読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅惑の街・錦糸町で夜だけひっそりと営業する怪しいカレー屋があるらしい

錦糸町の歓楽街の一角によるだけ営業する怪しいカレー屋さんがあるのをご存知でしょううか? 「クシ インドレストラン」と名乗るそのお店は、「インドレストラン」と書いてあるが、店主さんはバングラディッシュ人でバングラディッシュ料理のお店です。店内の雰囲気はカオス感に満ちあふれているが、飲み屋さんが多い夜の街にあって、しっかりとしたものが食べられる貴重なお店なのです。 (錦糸町・住吉のグルメランチ

魅惑の街・錦糸町で夜だけひっそりと営業する怪しいカレー屋があるらしい

錦糸町・住吉 ランチ グルメレポ たのっち

f:id:tanocchi:20151206201702j:plain

 

魅惑の街、錦糸町

f:id:tanocchi:20151208210621j:plain

場外馬券場に映画館、ロシアンパブが立ち並ぶこの街に、夜だけひっそりと開店する絶品のカレー屋があるとの噂を聞きつけてやってきました。 

f:id:tanocchi:20151206201640j:plain

情報によると位置的にはこのあたり。マルイの裏あたりです。

欲望渦巻くエリアのど真ん中

あんなお店やこんなお店が立ち並び、路上には客引きの姿も。ご苦労さまです。

f:id:tanocchi:20151206201641j:plain

無料情報館の明かりに引き寄せられていくと…。

f:id:tanocchi:20151206201642j:plain

突然現れるインドの国旗。

f:id:tanocchi:20151206201646j:plain

「クシ インドレストラン」。これは怪しい。

f:id:tanocchi:20151206201724j:plain

あれ、でも、安くない? 勇気を振り絞って入ってみましょう。 

f:id:tanocchi:20151206201651j:plain

こんばんわ~。ざ、座敷?

f:id:tanocchi:20151206201719j:plain

内装は完全に飲み屋です。本当にカレー屋なのでしょうか…。

f:id:tanocchi:20151206201720j:plain

「イラッシャイマセ!」

明るく迎えてくれたのは店長のアハメド・ラセールさん。日本語お上手ですね。

f:id:tanocchi:20151206201652j:plain

アハメドさんはバングラディシュ出身。大阪・名古屋・静岡で修行してこのお店を開いたそう。店内が居酒屋テイストなのは前のお店を居抜きで使っているためのようです。

 

「インドレストラン」と書いてありますが、ここはバングラディシュ料理の店とのこと。バングラディッシュのカレーって初めて食べるわ。

f:id:tanocchi:20151206201658j:plain

メニューは日替わり

メニューにはビーフ、チキン、マトンと書かれていますが、その日のカレーは1種類のみ。

f:id:tanocchi:20151206201714j:plain

月:チキン

火:ビーフ

水:フィッシュ

木:気まぐれ

金:ニハリ(牛の骨付き肉を煮込んだやつ)

土:マトン

日:定休日

というローテションだそうです。木曜日アバウトすぎるだろ。

 

この日は水曜日なのでお魚でした。まずはサラダが出てきます。

f:id:tanocchi:20151206201718j:plain

続いて豆のスープ。あ、本格的なやつだこれ。

f:id:tanocchi:20151206201712j:plain

けっこうドッシリきます。おいしい。

f:id:tanocchi:20151206201708j:plain

野菜カレーなのか野菜のカレー炒めなのか。とりあえずいい香りです。

f:id:tanocchi:20151206201709j:plain

うめえ。これうめえぞ。

f:id:tanocchi:20151206201706j:plain

ライスはおかわり自由。フリーダム!

f:id:tanocchi:20151206201711j:plain

白米最強だわ。辛さもちょうどいい。 

f:id:tanocchi:20151206201700j:plain

そしてこちらがメインのフィッシュカレー。バングラディッシュの魚で、「日本の鯉みたいなもの」だそうです。

f:id:tanocchi:20151206201703j:plain

こちらはがっつりスパイシー。トロットロの玉ねぎがたまりません。

f:id:tanocchi:20151206201702j:plain

お魚はタンパク。でも骨多いw

f:id:tanocchi:20151206201701j:plain

これ全部で1000円。メニューに1100円って書いてあるのに1000円。かなりの良コスパ。

f:id:tanocchi:20151206201715j:plain

ドリンクはビールとワイン、コーラ、ラッシーがあります。

f:id:tanocchi:20151206201659j:plain

朝4時頃までやっているので、周りの店のお姉さんも仕事終わりに来るそうです。夜中のほうが混むんでしょうね。真夜中のカレーとかうまいよ絶対。夜中に備えてずっと仕込んでいるアハメドさん。いい人でよかった。

f:id:tanocchi:20151206201653j:plain

電話はありません

注意して欲しいのが、ネットなどに出ているお店の電話番号、現在使われておりません。というか、電話止めちゃったそうですw。

f:id:tanocchi:20151206201657j:plain

お店は夜7時ごろひっそりと開店。カレーのレベルは相当高いです。錦糸町の夜遊びの〆にぜひどうぞ。

f:id:tanocchi:20151206201647j:plain

店名の「クシ」とはヒンズー語で「Happy」のことだそうですよ。口福でした!

 

編集部注:このお店は2016年3月現在、営業の確認が取れておりません。閉店した可能性が高いのでご注意ください。

 

お店データ

クシ インドレストラン

住所:墨田区江東橋3−6−9

営業時間:19時ごろ〜深夜4時ごろ

定休日:日曜日

 

著者:たのっち(@tanocchi)

f:id:tanocchi:20150722185830p:plain

記者・ラジオディレクター。

ラジオ時代はグルメレポートの取材原稿を放送が終わると捨てていたので、これからはここに書き留めていきますね。

たのっちのぶろぐ:http://tano.blog.jp

ツイッター:https://twitter.com/tanocchi

                             
ページ上部へ戻る