20cmの巨大トンカツ定食が350円!? 老舗洋食店「肉のますゐ」のサービストンカツを知っている人こそ本物の広島県民

広島駅から路面電車に乗り「八丁堀駅」で下車して徒歩3分の場所にある老舗洋食屋「肉のますゐ」を紹介してます。こちらのお店では地元の方が広島県民なら誰もが知っていると豪語するトンカツ定食(ライス付)が有名のようです。そのサイズ直径で約20センチというビッグサイズでありながら350円という安さ。お持ち帰り用にお弁当もあるようなので出張帰りの駅弁として覚えておきたいお店ですよ。(広島市のグルメ洋食

20cmの巨大トンカツ定食が350円!? 老舗洋食店「肉のますゐ」のサービストンカツを知っている人こそ本物の広島県民

f:id:wanko515:20170123202237j:plain

デカッ!!

手の平より巨大なトンカツに、ウマそうなソースがたっぷりとかかった、このトンカツ!

キャベツにポテサラ、ライスも付いて、いくらだと思います・・・!?

 

なんと驚きの税込350円!広島人なら誰もが知っている広島の老舗洋食屋のサービストンカツをレポしてきました。

f:id:wanko515:20170123204408j:plain

そのお店は「肉のますゐ」さん。創業昭和31年。60年以上続く、広島の老舗洋食店です。

このビル丸ごと「肉のますゐ」さんでして、まるで東京秋葉原の某肉ビルディングを彷彿とさせます。

f:id:wanko515:20170123205841j:plain

「肉のますゐ」さんには入り口が2つありまして、1つは精肉店、1つがスキヤキと洋食屋となっています。精肉店を経営する洋食屋のトンカツ。これは期待が持てますね!

 

ここは昭和か、浅草か!?渋すぎる昭和ノスタルジーに癒された

f:id:wanko515:20170123215316j:plain

こちらが洋食屋さん側の入り口です。

正面にズラリと並んだ食品サンプルが、なんとも懐かしい雰囲気を出しています。

B級グルメ好きなら、もうこの時点でビビッとアンテナにきますね。

 

ついついメニューを眺めてしまいます。

f:id:wanko515:20170123215503j:plain

ビフテキ!

f:id:wanko515:20170123215450j:plain

ポークチャップ!食品サンプルなのにこの美味しそうなこと・・・

ああ~、たまらんです!さすがお肉屋さんの洋食屋さん。誘惑が多すぎます・・・私は無事トンカツまで辿りつけるのか。

 

店内はやはり昭和感が漂っています

f:id:wanko515:20170123215735j:plain

こちらが店内の様子です。なんだか昭和レトロな雰囲気で和みますね。

どのお客さまも、とてもくつろいで、思い思いに美味しそうに洋食をほおばってらっしゃいます。ほっこり。

浅草にも負けないマッタリとした雰囲気の良さに、気分はまるでゴロ―ちゃん。たまらなく、腹が減ってきたぞ。 

 

本当にサービストンカツ350円、ライス大盛り30円でした

f:id:wanko515:20170123221748j:plain

まずはメニューをご拝見。

ムムッ!フライエッグ(目玉焼き)、ハムライス、特ランチ(カツレツ・プレスハム・オムレツ・ハンバーグ・ライス)など、目を引かれるメニューが目白押しです。

裏面には、スキヤキ、水煮、しゃぶしゃぶなどの鍋物が、1,450円からと、これも今の時代に安く感じます。

 

初志貫徹!

f:id:wanko515:20170123222126j:plain

広島市民の中で超有名なサービストンカツ350円をお願いしました。しかも税込みというのだから、すごい。

 

「お待ちどうさま!サービストンカツです!」

f:id:wanko515:20170123222634j:plain

このインパクトはすごい!

見るからに、ウマそう!これで350円ってマジっすか。

 

お店の専務さんがいらっしゃったので、少し質問してみた

 

――350円という値段はすごいですね!噂では、ずっとお値段据え置きで値上げされていない、と聞いたのですが・・・   

 

f:id:g-gourmedia:20170206134739p:plain

専務さん:いえいえ、値上げはしてるんですよ。

 

――えっ!?まじですか。ずっと350円なのかと思っていました

 

f:id:g-gourmedia:20170206134739p:plain

昔は、この内容で90円でご提供させていただいてました。 

 

――えっ90円!?

