読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京駅周辺のおいしいパン屋さん10選・完全ガイド(マップ付き)

観光からビジネスに至るまで、いつも多くの人々で賑わっている東京駅周辺。実は東京駅周辺にも素晴らしく美味しいパン屋さんがたくさんあるのをご存知でしたか?今回は実際に東京駅周辺を巡って出会った美味しいパンの数々をまとめてみました。名物のあんぱんやドライフルーツがぎっしりと入った贅沢なライ麦パン、大人気のサンドボックスや神戸牛のミートパイなどもご紹介していきますよ!(東京のおすすめのパン屋東京駅のおすすめのパン屋

東京駅周辺のおいしいパン屋さん10選・完全ガイド(マップ付き)

東京駅(八重洲) ランチ グルメレポ まとめ記事 おすすめ パンまとめ

f:id:g-gourmedia:20160212190705j:plain

東京駅にはなぜか美味しいパン屋さんがたくさん集まっています。いつも多くの人々で賑わっているからでしょうか? とにかく、レベルの高いお店が密集するパン好きにはまるで天国のような場所なんです!そこで今回は実際に東京駅周辺、つまり大丸やエキュート、グランスタなどを巡って出会った美味しいパン屋さんをまとめてご紹介します。名物のあんぱんやドライフルーツがぎっしりと入った贅沢なライ麦パン、大人気のサンドボックスや神戸牛のミートパイなどもご紹介していきますよ!旅の前に美味しいパンで腹ごしらえしましょう!

 

1. 五穀を練りこんだ「五穀あんぱん」が人気!「カーラ・アウレリア 大丸東京店」(大丸地下1F)

東京駅八重洲北口からすぐの場所にある大丸。地下1階の食品売り場フロアの一番奥にはパンコーナーがあり、ここには魅力的なお店が並んでいます。そしてその中の1つが「カーラ・アウレリア」。こちらで人気のパンは「五穀あんぱん」で、その名の通り、五穀を練りこんだあんこがたっぷりと入っています。

 

f:id:minnano58:20160212144403j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144420j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144435j:plain

 

こちらのあんぱんは生地もバケットの生地になっていたり、黒蜜が練りこんであったりと少し異色なのですが、実際に食べてみると普通のあんぱんにはない五穀の粒の食感や、あんこに負けないくらいの生地の存在感が楽しめ、個人的には持ち帰ってからトースターで温めて食べるのがお薦めです。こちらのお店のパンには1つ1つ細かい説明が書かれているので、選ぶ際はとっても参考になります。もしそれでも迷ったら、店員さんに好みを伝えてみると、丁寧にお薦めを教えてくれましたよ。

 

店名:カーラ・アウレリア 大丸東京店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1大丸東京店B1F
TEL:03-6895-2785
営業時間:月~金:10:00~21:00/土・日・祝:10:00~20:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/mvn8jvxh0000/

 

 

2.ドライフルーツがぎっしり入った「セーグル・フリュイ」を頬張る幸せ!「BURDIGALA EXPRESS」(東京駅 グランスタ)

東京駅構内のグランスタにもパン屋さんがたくさんあります。その中でも多くの種類のパンを置いているのが「ブルディガラ・エクスプレス」。ここは朝7時から開いていて、早い時間であってもお客さんで賑わっています。

 

f:id:minnano58:20160212144447j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144454j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144505j:plain

 

こちらの人気No.1は「セーグル・フリュイ」。レーズンやイチジクなど、4種類ものドライフルーツがぎっしりと入った贅沢なライ麦パンになっています。ちなみに「プチ」とある通り、もっと大きなサイズもあるのですが、女性が一人で食べるならプチでも十分な大きさだと思います。こちらもやはり、持ち帰ってトースターで温めるとより美味しく楽しめました。

 

店名:ブルディガラ・エクスプレス
住所:東京都千代田区丸ノ内1-9-1JR東京駅改札内B1Fグランスタ
TEL:03-3211-5677
営業時間:月~土:7:00~22:00/日・祝:7:00~21:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/h4uuxthk0000/

 

 

 

3.もっちもちの柔らかドーナツがたまらない「BOULANGERIE LA TERRE」(東京駅 京葉ストリート)

 

ディズニーランドへ行く時に通る人も多いであろう京葉ストリート。その一角にあるこちらのお店の看板商品は「玄米入り豆乳仕立てのドーナツ」。中でも人気なのは、ひよこ豆のカレーが入ったドーナツだそうです。見た目からはカレーパンのような少し硬い生地を想像するかもしれませんが、ここのドーナツ生地は本当にもちっとしていて柔らかく、脂っこさも少なくて美味しいです。また、生地に豆乳が使われているため優しい味わいになっていて、中のカレーにも豆の甘みが効いていて、生地にとてもよく合います。

 

f:id:minnano58:20160212144519j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144527j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144539j:plain

 

こちらのお店はイートインスペースの席数が少ないものの、パン売り場とは区切られているため、駅ナカにしては珍しくゆったりと過ごせます。テイクアウトの場合、定番商品ならテイクアウト用のカウンターでさっと買えるのも嬉しいポイントですね。

