激辛好きの極楽浄土!池袋の四川料理店「知音食堂」は唐辛子+ニンニクの旨味が異常な中毒性だゾ

池袋で激辛料理を食べるなら「知音食堂」は絶対に外せないお店です。四川料理をベースにした中華料理ゆえ、大量の唐辛子、そしてときには生ニンニクがごろごろ乗るという攻撃的なビジュアルのメニューが目白押し、そして辛味と旨味の塊のような味が異常な中毒性を放ちながら激辛マニアをひきつけてやみません。ランチタイムに食べれば、1日分の汗を発散できること間違い無しの激辛っぷりですが、なぜか箸が止まらない。池袋グルメの中でもずば抜けて中毒性の高いお店なのであります。 (池袋のグルメランチ

激辛好きの極楽浄土!池袋の四川料理店「知音食堂」は唐辛子+ニンニクの旨味が異常な中毒性だゾ

f:id:magicaline2:20160929172756j:plain

刃ッ!色・食・是・喰! こんにちは、グルメ修行僧・東山です。

 

いやぁ・・・秋も深まり涼しくてすごしやすい気候になってきましたネ!

街路樹も少しずつ赤味を帯びてきて、気分はちょっとセンチメンタル。

しかし・・・こんな季節こそ!!

激辛料理をヒーヒー言いながら食べて、汗だくになって、テンションをブチ上げましょう!!

 ワッショイ!ワッショイ!!激辛ワッショイ!

激辛祭りじゃーーーーーーーー!!

 

ということで、池袋に激辛マニアが集う、いわば激辛好きの聖地なるお店「知音食堂」を紹介します。

 

激辛中毒者をトリコにする「歌楽山辣子鶏」とは?

それでは、激辛料理中毒者が涙を流し、よだれを垂らして悦ぶ逸品がコチラ!

f:id:magicaline2:20160929171141j:plain歌楽山辣子鶏 2880円 

うっっっっっっはーーーーーーーーーーー!!!!

唐辛子がいっっっっっっっっっぱい!!

 

そして、痺れ好きには嬉しい中国山椒もどっっっさり乗っかってます!

「何コレ?唐辛子と山椒をそのまま食べる料理なの!?」と思われるかもしれませんが、違います!

f:id:magicaline2:20160929172344j:plain

 大量の唐辛子の中に箸を入れると、香ばしく揚げられた鶏が発掘できます。

 

実はこの料理、鶏のから揚げを大量の唐辛子と山椒と一緒に炒めることで、唐辛子の香ばしさや辛味、山椒の香りと痺れを鶏肉にまとわせる、という非常に贅沢な料理なのです。

 

鶏肉を口に入れると、炒めた唐辛子の強烈な香ばしさと、山椒の高貴な香りが口内に充満します!

もう、唐辛子好きにとっては感涙を禁じ得ません!

料理の中に入っている唐辛子は食べませんが、山椒はバリバリ食べちゃいます!

この豪快さもたまらない・・!!

 

豚肉の甘みとニンニク+唐辛子の刺激がたまらない「蒜泥白肉」

お次は、私の大ッ好きな料理を紹介しましょう。

f:id:magicaline2:20160929172448j:plain蒜泥白肉(豚肉のニンニク和え) 800円

う、うひょーーーーーーーーーーー!!

美しい!美しすぎぃぃぃぃぃぃ!!

蒸した豚肉を薄切りにして、ニンニクや唐辛子を加えた辛いソースをかけて食す。

シンプルだけど、これがめちゃくちゃうまいんですよ!

 

f:id:magicaline2:20160929172529j:plain

さぁ、たっぷり辛いソースをまぶしていただきます・・・

・・・・・・

あぁ・・・・・・おいしぃ・・・

フワッとやわらかく蒸された豚バラ肉はしっとりジューシーで、肉の甘みがたっぷり感じられる、そこにかかっているのは刺激的な辛さのソース。そして、ニンニクもしっかり効いていて食欲229倍!

ただただ、うまい!

f:id:magicaline2:20160929172546j:plain

 そして、豚肉の下に敷かれたもやしが最高なんですよ!

たっぷりと辛味ソースをまぶした豚バラ肉で巻いて食べてごらんなさい!そこは旨辛楽園!!

 

腰が抜けるほど旨い「水煮牛肉」(激辛牛肉煮込み)に衝撃

では、お次はいよいよ、私がこの店で一番好きな料理を紹介します・・!

f:id:magicaline2:20160929172512j:plain
水煮牛肉(四川風辛い牛肉の煮込み) 1380円

ぅぁありがとうぅございまぁぁぁぁぁぁぁっっっっす!!!

コレコレコレコレコレコレコレぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

「水煮」と名乗っておりますが、そんな生易しい料理ではありません!

めっちゃくちゃ辛くて、めっちゃくちゃ痺れて、腰が抜けるほど旨い、激辛牛肉煮込みです!

