タコの刺身が好きすぎるので最高に合うしょうゆを100本の中から探してみた

日本の食卓に欠かせない調味料、醤油(しょうゆ)。主な材料は大豆と食塩、小麦で、ここに麹を加えて仕込み、発酵、熟成させたら圧搾、火入れをすると醤油が完成します。火入れをしないものは生しょうゆと呼ばれています。大手メーカーから小さな蔵まで、各所で様々な醤油を作っており、すべて合わせると膨大な数に上ります。今回はタコの刺身に合うかどうか、という観点で、こいくち、うすくち、さいしこみ、さしみ、その他の変り種など約100種類を醤油を試してみました。いつもとは違う醤油を使ってみると、新たな美味しさに出会えるかもしれません。(鹿児島市のグルメ和食

タコの刺身が好きすぎるので最高に合うしょうゆを100本の中から探してみた

f:id:yoppymodel:20180725155327j:plain


突然ですが皆さまはタコの刺身、好きでしょうか。僕は好きです。

 

生でもボイルでも分け隔てなく好きなのですが、あの絶妙の味加減と弾力のある歯ごたえ。虜になるなと言うのが土台無理な話で、とにかく刺身といえばタコというところまで追いつめられているのです。タコの刺身、好きすぎる。

 

この思いを多くの人が共有してくれると思うのですが、ある日、とんでもないことに気が付いてしまったのです。

 

いつものように行きつけの居酒屋にてタコの刺身を味わっていた時のことでした。当たり前のように美味い刺身なのですが、なにかいつもと違う。こうなんというか、いつもと違う深いコクが立体構造のようになって口の中に広がったのです。これはどういうことだとマジマジと刺身を眺めたのですが、まあ、普段と変わらないタコです。むしろいつもより鮮度が悪いとすら感じました。それなのになぜここまで深い味わいが出るのだろうか。

 

しばらく考えたのですが、「しょうゆが違うのだろう」という結論に達したのです。そこで小皿に少ししょうゆを出して味わってみましたが、なるほど、いつものしょうゆとは違う。完全に味が違う。

 

大将に尋ねたところ、確かにいつもと違う「しょうゆ」にした、とのことでした。ちょっと微妙な常連度合いだったので「大将」と呼んでおいて勝手にドキドキしていたのですが、「誰お前?」と言われることなく普通に答えてもらいました。よかった。

 

しかしながら衝撃でした。完全なる貧乏舌で味音痴である僕は正直、しょうゆならなんでも同じだろうと思っていた部分があったのです。しかしながら、ここまで味が変わる、しょうゆによって別物になる、その事実にただただ震えました。

 

そしてなにより、しょうゆ自体を味わった時は、そこまで好きな味ではなかったのです。ただ、タコの刺身に絡めるとこれが途端に抜群のポテンシャルを発揮するという事実。これはもう、間違いなく「タコの刺身に合うしょうゆ」という概念があるに違いない。そう思ったのです。

 

そうなったらもう、タコの刺身に合うしょうゆを探すしかない、そう思いました。むしろ、しょうゆを気にせず食べていた今までの自分、アホだな、くらい考えるようになったのです。そこで色々と調べてみたりもしたのですがいまいち良く分からない、こうなったらもう、自分でありとあらゆる「しょうゆ」を買ってきて味わってみるしかない! そう思ったのです。

 

 

 

 

ということで、やってまいりました。

 

f:id:yoppymodel:20180725155406j:plain

 

ここは鹿児島霧島市にある「A-Z」という途方もないスーパーです。何が途方もないかというと、その広さ。おそらくAからZまでなんでも揃うぜ! という気概でつけられたであろう店名から分かる通り、めちゃくちゃ広いです。

 

f:id:yoppymodel:20180725155418j:plain

 

比喩抜きで向こう側が霞んで見えないレベルで広い。食料品だけでなく、日用品、くすり、化粧品、家電、カー用品、車そのものまで売っている。まさにAからZまでなんでも揃う品揃えだ。また、全体的にではなく一つの商品に限っても品揃えが半端ない。

 

f:id:yoppymodel:20180725155434j:plain

 

この画像に写る2つの棚、ここに置かれているものは全て「しょうゆ」だ。その手前と棚の向こう側にも同様にしょうゆが置かれている。とんでもない品揃えだ。めちゃくちゃだろ、これ。

 

さて、これだけしょうゆがあるとなると、ますますどれがタコの刺身に合うのか分からない。鹿児島という土地柄、南九州地方のしょうゆが多いようで、見たことのない商品が沢山ある。これだけあるとどれがどれだか分からない。ということで……。

f:id:yoppymodel:20180725155454j:plain

 

