昼の観光だけではもったいない!夜の鎌倉散策で一度は訪れたいレストラン・名店8選

週末になれば多くの観光客で賑わう鎌倉の街。しかし、ほとんどの人は昼間の鎌倉散策だけを楽しんで帰ってしまい、夜の鎌倉の魅力を知らないという人も多いのではないかと思います。そこで今回は、夜の鎌倉散策で一度は訪れておきたいレストランや名店の数々をまとめてご紹介。夜になればまた別の顔を見せる鎌倉グルメの数々を、ぜひご堪能ください。(鎌倉のグルメ

昼の観光だけではもったいない!夜の鎌倉散策で一度は訪れたいレストラン・名店8選

週末になれば多くの観光客で賑わう鎌倉の街。

しかし、ほとんどの人は昼間の鎌倉散策だけを楽しんで帰ってしまい、夜の鎌倉の魅力を知らないという人も多いのではないかと思います。

そこで今回は、夜の鎌倉散策で一度は訪れておきたいレストランや名店の数々を鎌倉在住民がまとめてご紹介。

夜になればまた別の顔を見せる鎌倉グルメの数々を、ぜひご堪能ください。

 

1.食べるべきはスペシャルカレー!欧風の王道とも言えるような鎌倉カレーに出会う

全国津々浦々に存在するカレーの名店。近年はスリランカやインドなど、南アジアのカレーも盛り上がりを見せていますが、鎌倉・長谷にある「ウーフカレー」は欧風カレーが美味しい1軒。

ドアを開ければカレー専門店とハイセンスなカフェのスタイルが融合したかのような、居心地の良い空間が広がります。

f:id:g-gourmedia:20180411112246j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411112243j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411112240j:plain

メニューには定番のチキンカレーや野菜カレー、ポークやキノコのカレーも並びますが、オススメしたい逸品は肉の種類を選び、野菜やゆで玉子などが乗った「スペシャルカレー」。

見た目にも美味しそうなこの逸品は、欧風の王道とも言えるような味わいでありながら、食べ進むうちにじんわりと爽やかな辛さが感じられます。

カレーとコーヒー、そして音楽も心地よい1軒となっています。

 

店名:woof curry(ウーフカレー)
住所:神奈川鎌倉市長谷2-10-39
TEL:0467-25-6916
営業時間:11:00~21:00
URL:https://r.gnavi.co.jp/h0kww6t20000/

 

2.全国のコンペティションでも優勝した大人の隠れ家で、最高のカクテルとピッツアを味わう

昼間は観光地として賑わう鎌倉の小町商店街。

しかしこの場所も夕暮れ時を迎えてくると、また別の顔を見せるようになります。

小町商店街から一歩踏み込んで路地裏へと回り込む。

そこには昼間気づかなかったお店の数々が広がり、美味しいお酒と料理を愛する大人の隠れ家が姿を現してくるのです。

f:id:g-gourmedia:20180411112237j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411112234j:plain

「クルベル・キャン」はオーセンティックなスタイルのバーでありながら、本格的な窯を持ち、奥に控える専門のシェフが焼き立ての料理の数々を振る舞ってくれます。

2016年の全国バーテンダーズ・コンペティションで見事優勝を遂げたバーテンダーが目の前で作ってくれるカクテル、そこに合わせたのは生ハムとルッコラ、そして生地の味わいが三位一体となった、堪らない味わいのピッツアでした。

 

店名:クルベル・キャン
住所:神奈川鎌倉市小町2-9-14植山ビル2F
TEL:0467-23-7737
営業時間:17:00~26:00/土曜日は16:00~26:00/日曜日は16:00~24:00

 

3.スペインを愛する店主の料理とお酒をカジュアルに。ついふらりと入ってみたくなる小さなバル

多くの観光客が行き交う鎌倉駅の東口エリアとは対照的に、通称裏駅とも呼ばれる鎌倉駅の西口エリアでは地元の人々がのんびりと行き交っています。

鎌倉らしいスローな時が流れる御成商店街を歩いていけば、美味しいパン屋さんに鳥肉屋さん、店の裏で立ち飲みが楽しめる地元の酒屋さんなどが立ち並んでいます。

f:id:g-gourmedia:20180411112641j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411112636j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411112633j:plain

