【保存版】これぞ尾道グルメ!地元民厳選の日本一詳しい食べ歩き&観光ガイド15選(マップ付き)

広島旅行するなら、人気観光地である尾道も巡ってみるのはいかがでしょうか。尾道のグルメといえば、なんといっても「尾道ラーメン」が有名ですよね。鶏ガラベースの澄んだ醤油スープに、液状の脂と固形の背脂が浮いているのが特徴です。記事では、そんな尾道ラーメンの有名店「たに」「朱華園」「味麺」 を紹介しています。尾道ラーメンのほかにも「おやつとやまねこ」の尾道プリン、食べ歩きの定番「からさわ」のアイスモナカ、「昇福亭」のはっさく大福といったスイーツも充実しています。江戸時代から続くお寿司屋さん「宮徳」のせいろ寿司も外せないですね。広島生まれ広島育ちの地元民が、実際に食べ歩いたオススメ店を紹介した尾道グルメの決定版です。(尾道のグルメ

【保存版】これぞ尾道グルメ!地元民厳選の日本一詳しい食べ歩き&観光ガイド15選(マップ付き)

f:id:wanko515:20171026034442j:plain

こんにちは! 広島の人気観光地と言えば「尾道」!ですよね~。

今回は、広島生まれ広島育ちの筆者が、初めて尾道にいらっしゃる方にも分かり易い「尾道食べ歩き」の記事を書いてみようと思います。よろしくお願いします!

【もくじ】

 

f:id:wanko515:20171023035532j:plain

尾道に着きました!さ~て、これからどこを回って行こうかな。

 

まずは、さっそく尾道ラーメン

1. 尾道ラーメン「たに」

f:id:wanko515:20171023040052j:plain

尾道駅ビルの中にある「尾道ラーメンたに」さん。ここ、おすすめです。

 

「え?駅ビルの中の店?」そういう読者の皆さんの声が聞こえてきそうです。

 

いえいえ、この「尾道ラーメンたに」さんは、駅ビルのラーメン屋さんと言えど、あなどれない美味しさなんですよ!

いつも地元尾道民で満席ですし、広島市の有名尾道ラーメン店の店主さんもこちらで修行されたりしてるんですよ~!

 

f:id:wanko515:20171023040550j:plain

地元民ご用達という証拠がこれです。

 

尾道の人たちは、尾道ラーメンにライスやおかずを合わせて食べるというパターンが多いです。関西の一部で、お好み焼きにライスが付いてくるのと似てますね。

 

「たに」さんは、もちろん地元客がリピートする店ですから、他に一人前のトンカツとライスとラーメン(普通サイズ)のセットなどが当たり前のようにメニューに載っています。

尾道民どんだけ食うんや。(小声)

 

f:id:wanko515:20171023041022j:plain

という訳で、尾道ラーメン 頼んでみました。

 

本当はセットものにチャレンジしたかったけど、まだまだこれから尾道を食べ歩くから、涙を飲んで単品の尾道ラーメンにしました。(つД`)

 

尾道ラーメンたに」さんの尾道ラーメンは、昔ながらの尾道ラーメンに比べると、スープがだいぶ現代風に骨太感を増されている、という印象です。

 

具体的には、伝統的な魚介出汁の尾道ラーメンに加え、鶏ガラ・豚骨などの動物系の出汁がしっかり利かせてあって、しっかりとしたコクがあり、今の人たちの味覚にもピッタリ合う美味しさでした。

 

ぜひ一度試してみてくださいね!

さあー、これでまずは胃の準備が整った!

さっそくこれから本格的に食べ歩きに向かいます!

 

店名:尾道ラーメン たに
住所:広島尾道市東御所町1-7
TEL:0848-23-7800
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:50)
定休日:木曜日・第4金曜日
URL:https://r.gnavi.co.jp/krh4y0nu0000/

 

f:id:wanko515:20171023042329j:plain

尾道駅を出たら、どっちに行ったら良いの?初めて尾道に来た人は、まずそう思いますよね。

 

正解は、「尾道駅を背中に、左手に行けば良い」です。

基本の尾道観光は、尾道駅を背中に左手に向かって広がっています。その辺りをまずは散策して、それから、他のエリアにも興味があれば行ってみると良いと思いますよ。

 

ちなみに、上の写真は尾道駅を出てすぐの左手側の風景なのですが、そのまんま酢のものが、めっちゃ目を引きますよね。

 

この「そのまんま酢のもの」を作られているのは地元企業の尾道造酢さんなのですが、なんと創業1582年の超老舗です。江戸時代より前ですからね。豊臣秀吉の時代だそうです。いきなり尾道の歴史の深さを感じさせるファーストパンチです。ぜひ尾道のおみやげにどうぞ!

