浅草にラーメン食べ放題という新ジャンル誕生「拉麺ビュッフェBUTA」でチャーシューを乗せまくれ!

日本にはさまざまな「食べ放題」がありますが、今回紹介する「拉麺ビュッフェBUTA」は、なんとも珍しいラーメンの食べ放題です。980円で30分間、とんこつラーメンが食べ放題になるという食いしん坊にはたまらないシステムのお店ですが、その内容も字面のインパクトを超える充実したものです。ラーメンだけでなくチャーシューや煮たまごなどのトッピングも乗せ放題という良心的なシステムは画期的。さらに麻婆豆腐や白米、杏仁豆腐まで食べ放題に含まれているので、満足度は限りなく高まることでしょう。お腹がすいたら1058円(税込み)を握り締めて「拉麺ビュッフェBUTA」へレッツゴーだ! (浅草のグルメランチ

浅草にラーメン食べ放題という新ジャンル誕生「拉麺ビュッフェBUTA」でチャーシューを乗せまくれ!

【編集部注: 2017年10月9日で閉店したそうです】

f:id:tanocchi:20170414221048j:plain

浅草をパトロールしていたある日のこと。いつもの道に見慣れない看板が…。 

f:id:tanocchi:20170414220708j:plain

ラーメン食べ放題980円…だ…と!?

f:id:tanocchi:20170414220702j:plain

焼肉食べ放題、しゃぶしゃぶ食べ放題というのはよく見かけますが、「ラーメン食べ放題」の専門店は初めて見ました。ラーメン食べ放題って、ホテルバイキングの麺コーナーで自分で作るイメージしかないですよね。「拉麺ビュッフェBUTA」ときましたか。

f:id:tanocchi:20170414220701j:plain

なになに…ラーメンの具を自由にとって、麺の上に乗せて食べると、ふむふむ。

f:id:tanocchi:20170414220704j:plain

店内に入るとまずビュッフェカウンター。なるほどそういうことか!

f:id:tanocchi:20170415120538j:plain

え、これって、チャーシュー乗せ放題ってこと!?

f:id:tanocchi:20170414221017j:plain

豚の角煮に豚バラすき焼き…やばくない?

f:id:tanocchi:20170414221016j:plain

メンマに梅ちりめん

f:id:tanocchi:20170414221021j:plain

海苔もキクラゲもチーズも乗せ放題。

f:id:tanocchi:20170414221022j:plain

ネギ2種類にとろろ。

f:id:tanocchi:20170414221019j:plain

おいおい、味付けたまごにゆでたまごに生たまごまで取り放題かよ。

f:id:tanocchi:20170414221023j:plain

サラダにナムルもあって健康的。

f:id:tanocchi:20170414221020j:plain

そして杏仁豆腐。

f:id:tanocchi:20170414221018j:plain

オレンジジュースにスポーツドリンク。なぜスポーツドリンクw

f:id:tanocchi:20170414221055j:plain

こんなに取り放題で980円(税抜き)。ホントかよ。やるしかねえな。

f:id:tanocchi:20170414221104j:plain

30分1本勝負を挑んできた

f:id:tanocchi:20170414221106j:plain

まずはお盆に3連小皿をセットオン。最初に具材をピックアップしている時点では、まだ食べ放題タイムにはカウントされませんのでジックリ選びましょう。良心的。

f:id:tanocchi:20170414221059j:plain

トロットロの角煮。

f:id:tanocchi:20170414221648j:plain

豚バラすき焼き

f:id:tanocchi:20170414221647j:plain

麻婆豆腐もいいですなあ。

f:id:tanocchi:20170414221646j:plain

煮玉子にメンマにチャーシューに…12皿フルコンプ。

f:id:tanocchi:20170414221649j:plain

席についたらまず料金を支払います。980円+消費税で1058円です。

f:id:tanocchi:20170414221650j:plain

ラーメンの硬さを聞かれますので、お好みで。バリカタ・堅め・普通・やわめの4通り。ここはノーマルに「普通」をチョイス。沢山食べられるようにハーフサイズの60gになっています。

f:id:tanocchi:20170414221052j:plain

ラーメンが置かれたところから30分のカウント開始!さあ食うぞ!

f:id:tanocchi:20170414221051j:plain

最初の1杯は「ノーマル」がオススメ

好きな具材を乗せてオリジナルラーメンを作っていくわけですが、店長さん曰く「まずはスタンダードなトッピングをお試しください」とのこと。

f:id:tanocchi:20170414221102j:plain

時間は待ってくれません。「自分の1杯」を作っていきますよ。

f:id:tanocchi:20170414221050j:plain

チャーシュー・たまご・メンマ・キクラゲ・海苔・ネギ・紅しょうがで「王道トッピング」の完成です。

f:id:tanocchi:20170414221047j:plain

ズルズルっ!!お!本格的とんこつラーメン

f:id:tanocchi:20170414221637j:plain

ここは元々久留米ラーメンのお店。沢山のお客さんに知ってもらうにはどうしたらいいかと考えに考え、2017年3月に「ラーメン食べ放題」の店として生まれ変わりました。なので、ベースになっているラーメンのクオリティが高い!

