山田うどんの進化系つまみで酒を呑もう!「県民酒場ダウドン」の埼玉愛に満ち溢れたメニューが最高だ

埼玉県民にはおなじみの「山田うどん」ですが、「県民酒場 ダウドン 清瀬北口店」(東京都清瀬市元町1-2-7)という新業態があるのをご存知でしょうか?山田うどんの進化形というコンセプトを掲げ、定番「パンチ」(豚もつ煮込みのこと)や餃子などを進化させて提供。餃子は山田うどんと同じものを使っていますが、鉄鍋で羽根つきにして出しているそう。さらに、餃子をだし酢(うどんつゆを酢で割ったもの)というオリジナル調味料でいただくのも、ダウドンだけです。山田うどんのおなじみメニューだけでなく、半分唐揚げ、半分天ぷらという「鶏カラ天」、サクサクではなくしっとりの「しみカツ」といった斬新なメニューも楽しめます。さらに、うどんの麺も通常の山田うどんとは異なるコシのある麺を採用。他にはない味を楽しめます。ドリンクは、角ハイボールやレモンサワーが290円~とただでさえ安いのに、16~18時のハッピーアワーはさらに半額。せんべろにも最適なお店です。(清瀬のグルメうどん・そば

山田うどんの進化系つまみで酒を呑もう!「県民酒場ダウドン」の埼玉愛に満ち溢れたメニューが最高だ

f:id:tamaokiyutaka:20181019020419j:plain

山田うどんが「県民酒場ダウドン」という居酒屋を始めた!

埼玉育ちなら一度は食べたことがあるであろう県民のソウルフード、それが山田うどん(ファミリー食堂山うどん食堂)。

西の方から「コシ」という未知なるうどんの概念が到来してからだいぶ経つものの、どこまでも優しい山田うどんの麺に今なお癒しを求める人は多い。そして私もその一人。たまにふと食べたくなるんですよ。

f:id:tamaokiyutaka:20181019160322j:plain
▲この記事を書いている途中で食べてきた山田うどんのたぬきうどん。しっかりしているけれど柔らかい、老若男女の嗜好を受け止める気取らない麺。給食で食べたソフト麺に通じる安心感だ。

そんな山田うどんが昨年末に居酒屋を始めたのをご存知だろうか。その名も「県民酒場ダウドン」。ほら、かっこいい。声に出したい店名だ。

DA PUMP(ダ・パンプ)が「U.S.A.」で大ヒットなら、ダウドンは「Udon.Sake.Arimasu.」で大繁盛ということなのか。オープンからもうすぐ一年が経つというこのタイミングで、中の人にたっぷりとお話を伺ってみたいと思う。

f:id:tamaokiyutaka:20181019015810j:plain
▲一見すると山田うどんの系列とはわからないほどの酒場感。

f:id:tamaokiyutaka:20181019154211j:plain
▲だがそこには「うどんと酒」というパワーワードに、お馴染みのかかしのマークが!

 

ダウンドの中の人にインタビュー

以下、中の人への大真面目なインタビューを、その後に友人と飲み食いした写真および感想と合わせてお送りします。

f:id:tamaokiyutaka:20181019015827j:plain
▲お話を伺った山田食品産業株式会社営業企画部の江橋丈広さん。

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「今日は10時~15時の昼営業と16時~23時の夜営業の間で、江橋さんからお話を伺ってベストなドリンクやつまみを決めておき、その後16時から友達とじっくり飲もうという俺トクな作戦です」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「よろしくお願いいたします」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain山田うどんが居酒屋を始めてもうすぐ一年ということですが、そもそも一体どうしてこのような店を始めたんですか?」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain山田うどんのメニューにあるパンチ(後述)とか餃子とかは、実は酒に合うのではないかという仮説がありまして、2年前に蒲田店限定でチョイ吞みをやったんです。山田吞みなので『だう吞み』。それが爆発的に売れたという経験があり、新しいビジネスモデルをやってみようかとスタートしました」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「最近はチェーンのラーメン屋なんかもちょい吞みに力を入れてますね」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「我々の狙うところは居酒屋ではなく、ちょい吞みと居酒屋のちょうど中間の酒場。比較的低プライスな酒場ですね。居酒屋ほど本格的なメニューはないのですが、ちゃんと吞める店。山田うどんと同じで、格好つけてはいないですね。プライスも抑え目にして」