ほぼ全種類買ってきました

最初はあまりの種類の多さに驚愕しましたが、よくよく見るとサイズ違いの同じ商品がありました。そういうものを除外したら100本程度で収まりました。途中で何を買って何を買っていないか分からなくなったりもしたので漏れているものもあるかもしれませんが、たぶん網羅したと思います。これを全て試してタコに合うしょうゆを探してみたいと思います。

 

f:id:yoppymodel:20180725155514j:plain

 

なるべく新鮮でみずみずしいタコの刺身を準備し、実際に醤油をつけて食べ、評価します。

 

ちなみに、味の評価はあくまでも「僕個人がタコの刺身に合うと感じた」という点だけです。醤油の優劣を判定するものではありません。また、各項目の点数も優劣ではなく、度合いを示すものです。あと付け加えると僕は驚異的な味音痴です。皆さんが感じる感覚と大きく異なることがあります。ご了承ください。

 

No.1 特選丸大豆しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725155528j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩

色の濃さ 3 (やや赤みがかっている)
香り 3
容器 3

 

しょうゆとは習慣である。あらゆる味付けに利用される「しょうゆ」という存在は、年月の蓄積と共に舌を飼い慣らしていく。そういった意味では、「うまいしょうゆ」という存在よりも「慣れたしょうゆ」という存在の方が重要といえる。完全に個人的事情だが、おそらく我が家は幼い頃からこの「しょうゆ」を用いてきた。

 

また、定食屋などのテーブルに、この容器のまま置かれていることも多い。人生においてもっとも摂取したであろうこのしょうゆは、美味いというより安心する味だ。

 

落ち着いて、そういった習慣による補正を排除して味わってみる。まず、強い塩気を感じる。香りもしょうゆ独特のそれが強く前面に出てくる。いわゆる濃い味だ。こういった味付けは、ある種、淡白ともいえるタコの刺身によく合う。

 

ただし、かなりスタンダードな位置で調整された味なので、特段タコに合うというわけではない。これはあらゆる料理に合うように作られている味だ。最大公約数的な考え方が近いだろうか。そういった面で見るとタコの刺身という観点では一段評価が落ちるが、しょうゆとしては万能であり、かなり有能である。

 

塩味 4
甘さ 1
旨味 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.2 しぼりたて生しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725155542j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩/アルコール

色の濃さ 2
香り 2
容器 4

 

またもやキッコーマンさんのしょうゆ。こういった容器は「やわらか密封ボトル」としてシリーズ化されている。「こいくちしょうゆ」は酸化による風味の劣化が弱点である。その欠点を補うため、なるべく空気と触れないような容器設計になっている。容器自体は柔らかく、扱いやすい。

 

またラベルに表示されている「生」の表示。最近増えつつある「生しょうゆ」という分類だ。これは、従来、しょうゆの製造工程で行われる「火入れ(加熱処理)」という作業を行っていないものを指す。火入れを行っているしょうゆよりも色合いが鮮やかで風味もまろやかだと言われている。

 

「こいくちしょうゆ」ではあるが塩味の強さはあまり感じない。生しょうゆということで醤油本来の風味は損なわれていないが、全体的に上品な味わいに仕上げた印象がある。しょうゆとしては美味いし、繊細な味わいを必要とする料理の味付けに向いていると思う。

 

ただし、厚みのある刺身などの場合はやや物足りなくる印象だ。特にタコの刺身となるとその物足りなさは致命的である。しょうゆとしては合格点だが、タコの刺身に合う、という観点で見るとやや劣勢だ。

 

塩味 2
甘さ 1
旨味 3
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.3 塩分ひかえめ丸大豆生しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725155656j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩/アルコール

色の濃さ 2
香り 1
容器 4

 

こちらもキッコーマンさんの密封ボトル「生」シリーズ。昨今の健康志向ブームにより、塩分控えめの減塩しょうゆの人気が高いらしい。この商品も塩分を25%カットしたと誇らしげに表記されている。

 

そういえば全く関係ない話で、ちょっと差支えがあるので名前は出せないが、同僚のSという人物が、健康診断で「塩分を控えなさい」と医者からアドバイスというよりは恫喝に近い感じで言われたらしく、真っ先にしょうゆを減塩にしていた。

 

「減塩」という響きは、想像以上に脳みそへの刷り込みが大きい。かなり塩の味がしないんだろうなあ、味気ないんだろうなあ、物足りないんだろうなあ、という予想をもってしまいがちだ。しかし実際に食してみると意外にそんなことはなく、新鮮な驚きを提供してくれる。

