火を使わずに即完成!「とろろ」を使ったレシピが簡単なのに思わずかき込みたくなる旨さ

「とろろ」の簡単美味しいレシピを紹介します。とろろは「山のウナギ」とも呼ばれるほど栄養満点。昔から滋養強壮にも良いといわれています。一年を通して食べたいとろろの、火を使わずにさっと作れるレシピが便利ですよ。1つめは冷奴(温奴でも◎)。とろろに山形だしとツナ缶を混ぜ合わせ、豆腐にかけるだけと一瞬でできあがります。2つめはサンマ缶のとろろひつまぶし丼。サンマ缶にたたいた梅干し、大葉でさっぱりいただけます。3つめはレンジで作る豚とろキムチうどん。材料を耐熱ボウルに入れたらレンジでチンするだけと簡単です。豚キムチでしっかりスタミナつけてくださいね。そのほか、いつもの味噌汁に入れるなど、とろろの活躍の場は無限大。普段の食事にうまく取り入れてみてくださいね。

火を使わずに即完成!「とろろ」を使ったレシピが簡単なのに思わずかき込みたくなる旨さ

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。

今回は栄養満点食材、「とろろ」を使った簡単レシピを紹介します!

とろろは「山のウナギ」と呼ばれるほど栄養が豊富で、滋養強壮にも良いと昔からいわれていますね。アミラーゼという消化酵素も含まれていて、消化を助けるはたらきも期待できます。

 

ちょっとお疲れ気味の人、いつもの食事にとろろをプラスしてみてください!すりおろす元気さえなかったら、市販のパック詰めされたものなんかを活用するのも◎。というわけで、さっそくレシピを紹介します! 

 

とろろ山形だしの冷奴

f:id:linakawase:20180802005819j:plain

材料(1人分)

  • 市販の山形だし・・・・100g
  • とろろ・・・100g
  • ツナ缶・・・1缶
  • 絹豆腐・・・150g
  • 醤油・・・適量

作り方

  1. 市販の山形だしに、とろろとツナ缶を加え、よく混ぜ合わせる。
  2. 絹豆腐に1をかけ、醤油をまわしかける。

 

食欲がないときでも、ツルっといける冷奴!温奴にしてももちろん美味しいです。

ツナを入れることで満足度も高まります。もちろん豆腐ではなく、ご飯にかけてもOKですよ!

 

サンマ缶のとろろひつまぶし丼

f:id:linakawase:20180802005948j:plain

材料(1人分)

  • サンマ缶・・・・1缶
  • ご飯・・・1膳
  • とろろ・・・100g
  • 梅干し・・・1粒
  • 大葉・・・2~3枚

作り方

  1. ご飯にサンマ缶、とろろ、叩いた梅干し、千切りにした大葉をのせる。

 

缶詰のおかげで、火を使わずに5分で丼が完成!甘辛いサンマに、酸味のある梅干しととろろは、意外にとっても合うんです!

 

豚とろキムチうどん

f:id:linakawase:20180802010217j:plain

材料(1人分)

  • 豚バラ薄切り肉・・・100g
  • キムチ・・・100g
  • 茹でうどん・・・1袋
  • めんつゆ・・・大さじ2
  • とろろ・・・100g
  • 青ネギ・・・適量
  • 塩コショウ・・・少々

作り方

  1. 豚バラ薄切り肉は食べやすい大きさに切って塩コショウをふる。
  2. 耐熱ボウルに、1、茹でうどん、キムチ、めんつゆを入れ、600wの電子レンジで5~6分加熱する。
  3. 2をよく混ぜ合わせたら、器に盛り、とろろ、青ネギをのせる。

 

ちゅるんと食べられるうどんにとろろを合わせることで、さらに食べやすく!キムチと豚肉でスタミナたっぷりのうどんになっていますよ!

 

今回紹介したレシピ以外にも、いつもの味噌汁に入れたり、お刺身と一緒に丼にしたり、使い道無限大の「とろろ」。ぜひ普段の食事に取り入れてみてくださいね!

 

著者プロフィール

f:id:linakawase:20180105214853j:plain

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々な活動をしている。

SONY XperiaのCMやKIRIN本麒麟の広告への出演などその活動は多岐にわたる。

近年では地方を元気にするための6次化商品の開発に力を入れている。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など

Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

                             
ページ上部へ戻る