 

店名:BOULANGERIE LA TERRE 東京駅 京葉ストリート店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅改札内京葉ストリート1F
TEL:03-3218-8017
営業時間:7:00~22:00(L.O.21:30)

 

 

 

 

4軽井沢の老舗の贅沢サンド!「ブランジェ浅野屋 グランスタ店」(東京駅 グランスタ)

80年以上の歴史を持ち、軽井沢に本店を構えている浅野屋の味は東京駅でも楽しめます。ブランジェ浅野屋グランスタ店は、東京駅改札内のグランスタ地下1階、丸の内方面の端にあります。ここでのお薦めは「サンドボックス」。サンドイッチの他にサラダとパンナコッタがセットになっているという、なんとも贅沢なボックスです。

 

f:id:minnano58:20160212144553j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144604j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144629j:plain

 

サンドボックスの中身のサンドイッチは2種類から選べますが、「信州ハーブ鶏のチキンサンド」はふわふわしたパンの間にメインのチキン、レタス、ニンジンが挟まっていて、マスタード風味のソースがさっぱりとした逸品。サラダのドレッシングは小さいカップに入っているので、サンドイッチについてしまったり、持ち歩いた時に流れたりする心配もありません。サンドイッチパンは時間が経つと乾いてきてしまうので、買ったら早めに食べるのがお薦めですよ。新幹線利用の時などに、車内でまったりと味わってみるのもいいですね。

 

店名:ブランジェ浅野屋 グランスタ店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅グランスタB1F
TEL:03-3211-5640
営業時間:月~土:7:00~22:00/日・祝:7:00~21:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/nyjtxa690000/

 

 

 

5.いろんなあんぱんでお土産にも便利!「東京あんぱん 豆一豆」(東京駅 エキュート東京)

「豆一豆」は全国でココにしかないというあんぱんの専門店です。こしあんぱんや栗入りのあんぱん、5種類の豆のあんぱんなど、様々なあんぱんが並んでいますがどれも本当に美味しいです!中でも特にお薦めしたいのは一番ベーシックな粒あんぱんの「豆褒美」。

 

f:id:minnano58:20160212144646j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144653j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144705j:plain

 

こちらのあんぱんの特徴は大粒の豆のあんこと、しっとりとしたパン生地です。手に持つとその重みを感じるほどにぎっしりと詰まったあんこもこのお店ならではだと思います。また、「東京駅」の焼き印がインパクト大の「東京レンガぱん」は、ホイップクリームとこしあんがしっかりと詰まっていて、こちらも人気のメニューとのこと。観光帰りや旅行先へのお土産として東京駅でお菓子を買う人も多いと思いますが、一度豆一豆のあんぱんを選んでみてはいかがでしょうか?あんぱんは常温でその日中であれば美味しく食べられるので、ぜひお試しください。

 

店名:東京あんぱん 豆一豆
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1エキュート東京 東京駅改札内1Fサウスコート
TEL:03-3211-9051
営業時間:月~土:8:00~22:00/日・祝:8:00~21:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/1xe9gf8a0000/

 

 

 

6.高級フレンチパン専門店!「ブランジェリー ポール・ボキューズ 大丸東京」(大丸地下1F)

大丸の12階にある高級フレンチレストランと言えば「ブラッスリー ポール・ボキューズ」。こちらのパン専門のお店が地下1階のパンコーナーにあるのをご存知ですか?お店を外から見ただけでも、色とりどりのパンがずらりと並び、店内に入る前から気分が上がってしまいます。そしていざお店に入ってみて驚くのはパンの種類の多さ。気がつけば手元のプレートに山盛りのパンが……。そんな魅力的なパンたちの中でお薦めの1つが「塩バターパン」です。

 

f:id:minnano58:20160212144719j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144727j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144738j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144748j:plain

 

塩バターパンは見た目としてはシンプルですが、フランスのレスキュールバターという高級バターを使用して焼かれた生地にはしっかりとした弾力があり、噛むほどに甘みも出てきます。さらに表面には大粒の岩塩がトッピングされていて、そのしょっぱさがアクセントになって美味しいのです。他にもメープルシロップ入りのチューブが刺さった面白い見た目のフレンチトーストや、レーズンとくるみがぎっしりと詰まった大人の味わいのパンなど、バリエーション豊かなパンが揃うこちらのお店にぜひ足を運んでみてください。

 

店名:ブランジェリー ポール・ボキューズ 大丸東京
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1大丸東京店地下1F
TEL:03-3212-8011
営業時間:[月~金]10:00~21:00/[土・日・祝]10:00~20:00

 

 

7.サックサクのクロワッサンが人気No.1!「MAISON KAYSER 大丸東京店」(大丸地下1F)

 

昨年、日本第一号店のオープンから15周年を迎えた「メゾンカイザー」。定番商品といえばクロワッサンですが、ここ大丸東京店でも人気No.1はやはり「クロワッサン」なのだそう。パン屋さんであればどこも概ね置いてあるのがクロワッサンですが、お店によっては特徴も異なります。メゾンカイザーのクロワッサンは生地の軽さが1つの特徴になっていて、強く持ってしまうと崩れてしまいそうなほどに繊細なサクサク生地になっています。

 

f:id:minnano58:20160212144803j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144811j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144822j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144833j:plain

 

そして看板商品のクロワッサンに加え、個人的にもう1つイチオシしたいのは「レモンパイ」。パイ生地に甘酸っぱいレモンクリームが包まれた商品で、クロワッサンと比較するともう少ししっかりした歯ごたえのパイ生地が香ばしく、中のクリームの酸味と絶妙にマッチしています。濃い目に淹れた紅茶と合いそうな逸品なのでぜひお試しください。他にも大丸東京店限定のパンもありますので要チェックですよ!

