こだわり1 国産牛

日本料理に相性の良いステーキ

日本の名だたる牛肉を食べました。そして見つけたのがこのお肉です。 このお肉との出会いは、生産者・野崎喜久雄さんとの出会いでした。通常のブランド牛は、松坂牛・米沢牛など、地域で認定を受けますが、実は野崎さんだけが日本で一番最初に個人名「のざき牛」を冠する許可を得た方です。

  • よいお肉は何も飾りません。 塩コショウも、油もニンニクもバターも全ての調味料を使わず、スッピンの素焼きで勝負しています。

  • 野崎さん個人がつくるお肉だから、すべて責任を持ち牛を育てられます。おいしいことはもちろんですが、安心な牛づくりの姿勢と物語がここにはあります。
    美味しいお肉は、育て方が3割、血統が7割なんだそうです。親もそのまた親も、良質な植物性の飼料だけを使って何十代もかけて育成された日本最高峰の黒毛和牛

こだわり2 器にこだわる

備前焼で呑む生ビール

● 二木屋の生麦酒 美味しさの秘訣は、素焼きの焼き締めにあります。無釉の焼膚にビールが入りこみ、高密度でクリーミーな泡をつくります。しかも土物は保冷効果も抜群。さらに遠赤外線効果からもビールが美味しくなると言われています。ここまでが科学的根拠です。さらに美味しさを増すのは芸術的理由から。

  • 備前焼の景色を楽しみ、手の感触を楽しみ、口当たりを楽しむ。このこっくりとあたたかい造形の麦酒杯が美味しさを高めます。

  • 作家は備前の清水政幸さん。伝統的な形や素朴な土味で人気の高い作家です。登り窯より、もうひとつ手間のかかる穴窯で、明るい色の備前焼を二木屋のために焼いてくれています。

こだわり3

二木屋のご飯

戦後の農家で一大旋風を起こした国際籾殻竈(もみがらかまど)。戦後の物がなかった時代は、全国中の農家が籾殻竈を使いました。しかし農家の生活から土間がなくなるのに合わせて、今では一部で使われているだけになっています。
 二木屋では、この懐かしい本物の味を今でも貫いています。

こだわり4 落ち着いた雰囲気

=邸宅レストラン=

二木屋はかつての政治家の邸宅をそのままレストランに。
懐かしい日本家屋と庭園を楽しみながらのお食事を。

  • 能楽のご予約はお早めに。ご予約は048-825-4777

  • 二木屋の演出は総合芸術です。これが私共の仕事です。

こだわり5 老舗

二木屋の五節句 季節の室礼

室礼は遊び心だと思います。冷泉家などの古典をひもといたり、全国の伝統と風習をアレンジしたり、ないものは復元したりしながら、昔の家で昔の飾りを楽しみます。二木屋のギャラリーでは、1月は干支、3月はお雛様、5月は武者人形と、郷土玩具のコレクションを飾り、これは二木屋の恒例になりました。

  • ■9月
    9月 重陽の節供・十五夜・後の雛の室礼となります。

  • ■10月
    毎年この時期に行う二木屋薪能。舞台は毎年新たにこしらえます。その後はハロウィンの室礼になります。

国登録有形文化財・二木屋
  • TEL050-5787-4123