちろん、アメリカ、イタリア、イギリス、オーストラリアなどなど、世界各地でヒットしています。
    火鍋の鍋の形もユニークなもので、煙突のある鍋、煙突なし鍋、円盤鍋、四角鍋など、また最もよく見かけるのが、なべを真中で二つに分けて、辛いタレの紅湯と辛くないタレの白湯と二種類の味が楽しめるものです。
    鍋に入れる食材も何十種類とあって、脂身の乗った肉類から、あっさりさっぱりの豆腐や野菜類までたッぷりあって楽しめます。
    また火鍋には色んな漢方薬を入れて煮込んでいるから、身体を元気にする、冷え症にもよく利いて、さらに精力を増やす、肌の艶を出すなどたくさんの効果があります。一度食べたら二度と忘れないことでしょう。
火鍋屋 亀戸店
  • TEL050-5796-2124