ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

みそ豆 データ提供:ユーザー投稿

きも吸 データ提供:ユーザー投稿

肝焼き データ提供:ユーザー投稿

うなぎの白焼き データ提供:ユーザー投稿

うな重 データ提供:ユーザー投稿

うな重 データ提供:ユーザー投稿

うな重 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

初小川が紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩4分の「初小川」。雷門からも徒歩5分の明治40年創業の老舗うなぎ専門店です。下町・浅草もすっかりマンションやビルが立ち並ぶようになってしまいましたが、そのただなかで情緒あるたたずまいを守るこちらのお店。

    小さな日本家屋に掲げられたのれんをくぐれば、店内はまさにうなぎの寝床。細長い空間にテーブル席があり、その奥に小上がりの小さなお座敷。藍色の薄い座布団がちんまりとならんでいます。店の片隅にさりげなく重ねられている木製のおひつも、なかなかよそでは見ることができないものです。まるで小津映画のような世界を垣間見ることができます。

    人気のメニューは「うな重」です。蓋をあけると目に飛び込んでくるのはふっくらとしたうなぎ。表面は香ばしく焼かれていて、香ばしいにおいが鼻をくすぐります。さすが炭火焼きならではの出来栄えです。一口頬張ると、舌の上でトロッととけますが、そのタレの味が絶妙の甘辛バランスを保っています。やや辛めの秘伝のタレは創業以来少しずつ継ぎ足されてるものだとか。古き良き江戸っ子が好んだ、あっさりとした味を堪能することができます。ご飯もややかために炊かれていて、うなぎやタレとのからみもベタつくことがありません。まさに江戸気質のさっぱりとした味わいを楽しむ味なのです。

    最初は山椒なしでタレ本来の味を楽しみ、半分ぐらい食べ終わったところで山椒を投入するのが通のおすすめだとか。秘伝のタレをじっくり味わった後に、山椒とうなぎの脂のマッチングを楽しむというのも、なるほど良いかもしれません。

    また、表面をサクッと焼き、浅めにフワッと蒸した白焼きはうなぎ本来の味をじっくりと楽しめると好評です。わさび醤油とともに食せば、ちょっと一杯やりたくなってしまうかもしれません。

    年中無休のこちらのお店ですが、浅草三社祭の土・日のみはお休みだとか。そんなところにも江戸情緒が忍ばれ
    る場所でタイムトリップしてみませんか。

    続きを読む
  • テレビ

    サタデープラス(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    TBS  放送

    明治40年(1907年)創業のうなぎ専門店です。 浅草の名店を巡る特集で紹介されました。

初小川の基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

初小川

ハツオガワ

電話番号
  • 03-3844-2723
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 都営浅草線浅草駅A4口 徒歩3分
営業時間 月~土
12:00~13:30

月~日・祝日
17:00~19:30
定休日
  • 不定休日あり

浅草にあるスポット

浅草には浅草駅や 浅草花やしき雷門 等、様々なスポットがあります。 また、浅草には、「浅草寺」もあります。浅草寺は1400年ほど前、隅田川で漁師の網にかかった仏像を起源とし、御利益は古今無双、あらゆる願いを叶えると言われています。特に7月10日のお参りは4万6千日参詣分の御利益があるとして人気。10月18日の菊供養会では浅草寺幼稚園園児の献花と併せ、中国の故事にちなみ菊の葉のお守りで長寿を願います。また江戸三十三観音めぐり第一番の御朱印やおみくじも人気です。浅草寺を中心に発展した浅草は、鉄道開業で銀座が台頭するまで江戸期を通じて最大の繁華街。ライトアップされた姿には今もそんな力強さがあります。この浅草にあるのが、うなぎ「初小川」です。