鎌倉スイーツを楽しむなら「納言志るこ店」の「クリームぜんざい」と「ミルク金時」が全力でオススメ!

東京や関東の人が気軽に楽しめる観光地と言えば、なんと言っても鎌倉ではないでしょうか。小中学生の修学旅行をはじめとして、数多くの観光客で一年中賑わっている街ですが、暑い夏は散策途中でゆっくりと涼をとりたいですよね。そこで今回は鎌倉が誇る甘味処の老舗の「クリームぜんざい」と「ミルク金時」をご紹介いたします。ひんやり気分でお楽しみください。(鎌倉のグルメランチ

鎌倉スイーツを楽しむなら「納言志るこ店」の「クリームぜんざい」と「ミルク金時」が全力でオススメ!

真夏の鎌倉散策で外せないのが「涼」の感じられる和スイーツ。

 

今回は暑さをしのぎつつ、鎌倉らしい雰囲気が残る路地裏の名店をご紹介。冬場のおしるこで知られる名店は、実は夏の逸品もお薦めですよ。

 

f:id:g-gourmedia:20150806092516j:plain

 

 

都心のうだるような暑さを忘れて、鎌倉でプチバカンスを!

f:id:g-gourmedia:20150806093050j:plain

今年の夏、暑すぎやしませんか?いっそ都心のうだるような暑さを忘れて、海辺のリゾート地「鎌倉」で爽やかな潮風でも浴びませんか?などと言いたかったのですが、全くもってダメでした。鎌倉の街を歩く人々も熱気ムンムンの日傘だらけ。空の鳶(とんび)すら夏バテしてしまったのか、ほとんどおりません……。

 

まさに酷暑。プチバカンスのつもりが暑さにやられてしまう可能性すらあるので、散策の際にはご注意を。そんな訳で今回は、鎌倉らしく涼が取れるスポットをご紹介しておきたいと思います。

 

鎌倉は路地裏に名店あり!涼が取れて、美味しい甘味処はココ

f:id:g-gourmedia:20150806093223j:plain

鎌倉駅の東口を出て徒歩2、3分という絶好のロケーションでありながら、小町通りの路地裏であるが故にこの静けさ。一見この道は何もないような道に見えてしまうので、観光で訪れた人も見逃しがちです。そんな訳でこの細い路地は、主に地元の人々の通り道だったりします。

 

f:id:g-gourmedia:20150806093300j:plain

すぐ向こう側に見えるのが鎌倉のメインストリートであり、混雑しがちな小町通り。鎌倉の街はメインストリートから一本入った路地裏に、シブい名店がたくさんあるのです。

 

f:id:g-gourmedia:20150806093321j:plain


そして今回お薦めしたいスポットがこちらの「納言志るこ店」。まるで昔の小料理屋さんやお寿司屋さんを思わせるような引き戸ですが、実は鎌倉で60年以上続くという老舗の「甘味処」。開店は昭和28年だそうなので、半世紀以上もずっと鎌倉で愛されているお店です。

 

f:id:g-gourmedia:20150806093356j:plain

引き戸を開けて入った店内は、古き良き民芸調の雰囲気。最近こういった懐かしい民芸調のお店、減ってきましたよね。これはこれで、すごく落ち着けるので良いと思うのですが。こちらの使い込まれた机の様子を見るだけでも、年季が感じられてグッドです。

 

f:id:g-gourmedia:20150806092516j:plain

本来、「納言志るこ店」はおしるこの名店として知られていて、看板メニューは「田舎しるこ(つぶあん)」と「御膳しるこ(こしあん)」の2つ。しかし、夏場にお薦めしたい逸品はこちらの「クリームぜんざい」と「ミルク金時」。

 

f:id:g-gourmedia:20150806093518j:plain

真っ白でシャリシャリの氷にたっぷりの練乳。やはり日本の夏は昭和の雰囲気を感じながらかき氷で涼を取るのが一番!特に真夏日にコレを食べると、思わず「かき氷ってこんなに美味しいのか!」と言いたくなるくらい。

 

f:id:g-gourmedia:20150806093549j:plain

鎌倉散策の疲れと暑さを吹き飛ばしてくれるこの冷え冷え、シャリシャリ感。せっかく鎌倉でプチバカンスをするのなら、やはりのんびりゆっくりと、時間を楽しまないとですね。

 

f:id:g-gourmedia:20150806093638j:plain

せっかくおしるこの名店に来たのだから!と思った方はシンプルな「クリームぜんざい」もお薦め。粒の大きな小豆は甘さもしっかり。おしるこにこだわりを持つ店だからこそ、小豆の存在感もバッチリの逸品です。

 

f:id:g-gourmedia:20150806093658j:plain

クリームぜんざいにアイスクリームを絡めて食べる瞬間がまた幸せ。お年寄りから子供まで、この甘さのハーモニーが大好き!という方も多いのではないでしょうか。

 

f:id:g-gourmedia:20150806093734j:plain

今回は和スイーツの名店の「クリームぜんざい」と「ミルク金時」をご紹介しました!と言いたいところですが、せっかくだから「納言志るこ店」のスイーツをもっと知りたい!という方には、こんな逸品もお薦めですよ。

 

f:id:g-gourmedia:20150806093805j:plain

和スイーツの上級者向け?メニュー、「ところ天」です。こちらの「納言志るこ店」のところ天には、青のりとカラシもトッピングされています。

 

f:id:g-gourmedia:20150806094002j:plain

そしてところ天と一緒に出てきたのは「お醤油」と「お酢」の小瓶。お好みの味付けでどうぞという事で、お店のお母さんが出してくれますよ。

 

f:id:g-gourmedia:20150806094102j:plain

夏の暑さで身体がバテてしまった時、酸っぱいものを食べるといい!なんて事もいいますよね。お好みの酸っぱさに調整をして、カラシと一緒に一口。これがまた「酸っぱ美味しい!(酢のかけすぎと、歯に残る青のりに注意!)」。つい先ほどまでバテバテだった身体も、この酸っぱさでリフレッシュできますよ。

 

最後に鎌倉の夏の風物詩「ぼんぼり祭り」をご紹介

f:id:g-gourmedia:20150806094229j:plain

※上記写真は過去のぼんぼり祭りのものです

 

夏の夜の鎌倉鶴岡八幡宮で毎年行われているのが「ぼんぼり祭り」。著名人たちの書画がぼんぼりに仕立てられ、幻想的な灯りの雰囲気に包まれるこの祭りは、鎌倉の夏の風物詩。大切な人と、たまには浴衣に着替えて鎌倉でナイトドライブを。昼間とはまた違う雰囲気で、思いっきり古都の風情が味わえますよ。

 


2015年の鎌倉・ぼんぼり祭り

開催日時:2015年8月7日(金)~8月9日(月)
イベント詳細:http://www.enjoytokyo.jp/amuse/event/632527/

 

(取材・編集:ソーシャルグッドマーケティング)

                             
ページ上部へ戻る