f:id:tanocchi:20170414221634j:plain

チャーシュー何枚乗せてもいいとか夢だよね。

f:id:tanocchi:20170414221635j:plain

味付け玉子もしっかり半熟じゃないの。

f:id:tanocchi:20170414221632j:plain

あーうまい。1杯目完食で6分19秒。まだまだいきます。

f:id:tanocchi:20170414221630j:plain

ラーメンのおかわりは麺だけの「替え玉」と、スープごとの「おかわり」が選べます。替え玉はかためでいってみましょう。

f:id:tanocchi:20170414221046j:plain

2杯目は店長イチオシのネバとろトッピングでサッパリと

f:id:tanocchi:20170414221044j:plain

王道のあとはアレンジメニュー。「梅ちりめんがラーメンに合うんですよ。とにかく試してください」と店長。

f:id:tanocchi:20170414221629j:plain

こってりの豚骨スープが梅でサッパリ!これは2杯目にして正解!

f:id:tanocchi:20170414221627j:plain

とろろにおくらが加わって「和風まぜそば」テイストになります。

f:id:tanocchi:20170414221624j:plain

ズルズルっ!あっという間に完食。まだ半分もきてません。

f:id:tanocchi:20170414221623j:plain

3杯目はスープごとの「おかわり」で、デラックスラーメンに挑みます。

f:id:tanocchi:20170414221043j:plain

チャーシュー・角煮・すき焼きの3連星。肉のジェットストリームアタックや!

f:id:tanocchi:20170414221622j:plain

なんて肉肉しいラーメンなんだwww

f:id:tanocchi:20170414221042j:plain

さらに全具材を投入!

f:id:tanocchi:20170414221041j:plain

てってれーーーーー!!山盛り肉メンマ海苔チーズラーメン!!

f:id:tanocchi:20170414221039j:plain

残り14分、かなり余裕です!

f:id:tanocchi:20170414221040j:plain

うほう!角煮トロットロ。

f:id:tanocchi:20170414221620j:plain

厨房で常に煮込まれている大量の角煮。食べても食べても補充されるぜ!

f:id:tanocchi:20170414221112j:plain

チャーシュー5枚食い!俺は柔道部か!

f:id:tanocchi:20170414221616j:plain

肉の下にピリッと麻婆豆腐。カオスです。

f:id:tanocchi:20170414221617j:plain

メンマを好き放題食べられるって幸せですよね。

f:id:tanocchi:20170414221619j:plain

ぷはああああああ!大満足!あと8分半!

f:id:tanocchi:20170414221036j:plain

具材は何度でも取りにいけるので、こんなに一度に取らなくてもいいですからね。と、目の前にいるのは某浜松町ラジオ局の売れっ子作家、ナイスガイこと永田先生じゃないですか。さすがリサーチが早い!

f:id:tanocchi:20170414221103j:plain

ラストは、禁断の白米に手を出してしまいましょう。

f:id:tanocchi:20170414221057j:plain

白米に豚バラすきやき、チーズ、生たまご!

f:id:tanocchi:20170414221614j:plain

テーブルの上の高菜を乗せて…。

f:id:tanocchi:20170414221611j:plain

ラスト4分!

f:id:tanocchi:20170414221032j:plain

うおおおおおっ。うめええええええ!

f:id:tanocchi:20170414221610j:plain

最後の最後はオレンジジュースで口の中をサッパリと。

f:id:tanocchi:20170414221030j:plain

戦いは…終わった…。

f:id:tanocchi:20170414221029j:plain

30分戦ってみて

最初は制限時間30分って短いなと思ったのですが、とんでもない。20分経過時点でかなりの満腹。30分食べ続けたら胃袋はちきれそうです。980円でこの満足感はなかなかないですよ。今年度コスパナンバー1の予感。

f:id:tanocchi:20170414221606j:plain

開店1ヶ月でいまのところ最高記録は30分でラーメン20杯だそうです。ハーフサイズとはいえとんでもねえな…。具材は常に厨房で仕込まれているので、遠慮なくいただいちゃいましょう。

f:id:tanocchi:20170414221111j:plain

店長に教わった食べ方のコツとしては、

  • 何回でも取りにいけるので具材を取りすぎない
  • 1杯目はこれ、2杯目はこれ、とシュミレーションしておく
  • あとはお腹いっぱい食べて帰ってください

とのことでした。ラーメン食べ放題、素晴らしいアイディアだと思います。

f:id:tanocchi:20170414221027j:plain

体験してわかったのは、具材を乗せすぎるとスープと麺の熱々さが失われてしまうので、山盛りラーメンは楽しいですが2杯にわけたほうが吉。

スープとラーメン自体が美味しいので、後半ネギだけの素ラーメンとか、替え玉の硬さを毎回変えて変化を楽しむとか、逆に食べ放題だからこそできるシンプルな食べ方で、自分の「好み」を探すのも楽しいんじゃないでしょうか。

営業時間は午前11時半から夜11時まで。ラストオーダーは10時半。定休日は水曜日です。

f:id:tanocchi:20170414221115j:plain

場所は浅草国際通り沿い。つくばエクスプレスの浅草駅か、バスで言うと浅草公園六区が目の前になります。雷門から歩くと7〜8分です。あー、満腹じゃ…。ごちそうさまでした!

f:id:tanocchi:20170414221028j:plain

店舗データ

店名:拉麺ビュッフェBUTA

住所:台東区浅草2-11-7 森口ビル1F

電話:03-5828-0055

定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)

営業時間:11時30分から23時00分(LO 22時30分)

 

 

著者:たのっち(@tanocchi)

f:id:tanocchi:20150722185830p:plain

記者・ラジオディレクター。

ラジオ時代はグルメレポートの取材原稿を放送が終わると捨てていたので、これからはここに書き留めていきますね。

たのっちのぶろぐ:http://tano.blog.jp

ツイッター:https://twitter.com/tanocchi

                             
ページ上部へ戻る