 

2. 尾道ラーメン「味麺」 

f:id:wanko515:20171023043650j:plain

そんで、その「そのまんま酢のもの」の看板の下、「尾道ラーメン味麺」さん。ここもオススメです。

 

尾道駅を出て、観光客の人が最初に目にするであろうラーメン屋、それが「尾道ラーメン味麺」さんである、といっても過言では無いほど、尾道駅を出てすぐ、ほんとに目の前にあります。

 

こちらもよく「駅前のラーメン屋だし、観光客向けだろう?」と誤解されるのですが、違います。確かに観光客も行きますが、地元民ご用達です。

f:id:wanko515:20171023044230j:plain

この煤けたメニューにご注目ください。

ラーメンとカレーライスとサラダのセット

ラーメンとライスと日替わりおかず

はい、地元民ご用達というのが、お分かりいただけましたね? 尾道民どんだけ食うんや。(小声)

 

デカ盛りファイターは特盛ラーメンにびっくりチャーシューを組み合わせて、どうぞ。

f:id:wanko515:20171023044525j:plain

こちらが「味麺」さんの尾道ラーメンです。

 

先ほどの「たに」さんと違い、「味麺」さんの尾道ラーメンは「昔ながらの尾道ラーメン」の味です。

 

少し太めのやおい麺(平打ち麺)、煮干しの利いた醤油味、背脂、これこれ、この感じが尾道ラーメンですよね!懐かしい味だよなあ。「ひなびた味」というんでしょうか。

 

尾道に到着して、まずは小腹を満たしたい。

そういう時は、駅からすぐの「尾道ラーメンたに」さん(現代風)か、「味麺」さん(昔ながら)か、どちらかいかがでしょうか。食べ比べても良いかもしれませんね。

 

もちろん、この後、元祖尾道ラーメンの行列する有名店も紹介するので、最後まで読んでいってくださいね!

 

店名:味麺
住所:広島尾道市東御所町6-19
TEL:0848-22-2485
URL:https://r.gnavi.co.jp/esp80p950000/

 

というわけで、尾道駅を背中に左手に向かって進んでみよう

f:id:wanko515:20171024223226j:plain

尾道駅から正面の横断歩道を渡って、先ほどの「味麺」さんの前を通って、そのまま歩道沿いに左手に進むと・・・おお、ここから尾道商店街さんの入口なんですね!ワクワクしてきました!

3. 「さくら茶屋」で焼き団子

f:id:wanko515:20171025062953j:plain

尾道商店街は、こんな感じで歩道沿いに小さな店がたくさん並んでいます。団子屋さん、弁当屋さん、居酒屋さん、餅屋さん、まんじゅう屋さん、プリン屋さん、などなど・・・

 

まずは上の写真にもある「さくら茶屋」さんで買い食いしてみることに!

f:id:wanko515:20171025063334j:plain

「お団子は注文を受けて焼きます」。うん、良さそうじゃないか。たこ焼き風団子、めちゃ気になったんだけど、今回はスタンダードな醤油団子にしてみました。

 

そんで、尾道の何が良いって、海が近いこと。

f:id:wanko515:20171025063546j:plain

この「尾道商店街」から南の海側へ向かって2~3分も歩けば、もうすぐ海!海沿いはこんな感じで緑化とベンチが設置されていて、これが観光客には嬉しい。ザ・買い食いの聖地!

 

f:id:wanko515:20171025063704j:plain

船の汽笛をBGMに、潮風の中で食べる醤油団子。こんなん、ウマいに決まってるよね~!!ザ・旅!って感じです。

 

店名:甘味処さくら茶屋 尾道駅前店
住所:広島尾道市東御所町3-3
TEL:0848-23-5107
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日(祝日の場合翌火曜日休業)
URL:https://r.gnavi.co.jp/ssk3je8m0000/

 

4. 行列の出来る人気のプリン屋「おやつとやまねこ」

あと、先ほどの尾道商店街には、ぜひ行って欲しい店があって・・・

f:id:wanko515:20171025064055j:plain

行列の出来る人気のプリン屋「おやつとやまねこ」さん!

 

f:id:wanko515:20171025064210j:plain

尾道プリンといいます。某「マツコの知らない世界」でも紹介され、某マツコ・デラックスさんも「おいし~い!」と褒められたそうで、実際にすごい人気!

 

f:id:wanko515:20171025064607j:plain

それだけでなく、なんと某プレイステーション4の某人気ゲーム「龍が如く6」のゲーム内にもこのお店は登場してて、ゲームの中でも、この「尾道プリン」が買えるようになっているそうで、たまげます。

 

f:id:wanko515:20171025065404j:plain

プリンは宿に持って帰って食べました。尾道は宿も、昔の古民家を利用したゲストハウスなどがたくさんあって、風情があるんです。

 

f:id:wanko515:20171025065551j:plain

レモンソースが、お魚型の醤油さし、というのがまたカワイイ。漁港の町ならではですな~。

 

f:id:wanko515:20171025065643j:plain

尾道プリンは、とろふわクリーミー系で、口の中に拡がる甘さがタマラナ~イ!!

あ~、とろけるぅ~!!ぜひ食べてみてください!!

 

店名:おやつとやまねこ
住所:広島尾道市東御所町3-1
TEL:0848-23-5082

 

f:id:wanko515:20171025070157j:plain

行列してて買えない!テイクアウトでなくて、店内で座って食べたい!って人には、もう少し歩いた先に、系列店の「やまねこカフェ」さんがあるので、そちらだと広い店内でイートイン利用もできますよ。

 

雁木(がんぎ)とか歓商場(かんしょば)って何?

