鎌倉のパン屋さんで本当においしいお店まとめ(マップ付き)

観光名所が目白押しの街である鎌倉は、実は神奈川県でもトップクラスにパン屋さんの名店が揃っている街でもあります。地域密着型の個性的なお店が多く、パンを食べるために鎌倉へ行くのもアリなのではないかとさえ思えるほどです。今回は鎌倉のパン屋さんを巡ってみた中から、休日の鎌倉散策にもぜひお薦めしたいお店をご紹介していきます。(神奈川のおすすめのパン屋さん鎌倉のおすすめのパン屋さん

鎌倉のパン屋さんで本当においしいお店まとめ(マップ付き)

f:id:g-gourmedia:20160304165730j:plain

鎌倉には海も山もあり、鎌倉大仏鶴岡八幡宮、さらに通好みな瑞泉寺報国寺といった美しいお寺など観光名所が目白押し。1日で鎌倉の魅力をしゃぶり尽くすのはほぼ不可能です。そんな鎌倉は、実は神奈川県でもトップクラスにパン屋さんの名店が揃っている街でもあります。

 

鎌倉は人口20万人弱の小都市にもかかわらずクオリティが異常発達しているのが特徴です。東京の繁華街と比べても尖った店、地域密着型の個性的なお店が多く、パンを食べるために鎌倉へ行くのもアリなのではないかとさえ思えるほどです。

 

名店は大きく分けて鎌倉駅周辺と海寄りの2つの地域に集中しています。観光するなら、北鎌倉から散策を始めて鎌倉駅周辺のパン屋さんで補給、余力がある人は海沿いへと進みパン屋を訪問、日帰りならそこから江ノ電で鎌倉駅まで戻り、駅周辺でお土産としてパンを買っていくといったコースがオススメです。

 

 

 

1.【天然酵母ハード系】素材本来の味を活かした生地が美味しい「キビヤベーカリー」(鎌倉駅周辺エリア)

鎌倉駅西口を出てから御成通りを5分ほど歩き、狭い路地を左へと入っていくと、猫の看板が目印の「キビヤベーカリー」があります。こちらでは自家製の天然酵母を使用したハードなパンが主に販売されているのですが、レトロな雰囲気の店内は休日ともなると、お客さんの流れが途切れないほど。天然酵母のパンの特徴と言えば、ほのかな酸味としっかりとした弾力ですが、そんな生地の美味しさが活きた一品と言えば「イチジクとくるみのパン(税込260円)」です。

 

f:id:minnano58:20160225215442j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215452j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215502j:plain

 

ぎっしりと密度の高い生地に練りこまれたイチジクと、カレンツの甘さが生地の酸味にマッチし、くるみの苦みもアクセントとして良く効いています。形は細長いタイプと四角いタイプの2種類があるので、お好みで選んでみると良いと思います。ちなみにこちらのお店にはスコーンやパウンドケーキなどのお菓子も豊富にあり、手土産に持っていくと喜ばれること間違いなしだと思いますよ!

 

店名:キビヤベーカリー
住所:神奈川鎌倉市御成町 5-34
TEL:0467-22-1862
営業時間:10:00~19:00(水曜日は定休日)
URL:http://r.gnavi.co.jp/73ah2zf00000/

 

 

 

2. 【フランスパンと言えばここ】鎌倉散策の休憩にも!ビゴの店「モン・ペシェ・ミニョン」(鶴岡八幡宮周辺エリア)

鎌倉のランドマーク的な存在となっている鶴岡八幡宮から徒歩7分ほどの場所にあるベーカリーが「モン・ペシェ・ミニョン」。こちらは日本にフランスパンを広めたベーカリーとして有名な「ビゴの店」の姉妹店に当たります。この鎌倉の2階建ての作りの店内は、1階がパン売り場、2階がセルフサービスのカフェスペースになっています。そしてたくさんの種類のパンが並ぶ中で、一際目立っているのが「ショーソン・ポム」というアップルパイ(税抜250円)でした。

 

f:id:minnano58:20160225215521j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215528j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215537j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215545j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215551j:plain

 

