ガチの焼肉どころ、三河島で見つけた真のコスパ店…! 「牛星」で肉のうまさと安さに脳天を打ち抜かれてしまった

荒川区東日暮里、三河島駅周辺は韓国籍の方が多く住まれているところで、良く知られた新大久保のコリアンタウンより観光地化しておらず、焼肉店・精肉店・韓国食材店が軒を連ねるコリアンタウンです。今回三河島で出会った真の最強コスパ店「牛星」(東京都荒川区東日暮里6-5-14 )を紹介します。こちらのお店、カルビ・ハラミ・ロースの「焼肉店三種の神器」がそれぞれ480円。問屋直送で信じられないくらいの値段で焼肉が食べられる人気店です。特に内臓系のお肉の美味しさは秀逸。わざわざ常磐線に乗って行く価値がありますよ。(日暮里のグルメ焼肉

ガチの焼肉どころ、三河島で見つけた真のコスパ店…! 「牛星」で肉のうまさと安さに脳天を打ち抜かれてしまった

予約なしでサクッと入店できて、圧倒的に安くて、とにかく美味い焼肉屋さんを紹介させてください

f:id:g-gourmedia:20180911094314p:plain

破ッ!色・食・是・喰! こんにちは、グルメ修行僧・東山です。

 

今回はもう小難しい前口上は抜きにして単刀直入に言います……

 

肉です!

肉!

 

それも、

 

予約なしでサクッと入店できて、

圧倒的に安くて、

美味い肉!

 

こちらのお店、昨年末、私が店主を務める汁なし担々麺専門店「タンタンタイガー」のグルメなスタッフに教えてもらってから、あまりに気に入りすぎて月イチで必ず通っていて、既に10回近く通っております。

その都度、肉の美味しさ、圧倒的なコスパに毎回驚かされております……

記事最後に会計時のレシートを載せていますが、あまりのコスパの高さに皆様も驚かれると思います……!

 

ある意味新大久保を超えるコリアンタウン、三河島にある「牛星」

f:id:g-gourmedia:20180911110641j:plain

そのお店がコチラ。

JR常磐線三河島駅から徒歩3~4分の場所に位置する「牛星 三河島店」。

三河島は、韓国籍の方が多く住むコリアンタウンなのですが、新大久保のように観光地的な性質を帯びているわけではないガチのコリアンタウンで、焼肉屋や韓国食料品店が数多く存在するエリアです。

なので、焼肉用の肉や、内臓系の肉、キムチなどが安く美味しく食べられる、韓国料理好きにとっては最高のエリアなのです。

f:id:magicaline2:20180824180342j:image

こちら、牛星の店前看板です。

この時点でかなりコスパの良さそうな雰囲気が漂っていることと思いませんか?

f:id:magicaline2:20180824180347j:image

では、メニューを細かく見ていきましょう。

まず、カルビ、ハラミ、ロースという焼肉界3種の神器は全て480円!

中落カルビ380円!

ホルモン380円!

レバー290円!

キムチ330円!

どうですか!?

とはいえ、安いだけで質が悪ければ本末転倒。実際に気になるメニューを頼んでいきましょう。

 

ナムルとキムチがまず旨い…!

f:id:magicaline2:20180824180355j:image

ナムル盛り合わせ 380円

ドカーーーーーーン!!!

牛星に来たら100%注文する鉄板メニュー。

なぜか豆もやしのナムルだけ山盛りになってる盛り合わせ。

普通、焼肉屋だとナムルの盛り合わせって580円~680円くらいしますし、豆もやしナムルは山盛りではないことを考えると驚愕のコスパです。

f:id:magicaline2:20180824180401j:image

しかも、ここのナムルめっちゃ美味しいんですよ。

特にこの豆もやしのナムルがたまらんのです……

豆もやしの力強い風味をナムルの塩味ベースの味付けが引き立ててくれてご飯がすすみまくり!

毎回3~4人で行って一瞬でなくなるのでおかわりを頼むこともしばしば。

f:id:magicaline2:20180824180409j:image

キムチ 330円

キムチも山盛りではないもののたっぷりサイズ。

さすがコリアンタウンの中にあるだけあって、日本式の甘いキムチではなくちゃんと韓国式のキムチです。

やはり安い……

f:id:magicaline2:20180824180413j:image

このキムチの味付けが非常に美味しいんですよ~!

アミの塩辛をはじめとする様々な旨味の要素が絡みあい、なんとも複雑玄妙な味わいを作り上げています。

これだけでご飯がガンガン進みますが、肉と一緒に食べても、もう……!!

f:id:magicaline2:20180824180424j:image

てんこ盛り牛星サラダ 380円

肉だけじゃなくて、野菜もバランスよく食べたいという方におススメなのがこちら。

本当に山盛りなのに300円代という価格!

