【自意識のハードル】オンナが一人では到底入れない雰囲気の店を満喫…飲みニケーションは新規開拓のチャンスなのかもしれない【ブスめし!】

近年の食漫画ブームもあり、女性の方の一人飯のハードルはだいぶ下がったようですが、「自意識のハードル」は上がってしまったようです。「言われていない悪口が聞こえるタイプの人間」は、どんな一人飯を食べるべきなのでしょうか。この漫画の主人公、花園薫子28歳は、ブス界の救世主となるべく、ブログを開設。今回はおっさん(会社の上司)に突如誘われた飲みニケーションという状況で、ブスめしの真価が問われます。(吉祥寺のグルメ焼き鳥

【自意識のハードル】オンナが一人では到底入れない雰囲気の店を満喫…飲みニケーションは新規開拓のチャンスなのかもしれない【ブスめし!】

「自意識のハードル」は上がってしまった

このマンガの主人公は、花園薫子、28歳。好きなことは食うことと漫画。その2つを併せ持つ「食マンガ」をこよなく愛している女性。

 

しかし、ある日気づいてしまったのです。近年の食マンガブームで「女の一人飯」のハードルは下がっているように感じていたけれど、それは違う。

 

むしろ「自意識のハードル」は上がってしまった……!

 

「言われていない悪口が聞こえるタイプの人間」は、一体どんな一人飯を食べるべきか…? 今回の舞台は、おっさん(会社の上司)に突如誘われた飲みニケーション。こういう時こそブスめしの真価が問われます。

 

前回までの漫画はこちらからどうぞ。

 

花園薫子、28歳。好きなことは食うことと漫画。

f:id:g-gourmedia:20170913193214j:plain

f:id:g-gourmedia:20170913193215j:plain

f:id:g-gourmedia:20170913193216j:plain

f:id:g-gourmedia:20170913193217j:plain

f:id:g-gourmedia:20170913193218j:plain

f:id:g-gourmedia:20170913193219j:plain

★『ブスめし!』は「ヤングキング」(少年画報社より毎月第2・4月曜発売)でも月イチ連載中!

プロフィール

f:id:g-gourmedia:20160203130248j:plain

すおしろ

ゲーム会社でグラフィッカーをやった後フリーになりました。絵をかいたりなんだりで何とか生きています。食べることと飲むことがすきです。他はおすしがすきです。

http://www.nabeniruu.com/ 

https://twitter.com/suosiro

LINEスタンプもあります。

https://store.line.me/stickershop/product/1160923/ja

                             
ページ上部へ戻る