サックサクで香ばしい生地が何層にも重なり、中にはじっくりと煮込んだリンゴのコンポートが包まれています。リンゴの甘酸っぱさがパイ生地のバターの甘みと相性ばっちりの一品となっていて、とても美味しかったです。1階で購入したパンを2階で食べることもできますし、お願いすればパンを温め直してもらうこともできます。もし鎌倉散策で疲れたら、このお店で足を休めてみるのもお薦めですよ。

 

店名:モン・ペシェ・ミニョン
住所:神奈川鎌倉市雪ノ下4-3-17
TEL:0467-53-7805
営業時間:7:00~19:00(月曜日は定休日)
URL:http://r.gnavi.co.jp/81nsxmv50000/

 

 

 

3.【デニッシュ系も惣菜系も】駅至近で幅広い品揃え!「 デリフランス 鎌倉店」(鎌倉駅周辺エリア)

鎌倉駅東口の改札口。このすぐ隣にあるパン屋さんが「デリフランス」です。駅から近いパン屋さんは、仕事帰りでもさっと立ち寄れて、何かと便利で嬉しいですよね。こちらのパン屋さんは甘い系統のパンから惣菜系までを幅広く取り揃えているのもありがたい点です。中でもお薦めなのは「塩フランスパンサンド(ハム&クリームチーズ)(税込250円)」。今人気沸騰中の塩フランスパンにロースハム、レタス、クリームチーズが挟まったサンドイッチとなっています。

 

f:id:minnano58:20160225220139j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215631j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215640j:plain

 

何もサンドしていない塩フランスパンだけでも十分に美味しいのですが、塩フランスパンならではのパンの塩気と、クリームチーズの甘みがマッチしたサンドイッチもぜひ一度ご賞味を。ロースハムも贅沢にサンドされていて、このお値段であればお得だと思います。お天気のいい日にここでパンを買って、由比ヶ浜の方へお散歩してみるのも楽しそうですね。

 

店名:デリフランス 鎌倉
住所:神奈川鎌倉市小町1-1-1 エキスト鎌倉 1F
TEL:0467-61-3666
営業時間:平日:7:00~21:00/土・日・祝:8:00~21:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/jy7jfzmg0000/

 

 

 

4. 【フォカッチャがイチオシ】市場の中の小さな人気店「パラダイス アレイブレッドカンパニー」(鎌倉駅周辺エリア)

鎌倉駅東口から徒歩5分ほどの場所にある鎌倉市農協連即売所(通称:レンバイ)。ここは日本初のヨーロッパ式マルシェと言われている場所で、毎日採れたて新鮮の鎌倉野菜が販売されています。そして早朝から多くの人で賑わうこの市場の中にある小さなパン屋さんこそが「パラダイスアレイ」です。こちらの看板商品は何といっても、ふかふかもちもちの「フォカッチャ」なのですが、残念ながらこの日は売り切れで手に入らなかったため、もう1つのお薦めである「ベーグル(税込300円)」をご紹介します。

 

f:id:minnano58:20160225215651j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215723j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215730j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215743j:plain

 

表面に可愛らしい模様が描かれたベーグルは、表面がパリッとしているのが特徴です。中の生地はぎゅっと詰まっていて弾力があり、何度も噛むうちにパンの甘さが味わえます。商品のラインナップはその日の生地の状態によっても変わるそうで、どんなパンに出会えるかは行ってみてからのお楽しみ。カジュアルで賑やかで、そしてちょっと不思議な雰囲気の店内も楽しいですよ。

 

店名:パラダイス アレイブレッドカンパニー
住所:神奈川鎌倉市小町1-13-10
TEL:電話はなし
営業時間:平日:9:00~19:00/土・日:7:30〜19:30(不定休)

 

 

 

5.【レトロな惣菜系】辛口カレーパンは懐かしの味「日進堂」(大町エリア)

多くの観光客で賑わう鎌倉ですが、駅から少し離れた大町エリアへ行くと、ほのぼのとした雰囲気が広がっています。こちらの昭和の香りが漂うパン屋さん「日進堂」の店内には、1つ1つ手作業で袋詰めされたパンたちがずらりと並んでいます。こちらのラインナップはメロンパンやクリームパン、コロネといった懐かしい時代の定番商品たちで、特にお薦めなのはレジ横のケースに並べられた揚げたての「カレーパン」です。

 

f:id:minnano58:20160225215755j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215806j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215814j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215822j:plain

 