5. 海沿いベンチロードの「雁木カリーすいご」

f:id:wanko515:20171025071454j:plain

海沿いのベンチロードを歩いていたら「尾道雁木カリーすいご」さんという、なにやら海の家的な雰囲気の気になる店を見つけました。

 

ちなみに、この「尾道雁木カレーすいご」さんは、尾道の人気店、魚のウマい定食屋「しみず食堂」さんの真横に併設されてます。

しみず食堂さんを紹介しても良かったんだけど、今回はちょいマニアックな方向に攻めてみます。

 

それにやっぱり、海といったらカレーですからね!

f:id:wanko515:20171025073156j:plain

それで雁木(がんぎ)とは何かというと、「船着場における、階段状の構造物」を指すらしいです。

 

潮の満ち引きに合わせて、どの潮の状態でも荷揚げや荷卸しをし易いように、と考えられた、昔の人の工夫なのだそうですよ。

 

鳥の雁が群れなして階段状の隊列で飛んでいく姿になぞらえて、あと昔はこれを木で組んで作ってたから、雁木という言葉となったそうです。

 

と「雁木カリーすいご」さんが教えてくださいました。(ありがとうございます!)

f:id:wanko515:20171025074110j:plain

雁木カリー・オン・ザ・雁木!

 

すみません、やってみたかっただけです・・・

 

「雁木カリーすいご」さんの目の前がちょうど上記の写真の雁木なので、せっかくなので、そこに座って食べることにしました。

 

 (※ちょうど昼間で漁師さん達が作業をしていなかったので。作業をしている人がいる時はやめましょうね)

f:id:wanko515:20171025074837j:plain

 う~ん、スパイスが利いてて、これはうんま・・・ざっぱぁ~んッ!!

 

 

f:id:wanko515:20171025075226j:plain

ウマ・・ざっぱぁ~んッ!!

ざっぱぁ~んッ!!

 

波打ち際で食べるのは、潮をかぶるのを覚悟して食べましょう・・・。

 

f:id:wanko515:20171025080335j:plain

尾道は、このように「お店の名前が、その近くの地名に由来している」というパターンがけっこう多いので、そういう知識を持って町歩きをしていくと楽しさが増します。

 

上の写真は「新開(しんがい)」と通称される尾道市久保町2丁目の風景ですが、昔はこの辺りまで海で、今でもここに昔の雁木の跡が遺っているそうです。

 

写真の「朝引きやきとり歓商場」さんも、この辺りが昔は歓商場(かんしょば)と呼ばれて漁商や海の取引で賑わっていた事に、おそらく由来されているのだと思います。

 

ちなみに、この新開エリア、新しい尾道の食べ歩き名所として、これから一番面白いエリアになりそうな予感です!

(詳しくは「尾道新開Bishokuプロジェクト」でググってみてくださいませ)

 

店名:雁木カリーすいご
住所:広島尾道市東御所町60-8
TEL:0848-25-5477
営業時間:11:30~18:00
定休日:木曜日

 

さて、話を戻しましょう。

「雁木カリーすいご」さんを越えて、そのまま海沿いの歩道を進んでいきますと・・・

 

6. ここは外せない!超有名店「からさわ」

f:id:wanko515:20171025085247j:plain

説明不要!観光客さんが100人尾道を訪れたら、その100人がほぼ全員必ず食べる!というほど、尾道観光食べ歩きの名物アイスモナカの「からさわ」さんです。

 

f:id:wanko515:20171025085405j:plain

「ぐるたび」さんでレポートされておりますので、詳しくはこちらをお読みくださいませ。

 

私がここで言いたいのは、ただ1つ!

f:id:wanko515:20171025085715j:plain

なんと尾道では、セブンイレブンで「からさわ」さんのアイスが普通に売っている、ということだけ!

そら、たまげるけえ。 

 

(※尾道市の全てのコンビニエンスストアで、からさわさんのアイスが売られているかどうかは未確認です。たまたま私が訪れた店舗だけかもしれません。)

 

店名:からさわ
住所:広島尾道市土堂1丁目15-19
TEL:0848-23-6804
営業時間:10:00~19:00(閉店)/11~翌2月は10:00~18:00(閉店)
定休日:火曜、祝日の場合は翌日休、11~翌2月は火曜、第2水曜(1月1~2日休)
URL:https://r.gnavi.co.jp/buke9y4h0000/

 

7. 懐かしの昭和の味!レトロなバタークリームパンの「サンモルテ」

f:id:wanko515:20171025094304j:plain

「からさわ」さんを過ぎて、またまた海沿いの歩道を歩いて行くと・・・

パン屋の「サンモルテ」さん。 1981年創業の尾道の老舗パン屋さんです。

 

f:id:wanko515:20171025094446j:plain

ここの名物がこれ!フレッシュ。

1981年からずーーっと30年以上のロングセラーで地元尾道民に愛され続けてきた、昭和レトロを色濃く残す、懐かしい菓子パンです。

 

f:id:wanko515:20171025094637j:plain

この、すっぽりと手に収まる安定感。なんだか落ち着く。

 

大人の手には小さくて、子供の手には大きくてリッチなパンに見えるんだろうな。ふふふ。なんだか、自分が子供の頃を思い出します。

f:id:wanko515:20171025094759j:plain

コッペパン・ミーツ・メロンパンの皮!超・素朴な味!この素朴さがイイッ!!