そんな御成商店街のほぼ真ん中に位置しているのが、スペイン料理とお酒をカジュアルに楽しむ事ができる「パンダバル」という1軒。ビールを片手にハモンセラーノ(生ハム)を楽しみつつ、運ばれてくる熱々のアヒージョにも舌鼓。鎌倉散策を丸1日楽しんだ後、このバルに立ち寄ってほっと一息つきましょう。自然と身体も心も和らいでくるはずです。

 

店名:パンダバル(Panda Bar)
住所:神奈川鎌倉市御成町5-41
TEL:0467-67-3693
営業時間:8:00~10:30 15:00~24:00/土曜日は8:00~10:30 11:30~14:00 15:00~23:30/日曜日は8:00~10:30 11:30~14:00 15:00~23:00
URL:https://r.gnavi.co.jp/1v1vbt0w0000/

 

4.かつてあの伝説の女優さんも愛した寿司店。戸を開ければ、温かいもてなしに癒やされる

鎌倉駅と藤沢駅をつなぎ、いかにも湘南らしい海辺を走るローカル電車が「江ノ電」。

その江ノ電に揺られ、ふと由比ヶ浜の駅で降りてみれば、すぐ近くには古き良き1軒の寿司屋さんが佇んでいます。

ここはかつて、あの美しすぎる伝説の女優、夏目雅子さん夫妻がよく訪れていたという「小花寿司」です。

f:id:g-gourmedia:20180411113119j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411113115j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411113112j:plain

戸を開ければ「いらっしゃい」と温かい声で迎えてくれるお店のお母さん。

握りやちらし、鉄火巻きなどのお品書きが並び、季節によってお通しも変わります。

この日はビールのお供に生しらすを味わいながら、好きな握りが運ばれてくるまでのひと時を楽しみました。

地元地域で長らく愛されているこの1軒へ足を運べば、思いがけず心地よいほろ酔い気分に浸れます。

 

店名:小花寿司
住所:神奈川鎌倉市長谷1-11-13
TEL:0467-23-0490
営業時間:12:00~15:00/17:00~23:00
URL:https://r.gnavi.co.jp/jbmz42su0000/

 

5.鎌倉に残る食堂のような町中華。何を食べてもハズレがない、懐かしい昭和の味わいにハマる

かつての日本のどこの街にもあった、食堂のような町中華のお店。ラーメンやチャーハンはもちろん、カレーだって旨い。事あるごとについふらりと足が向いてしまう、そんな懐かしい味わいの1軒が鎌倉にはまだあります。

ここは昭和11年から現在まで続いている鎌倉駅近くの1軒、「あしなや」です。

f:id:g-gourmedia:20180411113103j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411113320j:plain

毎回同じメニューを注文する常連のような人もいれば、サンマーメンに惹かれて入ってくる観光客の方もちらほら。

数あるメニューの中からどれをチョイスしてみるかも楽しみの1つであり、料理の出来上がりを待つ間に飲む瓶ビールがなぜかまた格別の味わい。デートで立ち寄るタイプのお店とは言えないものの、懐かしい昭和の味わいが恋しくなったら立ち寄りたい1軒です。

 

TEL:0467-22-1011
営業時間:11:00~22:00/日曜日・祝日は11:00~21:00

 

6.今、鎌倉で急速に評判を上げてきているイタリアンリストランテ

鎌倉の山間を巡り、鎌倉五山と呼ばれる古刹を訪れた後は、国道134号線に出て海辺のドライブを楽しんでみるのもオススメ。

鎌倉の中心地から七里ヶ浜へと向かえば、心地良い潮風が感じられ、何とも言えない開放的な気分に浸れます。

そんな七里ヶ浜のエリアで今話題となりつつある1軒が「シーヴァ」です。

f:id:g-gourmedia:20180411113317j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411113314j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411113311j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411113308j:plain