 

減塩でありながら、本来の味を再現しようと味のバランスを工夫しているようだ。もちろん、やや塩味は弱く感じるが、決して物足りないというわけではない。そして、その分、しょうゆの風味がかなり強くなっている。この強い風味がタコの刺身によく合い、タコが持つ本来の旨味を手助けするかのような存在になっている。これこそが調味料の真骨頂である。

 

塩味 1
甘味 1
旨味 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.4 キッコーマンしょうゆ

f:id:yoppymodel:20180725155716j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、大豆(遺伝子組換えでない)、アルコール

色の濃さ 4
香り 5
容器 2

 

キッコーマンさんのしょうゆの中でも最も伝統的な商品らしい。スタンダードなものなのだろうか。もしかしたら、No.1の「特選丸大豆しょうゆ」と同じもので容器だけが違うものなのかと思ったが、原材料を見るとちょっと違っていた。こちらのしょうゆは脱脂加工大豆を用いている。

 

しょうゆの原料となる大豆には約2割の油分と、3割から4割のタンパク質が含まれている。この油分を除いた大豆が脱脂加工大豆だ。こちらを用いてしょうゆを作ると、油分由来のまろやかさと風味が失われる反面、深い旨味が与えられるらしい。油分を捨てていない大豆を「丸大豆」と呼び、明確に区別することもある。

 

そういえば、ちょっと不都合があるので名前を出すわけにはいかないが、同僚のS氏は、自身の脂肪がたまった腹をなんとかしたいとインターネットで検索をしていた所、ダイエットではなく脂肪吸引に行き着いたそうだ。今は真剣に脂肪吸引のやり方を調べている。現状は丸大豆状態で、そこから脂肪という油分を捨てると脱脂加工大豆である。油分と共に彼のまろやかな人柄が捨てられるのは少々忍びないなあと思った。

 

しょうゆ自体に目をやると、まず色がかなり濃い。かなりの黒さだ。そしてしょうゆ独特の香りが強い。たとえ一滴でも容器から出すと部屋中にしょうゆの香りが漂うほどだ。

 

ただし、見た目や香りからかなりの濃い味わいを想像していると肩透かしを食らうことになる。味は濃くない、やや薄い。あらゆる料理に合うように調整されている印象だ。

 

脱脂加工大豆によって旨味が引き出されているかと聞かれるとちょっと困ってしまって、正直、顕著な違いを感じるほどではない。これはスタンダードなしょうゆの宿命ともいえるが、味わい自体は万能で美味いしょうゆである。ただ、タコの刺身につけた場合、どうしてもしょうゆ本来の味が前面に出すぎてしまう。美味ではあるが、タコの刺身の味を引き出しているわけではない。その点で評価が落ちる。

 

塩味 2
甘味 1
旨味 2
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.5 旨み豊かな昆布しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725155731j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ(大豆・小麦を含む)、食塩、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、昆布(日高昆布70%、真昆布30%)/調味料(アミノ酸等)、アルコール、酸味料、甘味料(ステビア)、ビタミンB1

色の濃さ 2
香り 1
容器 4

 

なぜかパッケージにミッキーマウスとミニーマウスが鎮座しておられる。この商品は品名を見ても分かる通り「しょうゆ加工品」という位置づけであり、明らかに普通のしょうゆとは一線を画している。

 

原材料に「しょうゆ」と明記されていることから、しょうゆを原料に様々な味付けをした商品、と理解することができる。これは昆布の味わいを追加した「しょうゆのようなもの」ということだ。なぜミッキーマウスなのかは最後まで理解できなかった。

 

まず、ほとんど香りがしない。しょうゆ独特の香りは完全になりを潜めている。味わいもかなり薄く、口の中に放り込んだ瞬間に物足りなく感じた。しかしながら、しょうゆだけを味わってみるとしっかりとした味なのである。タコの刺身につけたときだけ、その主張が消え去り、すっと裏方に回るような感じがした。

 

これは、名前は出せないが同僚であるSさんに近い。彼は脂肪吸引をすると息巻いていて、吸引したらナンパに行くんだ、と言っていた。クセの強い人物であるが、ひとたび仕事の現場になるとすっとその存在感を消し去り、やや半透明になったかと思うほどに裏方に回る。そういえば、いつも弁当を食べているんだけど、弁当箱がミッキーだ。なぜミッキーなのかは分からない。

 