バタークリームとか、懐かしいなあ~。それに砂糖が混ぜてあって。給食で出てきてもおかしくない感じ。

子供の頃、食パンにマーガリンを塗って、砂糖をふりかけて食べたりしてたけど、今の子供は絶対そーゆー食べ方しないだろうけど、なんかそれを思い出してしまった。ノスタルジー。

こういうの、昭和世代のオジサンにしか分からないかもしれませんが、共感できる読者さまはぜひ足を運んでみてください!

 

店名:サンモルテ
住所:広島尾道市土堂2-7-16
TEL:0848-25-3511
営業時間: 9:00~18:00
定休日:日・月曜日

 

そんで、ここから更に海沿いに先に進みますと

f:id:wanko515:20171025070157j:plain

冒頭の「尾道プリン」をイートインできる「やまねこカフェ」さんがあります。

 

店名:やまねこカフェ
住所:広島尾道市土堂2-9-33
TEL:0848-21-5355
営業時間:11:30~21:00(閉店22:00)
定休日:月曜、祝日の場合は翌日休(年末年始休)
URL:https://r.gnavi.co.jp/fzng4ntc0000/

 

そこを更に通り過ぎて進みまして、左折すると!

 

遂にキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 

お待たせしました!読者の皆さまの「はやくしろよ!」という声が聞こえておりました。あの、尾道で一番行列する超有名店に辿り着きます。

 

尾道で一番行列する超有名店と言えばもちろんここ

8. 尾道ラーメン発祥の店!超行列する「朱華園」

f:id:wanko515:20171025163233j:plain尾道で一番行列するラーメン屋さん、尾道ラーメン発祥の地である「朱華園(しゅかえん)」さんです!この写真、雨の降る平日の、開店前の写真です!常に行列が絶えない店として超有名です。過去に、みんなのごはんで尾道ラーメンの記事を書かせていただいて、その中で「尾道の老舗系のラーメン屋さんはハードルが高いので、尾道に行っても食べられなかった、というケースも多いですよ」と触れましたが、本当に入店までのハードルの高い難関店です。

 

あくまで私個人の意見ですが、もし必ず行きたいのであれば、おそらく午前10:15くらいには並びに行った方が良いように思います(※「夕方くらいに行けば入店し易いよ」という情報もありますが、筆者が16:00くらいに行ってみると、その日は売切閉店していました。ガーン!)。

 

今回は、もちろん頑張って並んで、入店しましたよ!

f:id:wanko515:20171025163916j:plain

入店すると、まず入り口で、先に注文とお会計を済ませるシステムになっています。

 

なので、事前に予習をしていないと、後ろにたくさんのお客さまを待たせたまま「えっ?何を頼もうか?」とあせってしまう結果になりますので、必ず事前にオーダーするメニューを決めておいた方が良いですよ。

 

個人的には焼そばがめちゃ気になったんですが、記事的に「中華そば」は外せないので、中華そばにしました。次回は絶対焼そばにチャレンジしたい!!

 

f:id:wanko515:20171025164159j:plain

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 

これが朱華園さんの中華そばです!1時間以上並んだから、感慨もひとしおです!

 

ちなみに、朱華園さんは自ら「尾道ラーメン」とは名乗っていらっしゃいません。周囲が勝手に「尾道ラーメンの発祥」と言っているだけで、朱華園さんとしては、単に中華そばを提供されているだけですので、そこはご留意ください!

f:id:wanko515:20171025164458j:plain

上記のリンク記事で、尾道ラーメンについて詳しく解説をしておりますが、豚背脂が浮かぶのが「尾道ラーメン」の大きな特徴の1つですね。

 

f:id:wanko515:20171025164627j:plain

そんで、醤油のしみた平打ち麺も特徴!

 

誤解を恐れずに言えば、チキンラーメンを彷彿とさせるような、昭和感あふれるノスタルジックなラーメン!

 

ああ、これが朱華園さんのラーメンなんだよなあ~!実は筆者は何度も朱華園さんのラーメンは食べてるんですが、久々に食べて、やっぱり懐かしい味だな、と改めて思いました。

 

そんで、特筆すべきはスープが超アツアツ!ってとこ。豚背脂のラードによる油膜が表面に張られていて、このアツアツ感が、超ウマい!!

これからの季節、寒い外で長時間並んで、その後にこのアツアツスープを、鼻水垂らしながらすするのが、最高にタマランのじゃけえ!

 

そういう所に、マジで旅の醍醐があるんよね~!

 

いつも行列している人気店さんなので、なかなかハードルは高いと思いますが、ぜひ訪れていただきたい一軒です!

 

店名:朱華園
住所:広島尾道市十四日元町4-12
TEL:0848-37-2077
URL:https://r.gnavi.co.jp/pyf7w1x00000/

 

知る人ぞ知る尾道名物「はっさく大福」!

