ついにアジアで一番美味い料理の俺的頂点が決まる…!8ヶ国料理を堪能できる新大久保「アジア屋台村」レポート

新大久保に今年できた、8ヶ国料理を堪能できる「アジア屋台村」(東京都新宿区百人町1-11-28 大長今ビル1F)を紹介します。甘めのスイートチリソースが、小粒だけど濃厚な牡蠣に合う「ベトナム焼き牡蠣」、ソースを残らずスプーンで掬ってしまうくらいに美味しかった「シンガポールチリクラブ」、濃厚かつ優しい味で深みのある「ホウレン草とチーズのカレー」……と、アジア料理好きにはたまらないお店です。1人で行くよりは、複数人で行っていろんな料理を注文して、みんなでシェアするのがオススメ!これからの季節、ビール飲みながらのアジア料理は絶対楽しいはず!(大久保のグルメアジア・エスニック料理

ついにアジアで一番美味い料理の俺的頂点が決まる…!8ヶ国料理を堪能できる新大久保「アジア屋台村」レポート

f:id:g-gourmedia:20180729102631j:plain

こんにちは。ライターのTakiです。

以前、1年間東南アジアのマレーシアで働いたことをきっかけにはまった「アジア料理」。辛かったり酸っぱかったり、甘かったり……。複雑で食べるたびに驚きのある、そんなところが気に入って、日本に帰ってきてからも、おすすめだというお店を聞くたびに訪れていたのだけれど、ある日知り合いから次のような連絡が。

 

「インド、ネパール、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、中国、韓国の8ヶ国の料理を同時に楽しめる“アジア屋台村”というお店が今年の2月に新大久保にオープンしたらしい」

 

なんだと……!

 

そんなアジア料理好きにとって楽園のようなお店ができたのか……!なんて面白そうなんだ!しかし、いろいろなものを食べられるのはいいにしても、果たして味はどうなのだろう……?と思いつつ行ってみたら、

  • 甘めのスイートチリソースが、小粒だけど濃厚な牡蠣に合う「ベトナム焼き牡蠣」
  • ソースを残らずスプーンで掬ってしまうくらいに美味しかった「シンガポールチリクラブ」
  • 濃厚かつ優しい味で深みのある「ホウレン草とチーズのカレー」

などなど、想像以上に各々の料理が素晴らしくて、それでいて、同時に複数の国のアジア料理を味わえるというのが楽しく、アジア料理好きにはこれ堪らないだろ……!という感想を持った。

 

というわけで、今回はその「アジア屋台村」について紹介したいと思う。

 

------

 

お店は新大久保駅の改札を出て左に行き、すぐ左手の小道を進んだ先にある。駅からは徒歩3分程の距離。観光客などで混雑する新大久保駅周辺。駅から近いというのは助かる。

f:id:s06216to:20180602165855j:plain

 

こちらが入口。「新大久保アジア屋台村」という看板が光ってるところが既にアジアっぽい。

f:id:s06216to:20180601182828j:plain

 

中はこのような感じで東南アジアの各国にあるフードコートのような雰囲気。お店の方は多国籍。どうぞ〜、何人?という感じでフレンドリーでゆるい方が多いのが気楽でいい。

f:id:s06216to:20180601200512j:plain

 

料理の注文はお店の方が席まで聞きに来てくれる。まず席についてメニューを見て驚いたのが料理の種類が多いこと多いこと。

 

この公式サイトのメニューのようにタイ・ベトナム料理「WILD LOTUS」インド・ネパール料理「The Spice」シンガポール「マーライオン」(インドネシア、マレーシア料理も含まれる)中国・韓国料理「ソウル&ベイジン」と、料理ごとにカテゴライズされていて、それぞれ一品料理、麺、ご飯ものがこれでもかってくらいにぎっしりメニューがあった(サイトに載っている以上に実際は多い……)。

 

とにかくメニューが多いので、「何を頼もうか」と友人と話し合うだけで楽しく、盛り上がる。まずはお酒だけ頼んで飲みながら、じっくりメニューを見て考えことにした。

 

料理だけでなくお酒もアジア各国のものがそろっていた。自分はまずマレーシアにいた時に好んでよく飲んだタイガービール(シンガポール)、それから一緒に行った友人らは333(ベトナム)、シンハービール(タイ)などを注文。乾杯。暑い夕方、一気に飲むアジアの爽快感たっぷりのビールは格別で、瓶のまま飲んでいるとなんだか実際に海外に来ているような気分に。

f:id:s06216to:20180602171650j:plain

料理も頼めるだけ頼んだ。ただ、あまりに料理が多かったため結局1日では足りず、アジア料理好きの友人を誘って、結局3日間通ってみた。3日行っても食べきれなかったけれど、今回は3日間色々食べてみてその中で美味しかったものをカテゴリ別にいくつか紹介してみたい。

 