ドカッと盛られたレタスにちょこんと乗せられたオニオン、シンプルなドレッシングがかけられていて飽きのこない味わいです。

f:id:magicaline2:20180824180430j:image

さぁ、いよいよ肉を焼いていきましょう!

網の底に丸い石が敷かれていて、この石が発する輻射熱によって肉の表面だけでなく内部までしっかり熱がいきわたる工夫がなされています。

 

筆者が牛星で一番好きなお肉「サガリ」を紹介します

f:id:magicaline2:20180824180435j:image

牛星サガリ 430円

キターーーーーーーッ!!

見てください!この美しさ!とても430円とは思えない!

しかもこの厚切り感!たまりません!

サガリは実はハラミと同じく横隔膜の肉のことで、実は内臓なのです。

ハラミと比べると脂質が少なく赤身部分が多く、ローカロリー。

僕は牛星の肉の中で一番好きな肉です。

f:id:magicaline2:20180824180448j:image

サッと焼いていただきましょう……

厚切りながらもやわらかい肉質で噛むとジュワァーと肉汁が溢れてくるお肉。

ご飯との相性が最高すぎるので、食べたい気持ちをグッと抑えてライスを注文。

 

ライス(特大850グラム)=360円の衝撃

f:id:magicaline2:20180824180454j:image

ライス(特大850g) 360円

ドーーーーーーン!!!!

見てくださいよ、この豪快すぎる盛り!

いわゆる『日本昔ばなし盛り』というやつです。

これが360円とは、コスパが崩壊しています。

これも、焼肉にご飯が最高に合うことを知り尽くしている牛星ならではのサービス精神の表れでしょう。

f:id:magicaline2:20180824180459j:image

ビールジョッキと比較してみるとこのサイズ感。

お椀に収まっているご飯より、盛り出た山の部分の方が多いですからね。

f:id:magicaline2:20180824180512j:image

御(オン)・座(ザ)・米(ライス)!

ご飯が大きすぎて写真に納まりません!

それでは、いただきまーーーーーっす!!

ぐ……ぐぬぬ……

まさに至福……

厚切りのサガリから溢れ出る肉汁と焼肉特有の甘辛なタレが混ざり合い、その旨味をあたたかなご飯がドッシリと受け止め、焼肉という料理の美味しさ&素晴らしさが稲妻のような感動となって脳天を打ち抜きます!

それにサガリはサッパリしているので、若かりし頃はカルビを好んでいたけれど最近はもっぱらロースを筆頭とする赤身肉派に寝返った小生にとってはドストライクな部位!

 

f:id:magicaline2:20180824180531j:image

牛星ロース 480円

お次はロースです!

高級な焼肉屋に行くと、ロースを頼んでもキレイにサシが入ったものが出てくることもありますが、こちらは混じりっ気なしの完璧な赤身肉!

う、嬉しいーーー!!

f:id:magicaline2:20180824180541j:image

赤身肉は火を通し過ぎないでいただくのが小生の流儀。

くぅぅぅぅーーー!これこれこれーーー!!!

噛みしめるとジワーーッと溢れ出る旨味のジュース。

サシが全く入ってないのに、スッと嚙み切れるやわらかさ。

これだけサッパリしていると、1人で3人前はイケてしまいそうです!

 

ハラミにレバー、ホルモン…内臓系のお肉がとにかく旨い

f:id:magicaline2:20180824180740j:image

牛星ハラミ 480円

牛星はとにかく内臓系の肉が美味い!

先述したようにハラミも実は内臓肉の一種。

牛星のハラミはカットが分厚くて、臭みが全くなくて素晴らしい肉質なのです。

480円なのにこんなに分厚くて大きな肉が5~6枚乗せられているというコスパの良さ。

f:id:magicaline2:20180824180542j:image

厚切りのハラミを噛みしめると、ハラミ特有のやや渋みを含んだ深みのある旨味のジュースが溢れ出します。

ハラミの旨味の感じは、焼肉のタレの甘辛さとベストマッチ。

ハラミという肉は焼肉で食べるのが一番美味しい食べ方なんじゃないか?と考えてしまいますね。

そして、こんなに分厚いのにサクッと噛み切れるやわらかさ。

こちらも牛星に来たら必ず注文する一皿。

f:id:magicaline2:20180824180813j:image

中落カルビ 380円

まさかの400円を切る中落ちカルビもこのクオリティ。

分厚くカットされた肉に歯を立てると、心地よい抵抗感を歯が受け止め、それも躊躇せず噛み切ると肉汁と脂が溶け合ってなんとも濃厚なお味。

やはり焼肉屋にくるとカルビ系は味わっておきたいもの。

f:id:magicaline2:20180824180821j:image

牛スジ煮込み 350円

こちらも牛星に来たら100%注文する鉄板メニューのひとつ。

なんども言いますが、「牛星は内臓系肉がうまい!」そのご多分に漏れず牛スジも絶品なのです。

しかも、嬉しいことにピリ辛の味付けなんですよ!