9. 八朔大福の有名店のひとつ「昇福亭」

f:id:wanko515:20171025170904j:plain

「朱華園」さんを北に向かって通り過ぎ、交差する商店街を東方向に少し進むと、知る人ぞ知る尾道名物「はっさく大福」で有名な「昇福亭」さんがあります。

 

「はっさく大福」を提供されているお店さんは尾道にたくさんありまして、元祖店で、某ソムリエ世界一の某田崎真也さんもお薦めされている「かしはら」さん、「お土産お菓子K-1グランプリ」で1位を受賞された「はっさく屋」さん、など、いろんなはっさく大福のお店さんがあるのですが、今回は、ルート的に行き易い「昇福亭」さんを訪れてみました。

 

ちなみに、「昇福亭」さんは、元祖店の「かしはら」さんのお弟子さんが開店されたお店だそうですよ。

f:id:wanko515:20171025172135j:plain

なんと、1つ1つ、全て手作りで作られています!こうやって、餅箱に入っているのも、素朴で素敵ですね!

 

写真では分かりづらいと思いますが、ビニールパッケージは封がされていなくて、単に手作り大福がくっついたり、汚れがつかないようにかぶせてあるだけなのが、実際に行って買ってみると分かります。工業製品ではない、手作り品なのですよね。

f:id:wanko515:20171025172515j:plain

地元の尾道産の「はっさく」がゴロリと入って、このフレッシュ感がうれしい。

 

「なんで尾道ではっさくなの?」と思われるかもしれませんが、広島県は全国でも有数の柑橘類の一大生産地でして、尾道も、県内の柑橘類の大きな生産地であるため、はっさくなどの柑橘を使ったお菓子が多く作られているんですね。

 

ちなみに、尾道ではっさくが採れない時期は作られていないので、夏場には行っても買えません。

 

今年は、ちょうど10月半ばから、販売をスタートされました。この記事を読まれている読者さま、今しか買えません!ぜひ行かれてみてください!

 

店名:昇福亭長江店
住所:広島尾道市十四日元町2−17
TEL:0848-37-2299
営業時間:8:00~16:00
定休日:木曜日

 

テレビや映画の舞台になった、あのスポットも紹介します!

f:id:wanko515:20171025193013j:plain

「朱華園」さん、「昇福亭」さんを越えて、更に北上すると、観光名所の「千光寺ロープウェイ」のそばに、大林宣彦監督の尾道三部作・映画『転校生』で有名な喫茶店茶房こもん」さんがあります。写真の左側が千光寺ロープウェイ券売所さんで、右側が茶房こもんさんになります。

 

10. 40年間ワッフル一筋!「茶房こもん」

f:id:wanko515:20171025193545j:plain

 名物のワッフル(バターワッフル)!1977年から、ずっとワッフル一筋でされているそうですよ。

f:id:wanko515:20171025193912j:plain

この、バターとメープルシロップの組み合わせ!鉄板ですよね!やはり長年愛される組み合わせには、ちゃんと理由がありますね。

 

f:id:wanko515:20171025194522j:plain

店内も、基本的に1977年の開業当初のままです。

壁を塗り直したり、客席を拡げるために増築したりはされたそうですが、メインフロアはそのままだそうです。きっと、訪れる映画ファンの皆さまのために、ずっと「そのまま」を保ち続けられているのでしょうね。

 

店名:茶房こもん
住所:広島尾道市長江1-2-2
TEL:0848-37-2905
営業時間:9:00~18:30(閉店19:00)
定休日:火曜、祝日の場合は営業、3・8月は無休
URL:https://r.gnavi.co.jp/jbdhd8d90000/

 

ちなみに「茶房こもん」さんのワッフルはテイクアウトもできます。

 「茶房こもん」さんのすぐ裏手に、テイクアウト専門の「ガレットゥーリ・コモン」さんがあるんですよ。

 

テイクアウトのワッフルをゲットして、向かう先は・・・

f:id:wanko515:20171025194836j:plain

じゃん!映画『転校生』のロケ地である「御袖天満」さんです。

 

聖地巡礼ってやつですね!

f:id:wanko515:20171025195040j:plain

映画の中で、主人公達が転げ落ちた石段をバックに撮影してみました。

 

このすぐ近くに、休憩所が併設されてまして、そちらで他の観光客さんもお弁当など食べられていたので、そちらでワッフルは美味しくいただきましたよ。

 

この後、先ほどの「千光寺ロープウェイ」に乗って、大宝山の山頂にある「千光寺公園」に向かうのですが、せっかくなので、もうちょっと映画やテレビのロケ地をご紹介してみますね。

 

小津安二郎監督の映画「東京物語」のロケ地「竹村家本館」

f:id:wanko515:20171025195525j:plain

なんと、こちらの建物は国の登録有形文化財に登録されています!(主屋、家門、塀)

 

他、志賀直哉先生の小説『暗夜行路』の作中にも、このお店は登場するそうです。また映画の外でも、小津安二郎監督はたびたび泊まりに訪れたそうです。

今回は予算の関係で滞在は出来ませんでしたが、料理旅館ですので、瀬戸内の魚介を使った本格懐石料理を楽しめます。

 

ちなみに、元々は尾道初の洋食さんだったそうで、裏メニューのビーフシチューも名物だそうです。

f:id:wanko515:20171025200935j:plain

竹村家本館さんのすぐ近くには「おのみち映画資料館」さんがありまして、小津安二郎監督や、広島出身の新藤兼人監督の資料などを閲覧することができます。

 

映画ファンの人は、ぜひどうぞ!