タイ・ベトナム料理「WILD LOTUS」

まずはタイ・ベトナム料理。おすすめしたいのが、東南アジアの屋台では定番の空芯菜炒め。 もうこれは間違いないと思う。独特な香りとジャンクな味付け。ビールが無限に飲めそう。つまみとして、とりあえずまず最初に頼むのにちょうどいい。

f:id:s06216to:20180601183731j:plain

お酒に合う度:★★★★★
辛さ:★☆☆☆☆
オススメ度:★★★★★

 

こちらは初めて食べたベトナム焼き牡蠣。どんな味だろうと頼んでみると、生春巻きについてくるような甘めのスイートチリソースが、小粒だけど濃厚な牡蠣に合ってお酒がすすんだ。香ばしいトッピングのナッツやフライドオニオンはおつまみとしても優秀。

f:id:s06216to:20180601191658j:plain

f:id:s06216to:20180601191712j:plain

お酒に合う度:★★★☆☆
辛さ:☆☆☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆

 

ビールだけでなく、せっかくだから色々なお酒を飲もうとベトナムの餅米焼酎というネプモイをロックで注文してみた。口にいれた瞬間に一気に広がるお米の香りが面白い……。

f:id:s06216to:20180601191237j:plain

 

この豚ハツと野菜のにんにく炒めも美味かった。豚ハツは意外とクセが無く柔らかく旨味たっぷり。

f:id:s06216to:20180602172323j:plain

お酒に合う度:★★★★★
辛さ:★★☆☆☆
オススメ度:★★★★☆

 

サラダならこのラーブサラダが最高。酸味があり、そして結構辛いけれど、辛いものが好きであれば是非いってほしい。辛い、旨い、……汗をかきながら、ビールをごく、ごくと飲む。幸せだ……。

f:id:s06216to:20180602172923j:plain

お酒に合う度:★★★★★
辛さ:★★★★☆
オススメ度:★★★★★

 

ご飯ものはタイ料理の定番、ガパオライスを注文。このガパオライスはそこまで辛くはなかったので、辛いのが苦手な人でも楽しめるはず。最初はそのままで、いつ黄身を崩して混ぜて食べてようか考えるのも楽しい。

f:id:s06216to:20180627222857j:plain

お酒に合う度:★★★★☆
辛さ:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆

 

インド・ネパール料理「The Spice」

 「インド、ネパール、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、中国、韓国」それぞれの料理の中だと、個人的にあまり食べたことなかったネパール料理

どんなものがあるのだろうとわくわくしながら、何を注文しようか考えていると店員さんが「これ、サービス、美味しいよ」とこの小皿をくれた。「The Spice」という名の通りにスパイスが効いた大根のアチャール。これだけで結構お酒が飲めて少し減ったネプモイのグラスを見て、もう1杯?と笑顔の店員さん。まだあるけれど、じゃあ……とお願いする。OK! そんなやりとりも現地の屋台のよう。

f:id:s06216to:20180627201402j:plain

 

砂肝の揚げ物は、外側がカリッとしつつ、中はしっとりしていた。これもまたしっかりとスパイスが効いていて、ますますお酒がすすんだ。

f:id:s06216to:20180601185634j:plain

お酒に合う度:★★★★★
辛さ:★☆☆☆☆
オススメ度:★★★★☆

 

干しマトンのスパイシー炒め。干しマトンというのは初めて食べたけど、ジャーキーのような硬い食感で、噛むたびにマトンとスパイスの味がじわじわ感じらる。これもまた旨い。

f:id:s06216to:20180602174751j:plain

お酒に合う度:★★★★☆
辛さ:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆

 

お店の方におすすめしてもらった、ネパールの蒸し餃子「モモ」も注文した。チベット発祥と言われている料理で、人気メニューとのこと。中央のソースはカレーのような味。蒸し餃子は噛んだ瞬間に汁が溢れる。美味い!

f:id:s06216to:20180601185323j:plain

お酒に合う度:★★★☆☆
辛さ:☆☆☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆

 

スープタイプのモモもあった。モモはそんなにクセ無いので万人受けすると思う。

f:id:s06216to:20180602184554j:plain

 

つまみだと、この大豆のニンニクとスパイシー和え物もよかった。固めの大豆のカリッとした食感が心地よい。

f:id:s06216to:20180601184243j:plain

お酒に合う度:★★★★☆
辛さ:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆

 

それから、自分の一押しがこのマトンスパイス炒め

めちゃくちゃ気に入った。

噛むとジューシーで、がつんとマトンのクセも感じられて、かなり辛い。辛いもの大好きなので最高だった……。これは毎回必ず頼みたいな。

f:id:s06216to:20180601191251j:plain

お酒に合う度:★★★★★
辛さ:★★★★★
オススメ度:★★★★★

 

ネパール料理だけでなくインド料理も充実していて、骨がすぐ簡単に取れるくらいに柔らかいタンドリーチキンもおすすめ。

f:id:s06216to:20180627202549j:plain

f:id:s06216to:20180627202602j:plain

お酒に合う度:★★★☆☆
辛さ:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆

 