しかもしかも!350円なのにこのボリューム!

あまりのコスパの良さに笑うしかありません。

f:id:magicaline2:20180824180824j:image

柔らかく煮込まれたトロットロに牛スジが、韓国風にピリ辛テイストに味付けられていて……

もう完璧に期待どおりの美味しさ。

これをご飯と食べると、もう本当にたまりませんから、ぜひ皆様も試してみていただきたい!あの特盛ご飯もペロリとたいらげてしまえるほどに美味しい。

いつも行くメンバーと、

「この牛スジ煮込みとご飯だけ食べに牛星来たいよね(笑)」

と冗談交じりに話すのですが、それが許されるのであれば週5くらいで通うでしょう。

f:id:magicaline2:20180824180842j:image

レバー 290円

「牛星は内臓系肉がうまい!」

もうしつこいくらい言ってますが、こちらをより実感していただきたく、ここからは内臓系肉のオンパレードで参りたいと思います。

まずはレバー。

290円と超低価格ながらもこの鮮やかな肉色を見てください。

鮮度の悪いレバーは黒ずんでいますし、不健康な牛のレバーはやけに白っぽかったりするのですが、こちらは鮮やかな小豆色。

ほとんど臭みがなくめちゃくちゃ美味しいレバーです。

f:id:magicaline2:20180824180857j:image

ホルモン 380円

牛星に来たら、このホルモンは絶対に食べていただきたい。

驚くほど美味しいです。

たっぷり脂が乗っていて、全く臭みがないホルモンです。

f:id:magicaline2:20180824180900j:image

焼くとプッルンプルンに……!

食べると甘い脂がジュワァーっと口の中に広がり、甘辛なタレと絡んで……もう至福の極み。

年々脂っこいお肉をたくさん食べられなくなってきているのですが、不思議と牛星のホルモンはたくさん食べられてしまう不思議。

三河島というコリアンタウンに根付く独自の流通ネットワークのお蔭なのか、かなりの鮮度の良さを感じられるホルモンです。

f:id:magicaline2:20180824180904j:image

特上ミノ 580円

牛星の中では比較的高価格な部位。

それでも580円なのですから金銭感覚がかなり狂ってきています。

分厚くカットされたミノに歯を立てると、サクサク噛み切れる食感の良さとジューシーさ、そして噛みしめるほどに感じられる身の甘さを存分に感じられます。

このミノもかなりの新鮮さを感じられるのですが、高級焼肉店で食べられるミノとなんら遜色ありません。

f:id:magicaline2:20180824180930j:image

5種ミックスホルモン 480円

そして極め付けはコチラ!

様々な部位が一皿に盛りつけられていて、そのほとんどの部位はメニューにあるものなのですが、なぜか1~2切れだけメニューに載っていない部位が混ざっているのです。

その部位がめちゃくちゃ美味しいんですよ!

ミノとホルモンを掛け合わせたような部位で、サクサクした触感と噛みしめるほどに溢れる脂がたまらない、謎の部位。

気になる方はぜひ見つけてみてください!

内臓好きの方は注文して損はないと思います!

f:id:magicaline2:20180824180942j:image

長々と説明してしまいましたが、最後は網の上で焼かれる美しい肉たちの写真をご覧ください。

焼肉とはそれ自体がエンターテイメントとして成立するくらいのコンテンツ力を持ちながら、味は極上。

なんと素晴らしい料理でしょう!

ビールも飲んで上機嫌!

……ただ、焼肉唯一の欠点はお財布にやさしくないこと……

最高の気分だったのに、会計時に夢から覚めたように青ざめることもしばしば……

今回は男3人でお酒も飲み、お腹がはち切れんばかりに食べまくったので1人5,000円×3人=15,000円くらいの会計を覚悟していたところ……

 

本当に安い…!

f:id:magicaline2:20180824180946j:image

6,819円!!!!

1人2,273円!!!?

これだけ美味しい焼肉を満喫し、ビールまで飲んだのに2,000円代前半とはさすがにバチが当たりませんか!!?

お、恐ろしすぎる!

どうです?これは少なくとも月イチで定期的に通いたくなりませんか!?

ちなみに、この時我々は神に誓って満腹です!

肉好き紳士淑女の皆様、日本中の牛が食べ尽くされてしまう前に牛星に行くのが得策だと思います!!

 

紹介したお店

r.gnavi.co.jp

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

 

著者プロフィール

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/magicaline2/20151120/20151120010950.jpg

グルメ修行僧 東山広樹

ラーメン屋の開業に向けて修行中の身でしたが、2016年8月10日に東京・蔵前に四川式汁なし担々麺専門店「タンタンタイガー」をオープンさせました。日々、担々麺道を極めんと研鑽しております。

【FBページ】https://www.facebook.com/tantantiger.tokyo/
【ブログ】Cooking Maniac

 

グルメ修行僧の過去の記事はこちらから

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る