こちらは地元の常連さんにも人気の「辛口カレーパン(税込130円)」。中のカレーにしっかりとスパイスが効いていて、ピリッとした後味がクセになりそうです。最近はヘルシー志向のために油で揚げず、カリッと焼いたタイプのカレーパンが多いものの、日進堂のカレーパンは揚げ油でしっとりした生地になっている、昔ながらのカレーパンでした。懐かしいあの時代の味が恋しくなったら、ぜひ日進堂に立ち寄ってみてください。

 

店名:日進堂
住所:神奈川鎌倉市大町2-2-3
TEL:0467-22-0479
営業時間:6:00~18:00

 

 

 

6. 【食パン専門店】3種類の食パンのみを販売!「ブレッド コード」(江ノ電長谷駅エリア)

江ノ島電鉄の長谷駅から徒歩5分、もうすぐそこは海という爽やかな場所にあるのが食パン専門店の「ブレッドコード」。こちらは食パン専門店ということで、形と生地が異なる3種類の食パンのみが販売されています。そしてこちらで使用している小麦や酵母、塩、バターなどの素材はどれも国産で、素材の美味しさを最大限に活かすために、香料や保存剤も使っていないそうです。

 

f:id:minnano58:20160225215837j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215856j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215910j:plain

 

また、パンの耳の部分の美味しさにもこだわっていて、型の内側にバターを塗って焼き上げたパンの耳の香ばしい香りは、嗅いでいるだけでも幸せな気分になってきます。パン生地の種類はプレーンとリッチの2種類で、プレーンの方は生地自体にはバターを使用していないため、バター入りのリッチと比較するともっちり感が強くなっています。ちなみに焼き上げ時間次第でパンが無いということもあったりするそうなので、事前に連絡して確認する方が良いかもしれませんね。

 

店名:ブレッド コード
住所:神奈川鎌倉市坂ノ下22-23
TEL:0467-53-7307
営業時間:14:00~17:00(売切次第で終了)

 

 

 

7. 【ドイツパン系】休日限定「リボン型クロワッサン」も人気!ベルグフェルド長谷店(江ノ電長谷駅エリア)

今度は長谷駅から海と反対方向へ5分ほど歩いて行った場所にあるパン屋さんが「ベルグフェルド」。お店に入ればすぐ目の前にパンが並んでいて、その奥にはモダンな雰囲気のカフェスペースもあります。パンの種類はプレッツェルやライ麦パンといったドイツパンが中心で、カフェスペースではドイツパンと相性がぴったりの、ハムやチーズを使ったサンドイッチ等も注文することができます。

 

f:id:minnano58:20160225215922j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215929j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215945j:plain

 

f:id:minnano58:20160225215953j:plain

 

f:id:minnano58:20160225220000j:plain

 

こちらの休日限定の人気パンはリボン型の可愛らしい「クロワッサン(税込216円)」で、カルピスバターという貴重なバターが使われているのだとか。パリパリした生地はどことなく素朴なお菓子のような味わいで、バターの香りが強すぎないためにジャムをつけても良く合いそうです。中の生地はとてもしっとりしていて、外側とはまた違った食感が楽しめます。見た目の形も珍しいので、鎌倉散策の際にはぜひお土産にどうぞ。

 

店名:ベルグフェルド長谷店
住所:神奈川鎌倉市長谷2-13-47
TEL:0467-24-9843
営業時間:10:30~18:30
URL:http://r.gnavi.co.jp/2hb3an300000/

 

 

 

8. 【世界中のパンが楽しめる】実はベーカリーコーナーも充実!「紀ノ国屋 鎌倉店」(鎌倉駅周辺エリア)

鎌倉店西口から徒歩1分ほどの場所にある高級スーパー「紀ノ国屋鎌倉店」。国内外を問わず、美味しい食材がたくさん集まっている紀ノ国屋ですが、実はベーカリーコーナーでも世界中のパンを楽しむことができます。ショーケースに並んだ総菜パンやマフィンなども魅力的なのですが、持ち帰りに便利なパッキングをしたパンたちもお薦めなのです。中でも「ドイツパンセット(3種アソート)(税込299円)」は、アーモンドやくるみ入りのパン、イチジク入りのパン、ノーマルなライ麦パンの3種が2枚ずつ入ったというお得なセットです。