f:id:tamaokiyutaka:20181019163214j:plain
▲店内の様子。酒の充実した山田うどんではなく、これは完全に吞み屋だ。

f:id:tamaokiyutaka:20181019015914j:plain
▲謎の壁画を発見。なんだこれ。

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plainうどんと酒の店ではあるが、うどんがメインという感じでもないと」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「最初はうどん酒場っていう感じにしようかとも思ったんですが、それじゃ当たり前だよねと。山田うどんがやる酒場だから、うどんがあるのはわかるだろう。埼玉っていったら山田うどんっていうように代名詞的になりつつあります。ならば埼玉の企業としては、うどん酒場よりは県民酒場としてやったほうがおもしろいんじゃないかと」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「私も埼玉県民なので、その気持ちはとてもうれしいです。でも、だったらなんで一号店が清瀬なんですか。ここ、東京ですよね!」

f:id:tamaokiyutaka:20181019015818j:plain
▲県民酒場第一号店なのに、その最寄り駅は東京都の清瀬駅という矛盾。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「そう、ここってすごく微妙な場所で、住所は東京都なんですよ。オープン当初は『清瀬はいつから埼玉になったんだ!』みたいな話をネットなどで結構言われました」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「そりゃいわれますよ。でも西武線沿線の埼玉県民は、下手したら池袋までざっくり埼玉だと思っているところがあるので(いい意味で)、ツッコミ待ちな感じも含めて絶妙な場所だと思います」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「本当は東京のど真ん中でやりたかったんですけど、初めての業態であまり冒険もできない。都心は家賃も高いし収支計画をちゃんとやらないといけない。ここだったら所沢の本社からも近いですし、なにかあったらすぐテコ入れもできると」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「一応確認ですが、どこにも明記していないですけど『埼玉県民の県民酒場』という認識でよろしいですか?」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「はい。もちろんどこにお住まいの方でも大歓迎。埼玉県民酒場って書いちゃうとあからさまなので、ちょっとごまかしています」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「ここは東京ですもんね。あ、もしかしてこの玉乗りしているサイのマークって……」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「サイにタマ、サイタマです。まんまですね」

f:id:tamaokiyutaka:20181019154900j:plain
▲はっきり埼玉県民酒場と書かないで、玉乗りしているサイのマークで暗号っぽく表記するところに萌える。

 

昼間から、なんだったら朝10時から吞める店

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「酒場といえば夜の店というイメージですが、昼と夜でメニューはやっぱり違うんですか?」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「オープン当初、昼はうどんや定食といった食事を出す店としてやっていたのですが、意外と酒をくれという声があり、今は昼もお酒を出すようになりました。すると思いのほか昼間から吞むお客さんが多いようで、だったらとドリンクメニューは昼夜共通にして、明るいうちから吞める雰囲気をつくっちゃいました」

f:id:tamaokiyutaka:20181019015834j:plain
▲おそらく開店当初からある説明書き。これだと昼間はお酒を出していないような書き方をしている。

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「そんな経緯があったんですね。おつまみのメニューは、基本的に山田うどんと同じですか?」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「ここのコンセプトは進化した山田うどん山田うどんにあるメニューや食材を、進化させて提供している店です」

f:id:tamaokiyutaka:20181019015844j:plain
埼玉が誇るガラパゴスうどんとも呼ばれている(私にだけ)山田うどん、実は進化中だそうですよ。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「例えば餃子であれば、使っている餃子自体はまったく一緒ですが、鉄鍋を使って羽根付きにして出している。これがうまいんですよ。なにがうまいかというと、うちの餃子ってダシ酢で食べるんです」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plainダシ酢……ですか?」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「この店だけのオリジナル調味料で、濃縮したうどんつゆを酢で割ったものです。ダシ感のある酢。これに柚子胡椒でサッパリと食べる。これがなんにでも使えて、揚げ物とかにもぴったりなんです」