 

初めてこの料理を食べた時には、

「この世にこんなに旨い激辛料理があるのか!?」と、ただただ衝撃を受けました。

f:id:magicaline2:20160929172619j:plain

見てくださいよ・・・!

このお肉のフルフルな感じ!

もちろんお味は・・・

ヤバい!うまい!カライ!アツイ!うっ、うますぎるぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!

マジで最高です!

 

数ある激辛料理の中でも理想的な味の激辛料理だと思います!

牛肉は高温でサッと油通しされているため、フワフワやわらかい食感なのに、しっかり肉感が残っていて、ジューシー

煮込みのスープは、もう旨味と辛味の塊みたいな味で、かなりガッツリコッテリ!味付けにほとんど砂糖を使っていないのか、甘みはほぼ皆無。

ひたすら旨くて、とにかく辛い!本当に箸と汗が止まりません!

 

f:id:magicaline2:20160929172713j:plain

御(オン)・座(ザ)・ライス。

 

こんなに旨くて辛い食べ物がごはんに合わないワケないですよね。

えぇその通り!最高&最強です!

この水煮牛肉だけで、マジでごはん5杯はいけちゃいます!

f:id:magicaline2:20160929172637j:plain

そして、また豆もやしがうまいんすよ!!

最強旨辛スープにしっかり絡んで、たまらない!!

 

f:id:magicaline2:20160929172643j:plain
豆腐干の千切り和え 680円

ここで激辛好きのあなただけにこっそり裏ワザを伝授しましょう。

これは、干した豆腐を麺状にしてゴマ油や塩と和えた料理なんですが、全く豆腐とは思えないほど、しっかりとしたコシと食感がある料理なのです。

これは、このまま食べてももちろん激ウマなのですが・・・

 

f:id:magicaline2:20160929172656j:plain

つけ麺にしちゃいましょう!!

自分で言うのもナンですが・・・コレ、天才の発想だと思ってます!

激辛ノーベル賞いただきです!

激ウマ激辛なスープを干豆腐のどっしりした豆の味が受け止めて、物凄く力強い味になります!

この料理を出すつけ麺専門店があれば大流行間違いなしです!

最高に美味しいので是非やってみて下さい!!

 

一番辛い料理は想像以上に攻撃的なビジュアル

最後は、この激辛料理ばかりが集まる知音食堂の料理の中で、一番辛い料理を紹介します。

f:id:magicaline2:20160929172756j:plain
鶏モモとラー油山椒特製ソース和え物 680円

 辛そうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!

もう、唐辛子のみじん切りが種ごとどっさり乗っかってますもん。加えて、生ニンニクが粒ごと乗っかっているなど、かなり攻撃的なビジュアル!

そして、山椒の爽やかな香りが辺り一面に漂っています・・・

 

f:id:magicaline2:20160929172832j:plain

うはぁ・・・美しい・・・

しっとり蒸し上げられた鶏肉に超激辛ソースと刻んだ唐辛子をまぶしていただきましょう。

うっっ★@#+!?%&$#まぁーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

そして、辛い辛い辛い辛い!凄く辛いです!

こちらもタレには一切甘みがなく、キリッとした醤油ベースのタレに旨味がたっっっぷり。そして、直線的な辛味。ほんのりあたたかい鶏肉からあふれ出る旨味と肉汁。

これは凄い・・・!うますぎる!そして、辛すぎる!

ご飯との相性も抜群!箸が止まらん!

店内を見渡すと、ほとんど全てのお客さんがこの料理を頼んでいました。

中でも、超常連さんっぽい雰囲気の人は、この料理とご飯だけ頼んで食べていました!

確かに、この鶏肉とご飯のを提供する定食屋があったら週8で通ってしまうこと間違いなし。

 

いやぁーーー・・・なんというか・・凄かった!

激辛料理好きの私にとっては、激辛料理のテーマパークみたいなお店です。

出てくる料理が全部、大興奮させるビジュアルであり、食べると、もうそこは極楽。

中毒性が異常に高いお店です!

激辛好きは今週末には・・否ッ!今から行きましょう!!

 

f:id:magicaline2:20160929172903j:plain

紹介したお店

知音食堂

TEL:03-5951-8288

住所:東京都豊島区西池袋1-24-1 宮川ビルB1F

 

r.gnavi.co.jp

 

著者プロフィール

f:id:magicaline2:20151120010950j:plain

グルメ修行僧 東山広樹

ラーメン屋の開業に向けて修行中の身でしたが、2016年8月10日に東京・蔵前に四川式汁なし担々麺専門店「タンタンタイガー」をオープンさせました。日々、担々麺道を極めんと研鑽しております。

【FBページ】https://www.facebook.com/tantantiger.tokyo/

【ブログ】Cooking Maniac

 

グルメ修行僧の過去の記事はこちらから

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る