 

NHKドラマ「てっぱん」のロケ地「尾道渡船フェリー乗り場」

f:id:wanko515:20171025200800j:plain

なんと日本一短い航路でもあります!数分だけフェリーに乗ってみたい!という観光客さんに良いかもですね。

 

写真の看板に、NHK連続テレビ小説「てっぱん」のロケ風景について、詳しく説明があるので、行かれた方はぜひ参考にされてみてください。

 

場所は、先ほどのパン屋「サンモルテ」さんの向かいです。

 

海の次は山へ!

f:id:wanko515:20171025213203j:plain

さて、先ほどの「茶房こもん」さんの前に戻ります。

 

ここで大宝山の山頂にある「千光寺公園」に向かう「千光寺ロープウェイ」の乗車券を買います。大人片道320円です。 

f:id:wanko515:20171025213327j:plain

めっちゃワクワクします!!

 

f:id:wanko515:20171025213509g:plain

ウッヒョー!!

 

上記のGIF動画は一部だけで、本当はもっと長くて楽しめますので、ぜひ実際に乗ってみてくださいね。

f:id:wanko515:20171025220515j:plain

頂上に到着!

 

逆にこの頂上の乗り場からロープウェーで降りることももちろん出来ます。

 

 

f:id:wanko515:20171025220623j:plain

頂上には360度見渡せる円形展望台があります。

 

中には「グリル展望」さんという食堂があって、

f:id:wanko515:20171025222121j:plain

某芸能人の方々もいらして、全国テレビでも放送されたそうですよ。

 

広島名物のアナゴ重や、瀬戸内魚介の天丼などがいただけます。

 

11.「千光寺公園頂上売店」でレモンソフトクリーム

f:id:wanko515:20171025222324j:plain

私は、展望台の傍にある尾道観光協会さん直営の「千光寺公園頂上売店」さんで、尾道観光協会オリジナルという「瀬戸内みかんソフトクリーム」をいただきました。

先に、尾道柑橘類が名産と書きましたが、同じ理由で、みかんソフトやレモンソフトが尾道ではいろんなところで売られています。

 

店名:千光寺公園頂上売店
住所:広島尾道市東土堂町20−2
TEL:0848-22-7612
営業時間:8:30~17:30

 

ソフトを食べて、気持ちを落ち着けたら、さっそく展望台に上がるでえ~!!

f:id:wanko515:20171025222719g:plain

360度、ぐるりと撮影してみました!!永久ループ!

 

ちなみに、この千光寺公園頂上、なんと2018年4月頃から建て替え工事が始まってしまいますので、今の風景や展望台を楽しむなら、今しかありません!

f:id:wanko515:20171025223955j:plain

有名画家さんの写生地もあります。児島善三郎先生、宮永岳彦先生、中村琢二先生が、こちらで写生をされたそうですよ。

 

今しか楽しめない風景、これで最後ですから、ぜひ想い出に楽しんでください。

 

「坂の町・尾道」を体験しよう!

f:id:wanko515:20171025225649j:plain

千光寺頂上公園」さんから、次なる目的地「ネコノテパン工場」さんに向かって、グーグルマップでナビゲーションを使ってみてください。

 

今回、私が紹介する尾道ツアーで最もディープスポットとなる「坂の町・尾道体験ツアー」の始まりです。

 

過去に、初めてこの「坂の町」を体験した時には衝撃でした。

f:id:wanko515:20171025230131j:plain

こんな道をいきます。落ちないように注意!

 

f:id:wanko515:20171025230215j:plain

夜中に通るの、絶対ムリ…!

 

f:id:wanko515:20171025230523j:plain

しかし、これを体験せずに尾道を帰るなんて!そんなのもったいないですよ!

 

f:id:wanko515:20171025230602j:plain

ダイ・ハード!下りだから、まだ良いですが、登りだと普通に死ぬる。

 

f:id:wanko515:20171025231257j:plain

でも、運が良ければ、ぬこに遭遇することもあります♪

 

尾道は、「坂の町」であると同時に「猫の町」でもありますからね。

 

※これにチャレンジしようと思ったら、危ないので、ヒールやブーツはやめましょう。スニーカーなど歩きやすく滑りにくい靴で、慎重に安全に歩いていきましょう。

f:id:wanko515:20171025231653j:plain

やっと着いた~!!ひえ~!!でも、楽しかった!!

 

ちなみに、この「ネコノテパン工場」さん、千光寺頂上公園さんから行くのでなくて、下から行けばラクチンに辿り着けます。

ハードモードを選ぶか、イージーモードを選ぶかは、あなた次第です!

 

12. 日本一小さなパン屋!「ネコノテパン工場」

f:id:wanko515:20171025233433j:plain

着きました!「ネコノテパン工場」さん!なんと、日本一小さなパン屋さんです!

f:id:wanko515:20171025233531j:plain

扉を開けると、店内スペース、これだけ。

 

店内には、一度にお客1名さましか入れません。だって、日本一小さなパン屋ですから。

f:id:wanko515:20171025234247j:plain

でも、いろんなパンが所狭しと並んでいて、どれも食べたくなって困ってしまうほど!