 

f:id:minnano58:20160225220032j:plain

 

f:id:minnano58:20160225220042j:plain

 

ドイツパンセットは1つ1つのサイズも小さいため、色々な種類を試したい時や、ちょっとしたホームパーティの時などにぴったりかもしれません。また、紀ノ国屋オリジナルブランドのパンには、ポケットブレッド(ポケットのような空洞に具材を入れられるパン)やイングリッシュマフィンなど、アレンジが楽しめそうなパンが多いのも特徴です。せっかく紀ノ国屋に来たのですから、パンに合わせるチーズやサラミ、ジャムやワインなども揃えて帰るのがベストですね。

 

店名:紀ノ国屋 鎌倉
住所:神奈川鎌倉市御成町15-3
TEL:0467-25-1911
営業時間:9:30~20:00

 

 

 

9. 【アメリカンなマフィン】ハワイの空気感溢れる「リチャードルブランジェ」(江ノ電稲村ヶ崎駅エリア)

続いては江ノ島電鉄、稲村ケ崎駅前の商店街をすぐ脇に入ったところにある「リチャードルブランジェ」へ。ウッディな外観と店頭のテラス席がこの稲村ヶ崎の雰囲気にもぴったりです。お店の中に入ると、白が基調の内装と天井に描かれたブルーの花柄がハワイアンな空気を感じさせ、とても爽やかです。こちらではちょっと小腹がすいたなぁ。なんて時にぴったりの、コロンと可愛い「ブール(税込90円)」がお薦めですよ。

 

f:id:minnano58:20160225220057j:plain

 

f:id:minnano58:20160225220104j:plain

 

f:id:minnano58:20160225220112j:plain

 

f:id:minnano58:20160225220122j:plain

 

少し厚みのある外側の生地は歯ごたえがありますが、中はふわっとしていて、素朴な味わいの中にもしっかりと素材の甘みが感じられます。持ち帰って食べるならトースターで温めてバターをのせるのもお薦めです。その他にも大きなフルーツが入ったマフィンや、自家製カレー入りの稲村カレーパンなど、魅力的な商品が揃っています。ハワイアンミュージックを聞きながらのんびりと店内で過ごすもよし、テラス席で海が近い雰囲気を感じるもよし、ほっと一息つける小さな街にあるパン屋さんです。

 

店名:リチャードルブランジェ
住所:神奈川鎌倉市稲村ヶ崎3-3-25
TEL:0467-81-3939
営業時間:10:00~18:00(水曜日・第1火曜日は定休日)
URL:http://r.gnavi.co.jp/kec3e5h20000/

 

 

 

10. 【ナチュラル系】住宅街の小さなパン屋さん「パンkondo」(七里ヶ浜エリア)

最後にご紹介するのは鎌倉の中でも海景色が素敵な七里ヶ浜のパン屋さん。七里ヶ浜東という住宅街の中にある、まるで隠れ家のような一軒家のパン屋さんが「パンkondo」です。こちらでは季節や時期によって様々なパンを焼いておられるようですが、訪れる度に可愛らしいパンに出会えるのが嬉しいポイント。今回はこちらで「プレーンのフォカッチャ(120円)」とジェノベーゼのフォカッチャ(200円)を購入してみました。

 

f:id:minnano58:20160227124316j:plain

 

f:id:minnano58:20160227124324j:plain

 

f:id:minnano58:20160227124332j:plain

 

f:id:minnano58:20160227124339j:plain

 

パンkondo」の店内は大人が3、4人入ればいっぱいになってしまうくらいの小さなパン屋さん。けれどこの手作り感のある、温かみのある雰囲気が湘南らしくて素敵です。もっちりとした生地のフォカッチャは噛めば噛むほど自然な甘味が感じられ、大人にも子供にも優しいナチュラル系の味わい。そしてジェノベーゼのフォカッチャの方にはバジルなどに加えて、松の実が入っています。何度食べても飽きない、もっちりした生地が忘れられないパン屋さんでした。

 

店名:パンkondo
住所:神奈川鎌倉市七里ヶ浜東4-4-1
TEL:0467-32-2244
営業時間:10:00~18:00(火曜日は定休日)

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

鎌倉散策の際にはぜひご活用ください!

 

(取材・編集:ソーシャルグッドマーケティング)

                             
ページ上部へ戻る