読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだラム(子羊)で満足してるの!?新橋の本場モンゴル料理BAOで「マトン」の実力を知る

モンゴル料理にはあまり馴染みのない方が多いかもしれません。モンゴル料理といえば羊肉です。「モンゴリアン・チャイニーズ BAO」では、近年ブームになっているラム(子羊)はもちろん、コアな羊肉好きから支持の厚い「マトン」(大人の羊)が食べられるお店。店主のBAOさんにおすすめメニューと美味しい食べ方を直撃取材してきました。(新橋のグルメアジア・エスニック

まだラム(子羊)で満足してるの!?新橋の本場モンゴル料理BAOで「マトン」の実力を知る

新橋 たのっち グルメレポ

f:id:g-gourmedia:20150904104936j:plain

 

近頃ブームになりつつある「羊肉」。ラムチョップにラムしゃぶと、皆さんも口にする機会が増えたのではないでしょうか。

 

そう。ラム肉を。

ラム=子羊 マトン=お・と・なの羊

ラムとは生後12ヶ月未満の子羊のこと。肉質が柔らかく、クセがないのが特徴で羊肉慣れしてなくても食べやすいのですが、生後1年以上の「マトン(大人の羊)」に比べると脂が少なく、羊好きには風味が物足りないのも事実。

 

そんなマトンを思う存分味わえるお店がコチラ。新橋にあります「モンゴリアン・チャイニーズ・BAO」さん。

 

f:id:tanocchi:20150830163003j:plain

内モンゴル家庭料理のお店で「BAO」とはお店のママさんのお名前。

f:id:tanocchi:20150830163926j:plain

 

BAOさんは内モンゴルから日本に来て25年になるとのこと。元々は通訳をされていたそうです。

f:id:tanocchi:20150830163023j:plain

 6月1日にオープンしたてのシャレオツな店内。カウンターと奥に8人入れるお座敷があります。

f:id:tanocchi:20150830163949j:plain

モンゴルの家庭料理とはいかなるものなのか。教えてチンギス・ハーン。

f:id:tanocchi:20150830164609j:plain

 

メニューはこちら。「羊の塩ゆで」が看板メニューとか。ダイナミックだわ。

f:id:tanocchi:20150830164015j:plain

大鍋でグツグツと煮込まれるマトンちゃん。BAOさん曰く「塩だけが一番オイシイのよ」。期待が高まります。

f:id:tanocchi:20150830163442j:plain

1時間20分ほど煮るそうです。大人数で行くときは事前に「骨付き食べます!」って連絡してあげて下さい。

f:id:tanocchi:20150830163424j:plain

骨付きのマトンを豪快にいただく

どどん!と羊の塩ゆで骨付きが登場。すげえ…。

f:id:tanocchi:20150830163501j:plain

日によって出てくる部位が変わるそう。今日は首の下からアバラにかけての部分とのこと。羊の香りがたまりません。

f:id:tanocchi:20150830163525j:plain

山椒ベースの香辛料と、

f:id:tanocchi:20150830163538j:plain

パクチーの入ったピリ辛ダレ。

f:id:tanocchi:20150830163548j:plain

ナイフでガッシガシ解体しながらいただきます。ワイルドだろぅ?

f:id:tanocchi:20150830163614j:plain

とにかく脂がすごい。遊牧民になった気分です。

f:id:tanocchi:20150830163640j:plain

これくらいまで肉を落としたら…。

f:id:tanocchi:20150830163702j:plain

ガブッ!

f:id:g-gourmedia:20150904104936j:plain

ガリガリ、もぐもぐ、ムシャムシャ。止まらない美味さです。あっという間に骨w

f:id:tanocchi:20150830163746j:plain

切り分けたお肉はタレとスパイスにつけていただきますが、BAOさんから教わった裏技をご紹介しましょう。羊のスープを追加でオーダーします。

f:id:tanocchi:20150830163407j:plain

ここに、切り取ったマトンを泳がせます。

f:id:tanocchi:20150830163319j:plain

溶け出した脂を口いっぱいに味わいながら…

f:id:tanocchi:20150830163357j:plain

パクチーと一緒に食べる。はあ…至福…。

f:id:tanocchi:20150830163340j:plain

解体せずに肉だけ食べたい!という面倒くさがり屋さんには、骨なしもあります。というか、骨付きは相当なボリュームですので、女性にはコチラかも。

f:id:tanocchi:20150830164036j:plain

羊の脂は香辛料つけると無限に食べられちゃうんですよね。これは牛豚と違う所。

f:id:tanocchi:20150830164059j:plain

お酒もグイグイ進みます。ホッピーは「なか」の量がおかしいw

f:id:tanocchi:20150830164328j:plain

飲兵衛さんには紹興酒の飲み放題がお得ですよ。

f:id:tanocchi:20150830164203j:plain

お酒には羊のタンの冷製や、

f:id:tanocchi:20150830164136j:plain

クミン炒めがオススメ。羊天国。

f:id:tanocchi:20150830164346j:plain

この日はメニューにはない日替わりで、ジャガイモと羊肉の煮物というモンゴル家庭料理もありました。BAOさんの家に招かれたみたい。

f:id:tanocchi:20150830164311j:plain

おいおい、どれだけ食べるんだよ。という声が聞こえてきますが、羊の包子も頼んでしまいましょう。

f:id:tanocchi:20150830163308j:plain

むほほ!

f:id:tanocchi:20150830163237j:plain

激辛好きにはコチラ、紅油餃子。汗止まらないよ。

f:id:tanocchi:20150830164247j:plain

これもパクチーが効いててGOOD!

f:id:tanocchi:20150830164258j:plain

〆は羊のちぎり麺

ようやく〆です。さすがに満腹ですがこれを食べずに終わらないでよかった。羊のスープにきしめんとワンタンの中間的な、ぴろぴろした食感がたまらない麺が泳いでおります。

f:id:tanocchi:20150830164431j:plain

なぜか一緒に出てくるヨーグルトはデザートではなくて…

f:id:tanocchi:20150830164447j:plain

スープに入れて食べるのです。まろやかっ!

f:id:tanocchi:20150830164506j:plain

大満足です。マトンすごい。全身の毛穴から羊の香りがします。ぷはー。ごちそうさまでした。

アクセス

新橋駅を出たら、桜田公園を目指して下さい。

f:id:tanocchi:20150830164642j:plain

お向かいの路地を入ったところです。

f:id:tanocchi:20150830164712j:plain

人気のお店なので、行く前に1本電話しておくと安心ですよ!

f:id:tanocchi:20150830163937j:plain

 

紹介したお店

東京都港区新橋3-14-6 小林ビル1F

営業時間 平日17:00~23:30(22:00 FOODラストオーダー)

土曜日16:00~22:00(21:00 FOODラストオーダー)

定休日 日曜祝日

電話番号 03-6435-6366

www.facebook.com

 

著者:たのっち(@tanocchi)

f:id:tanocchi:20150722185830p:plain

記者・ラジオディレクター。

ラジオ時代はグルメレポートの取材原稿を放送が終わると捨てていたので、これからはここに書き留めていきますね。

たのっちのぶろぐ:http://tano.blog.jp

ツイッター:https://twitter.com/tanocchi

                             
ページ上部へ戻る