 

f:id:wanko515:20171025234328j:plain

ネコノテパン・ウィズ・ネコ!

 

・・・このネタをやりたいためだけに、何度、撮影し直したことか・・・(小声)

猫ちゃん探しから始めて、良いショットとるのにめちゃ粘りました!(;∀;)

 

(※当然ですが、猫ちゃんにパンや食べ物を与えたりは一切していません。)

f:id:wanko515:20171026000006g:plain

チョコクロワッサン。パリッ!もちもちフワァン~

 

f:id:wanko515:20171026000335j:plain

フレンチトースト。坂の道が交差している所をバックに撮影してみました。

 

味も、もちろん美味しかったです!正統派のフランス・ブーランジュリのテイストが漂うパンでした。

 

店名:ネコノテパン工場
住所:広島尾道市東土堂町7−7
TEL:050-6864-4987
営業時間:10:00~17:00

 

オマケ:尾道で必ず猫に出会いたいならココです

f:id:wanko515:20171026001856j:plain

尾道ネコスポット① 「光明寺」さん

 

f:id:wanko515:20171026002007j:plain

尾道ネコスポット②「新開エリアにある神社」さん(尾道市久保2丁目13の、東側の路地)

 

筆者が自分の足で歩きまくって見つけたマル秘情報です!この2ヶ所では、高確率で猫ちゃんに遭遇できると思います!

 

創業185年!尾道最古の飲食店で、江戸時代から続く名物を食べるべし!

13. 創業天保3年、江戸時代から続くお寿司屋さん「宮徳」

f:id:wanko515:20171026005606j:plain

さあ、山を下って、いよいよ尾道食べ歩きもクライマックスです!

 

ラストスパートで、最後にとっておきのお店を連発しますので、最後まで読んでくださいね~!!

 

なんと尾道最古の飲食店!「宮徳」さんです!創業天保3年(1832年)、なんと江戸時代から続くお寿司屋さんです。

f:id:wanko515:20171026005940j:plain名物は「せいろすし」。なんと、この器も江戸時代から185年使い続けていらっしゃるのです。半年ごとに、漆を塗り替え、修繕を繰り返し、大事に大事に使い続けてこられたそうですよ。

 

江戸時代から続く味を、江戸時代の器でいただく、こんな贅沢があるでしょうか…これはもう、単なる「食事」を超越して、「貴重な体験」ですよ!

f:id:wanko515:20171026010323g:plain

パカッ!ほんわあ~っ!っと湯気が出てきます。

 

なるほど、江戸時代には電子レンジもガスコンロもありませんから、こうやってせいろで蒸し立ての熱々のお寿司をご提供なさるのが、最高の贅沢だったのでしょうね。

f:id:wanko515:20171026011319j:plain

海老をすり身にして作られた自家製のオボロ、錦糸玉子をかき分けて、酢飯に箸を突っ込むと、中から出てきたのは肉厚の椎茸と、広島名物のアナゴ

 

なるほど、いわゆるマムシ(間蒸し)というやつですね!熱々に蒸されているので、アナゴの脂が染み出して、他の具から出た味と共に、酢飯の米に絡みついて、これはたまらなく美味いです!江戸時代に、これは、きっとものすごいご馳走だったんでしょうねえ。

 

門構えと歴史から、ものすごく高そうなお店に思えますよね?筆者もドキドキしながら、扉を開けました。

 

なんと、このせいろすし、1,000円台なんです(2017年10月取材時点)!良いんですか~!?

 

しかも筆者はランチ利用で、お酒すら飲まずに、せいろすしを食べただけの安い客だったのですが、大将も女将さんも丁寧で優しい接客をしてくださりまして、本当にありがとうございました!

 

きっと、185年続いた伝統の味を、なるべくたくさんのお客さまに届けたいと、この価格に抑えてやってらっしゃるのだろうな、と思いました。お店さんの心意気なのでしょうね。

 

f:id:wanko515:20171026012203j:plain

ちなみに、本来は高級店の部類ですので、お金のある人は、ぜひ尾道最高ランクの魚介を味わってくださいませ。

 

写真の水槽には、尾道名産の高級魚アコウの巨大サイズ(右下)、それにトラフグ、真鯛、オコゼ、サザエ、車海老などが、悠々と泳いでおりました。全て尾道瀬戸内産のものだそうです。いつか頑張ってお金を稼いで、食べに来るけんね~!

 

店名:宮徳
住所:広島尾道市久保2-23-16
TEL:0848-37-3652
営業時間:11:00~21:00(閉店21:30)
定休日:水曜、祝日の場合は翌日休
URL:https://r.gnavi.co.jp/at0ndker0000/

 

14. 世界的に有名なお蕎麦屋さん!「手打ち蕎麦 笑空」

f:id:wanko515:20171026012759j:plain

その店は、細い路地裏に、ひっそりとたたずんでいます。「手打ち蕎麦 笑空」さん。あの某有名ガイドブックで紹介されているお蕎麦屋さんです。

 

f:id:wanko515:20171026012950j:plain

ぬく玉せいろ

 

なるほど、この「せいろそば」は形だけのものじゃなくて、ちゃんとした「蒸し蕎麦」なんですね!

