ホットケーキだけで帰ってない? 鎌倉の名店「イワタ珈琲店」のフルーツサンドが実は美味しすぎる

観光都市である古都・鎌倉。大仏や鶴岡八幡宮の散策に疲れたときに立ち寄れるカフェや喫茶店は、今年の酷暑だと、まさにオアシスです。さて、いろんな有名人も訪れたことのある昭和23年開店の名店「イワタ珈琲店」をご存知でしょうか。分厚いホットケーキのファンが多いのですが、実はフルーツサンドも超・美味しいそうです。鎌倉散策の合間にぜひお立ち寄りください。(鎌倉のグルメランチ

ホットケーキだけで帰ってない? 鎌倉の名店「イワタ珈琲店」のフルーツサンドが実は美味しすぎる

古都・鎌倉で最も有名な喫茶店と言えば「イワタコーヒー」。今回は名物ホットケーキでお馴染みのイワタコーヒーのメニューの中の、超美味しい隠れメニュー、「フルーツサンド」をお薦めしてみたいと思います。

 

f:id:g-gourmedia:20150810170958j:plain

 

色んな有名人も訪れた、古都・鎌倉で最も古い喫茶店

f:id:g-gourmedia:20150810171258j:plain

都内からJR横須賀線に揺られて約1時間。夏は海水浴を始めとしたマリンリゾートのメッカ、そして春や秋は鎌倉アルプスの山歩きが楽しい街、「鎌倉」。古都としての落ち着いた佇まいを持つ一方で、リゾート地としても知られ、昔から今に至るまで、著名人が移住して暮らす街としても人気だったりします。

 

f:id:g-gourmedia:20150810173756j:plain

そして今回ご紹介する「イワタコーヒー」は、昭和23年に開店し、現在では鎌倉で最も古い喫茶店と言われるお店。その昔にはかの有名な作家の川端康成さんや大佛次郎さん、ビートルズのジョン・レノンまでもが訪れた事があるという、ある意味伝説的なお店だったりします。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174040j:plain

そんな歴史もあってか、イワタコーヒーは鎌倉に関する観光本、ガイドブック、メディアなどでも露出が多いお馴染みのお店。そしてこちらの店名と必ずセットになって出てくるのが、名物メニューである「ホットケーキ」。鎌倉観光の時に食べてきたよ!という方々も多いのではないかと思います。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174119j:plain

懐かしい風景が広がるイワタコーヒーの店内。古くてもきちんと手入れされた革張りのソファ。ザ・純喫茶を思わせるような丸足のテーブル。店の奥には中庭もあって、この窓際の席はなかなかの特等席。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174145j:plain

レジ前に広がる風景もまた印象的。こちらのレジ機、50年以上も使っているのだとか。さらに奥には懐かし過ぎるダイヤル式の黒電話も。そう、チリリーン!って鳴るアレです。ちなみに黒電話がどれだけ古いかというと、安室奈美恵さんがSweet 19 Bluesでポケベルを鳴らして欲しいと歌うよりもはるか前、小林明子さんが「ダイヤル~回して~、手を止め~た~↑」と歌っていた時代にまで遡る訳です。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174231j:plain

店内を優しい色に染めるシャンデリア。どこか格調ある感じでいいですよね。このシャンデリアがある風景だけでも、絵になるような感じがしてくるものです。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174312j:plain

店内の壁にはこれまた品格の感じられる絵画が多数。統一感のある額縁の色の中には、美しい自然の姿、その一瞬を捉えたような光景が広がる。昔の喫茶店って、目先の流行り廃りのトレンドよりも、こういった格調の高さというか、日常生活にほんの少しの潤いを与えてくれるような場所だったのですね。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174405j:plain

さてお待たせしました。イワタコーヒーの名物ホットケーキってどんなの?と思った方のためにご紹介。数々の著名人も食べたというこちらのメニュー、週末の混雑日には1時間待ち!なんて事もしばしば。平日ならば比較的スムーズですが、週末にしか行けないよ!という方は、午前中の早めの時間帯に行く方がお薦めですよ。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174529j:plain

イワタコーヒーの名物ホットケーキはしっかりがっしりした、かなり厚みのある生地の2段重ね。最近の「ふわふわパンケーキ」ブームとは一線を画する、なかなかハードボイルドでクラシックな外見なのです。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174555j:plain

生地をナイフでカットしても、こんな感じのしっかり感。どちらかというとカリカリした感じなので、キレイに切り分けて、みんなでシェアするなんてこともできますよ。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174636j:plain

そして味わいはというと、カリカリの「カステラ」という感じに思います。生地自体にも甘みがついていて、生地表面のサクッとした食感が印象的。かなり食べごたえのある逸品です。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174712j:plain

最初は何もつけずにそのまま頂いて、段々と食べ進めながら、味のバリエーションを追加していくのも楽しみ方の1つ。ホットケーキの上にシロップをとろ~りと垂らしている瞬間が、なぜかハッピータイム。

 

f:id:g-gourmedia:20150810174737j:plain

いい感じのとろ~り感。作家の大先生方も、ジョン・レノンさんもこちらのホットケーキを楽しみながら、ひと時のスイーツ男子気分を満喫したのかもしれませんね。

 

 

ここからが本番です

f:id:g-gourmedia:20150810174804j:plain

そして、ようやく今回の本題。ホットケーキで有名なイワタコーヒーのメニューの中で、個人的に超お薦めしたいのがこちらの「フルーツサンド」。名物ホットケーキの影に隠れがちですが、実はこのフルーツサンドがかなりの美味しさなのです!

 

f:id:g-gourmedia:20150810174925j:plain

巨大盛り過ぎず、小さすぎず、ほど良いサイズ感のフルーツサンド。訪れる季節や日によってもフルーツのバリエーションが変わるようですが、それもまた楽しみの1つだったり。最近は盛り過ぎのフルーツサンドもあったりして、食後に若干しんどくなる時もありますが、こちらのフルーツサンドはまさに程よい大きさと厚さ。食後も優しい満足感なので、鎌倉散策の途中でも爽やかに食べられる逸品。

 

f:id:g-gourmedia:20150810175007j:plain

生クリームもしつこい甘さではなく、どちらかというとふんわり軽め。生クリームがうるさすぎず、フルーツ自体の甘みが引き立っている感じで、これがまた美味しさのポイントなっているのかもしれません。スイーツ男子&女子の皆さんには、ホットケーキも良いのですが、ぜひこちらのフルーツサンドを試してみて頂きたいです!

 

f:id:g-gourmedia:20150810175032j:plain

軽やかな甘みのフルーツサンドと一緒に、ほろっと苦いコーヒーを。夏本番の鎌倉、イワタコーヒーでモーニングをして、海遊びに出かけるのもお薦めですよ!

 

 

紹介したお店

イワタ珈琲店

住所: 神奈川鎌倉市小町1-5-7

TEL:0467-22-2689


(取材・編集:ソーシャルグッドマーケティング)

                             
ページ上部へ戻る