 

f:id:g-gourmedia:20170206134739p:plain

学生さんやサラリーマンの方に、安くお腹いっぱい食べていただきたい、と祖父(初代)が始めたメニューです。どうしても仕方ない時だけに値上げをして、それで今は350円までになりました。

それから、価格は安く設定させて頂いておりますが、材料は全て国産にこだわっておりまして、豚肉、お米、付け合せの野菜は全て国産で、もちろん全ての料理を手作りしております。

 

昔90円の今350円・・・

それでいて材料は全て国産でボリュームもたっぷり・・・あ、、、ありのままに今起こった事を話したくなる衝撃でした。

 

とりあえず測ってみるよね

今にもかぶりつきたい気持ちを抑えて、読者の皆さまにお伝えするため実測いたしました。

f:id:wanko515:20170123230218j:plain

横幅、19㎝前後。

 

f:id:wanko515:20170123230254j:plain

縦の長さ、14㎝前後。

 

f:id:wanko515:20170123230336j:plain

スマホと比べてみました。

 

f:id:wanko515:20170123202237j:plain

私の手の平よりデカい。

あは・・・あはは・・・こ、これで350円。「肉のますゐ」さんの、素晴らしい経営努力に、感涙です!!

 

せっかくなので、ライスも検証してみた

f:id:wanko515:20170123230709j:plain

通常の並盛りでも、大人の茶碗に1杯半くらいありますが、なんとたったの+30円で大盛りにできます!!!

大盛りは、大人の茶碗に2杯半くらいの量でしょうか。

f:id:wanko515:20170123230847j:plain

(並盛の陣)

 

f:id:wanko515:20170123230918j:plain

(プラス30円で大盛りの陣)

ライサーの皆さん、狂喜乱舞して良いですよ!?

 

実食!トンカツで「ライスをローリング」してみた

f:id:wanko515:20170123233112j:plain

ザクッ!!

クリスプに香ばしく揚げられたコロモに、ナイフとフォークを突き立てる快感!

ザクッ!ザクッ!ザクッ!切ってゆく。この音もゴチソウですね!

f:id:wanko515:20170123233301j:plain

うほほー!一切れのデカいこと!

f:id:wanko515:20170123233336j:plain

肉の厚みは5mm程度。

昔に某グルメ漫画で「一番ウマいトンカツの厚さは5mmだ」と読んだのを思い出します。

 

東京の老舗洋食屋さんにも「昭和の紙カツ」というメニューがあるので、昭和の頃はこの厚さがスタンダードだったのでしょうね。

正統派です。

 

後述しますが、特製の揚げ油のコクと、品質の良い国産豚の旨味で、厚さ5mmとは思えないほど食べ応えがありますよ。

f:id:wanko515:20170123233557j:plain

当然、オン・ザ・ライスするよね。

f:id:wanko515:20170123233624j:plain

キタ━(゚∀゚)━!

トンカツ・デ・ローリング・ライスッ』

 

まさか、この大技を成し遂げる事ができようとは・・・ライサーとして、一遍の悔いも無しッ!

 

はぐっ。

もんぐ、もんぐ・・・。

ウンメェーー!!

心の底から、今、幸せだと言える。

 

付け合わせも、抜かりなく美味しかった

f:id:wanko515:20170124000610j:plain

初めてこのトンカツを見た人は思うかもしれません。

 

「付け合わせがネェーんじゃねぇーのぉ?」

いえいえ、物事の表面だけを見てはいけませんよっ!!

f:id:wanko515:20170124000726j:plain

なんと、トンカツの下には縁の下の力持ちが2名もいるのでした。

紹介しましょう。

f:id:wanko515:20170124000818j:plain

ポテサラくん。

もちろん、国産野菜でお店で手作りされています。マッタリとした舌触りがタマリマセン。

f:id:wanko515:20170124000923j:plain

茹でキャベツちゃん。

シンプルに茹でたキャベツがたっぷりと。これが良い箸休めになるんです。

f:id:wanko515:20170124001038j:plain

ポテサラはソースをまぶして食べても美味しいよ。

f:id:wanko515:20170124001102j:plain

トンカツ→ライス→ポテサラ→トンカツ→キャベツ・・・と、黄金のローテーションは、ボリュームたっぷりのこの定食を、最後まで飽きさせずに食べさせてくれます。

f:id:wanko515:20170124001248j:plain

そんで、トンカツにポテサラやキャベツをまぶして食べると、これまたンマイッ!!

ぜひ試してみてください。

f:id:wanko515:20170124001847j:plain

最後、余ったソースでライスを食べて・・・

f:id:wanko515:20170124001923j:plain

ごちそうさまでした!!

美味しかったです!

350円(+30円)で、こんな幸せを買えていいのかしら。「肉のますゐ」さん、ありがとうございます。

 

美味しさの秘密を聞いてみた

f:id:wanko515:20170124002815j:plain

お肉、お米、お野菜など、全て国産にこだわってらっしゃるというのも、美味しさの重要な要素ですが、インターネットの口コミなどでは「ソースが美味しい」という意見をよく見かけました。

 

f:id:g-gourmedia:20170206134739p:plain

専務さん:その秘密を知りたければ、隣の精肉店を少し見ましょう。

f:id:wanko515:20170124003958j:plain

▲黒毛和牛(広島牛)のすき焼き

 

f:id:wanko515:20170124004049j:plain

岡山県産国産牛のメス

 

f:id:g-gourmedia:20170206134739p:plain

実は、精肉店で売っているこれらのお肉を塊から捌く時に出る"切れ端"や"骨"などを煮込んで、ソースを作っています。 

他にも、洋食屋で出すお料理の準備で出た野菜の切れ端なども使います。 これは材料を無駄にしたくないという初代の想いで作られたソースでして、それを私達も受け継いで、材料を無駄にしないように、全てこのソースに凝縮させているのです。

 

なんですと!

