読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塊肉にする?それとも焼肉?極上の熟成肉を自分好みのスタイルで「格之進Rt 富ヶ谷」

原宿からほど近い代々木公園の裏側、代々木公園の駅から徒歩3分「格之進Rt 富ヶ谷」は、熟成肉の先駆者で、肉フェス4回連続総合優勝を誇る「格之進」の新店舗です。看板メニュー「門崎熟成肉」では、宝石のような塊肉や焼肉を堪能することができます。塊肉は肉マイスターの店員さんが焼いてくれるので絶妙な焼き加減を味わえますよ。 (原宿のグルメ焼肉

塊肉にする?それとも焼肉?極上の熟成肉を自分好みのスタイルで「格之進Rt 富ヶ谷」

原宿 焼肉 グルメレポ たのっち

f:id:tanocchi:20160117121708j:plain

「先週高校を卒業したばかりの、ピッチピチの18歳です!」

そんなセリフに心ときめかなくなったのはいつからだったろう。

 

きっとそれは、「熟成」の良さを知ってしまったからだ。

門崎熟成肉・格之進の新店舗

今日やって来たのは代々木公園の駅から徒歩3分、熟成肉の先駆者で、肉フェス4回連続総合優勝を誇る「格之進」の新店舗「格之進Rt富ヶ谷」。

f:id:tanocchi:20160117121744j:plain

おおよそ焼肉屋には見えないシャレオツな佇まい。しかしよーく見てみると…。

f:id:tanocchi:20160117121749j:plain

肉や!

高級感溢れる店内。コの時のカウンターテーブルで焼肉ってすごいな。

f:id:tanocchi:20160117121741j:plain

冷蔵庫には輝く熟成肉たち。すげぇ…。

f:id:tanocchi:20160117121736j:plain

白ワインが冷やさていました。画になりすぎるだろ。

f:id:tanocchi:20160117121732j:plain

カウンター以外は「焼肉!」って感じのテーブルなのでご安心下さい。

f:id:tanocchi:20160117121730j:plain

奥にはお忍び個室もあるので、正月に実家に連れて帰る「親しい友人」とのお食事などにもご活用いただけます。

f:id:tanocchi:20160117121729j:plain

コースがおすすめ

格之進さんはコースでお任せするのが吉。楽だしね。ただし、コースは2名から。

f:id:tanocchi:20160117121722j:plain

コース以外のメニューはコレで全部。今日は1人なので、前菜に「シャルキュトリー盛り合わせ」、そして「本日の門崎熟成肉」をいただこうと思います。

f:id:tanocchi:20160117121718j:plain

本日の門崎熟成肉登場

格之進の看板メニュー「門崎熟成肉」。オラわくわくしてきたぞ。

f:id:tanocchi:20160117121613j:plain

 

「今日のお肉はコチラになります」

いきなり宝石のような塊肉がやってきました。コレはすごい…。

f:id:tanocchi:20160117121717j:plain

ウチモモ&カメノコ。

f:id:tanocchi:20160117121716j:plain

しんしん。

f:id:tanocchi:20160117121715j:plain

ソトバラに、

f:id:tanocchi:20160117121711j:plain

1頭から数百グラムしか取れないという「めがね」。骨盤です。

f:id:tanocchi:20160117121713j:plain

ここから、好きな部位を100グラム単位でオーダーします。1人がお腹いっぱいになる量は200グラムくらいとのこと。今日は欲張って5種類全部頼んでやったわ。はっはっは。

f:id:tanocchi:20160117121726j:plain

ワインは赤ですね。そうですね。でもサシの多い部分には白が合うんですよ。

f:id:tanocchi:20160117121719j:plain

前菜「シャルキュトリー盛り合わせ」登場。肉しかないぜ。素敵。

f:id:tanocchi:20160117121709j:plain

塊肉か焼肉スタイルか選べる

大迫力のお肉様登場。塊肉でお願いしたのが「ウチモモ」「カメノコ」「しんしん」「メガネ」。100グラムって、もっと少ないと思ってた。

f:id:tanocchi:20160117121708j:plain

ソトモモは「焼肉スタイル」。スライスで出てきました。

f:id:tanocchi:20160117121705j:plain

塊肉は店長の千葉さん(肉マイスター)が焼いてくれます。なのでコの字カウンターという特殊な形状になっているんですね。焼肉タイプは自分で焼きます。

f:id:tanocchi:20160117121706j:plain

まずは記念撮影。う、美しい…。

f:id:tanocchi:20160117121707j:plain

塊肉が焼きあがるまで20分ほどかかるので、前菜をいただきましょう。コチラ珍しい「牛の生ハム」。熟成具合がすごい。

f:id:tanocchi:20160117121704j:plain

ローストビーフ。イチオシ。これだけで頼みたい。

f:id:tanocchi:20160117121701j:plain

サラミは脂が強くて、ビール最高だろうなって味。

f:id:tanocchi:20160117121658j:plain

豚の生ハム。上品!