f:id:tamaokiyutaka:20181019020335j:plain
▲ポン酢でも酢醤油でもなく、ダシ酢で食べる餃子という新提案。

f:id:tamaokiyutaka:20181019165151j:plain
▲ダシ酢と柚子胡椒の組み合わせが、国産小麦100%のモチモチした皮で包まれた餃子とぴったり。

f:id:tamaokiyutaka:20181019020235j:plain
▲ちなみの木の敷き皿は江橋さんが日曜大工で作ったそうだ。メニューなども江橋さんお手製である。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plainパンチも山田うどんと同じものですが、親子鍋で提供するので熱々がいただけます。ちなみに料理名は『パンチという名のもつ煮』としました。おつまみの一番人気はやっぱりパンチ、二番目が餃子です」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「『パンチ=豚のモツ煮』の方程式、山田うどん好きの埼玉県民にとっては常識ですが、ここは東京ですからね。よく考えたら普通は伝わらないですよね、パンチっていわれても」

f:id:tamaokiyutaka:20181019165324j:plain
パンチは豚のもつに、タケノコ、タマネギ、コンニャクなどが入っている煮込み。ファミリー客も多い山田うどん仕様の優しい味なので、酒のつまみならたっぷりと唐辛子をかけて食べるのがおすすめ。

f:id:tamaokiyutaka:20181019165345j:plain
▲「パンチを頼めばダブルパンチ」という、パンチと赤玉パンチを知らないと何言ってんだか全く分からない一文が素晴らしい。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「県民酒場なので、秩父かてめしや、川越名物の麩を使ったデザートなんかもご用意しています。できればもっと埼玉郷土料理を入れたいのですが……」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「いわゆる名物らしい料理が少ないので、埼玉郷土料理って難しいですよねー。行田ゼリーフライくらいしか思いつかないです。草加せんべいじゃつまみにならないし」

f:id:tamaokiyutaka:20181019165901j:plain
埼玉県民の私でも食べたことのない、秩父かてめしなんてメニューも。

f:id:tamaokiyutaka:20181019165916j:plain
川越名物「大黒柱」という麩にティラミスアイスを挟んだデザート。フカフカの麩に溶けたアイスが染みて最高。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain秩父の味噌ポテトとかも一時期やったんですけど、埼玉の名物って局地的なものが多いので、メニューにあってもなかなか出ないんですよね。そのあたりは今後の課題です」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「その料理の地元民が注文して食べるかというと、また別の話ですしね」

 

江橋さんならこう頼む!というコースを教えてください

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「もし江橋さんがふらっと一人で来たとしたら、どんな料理を頼みますか?」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「僕のコースですか(ニヤリ)。まずやっこをいって、時間のかかる餃子を先に頼んで、鶏から天の2個を頼みます」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「鶏から天とは?」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「半分が唐揚げで半分が天麩羅。唐揚げの下味が付いた鶏肉に半分だけ天麩羅の衣をつけて揚げたもの。食べた食感は半分フワッとして、半分カリッです」

f:id:tamaokiyutaka:20181019020311j:plain
▲鶏カラ天。リバーシブルな揚げ物だ。

f:id:tamaokiyutaka:20181019020306j:plain
▲食べてみると確かに衣がある側がフワッとして、ない側がカリッとしている。これもまたダシ酢が合う。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「そして絶対に頼むのが山盛りオニオンという感じで、あとはその日の気分ですか。これに飲み物を何杯か頼んでも2,000円いかないと思いますよ」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「オニオンフライいいですねー。ハンバーガー屋さんだとポテトより高いから注文するのを躊躇しちゃうんですけど、ここはフライドポテトが290円でオニオンが180円なんですね。これ安すぎませんか」

f:id:tamaokiyutaka:20181019035101j:plain
▲大好物のオニオンフライが180円!