 

江戸時代の蕎麦切りは、今のように「茹で」られる以前は、「蒸し」て調理されていました。

 

その名残りが今の「せいろそば」なんですが、こちらのせいろは蒸すための蒸籠なんですね。

 

f:id:wanko515:20171026013224j:plain

面白いのが、うどんの「釜玉」みたいに、生卵を溶いてつけて食べるところ。

 

熱々の蕎麦汁が運ばれてきて「玉子を溶いて、蕎麦汁を熱いうちに混ぜてください」と言われました。

 

ちなみに、蕎麦汁は関東風の辛汁です。

f:id:wanko515:20171026013318j:plain

そこに蒸し立て熱々の蕎麦をくぐらせて食べるので、なるほど、これで「ぬく玉せいろ」というわけ。

 

蕎麦はいろんな種類が揃っていて、蕎麦前も日本酒もありますので、一杯ひっかけたい人にもピッタリのお店でした。

 

店名:笑空
住所:広島尾道市土堂2-5-15
TEL:0848-24-4737
URL:https://r.gnavi.co.jp/297137dd0000/

 

15. 日本で唯一!? 自転車ペダルを漕ぎながら酒が飲めるBar「KOG BAR」

f:id:wanko515:20171026020728j:plain

サイクリストの皆さんはご存じだと思いますが、実は尾道自転車(サイクリング)でも有名な土地です。

 

それは何でかというと・・・

f:id:wanko515:20171026020914j:plain

しまなみ海道」と言いまして、広島尾道市から愛媛県今治市まで、その間の瀬戸内海の離島を縫うように橋がかかっていまして、これが世界的に有名なサイクリングロードだからです。

 

尾道市に旅行にいらっしゃる外国人のお客さまは、ほとんどの確率で、この「しまなみ海道」でのサイクリングを目的に尾道にいらっしゃるほどです。

 

(ちなみに、その離島の数々が、上述した柑橘類の名産地でもあります)

f:id:wanko515:20171026021417j:plain

そのサイクリスト達のホーム基地、それが「ONOMICHI U2」という複合施設で、今回紹介する「KOG BAR(コグ・バー)」さんも、その中にあります。

(写真の左に看板が光っています。)

 

f:id:wanko515:20171026021556j:plain

やって参りました。KOG BAR。

 

コグ・バー=漕ぐBar

って、おい!そのまんまやん!

 

はい、その通り、写真をご覧ください。漕げますよ~!漕いじゃうよ~!

 

この発想は無かった…!考えたデザイナーさん偉いっ!!

f:id:wanko515:20171026022329g:plain

とりあえず漕いでみました。

 

うん、なかなか悪くない。つか、楽しい!!

 

ちなみに動画には写っていませんが、漕いだペダルにより発電がされて、頭上のイルミネーションがピカピカ光るとゆー、友達と来たらめっちゃ笑えるギミックあり!

 

こういう遊び心、好きだなあ~!!

f:id:wanko515:20171026022623j:plain

飲んだお酒はオリジナルカクテル「レモンレモンレモン

もちろん尾道だから、柑橘推しで!ビタミンCがたっぷりで、今日1日の疲れを癒してくれる感じです。

 

こうして、尾道の夜は更けてゆくのでありました・・・完

 

店名:KOG BAR
住所:広島尾道市西御所町5-11 尾道U2.ホテルサイクル内
TEL:0848-21-0563
営業時間:17:30~23:00(L.O.22:00)バーメニュー21:00~
URL:https://r.gnavi.co.jp/c770yw6e0000/

 

 

はい、以上で、尾道食べ歩きツアーガイド、終了でございます。

 

長文だったのに、最後までお読みいただき、本当にどうもありがとうございました!!とにかく、私が言いたいのは尾道サイコ―!!ってことだけです。

皆さまの尾道訪問に、この記事が役に立ちましたら、何よりの幸いと思っています。もし読んでみて面白いと思っていただけましたら、この記事をシェアやツイートで広めていただければ嬉しいです!

よろしくお願いします!m(_ _)mぺこり

 

尾道食べ歩きマップ

著者プロフィール

f:id:wanko515:20170327182005j:plain

食記ドットコム~広島食べ歩きグルメブログ

広島グルメを紹介するブログです。おすすめ広島ランチ、広島の居酒屋、広島デカ盛り、ミシュラン広島店など多岐にわたって紹介しています。

ブログURL:http://syokuki.com/
ツイッター:@33333Blue
フェイスブック:facebook.com/syokuki/

 

※今回の記事ですが、「通常の取材ではなくて、素の尾道をレポートしてきて欲しいです」という「みんなのごはん」編集部様のご意向により、覆面取材とさせて頂きました。何卒ご理解ご容赦いただけますと幸いです。

私としては尾道への愛を持って今回の記事を執筆させて頂いたつもりですが、もし掲載に対して何らかの問題がございましたら、大変お手数ですが、「みんなのごはん」編集部様までお問い合わせくださるようお願い申し上げます。

 

尾道では素敵な体験がたくさん出来ました。本当に皆様どうもありがとうございました! 

 

食記ドットコムさんの前回までの記事はこちら

r.gnavi.co.jp

r.gnavi.co.jp

r.gnavi.co.jp

r.gnavi.co.jp

r.gnavi.co.jp

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る