f:id:tanocchi:20160117121653j:plain

レバーペースト。激濃厚。完成度高いわー。

f:id:tanocchi:20160117121702j:plain

前菜でワインが止まらなくなっていると…。

f:id:tanocchi:20160117121652j:plain

店長の「神の手」がお肉様を焼いていきます。

たまらなくいい香り。

まずは薄切りの「めがね」が焼き上がりました。

f:id:tanocchi:20160117121651j:plain

目の前でカットされていきます。鉄板焼き感覚。

f:id:tanocchi:20160117121650j:plain

うひょい!

f:id:tanocchi:20160117121649j:plain

続いてウチモモ。

f:id:tanocchi:20160117121647j:plain

完璧な焼き上がり。

f:id:tanocchi:20160117121644j:plain

肉汁のシズル感は動画でどうぞ。 

肉のカットサイズを変えるのは、形と大きさによって味が変化するのを楽しんでもらうためだそうです。プロフェッショナル。

f:id:tanocchi:20160117121641j:plain

まずは「めがね」。「塩とワサビが一番合います」とのこと。いただきます。

f:id:tanocchi:20160117121639j:plain

やわらけえ…なんだこれ…。初めて食べた「めがね」、香ばしくて最高です。

f:id:tanocchi:20160117121637j:plain

続いて「ウチモモ」。まずは塩オンリー。口中に肉汁が広がります。

f:id:tanocchi:20160117121636j:plain

ワサビ+塩。日本人でよかった。大きくカットされた肉は噛みごたえがあり、噛むたびに湧き出る肉汁を楽しめ、小さくカットした肉は口に入れた瞬間ブワッと肉汁が広がり、その違いに驚きます。

f:id:tanocchi:20160117121634j:plain

塩は2種類。粒が細かい岩塩のローズソルトと、粒の大きいイギリス産のクリスタルソルト。レモンダレ、刺身醤油、ホースラディッシュも用意されていますのでお好みで。

f:id:tanocchi:20160117121612j:plain

カメノコとしんしんも焼き上がりました。モモのつけ根の部位になります。

f:id:tanocchi:20160117121633j:plain

もはや芸術品。

f:id:tanocchi:20160117121631j:plain

しんしんは水分量が少ないので焼き加減が重要とのこと。

f:id:tanocchi:20160117121629j:plain

コチラもカットの大きさを変えてあります。

f:id:tanocchi:20160117121625j:plain

大きい部分はゆっくり噛み締め…。

f:id:tanocchi:20160117121623j:plain

小さい肉でジューシさを満喫。うん。肉の楽しみ方がわかってきました。

f:id:tanocchi:20160117121620j:plain

最後は焼肉。これは自分で焼きます。

f:id:tanocchi:20160117121617j:plain

最後にようやく思い出しました。ここ、焼肉屋さんだったんだって。

f:id:tanocchi:20160117121615j:plain

脂っ!カルビ!その名もソトモモ!

f:id:tanocchi:20160117121614j:plain

いやー、食べた。食べ過ぎた。ステーキの500グラムとはわけが違います。そういや前菜も食べたんだった。年始から贅沢をしすぎました。すごかったわー。

アクセス

代々木公園駅1番出口を出ます。

f:id:tanocchi:20160117121746j:plain

商店街を道なりに進み…。

f:id:tanocchi:20160117121747j:plain

美容院の2Fです。

ちなみに格之進Rtのtは小文字。富ヶ谷の「T」の意味もあるとのこと。

f:id:tanocchi:20160117121743j:plain

肉は奥が深い!本年もよろしくお願い致します。

 

r.gnavi.co.jp

著者:たのっち(@tanocchi)

f:id:tanocchi:20150722185830p:plain

記者・ラジオディレクター。

ラジオ時代はグルメレポートの取材原稿を放送が終わると捨てていたので、これからはここに書き留めていきますね。

たのっちのぶろぐ:http://tano.blog.jp

ツイッター:https://twitter.com/tanocchi

                             
ページ上部へ戻る