 

店名:MAISON KAYSER 大丸東京店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1大丸東京店B1F
TEL:03-3201-5120
営業時間:月~金:10:00~21:00/土・日・祝:10:00~20:00
URL:http://r.gnavi.co.jp/28d47m9d0000/

 

 

 

8.店舗は全国でココだけ!「神戸牛のミートパイ グランスタ店」(東京駅 グランスタ)

神戸牛のミートパイ」はバウムクーヘンで有名なユーハイムから出ているミートパイの専門店で、店舗は全国でココにしかありません。看板商品となっているミートパイは、パイ生地の中に牛肉、玉ねぎ、ゆで卵が入っていて、シンプルな味付けではあるものの、具材に牛肉のうまみがしっかりしみ込んでいて、十分にその味わいを楽しむことができます。何層にも重なった生地は、外側はサクサクで内側はしっとりしているので、食べると中のフィリングといい感じに溶け合います。

 

f:id:minnano58:20160212144857j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144905j:plain

 

ちなみにミートパイを買うと美味しい食べ方が書かれた紙ももらえるので、持ち帰ったらその方法に従って温めてみてください。生地がさらにパリッと香ばしくなり、中の牛肉もジューシーさが増します!店頭にはミートパイの他にもビーフカレーのパイやアップルパイも並んでいますが、全てテイクアウトのみなので、ぜひ持ち帰ってから色々なパイを楽しんでくださいね。

 

店名:神戸牛のミートパイ グランスタ店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅B1F
TEL:03-3287-3727
営業時間:月~土:8:00~22:00/日・祝:8:00~21:00

 

 

9.しっとり生地の中のチョコが絶品!「OGGI JR東京駅構内店」(東京駅 セレクトマーケット東京百貨)

東京駅構内にはまだまだ穴場のパンがあります。主要なJR各線の乗り場からすぐの場所にあるセレクトマーケット東京百貨。実はこちらでは目黒で有名なパティスリー「OGGI(おっじ)」のパンも販売されています。OGGI(おっじ)と言えば「パン・オ・ショコラ・リッチ」が人気のパンとしても有名ですが、東京駅構内のこちらでも購入することができました。

 

f:id:minnano58:20160212144917j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144926j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144933j:plain

 

この「パン・オ・ショコラ・リッチ」は、260円というお値段でありながら、ボリュームは見た目以上の大きさ。そしてなんといっても美味しいのがチョコレートですよね。しっかりとした生地の中にはあの美味しいチョコレートがチップ状で入っていて、チョコ好きにとっても堪らない逸品。東京駅の中で意外と気付かれていないパンなのですが、やはり安定の美味しさでお薦めです。

 

店名:OGGI JR東京駅構内店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅改札内 東京銘品館中央店
TEL:03-5223-8664
営業時間:7:00〜21:00(金・土は〜21:30まで)

 

 

10八王子発のバラエティ豊かなサンドイッチ!「サンドイッチハウス メルヘン 大丸東京店

大丸地下街のお弁当ストリートにあるサンドイッチ専門店が「メルヘン」。この八王子発の素朴な味わいが特徴のサンドイッチ店は、今や東京以外のエリアにも進出していて、25店舗以上にもなるのだとか。こちらには季節限定や期間限定も含め、常時ものすごい数のサンドイッチが並んでいます。今回はエキュート内のこちらで一番人気となっている「4色パックのサンドイッチ」を購入してみました。

 

f:id:minnano58:20160212144946j:plain

 

f:id:minnano58:20160212144952j:plain

 

f:id:minnano58:20160212145001j:plain

 

定番とも言える「4色サンドイッチ」は、お得感のある4色の組み合わせがポイント。大きなカツと、分厚い玉子、そして照り焼きチキンにふわふわ生クリームのフルーツサンド。男性も女性も満足できるであろうこの組み合わせは、やっぱりいいものですね。最近は厚焼き玉子のサンドイッチもブームになっていますが、こちらのメルヘンの玉子サンドもお薦めですよ。

 

店名:サンドイッチハウス メルヘン 大丸東京店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1大丸東京店B1F
TEL:03-6895-2780
営業時間:月~金:10:00~21:00/土・日・祝:10:00~20:00

http://r.gnavi.co.jp/2a6xtvpd0000/

 

 

三宮編もあわせてどうぞ!

r.gnavi.co.jp

 

(取材・編集:ソーシャルグッドマーケティング)

                             
ページ上部へ戻る