博多では「とんこつラーメン指数」を意識せよ!地元民が初心者を連れて行く「ShinShin」はあっさりなのに激ウマ

博多でとんこつラーメン初心者に特にオススメなお店「博多らーめん ShinShin」を紹介します。天神本店のほか、博多デイトス店、KITTE博多店、住吉店の計4店舗を構えますが、福岡空港からアクセスしやすいのは博多駅すぐの博多デイトス店とKITTE博多店。ここのとんこつラーメンの特徴は何よりあっさりしていること。スープにとんこつ臭はほとんどなく、上手に旨味だけが残っています。チャーシューも煮玉子もあっさりめの味付けで、軽くいただけるとんこつラーメンです。そのため、とんこつラーメンを食べなれていない観光客の人でも食べやすく、入口としてピッタリ。博多にはもっと濃厚クリーミーなとんこつラーメンがありますが、最初はあっさりめのお店から挑戦してみるのが良いかもしれません。あっさりで美味しいとんこつラーメンのShinShinでは、美味しいスープを最後まで楽しむために、ぜひ替え玉もしてみてくださいね。ラーメン以外にも、ネギ、玉子、チャーシューのみとシンプルな具材の焼き飯、あっさりした味わいでパクパク食べられる一口餃子もオススメです。

博多では「とんこつラーメン指数」を意識せよ!地元民が初心者を連れて行く「ShinShin」はあっさりなのに激ウマ

f:id:digimaga:20180508094004j:plain

こんにちは、福岡在住ライターの篠原修司(@digimaga)です。

福岡県のグルメと言えば「とんこつラーメン」が有名です。

だから福岡に遊びにきた人からはよく「美味しいとんこつラーメンが食べたい」と言われるのですが、じつは人によって連れて行く店を変えています

 

なぜか?

 

意地悪ではありません。博多っ子はそんなことしません(たぶん)

 

単にその人の“とんこつラーメン指数”にあわせて店を選んでいるんです。

 

ここで言う“とんこつラーメン指数”とは“ビッグマック指数”のような経済の話ではなく、その人が「とんこつラーメンにどれだけ慣れ親しんでいるか?」を表す言葉です。

 

いま勝手につくりました。

 

「これまでにどんなお店で食べたか?」「どの店が好きだったか?」「とんこつラーメンのにおいは平気か?」「こってりとあっさり、どっちが好きか?」などなど、その人の好みとこれまでの経験値を聞いて判断します。

 

とんこつラーメン指数によるお店選び

選ぶ人によってオススメの店は異なると思いますが、ボクはだいたいこんな感じで選んでいます。異論は認める。

高め(こってり、濃厚、においきつめ)

普通(中間、クリーミー系、におい普通)

低め(あっさり、豚骨以外のスープブレンド、においなし)

  • 博多らーめんShinShin
  • 元祖赤のれん 節ちゃんラーメン
  • ラーメン海鳴

 

初心者にオススメ「博多らーめん ShinShin」

この記事ではそのなかでもとくに「初めてとんこつラーメンを食べる」という人にオススメのお店、「博多らーめん ShinShin」のあっさり系とんこつラーメンを紹介します。

 

博多らーめん ShinShin」は天神本店を始めとして、博多デイトス店、KITTE博多店、住吉店の4店舗で経営されているお店です。

このうち福岡空港からアクセスしやすいのは、博多駅のすぐ近くにある博多デイトス店とKITTE博多店。

今回はこちらの博多デイトス店にお邪魔しました。

f:id:g-gourmedia:20180607174933j:plain

博多らーめん ShinShin 博多デイトス店は、博多駅構内にあるお店です。電車からおりてすぐに食べられます。

しかも年中無休のため、土日祝に福岡にやってきても営業時間内であればラーメンを食べることができるんです。

 

極細麺とあっさり系スープの「毎日食べても平気」な豚骨ラーメン

そんな「博多らーめん ShinShin」で食べられる豚骨ラーメンがこちらです。

f:id:digimaga:20180506182443j:plain

麺は極細ストレート。スープは国内産を中心とした豚の骨(げんこつ、頭、背骨など)と佐賀県の銘柄鶏「ありたどり」のガラ、地元九州の香味野菜などを煮込んで作られています。

とんこつラーメンの香りはありますが、アク抜き、血抜きを丁寧にしているため、いわゆる「とんこつ臭」は全くしません。

 

スープを一口飲めば一発で分かります。

f:id:digimaga:20180506182447j:plain

豚骨の臭みではなく「旨味」が強く出ており、口にふくめば醤油ダレの香りも感じられるほど。

脂もあっさりしているため、スイスイと飲めますがあとに取っておきましょう。なぜなら、早く食べないと麺が伸びてしまうから!