そして、このお店で是非やってほしいのが、ライスやナンは無しでつまみとしてのカレーの注文。このチーズキーマカレーは一緒に行った友人も一口食べた瞬間、「うっま、最高じゃん」という大興奮の美味しさ。ドロっとしたタイプのルーの中にはひき肉たっぷりでトッピングのチーズがより旨味を増幅。スプーンで一口食べながら、お酒を飲むっていうのが幸せだった。

f:id:s06216to:20180601194051j:plain

お酒に合う度:★★★★★
辛さ:★★★☆☆
オススメ度:★★★★★

 

食事の後半で頼んだので、こんな感じでビールではなくウィスキーにした。ジョニーウォーカーのブラックラベルをロックで飲みながら、つまみとしてカレー。完璧な組み合わせ(ネパールラムの「ククリラム」との相性もよかったので是非おすすすめしたい)。

f:id:s06216to:20180627211037j:plain

 

ホウレン草とチーズのカレーも、これもまた濃厚かつ優しい味で深みのある美味しさ。メニューが多いだけでなく、どの料理も味が本格的で頼むたびに驚いた。

f:id:s06216to:20180602212400j:plain

お酒に合う度:★★★★☆
辛さ:★★☆☆☆
オススメ度:★★★★☆

 

シンガポール料理「マーライオン」 

以前マレーシアで働いていたため、個人的に思い入れのあるシンガポール料理の「マーライオン(マレーシア料理、インドネシア料理も含まれる)」。現地で食べていた者としても違和感なく大満足。

 

大きな海老が食べごたえ十分な海老のチリソースシンガポールスタイル

f:id:s06216to:20180602175226j:plain

お酒に合う度:★★★★☆
辛さ:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆

 

こちらはソースを残らずスプーンで掬ってしまうくらいに美味しかった、シンガポールチリクラブ。どちらも素晴らしい。

f:id:s06216to:20180602175745j:plain

お酒に合う度:★★★★☆
辛さ:★★☆☆☆
オススメ度:★★★★★

 

カレーも先ほど紹介したインドのカレーとはひと味違う。

このチキンのココナッツクリームカレーは、「甘め」なのが特徴的。トマトの酸味とココナッツの風味もいい感じ。

f:id:s06216to:20180627214015j:plain

お酒に合う度:★★★☆☆
辛さ:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆

 

好物だという友人のリクエストで頼んだホッケンミー(福建焼きそばもほんのり甘めで、海老や野菜の美味しさがしみた麺が美味いこと美味いこと。頼んだのは食事の終盤だったけれどペロッと完食。

f:id:s06216to:20180627223333j:plain

お酒に合う度:★★★☆☆
辛さ:★☆☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆

 

この記事でも書いたように、シンガポールチキンライスは自分の大好物。

柔らかい鶏肉に、その鶏肉を茹でた出汁で炊かれたライスがやっぱり好きだなあ。

盛り付けも良い意味で「雑」な感じ。屋台っぽくていい。

f:id:s06216to:20180602204323j:plain

お酒に合う度:★★★★☆
辛さ:★☆☆☆☆
オススメ度:★★★★☆

 

中国・韓国料理「ソウル&ベイジン」

最後は中国、韓国料理の「ソウル&ベイジン」。さすが新大久保キムチがフレッシュ。中国、韓国料理はあまり食べれなかったので次回行ったときに開拓してみたい。チーズタッカルビは絶対食べよう。

f:id:s06216to:20180601191039j:plain

お酒に合う度:★★★☆☆
辛さ:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆

 

そして最後は辛いユッケジャン(チーズトッピング)で〆た。

f:id:s06216to:20180602201132j:plain

お酒に合う度:★★★☆☆
辛さ:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆

 

 

ということで、3日間通ってみても飽きないくらいにメニューが豊富でめちゃくちゃ楽しかったアジア屋台村。魅力を簡単にまとめてみると、

①とにかく料理の種類が多い。アジア各国の料理が同時に楽しめて雰囲気もまるで現地の屋台!

②味もそれぞれがしっかり本格的で美味い!

③まだそれほど知名度がないのか混雑しておらず、ゆっくり楽しめる。お店の方々がフレンドリー

 

といったところ。

ついでに、個人的にまた次回も絶対食べたい料理ベスト3をまとめると

3位 ラーブサラダ
2位 チーズキーマカレー×ジョニーウォーカー(ククリラム)
1位 マトンスパイス炒め

という感じ。「アジアの料理が好きだ!」という人ならきっと楽しめると思うので行ってみてほしい。1人で行くよりは、複数人で行って色んな料理を注文して、みんなでシェアする、っていうのが絶対楽しいと思うので、4人とか5人以上で行くのをおすすめしたい。これからの季節、ビール飲みながらのアジア料理は絶対楽しいはず!

 

紹介したお店

r.gnavi.co.jp

 

 

著者「Taki」のプロフィール

Taki

1987年横浜生まれ。ウォーキングと美味しいもの探しが趣味です。
ブログ:http://walking-gourmet.hateblo.jp/
Twitter:https://twitter.com/Taki10_wg
Takiの書いた過去のページはこちらから:Taki カテゴリーの記事一覧 - みんなのごはん

                             
ページ上部へ戻る