レトルト食品でこんなに豪華に…!どれも即完成するのに手抜きに見えないレシピが優秀すぎる

仕事や家事、育児、忙しい毎日を送る人を助けてくれるのがレトルト食品やお惣菜、冷凍食品など。これらを使うことに抵抗があったり、手抜きだと感じて罪悪感を覚える人も少なからず存在するようですが、レトルト食品や冷凍食品にほんのひと手間加えることで、手抜きには見えない豪華な一品に変身します。レトルト麻婆豆腐と冷凍チャーハンに半熟玉子をトッピングしたメニューや、冷凍餃子とキムチ、カット野菜、即席味噌汁などを煮込むだけのキムチチゲ、ハンバーグとピラフにチーズをかけてオーブンで焼いたドリアなど、日々の献立に役立ちそうなレシピを紹介します。レトルト食品やお惣菜、冷凍食品といったお助けグッズを上手に使って、新年もがんばりましょう!(中華のグルメガイド

レトルト食品でこんなに豪華に…!どれも即完成するのに手抜きに見えないレシピが優秀すぎる

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。

最近ネットニュースで、「レトルト食品やお惣菜を使うことは手抜きに感じる、罪悪感を覚える」というような文脈のエントリーを読みました。

headlines.yahoo.co.jp

 

様々な方のいろいろなコメントを見ましたが、

個人的には、この仕事をしていて何ですが、たまにはレトルト食品やお惣菜を使っても良いじゃないか!と思っています。

「時短料理」って、「手抜き」「愛情を感じられないもの」なんかではもちろんなくて、浮いた時間を家族とのコミュニケーションや、自分の身体や心をケアすることに使えると思うのです。そうしたサポートのためにレトルト食品は存在するのではないか、とまで思います。

ただ、それでもレトルト食品やお惣菜には罪悪感を覚えてしまう……という方もいらっしゃるのが現実ですよね。

そこで、今回はレトルト食品などを使っているにもかかわらず、ほんのひと手間加えるだけで豪華に見えるレシピを紹介いたします!

 

麻婆チャーハンオムレツ

f:id:linakawase:20181230174044j:plain

材料(1人分)

f:id:linakawase:20181230174045j:plain

  • 市販のレトルト麻婆豆腐の素・・・・1箱
  • 市販の冷凍チャーハン・・・1袋
  • 卵・・・2個
  • 豆腐・・・200g
  • 青ネギ・・・適量
  • ごま油・・・適量

作り方

  1. 記載の通りにレトルト麻婆豆腐を作る。
  2. 冷凍チャーハンを記載の通りに温めたら、皿に盛る。
  3. 中火で熱したフライパンにごま油をひき、溶き卵を流し入れて半熟状態になったら2にかける。
  4. 3に1をかけ、お好みで青ネギを散らす。

 

こちらは、市販の冷凍チャーハンと麻婆豆腐の素を使った一品!

夫に出したところ「これめちゃくちゃ好きな味や……さすがやねえ!」と言ってましたw

嬉しいのか悲しいのかは複雑ですが、喜んでくれたのであれば良し! 

 

餃子キムチチゲ

f:id:linakawase:20181230174134j:plain

材料(2人分)

f:id:linakawase:20190105211515j:plain

  • 冷凍餃子・・・1袋
  • キムチ・・・100g
  • お好みのカット野菜・・1/3袋
  • 市販の即席味噌汁(今回はフリーズドライタイプを使用)・・・・2袋
  • 七味唐辛子・・・お好みで
  • ごま油・・・お好みで

作り方

  1. 即席味噌汁に記載されているよりも水を100cc多めに鍋に沸かし、味噌汁の素、キムチ、お好みのカット野菜、冷凍餃子を入れて蓋をし、10分加熱する。
  2. 1に火が通ったら、お好みで七味、ごま油をまわしかける。

 

即席味噌汁、キムチ、餃子、カット野菜があれば簡単にできるチゲ!

食べ応えもありますが、お腹にも優しいお味で疲れて帰ってきた時にもピッタリですよ。テーブルにそのまま出せる土鍋などで作れば、洗い物は鍋と取り皿くらい、と少ないのもうれしすぎる。

 

ハンバーグピラフグラタン

f:id:linakawase:20181230174358j:plain

材料(1人分)

f:id:linakawase:20181230174504j:plain

  • レトルトハンバーグ・・・1個
  • 市販の冷凍ピラフ・・・1袋
  • シュレッドチーズ・・・70g
  • パセリ・・・お好みで

作り方

  1. 冷凍ハンバーグ、冷凍ピラフを袋記載通りに温める。
  2. 耐熱皿に1を盛り付け、チーズをかけたら220度のトースターで15分加熱する。

 

ハンバーグ!ピラフ!チーズ!老若男女問わず人気の組み合わせです!嫌いな人を見つけるほうが難しいのでは……!

大きな耐熱皿で作ればパーティーメニューにもなりますよ。

 

本来であれば、レトルト食品やお惣菜に罪悪感を覚える必要なんて一切なく、疲れた時は無理せずに頼って良いお助け商品だと思っています。

かくいう私も、この仕事をしながらたまに頼ったりしています。

自分の状況やタイミングに合わせて、レトルト食品やお惣菜も使ってみてくださいね!

 

著者プロフィール

f:id:linakawase:20180105214853j:plain

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々な活動をしている。

SONY XperiaのCMやKIRIN本麒麟の広告への出演などその活動は多岐にわたる。

近年では地方を元気にするための6次化商品の開発に力を入れている。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など

Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

                             
ページ上部へ戻る