SABATINI di Firenze 東京店 のツイート一覧

2016年10月19日のツイート

  1. 2017年3月末までに、サバティーニ・ディ・フィレンツェ 東京店の、歴史の詰まったこの内装、景色、老舗の料理とサーヴィスを堪能していただく事を、切に願います。 pic.twitter.com/H0OM7I3uTw

  2. 現在では、イタリア食材も豊富になり、ワインの種類も随分とイタリア料理も理解されました。本来なら、これからが老舗ならではのサバティーニの懐の深さをお客様にアピールしていきたいところですが、残り数か月でソニービルと共に、一次休業になってしまう事は残念です。

  3. ベルパエーゼなるチーズも今では消えてしまいました。

  4. そして今では見られなくなった食材もあります。当時アンティパストでよく使われていた素材にコーンタンなるものを塊のまま柔らかくなるまでボイルしてサルサヴェルデで提供していましたが、このコーンタン(牛タンの塩漬け、コーンビーフもこの仲間)が今では日本で見かけなくなってしまいました。

  5. 1980年12月のオープンからしばらくして、当時は、アルデンテのスパゲッティやリゾットが固いというクレームもしばしばございました。当時の日本においては、リゾットは雑炊のように思われていたからです。 pic.twitter.com/mm35jX0D71

  6. メニューに関してはモッツァレッラ、プロシュット、パンチェッタ、バジリコやローズマリーなどフレッシュのハーブなど今では当たり前のように使われている食材も、随分苦労して手に入れていた気がします。トリッパフィオレンティーナは当時からメニ… twitter.com/i/web/status/7…

  7. 1980年12月のオープン当時は、ソニービルから見える景色も今とずいぶん違っていておりました。マリオンでは無く日劇と朝日新聞社で、今よりも建物の高さが低いため有楽町の駅とそごう百貨店(現在のビックカメラ)が丸見えでした。不二家のク… twitter.com/i/web/status/7…

2016年7月14日のツイート

  1. お客様に素晴らしい時間を過ごして頂けるよう、努力いたします。

  2. 美味しいワインと共にお肉を食べて、猛暑を乗り切って頂ければと思います。

2016年6月14日のツイート

  1. 料理、味、器、雰囲気などすべてにおいて、皆様に愛されるように大切なものを今年も守っていきたいと思います。 以前に、お客様から頂いたハガキを写真にてご紹介します。ありがとうございます。 pic.twitter.com/UBcUjI3RU0

  2. ありがとうございます。そう言っていただけると、とても嬉しいです。 twitter.com/akainu_xo/stat…

  3. 夏のアフターヌーンランチは毎年人気の冷製パスタや夏の雰囲気いっぱいで、涼しげに仕上がっております。 一日20食限定で3990円と大変お得なコースです。 お早目のご予約をお願いしております。 pic.twitter.com/fS9JPsMVol

  4. 日本では入手困難な銘醸ワインも取り揃えております。 pic.twitter.com/jXnjZB3wG0

  5. 結婚式も受け付けております。 sabatini-w.jp pic.twitter.com/b8csXNIvJa

  6. また、個室でのパーティーのご予約も承っております。 この機会に、ぜひどうぞ。 miyoshi-grp.com/cardinal/sabat… pic.twitter.com/huThYisiBH

  7. 勿論、移転後も同じ様な内装にはなるかと思いますが具体的にいつになるか、とまではまだわかりません。この、長い歴史のある、古くて“味”のある雰囲気が“味わえる”のも、今年が最後となります。皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げます。 pic.twitter.com/hHsblaKTpV

  8. また、当店サバティーニ東京店は、来年いったん休業となりまして 再び銀座エリアに移転する予定となっております。 移転先等はまだ決まってはおりませんが(現在、探しておりますが) 完全に無くなるわけではありませんので、ご心配の無いよう 今後とも変わらぬご愛顧をいただければ幸いです。

  9. 当店の所在する、銀座で50年の歴史を持つ「ソニービル」が来年3月に閉館します。跡地は、東京オリンピックが開かれる20年まではイベントスペースとして活用され、22年秋には新ビルがオープン予定となります。 pic.twitter.com/BWMkq9v1MN

2016年3月22日のツイート

  1. 「ソニービル」の楽しさについてのまとめ記事です。 当店サバティーニ・ディ・フィレンツェ 東京店も掲載されております。 RETRIP[リトリップ] - 旅行キュレーションメディア retrip.jp/articles/25532/

2016年3月18日のツイート

  1. 甘みたっぷりホワイトアスパラガスの 彩り華やかなミモザ風サラダ     見た目も華やかで、春の訪れを感じます。 ホワイトアスパラガス独自の風味をお楽しみください。 pic.twitter.com/tah90cBEz0

  2. サバティーニで一足早い春を感じて頂ければと思います。

  3. シェフ・バルディ特選 和牛フィレ肉のソテー ホワイトアスパラガスを添えて マデラ酒のソース     当店で人気の和牛フィレ肉のソテーと春の風物詩を同時にどうぞ。 pic.twitter.com/7VLpgLSDqy

  4. ホワイトアスパラガスと北海道産無添加生ウニの 自家製手打ちパスタ“トンナレッリ”     生ウニと特製クリームソースの旨味が自家製パスタによく合います。 pic.twitter.com/CfQ9kiUJpu

  5. ホワイトアスパラガスのパルメザンチーズ焼き フォアグラ添え 黒トリュフの特製ソースと共に     フォアグラの風味とホワイトアスパラガスの味わいのハーモニーを ぜひお試し頂きたい一品です。 pic.twitter.com/7uwJziYsBb

  6. 『 春の味覚とホワイトアスパラガスフェア 』 伝統の春の味覚、イタリアの春の風物詩を、 10種のお料理でこだわりと共に。 pic.twitter.com/B1GNQjRyp6

  7. この時期にしか味わえない、ほのかな甘味と歯ごたえが魅力の風物詩。 ぜひ、この機会にお召し上がりください。

  8. 今年も、春の訪れの味覚をお届けいたします。 パリやイタリアの市場にホワイトアスパラガスが並ぶと、いよいよ春の到来です。日本の桜前線のように、ヨーロッパではホワイトアスパラガス前線があり、春を告げる高貴な食材として人々に愛されています。

2016年2月05日のツイート

  1. 『 ノルチャ産 黒トリュフと冬の味覚フェア 』 黒いダイヤモンドと呼ばれ、世界的に知られる ウンブリア州ペルージャのノルチャ産 黒トリュフを アラカルトにてお愉しみ頂くフェアです。 pic.twitter.com/ITKV92pH5y

  2. サバティーニ東京店ではバレンタイン限定でビスコッティ・ディ・チョコラートを期間限定で販売しております。伝統のイタリアンクッキーのチョコレートバージョンです。 当店に御来店の際は、是非お土産や贈り物などにいかがでしょうか。 pic.twitter.com/Nvp31PqZFu

  3. 日本でバレンタインデーと言えば、女性から男性へチョコレートを贈り、自分の気持ちを伝える日として知られています。 イタリアでは、お互いの愛を確かめ合う、贈り物をし合う日として認知されています。

SABATINI di Firenze 東京店 のサービス一覧

SABATINI di Firenze 東京店