2016年2月にオープンしたこの小さなリストランテは、イタリアンのお店が多い鎌倉の中で急速に知名度を上げつつあります。

シーヴァの芝先さんは、南青山にあるイタリアンの超有名店「イル テアトリーノ ダ サローネ」でシェフを務めておられたとのことですが、そうとは知らずにこのお店を訪れたお客様たちは、このリストランテの味わいに驚かされています。

 

店名:リストランテ シーヴァ
住所:神奈川鎌倉市七里ガ浜東3-1-14
TEL:0467-66-5024
営業時間:11:30~13:30/18:00~20:30
URL:https://r.gnavi.co.jp/9u5nkawv0000/

 

7.かつて鎌倉文士たちも愛した天ぷらの味。実はリーズナブルに味わえてしまう老舗

鎌倉散策の途中、ランチでそばを食べたけど、夜は美味しい天ぷらが食べたいな。

もしそんな風に思ったら、小町商店街のビルの2階奥に佇む「天ぷら ひろみ」に足を運んでみるのもオススメです。

昭和33年に創業したというこちらのお店は、かつて鎌倉文士と呼ばれた作家などにも愛されてきた1軒です。

f:id:g-gourmedia:20180411113507j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411113504j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411113501j:plain

創業から二代目、三代目と暖簾を守り続けているこちらのお店は、季節に応じた旬の食材を揚げたてで味わえ、一品から定食スタイル、丼ぶりなどでも楽しむことができる1軒です。

天ぷらと言えば値段が高そう!というイメージがあるかもしれませんが、比較的リーズナブルに味わえるのも嬉しいポイントで、最後の〆の赤だしにも癒やされます。

 

店名:天ぷら ひろみ
住所:神奈川鎌倉市小町1-6-13寿名店ビル2F
TEL:0467-22-2696
営業時間:11:30~14:00/17:00~19:30
URL:https://r.gnavi.co.jp/s4k71en20000/

 

8.この店の味わいがソウルフードになっている人たちも。稲村ヶ崎で愛される不動の定番

サーフィンのメッカとしても知られ、かつて稲村ジェーンという映画の舞台にもなった場所が稲村ヶ崎。

そんな稲村ヶ崎には、地元地域の人たちはもちろん、サーファーたちも訪れる1軒のラーメン店があります。

鎌倉でラーメンと言えば「静雨庵」が有名ですが、実はこちらの「偕楽」も見逃せないのです。

f:id:g-gourmedia:20180411113458j:plain

f:id:g-gourmedia:20180411113455j:plain

稲村ヶ崎周辺に住む人であれば、この偕楽の味わいがソウルフードになっているという人もいるほど。

現代のラーメン界では濃厚な豚骨と風味豊かな魚介を合わせてブレンドするなどのWスープという手法が人気を集めていますが、偕楽には昔から変わらない懐かしい味わいがあります。

決して派手なお店ではありませんが、優しい味わいの黄金色のスープにじ~んと癒されてしまう大人も多いはずです。

 

TEL:0467-23-1107
営業時間:11:30~15:30 17:00~19:00/土・日・祝日は11:30~19:00

 

 

鎌倉のグルメマップ

東京からの絶好の日帰り観光スポットとして、外国人観光客の方にも人気の古都・鎌倉。800年を超える歴史を持つ若宮大路を歩けば、鎌倉のランドマークである鶴岡八幡宮にたどり着きます。また山あいには竹の庭で有名な報国寺や銭洗弁財天、長谷寺や有名な大仏様もあります。そして江ノ電に乗れば、目の前には一面のオーシャンビューが広がります。また地元の人の生活に根ざした農協連即売所や、バラの名所でもある鎌倉文学館なども。

海あり、山あり、歴史あり、文化ありの魅力的な鎌倉。外国の方をアテンドするのにぴったりなモデルコースを地図にしました。鎌倉を代表する個性的なグルメスポットも盛り込んでありますのでぜひご活用ください。

 

f:id:g-gourmedia:20180411105120j:plain

 

(執筆:ソーシャルグッドマーケティング)

                             
ページ上部へ戻る