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「あれ、言われてみると確かに安いですね。このオニオンフライにダシ酢をつけて食べると、すっげーうまいんですよ。もう止まらないですよね」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「絶対うまいやつですね。値上げする前に注文させてもらいます!」

f:id:tamaokiyutaka:20181019020248j:plain
▲このボリュームで180円っておかしくないか。

f:id:tamaokiyutaka:20181019020252j:plain
▲ダシ酢との相性がばっちり!

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「揚げものがお好きなら、串カツも一本から頼めます。鶏ささみを揚げたしみカツは、ソースをつけて提供します。サクサクじゃなくシットリ。私が好きなのはカレー味で、スナック菓子を食べてるみたいな感覚でうまいですよ」

f:id:tamaokiyutaka:20181019020302j:plain
▲この店、意外となんでもあるね。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain串カツは、ちょっとソースがきつくなってきたら、ダシ酢に変えてみたり。
ビールならソース、日本酒にはダシ酢とか、ドリンクに合わせてもいいですね」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「すごい、串カツ山田だ!」

f:id:tamaokiyutaka:20181019035916j:plain
▲しみカツのカレーソースに特製ソース、紅しょうがをセレクト。

f:id:tamaokiyutaka:20181019170742j:plain
▲ダウドンからダシ酢ブームがくるかも!

 

ハッピーアワーなら半額で飲める!

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「ドリンクは角ハイボールやサワーが税込で290円と安いですね。このただでさえ安い値段設定が、16時から18時のハッピーアワーだとさらに安くなるという。大丈夫ですか」

f:id:tamaokiyutaka:20181019020146j:plain
▲1杯150円って家飲みより安いのでは。まだ外が明るいぜ。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「金額の一桁が切り上げになるので、290円のレモンサワーなら150円、ビールは450円のザ・プレミムモルツが230円。18時までに注文していただければこの値段になります。これを目当てに来ていただく常連さんも多いですよ」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「ソフトドリンクより安いじゃないですか。つまみも安いのを選べば、センベロも余裕だ」

f:id:tamaokiyutaka:20181019020141j:plain
▲県民酒場らしく、日本酒埼玉の地酒を揃えている。

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「あれ、レモンサワーに名前がついていますね。これ誰ですか?」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain山田吉田は弊社が応援している吉田山田というデュオの名前をさりげなく、辰田は営業部長ですね。そして新井は……誰という訳ではなく、埼玉に多い名字ということで」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「ぎゃふん!」

f:id:tamaokiyutaka:20181019041236j:plain
▲ネーミングに意味があるようでない〇〇さんのレモンサワー。18時になると「ハッピーアワーのラストオーダーですがご注文大丈夫ですか?」と店員さんがわざわざ確認に来てくれて感動した。

f:id:tamaokiyutaka:20181019171248j:plain
▲自家製漬込みレモンの山田さんのレモンサワーとお通し。運動会で食べるレモンのはちみつ漬けを思い出す甘さが嬉しい。

f:id:tamaokiyutaka:20181019171253j:plain
▲新井さんのレモンサワーはレモンシャーベットが乗っている。

f:id:tamaokiyutaka:20181019171256j:plain
▲左が生絞りの辰田さんのレモンサワー、右がレモンシロップの吉田さんのレモンサワー。みんな違って、みんないい。

f:id:tamaokiyutaka:20181019171701j:plain
▲レモンは店員さんが絞ってくれる方式。ドリンクカウンター正面の「酒」の文字が頼もしいぜ。

f:id:tamaokiyutaka:20181019041632j:plain
▲つまみには江橋さんちのシリーズもあり、これは江橋さんちのお母さんがよく作ってくれたおふくろの味を再現したものだとか。

f:id:tamaokiyutaka:20181019020125j:plain
▲江橋さんちのピリ辛鶏ねぎザーサイ。この一皿で3杯飲めるな。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「うちって有名人の方が勝手に宣伝してくれるところがあるじゃないですか。ももいろクローバーZのマネージャーさんが学生時代に山田うどんで働いていたことがあって、パンチが大好きで彼女たちによく食べさせていたということがあり、『私達のパワーフードは山田うどんパンチです』ってラジオとかで言ってくれて」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「その話、聞いたことあります」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「その御縁でラジオのスポンサーをやらせていただいたり、ライブ会場でパンチを販売させていただいたりもしました。〇〇さんのレモンサワーといえば、 そのうちメンバーの名前で、〇〇さんのホニャララなんてコラボメニューがあったらすごくいいなーと思っているところです」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「それはファンが喜びそうですね。ってもう「桃≪黒≫ウーロンハイ」っていうドリンクがさりげなくありますね。ええと、無言のアピールとして受け止めさせていただきます」