つまり、和牛や国産牛を煮込んで作ったソースという事ですよね!?それはウマいに決まってる。

 

良い材料を無駄なく使うことから、この旨味たっぷりのソースは産まれたんですね。

しかも、精肉店の店頭で、「牛の個体識別番号」を表記して販売されている所を、私は見逃しませんでしたよ。

仕入れと肉の品質に、自信を持たれているからなのでしょうね。

ちなみに、毎日、大鍋にいっぱいに仕込むそうですが、それでも足りなく日もあるほど、人気だそうです。

 

そりゃあ、そうだよな~!ウマいもん!!

 f:id:wanko515:20170124082205j:plain
 

f:id:g-gourmedia:20170206134739p:plain

それから、この揚げ油ですが、全て自家製です。
 
――えっどういうことですか?
 

f:id:g-gourmedia:20170206134739p:plain

同じく、精肉店や洋食屋で出た和牛や国産牛、国産豚の脂身を使って、自家製のヘットとラードを取り、それを100%使用しています。これも食材の無駄やロスを省き、また余計なコストをかけず、美味しさもアップするための経営努力なのです。
 
なるほど!
トンカツをひと口かじった瞬間の、口に拡がる香ばしさと豊かなコクは、和牛や国産牛、国産豚の脂身をたっぷり使った美味しさだったんですね!
 
そういえば、「みんなのごはん」でも、料理研究家の先生が「油を手作りするといつもの料理が劇的に美味くなる」とおっしゃっていました。

 

しかし、この量の揚げ油を自家製されているとは、精肉店さんを経営していないと出来ない凄技です。さすがプロの仕事。

「材料を無駄にしない」ということは、それだけ職人さんの手間暇がかかっている、ということなのだな、と改めて感銘を受けました。

f:id:wanko515:20170124000610j:plain

たっぷりの旨味の詰まった、このトンカツ、絶対また食べに行きたいです!

 

【朗報】なんとトンカツ弁当(350円)も存在してた

f:id:wanko515:20170124095906j:plain

なんと、この350円トンカツセット、お弁当としてテイクアウトが可能です。

※別途、容器代が20円かかります

f:id:wanko515:20170124100037j:plain

見てください、この渋いよそおい。「お弁当」って言葉がすごく似合ってます。

 

広島への出張組の皆さんは、帰りの新幹線の駅弁としていかがですか?

当日に飛び込みで注文しても対応くださるそうですが、事前に予約しておいて、何日の何時に取りに行くので何個お願いします、と注文するとスムーズです。

ちなみに、1個から対応くださるそうですよ!

 

それから、1階のテーブル食堂の雰囲気も良いのですが、「肉のますゐ」さんには2階もあります。

f:id:wanko515:20170124100500j:plain

2階入り口の待合所です。

黒光りするソファーに、レッドカーペット。高級レストランのウェイティングにも負けない堂々とした貫禄です。一見の価値ありですよ!

f:id:wanko515:20170124100835j:plain

2階は全て個室座敷となっており、席を予約しておけば、座敷でマッタリ過ごす事もできます。小さいお子さんや家族連れでも、落ち着いてスキヤキや洋食を楽しむ事ができますよ。

 

――恐縮ですがお尋ねします。2階座敷を予約して、350円のサービストンカツを頼むって、アリなんですか?

 

f:id:g-gourmedia:20170206134739p:plain

どうぞ、歓迎いたします!

 

なんつうホスピタリティ。凄いよ、凄すぎる!

突き詰めれば、この350円のサービストンカツも、「肉のますゐ」の皆さんのホスピタリティの賜物なのでしょうね。

 

人の優しさ、暖かさを感じる、広島の老舗洋食屋さんは、さすがの風格でした。

広島旅行の際は、ぜひ「肉のますゐ」さんを訪れて、広島人の愛するサービストンカツやスキヤキ、洋食を味わってみてください!

 

 

紹介したお店

肉のますゐ

住所:広島広島市中区八丁堀14-12

TEL:082-227-2983

営業時間:11:00~20:45(昼休憩なし)

定休日:毎週水曜、第2火曜

行き方:広島駅から広島路面電車に乗り「八丁堀駅」で下車し、徒歩3分。

r.gnavi.co.jp

 

著者プロフィール

 f:id:wanko515:20161228090526j:plain

食記ドットコム~広島食べ歩きグルメブログ

広島グルメを紹介するブログです。

ブログURL: http://syokuki.com/

おすすめ広島ランチ、広島の居酒屋、広島デカ盛りなど多岐にわたって紹介しています。

 

食記ドットコムの過去の記事はこちら

                             
ページ上部へ戻る