 

ShinShinの麺は極細ストレートです。

f:id:digimaga:20180506182455j:plain

一般的に、極細麺は加水率が低いためスープをよく吸います。

そのため豚骨スープに麺が負けてしまうこともあるのですが、ShinShinのスープは臭みがないあっさり系のため、スープを吸ったあとでも小麦の香りがハッキリわかります。

細いのでつるつると食べやすく、「豚骨ってこんな味なんだ」とじっくり味わえると思います。

ShinShinはチャーシューもあっさり系。

f:id:digimaga:20180506182459j:plain

脂身が少ない部位のため、チャーシューを食べて「重い…...」となることはありません。

厚みもあり、 赤身の旨味とあわさって食べごたえがあります。

 

そしてここまできたら……そう! じつは煮玉子もあっさり系!

f:id:digimaga:20180506182503j:plain

「煮玉子であっさりとは?」と思われるかもしれませんが、味付けが濃くない煮玉子なんです。

中身がドロッとしていて、黄身にも白身にも味が染み込んだこってり煮玉子も良いものですが、ShinShinのラーメンにはタレへの漬け込み時間の少ないこちらの煮玉子がベスト!

 

麺をつるつるとすすりながら、箸休めにチャーシューを食べたり煮玉子をつまんだりしながら、ついでに替え玉(150円)を頼んで堪能してください。

 

初めての豚骨ラーメンで、残ったスープまで楽しめます。

 

お腹いっぱい食べたいなら「半やきめし」は欠かせない!

そして、ラーメンに欠かせないのが焼き飯です。

と言っても1人前だと多いので、セットで頼める「半やきめし」がオススメ。

f:id:digimaga:20180506182507j:plain

「半」と言いつつも、ラーメン替え玉までするとけっこうなボリュームがあります。

ラーメンのみでも良いのですが、こちらの半やきめしも捨てがたし。

 

なぜなら、これもあっさり系で、お腹いっぱいの状態でもペロリと食べられるほど美味しいから。

 

そんな半やきめしの具材はネギ、玉子、チャーシューのみ。

f:id:digimaga:20180506182511j:plain

ご飯がパラパラなのは当たり前。

青ネギが多めに入っているのがポイントで、これが口のなかをさっぱりさせてくれるから、ずっと食べ続けられます。

チャーシューも塊がゴロリ……、ではなく店内で切ったラーメン用チャーシューの端っこをさらに細かく刻んだものが入れられています。

おかげでご飯を食べているはずなのに口のなかには肉の旨味が。それなのに重くならないというあっさり系なんですコイツ。

 

博多名物の一口餃子もあるよ!

そのほかShinShinでは博多名物の一口餃子も食べられます。

f:id:digimaga:20180506182520j:plain

一口サイズのため小さいです。

f:id:digimaga:20180506182529j:plain

具材もキャベツ、豚ミンチ、玉ねぎ、にんにく、ニラ、生姜とシンプルなあっさり系。

f:id:digimaga:20180506182533j:plain

「せっかく博多にきたんだから餃子も」という人はこちらの餃子もどうぞ。

 

商業施設内のため家族連れも安心!

博多らーめんShinShin 博多デイトス店は、商業施設「JR博多シティ」内にあるため家族連れでも安心して入れます。

f:id:digimaga:20180506182439j:plain

14時まではお客さんも多いのですが、それ以降からは少なくなるため「子供が騒いで迷惑になるかも」と不安な方は、14時以降に足を運んでみてはどうでしょうか?

お店も17時までは禁煙となっています。それ以降は喫煙可能になるため、夜にお店に行く方は注意してください。

 

メニュー

f:id:digimaga:20180506182537j:plain

f:id:digimaga:20180506182541j:plain

f:id:digimaga:20180506182546j:plain

f:id:digimaga:20180506182551j:plain

メニュー一覧

f:id:g-gourmedia:20180607175003j:plain

デイトス店のスペシャル3点セット

f:id:digimaga:20180506182559j:plain

ラーメン(3種類の中から1つを選ぶ)+餃子などの一品料理から1種類+ドリンク1杯で1,200円というお得セットです。

 

ランチメニュー(平日11時から15時まで)

f:id:digimaga:20180506182610j:plain

お土産ラーメンも

f:id:digimaga:20180506182615j:plain

紹介したお店


アクセス

博多らーめんShinShin 博多デイトス

博多らーめんShinShin天神本店

博多純情らーめんShinShin KITTE博多

博多らーめんShinShin 住吉

著者プロフィール

f:id:g-gourmedia:20170227084508j:plain

篠原修司
1983年生まれ。福岡県在住。フリーライターとして九州各地を取材しながらその土地の美味しいものを食べるのが趣味。『Yahooニュース!個人』や『ASCII.jp』などで連載中。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

 

                             
ページ上部へ戻る