連日超満席!関東ではココでしか食べられない丸亀名物【骨付鳥】の名店「一鶴」へ行ってきた

香川の名物といえば讃岐うどん?いえいえ実は今、香川・丸亀市がイチ押しするご当地メニューと言えば「骨付鳥」。今回は関東では唯一ココにしかないという、骨付鳥の老舗専門店に行ってきました!横浜駅の西口にある「一鶴」さんは平日に関わらず骨付鳥を求める人で連日超満員。丸亀の「一鶴」はこの骨付鳥一筋で60年以上という老舗専門店。ビールが実に美味そうです。(横浜駅のグルメ焼き鳥

連日超満席!関東ではココでしか食べられない丸亀名物【骨付鳥】の名店「一鶴」へ行ってきた

本文の最初に、記事の主役の【骨付鳥】2種を紹介させてください

f:id:g-gourmedia:20151112205251j:plain

こちらが「ひなどり」です。

 

f:id:g-gourmedia:20151112205311j:plain

こちらは「おやどり」になります。ありがとうございました。ではまいりましょう!

 

関東ではココだけ!という香川・丸亀の骨付鳥の専門店へ 

f:id:minnano58:20151102213824j:plain

ここは横浜駅西口、駅近のとあるビルの6F。本日は「一鶴(いっかく)」というお店に来ております。あ、ココ知ってる!という方、かなりの通かもしれません。実はこちらのお店、関東では唯一ココだけにしかないという、香川・丸亀の骨付鳥で有名なお店の支店なのです。

 

f:id:minnano58:20151102213840j:plain

平日にも関わらず、45分ほど待ってようやく席をゲット。店内は超満席の状態です。もちろん、ここにいる皆さんのお目当てと言えば、香川・丸亀名物の「骨付鳥」。香川といえば「讃岐うどん」というイメージが強いと思いますが、骨付鳥は今、丸亀市がイチ押しするご当地グルメなのです。

 

f:id:minnano58:20151102213907j:plain

メニューもわかりやすくてシンプル。こちらのお店で食べるべき名物と言えば、「おやどり」と「ひなどり」という2種類の骨付鳥。「一鶴」はこの骨付鳥一筋で60年以上という丸亀の老舗専門店なので、もちろん即座にこの名物をオーダーし、焼き上がりを待ちます。

 

f:id:minnano58:20151102213927j:plain

店内に漂う骨付鳥の肉々しい香りを肴に、ビールで喉を潤します。空きっ腹に染みるビールの旨さ!ちなみにこちらのビールは、ビール党のファンならわかる伝統の銘柄「赤星」。一鶴さんで思いがけず赤星を発見し、焼き上がりを待つ間にすっかりほろ酔い気分。いやー、久々に飲むと更に旨く感じます。

 

 

待ちに待った名物、骨付鳥が到着!

f:id:minnano58:20151102213956j:plain

鳥のもも肉がまるごと一本!見た目もこんがりの「ひなどり」が登場!

 

f:id:minnano58:20151102214021j:plain

さらに「おやどり」も登場!こちらはやや無骨な男気を感じる一品!

 

f:id:minnano58:20151102214039j:plain

「ひなどり」「おやどり」の違いを少しだけご紹介します。

 

「ひなどり」はふっくら柔らかくてジューシーな味わいが特徴で、表面の皮はパリパリ食感。まさに大人から子供まで食べやすい一品です。一方の「おやどり」は身が締まっていて、どちらかというとコリコリ具合にハマる通好みの食感。肉にはあらかじめハサミで切り込みが入れてあって、ガブッと噛むと鳥の旨味が出てきます。

 

すごい勢いで溢れる肉汁!

f:id:minnano58:20151102214424j:plain

にんにく、塩、胡椒で味付けされた骨付鳥は、スパイシーでパンチのある味わいが醍醐味の一品。銀食器の上に滴る肉汁もスゴイ!早速この鳥に噛み付いたら、口の中にすごい勢いで肉汁が溢れ出てきました!

 

f:id:minnano58:20151102214504j:plain

運ばれてきた骨付鳥には付け合せのキャベツも。「ひなどり」や「おやどり」を食べながら、鳥の旨味がたっぷりと溢れた皿の油に、このキャベツを浸して食べるのがご当地流らしいです。

 

f:id:minnano58:20151102214536j:plain

噛むほどに深い旨味が出てくる「おやどり」。周囲のお客さんも含めて、みんなこんな感じでかぶりつき。噛みごたえはありますが、このスパイシーさにヤミツキ感。

 

 

骨付鳥との相性も抜群のサイドメニューをチェック!

f:id:minnano58:20151102214551j:plain

ちなみに骨付鳥との相性が抜群のサイドメニューも、こんな感じで揃っています。今宵は鳥三昧の夜にすると決めたので、「とりハム」「おや天」「とりめし」のトリプルコンボでオーダーしてみました。

 

f:id:minnano58:20151102214615j:plain

「とりハム」。ハムとペーストの組み合わせが美味しく、思わずワインにスイッチしたくなる一品です。

 

f:id:minnano58:20151102214629j:plain

そしてこちらが「おや天」。先ほど食べた、コリコリ食感の「おやどり」が入っているようです。こちらは冷酒と合わせたら最高にハマりそうな一品です。

 

f:id:minnano58:20151102214652j:plain

そして今宵をシメるメニュー「とりめし(スープ付き)」。鳥の旨味だらけの炊き込みご飯。とはいえしつこいほどの味付けではなかったので、スープと合わせてシメるには良い一品でした。縁には軽くおこげもついてあって、これがまたちょっと嬉しくなるポイントでした。

 

f:id:minnano58:20151102214707j:plain

そして最後に本日のお会計がこちら。ひなどり&おやどり、とりハムにおや天、とりめしで満腹になり、瓶ビールにハイボール、更にはグラスワイン3杯飲んでもこのお値段。「ひなどり」に至っては丸々一本の鳥肉で税込み894円というリーズナブルさ。2人なら3,000円強! 連日満席の理由もなんだかわかったような気がします。「一鶴」さん、ご馳走様でした!

 

 

 

紹介したお店

一鶴

住所:神奈川県横浜市西区南幸2-15-1 TINOビル6F

TEL:045-317-1708

r.gnavi.co.jp

 

(取材・編集:ソーシャルグッドマーケティング)

                             
ページ上部へ戻る