f:id:tamaokiyutaka:20181019153310j:plain
▲さりげなく存在する桃リキュールの黒烏龍茶割り。ちょっと甘いけどすっきりしていて、とても飲みやすい。

 

山田うどんなのにコシがある、特別なうどんが食べられる!

酒とつまみの話をしっかりと聞いたところで、締めの一品を決めたいと思う。ここはうどんと酒の店、もちろん注文するのはうどんである。

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plainうどん山田うどんと同じですよね」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain実はうどんの麺が通常の店舗とは違うんですよ。この麺を使っているのは、ここと五反田のTOCにある山田うどん食堂だけです」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「え、それって大ニュースじゃないですか。何が違うんですか」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「こっちのうどんは、コシがあるんです。山田うどんっていうと、柔らかいというか、ほっとした味がウリなのですが、ここはあえてコシを出したうどんを提供しています」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「さすが進化する山田うどん。まさか山田うどんでコシという単語を聞く日が来るとは」

f:id:tamaokiyutaka:20181019020059j:plain
▲通常の山田うどんとまったく違ううどんだという大ニュースをキャッチ!

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「通常はセントラルキッチンで茹でた麺を、店舗で温め直して提供する茹でうどんですが、ここのうどんは茹でたてを急速冷凍して時間を止めています」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「ダウドンのザ・ワールド(ジョジョにでてくる時間を止める技)だ」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「それを店で茹でると、時が動き出す。ほぼ茹でたてのうどんと同じ味ですね」

f:id:tamaokiyutaka:20181019162129j:plain
▲せっかくなので麺の違いがわかりやすいざるうどんを注文してみた。山田うどんだとまず注文しないメニューである。

f:id:tamaokiyutaka:20181019162135j:plain
▲太さとかは普通の山田うどんと同じなんだけど、食べると確かなコシがあって脳が一瞬混乱した。なるほどこれは別物だ。

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「ただ前にテレビ番組の企画で、山田うどんのコアなファンにこのうどんを黙って食べてもらったら、『私の知っている山田うどんじゃない!』っていう反応でした……」

f:id:g-gourmedia:20181029174148j:plain「それくらい違ううどんだと。進化は得てして賛否両論ありますからね」

f:id:g-gourmedia:20181029175724j:plain「このうどんを使ったオリジナルメニューもあるので、ぜひ皆様に試していただきたいですね」

f:id:tamaokiyutaka:20181019162140j:plain
▲この店でしか食べられない麻辣焼きうどんをハーフサイズで。締めにちょうど良いサイズ感。

f:id:tamaokiyutaka:20181019162624j:plain
▲しっかりとした味付けにも負けないコシのある麺。

こうして江橋さんの裏話、そして酒と料理をたっぷりと堪能させていただいた。まさか看板商品であるうどんがまったくの別物だとは思わなかった。

県民酒場ダウドン、我が家の最寄駅にもぜひとも欲しいところだが、まだ試行錯誤の途中ということで、2店舗目以降は未定とのこと。

お腹がパンパンになるまで食べてもまだまだメニューを制覇しきれなかったので、西武線を使う時は清瀬駅でぜひ途中下車したいと思う。

 

紹介したお店

r.gnavi.co.jp

 

著者プロフィール

f:id:tamaokiyutaka:20170130162001j:plain

玉置標本
趣味は食材の採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は古い家庭用製麺機を使った麺作りが趣味。

ツイッター:@hyouhon
ホームページ:私的標本
製麺活動:趣味の製麺

玉置標本「みんなのごはん」過去記事一覧

                             
ページ上部へ戻る