塩味 1
甘さ 1
旨味 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.6 国産原料仕込みしぼりたて生しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725155748j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆(北海道産)、小麦(北海道産)、食塩(赤穂産)/アルコール

色の濃さ 3
香り 1
容器 4

 

こちらもキッコーマンさんのシリーズだが、ほかのものと違い、原料が国産であることをやたら強調してくる。パッケージもどことなく高級感のある色使いで、ちょっとキッコーマンさん的にも力を入れているのかな? と思うほどだ。

 

皿に注いだ瞬間、表面張力が高いと感じた。すこし赤みがかった液滴が皿の上で弾ける。これは新鮮さの表れなのだろうか。

 

表面張力といえば、同僚のSさんであるが、彼と定食屋にいくことが多い。そこはお冷がセルフサービスなのだけど、Sさんはいつも僕の分まで持ってきてくれる。ただし、表面張力が最大限に発揮されたレベルでギリギリまで注いでくる。罰ゲームかと思うほどにギリギリまで注いでくる。

一度、なんでそこまでギリギリにするのか、8分目くらいでいいだろと言ったら、急に深刻な顔になって切々と生い立ちを語り始めた。そこには深刻な理由があったのだ。

 

しょうゆの味であるが、塩味がかなり強く自己主張してくる。塩味が強いと攻撃的で尖った味になりがちだが、このしょうゆは決してそうではない。柔らかく包み込むような塩味という珍しい味わいだ。そして、食べた後に口の中にその味が残らず、さっと消えてなくなる。しょうゆとしてかなり稀有で優秀だが、タコの刺身に合わせるという観点から見ると、やや物足りない。

 

塩味 4
甘さ 1
旨味 2
タコ刺身にオススメ ★★★ 

 

No.7 おさしみ再仕込み生しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725155823j:plain

品名 さいしこみしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩/アルコール

色の濃さ 4
香り 3
容器 4

 

ついに大本命の登場である。なにせ「さしみしょうゆ」という分類だ。刺身を食べることに特化して作られたしょうゆであるはずで、タコの刺身に合わないはずがない、と期待できる。ワクワクしてきた。

 

これまでの商品はほとんど「こいくちしょうゆ」という品名であったが、このしょうゆは「さいしこみしょうゆ」という品名である。これはそもそもの製法が違う。こいくちしょうゆは国内の消費量の80%以上を担っており、王道的な種類といえる。一方、さいしこみしょうゆは1%程度しか消費されていない少数派だ。手間のかかる製法を用いているぶん、値段も高い。その辺が原因だろうか。

 

かの有名な山口柳井市発祥で、こいくちしょうゆが麹を仕込むのに食塩を使うのに対し、さいしこみしょうゆは生揚げしょうゆを使う。しょうゆを使ってしょうゆを仕込むので、再仕込みと呼ばれる。普通のしょうゆより、香り、色、風味が強いとされている。

 

確かに、色合い、香り、ともにかなり強い。味の方も、さすが「さしみしょうゆ」を名乗ってるだけあって、タコの刺身によくマッチする。やや強めの塩味にレイヤーをかけたように甘味がくる。その後、波がやってくるように旨味がくる。美味い。さいしこみしょうゆってすごいんだな。はじめて意識して味わった。

 

塩味 3
甘味 3
旨味 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.8 味わいリッチ 減塩しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725155850j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(大豆(アメリカ、カナダ)(遺伝子組換えでない))、小麦、食塩、醸造酢、大豆(遺伝子組換えでない)、みりん/アルコール、酸味料、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 3
容器 4

 

またもや減塩しょうゆの登場だ。しかも今度は食塩分を40%オフしたとパッケージに書かれている。先ほどのやつが25%だったので、かなりのカットといえる。さらにパッケージには「味わいリッチ」と書かれている。減塩したけど味わいはリッチという強い主張がある。塩以外で味わいを出すためか、原材料に今までなかったみりんや酸味料が登場している。

 

味わってみると、減塩を謳うだけあって塩の味はほとんどしなかった。どちらかといえばまろやかな味わいだ。それでもグワッと強い旨みを感じるので、塩以外に投入したものが上手に働いているのだろう。塩でごまかされることなく上品な旨味でタコを楽しむことができる。ただ、本来はあまり主張しない味わいという特性を利用して味付けなどの用途に使うものなのかもしれない。

 

「あまり主張しない」といえば、同僚S氏の話に戻るが、なぜ彼がお冷を表面張力レベルで汲んでくるのかという話だ。幼い頃、彼は父親のことが怖かったそうだ。普段は温厚で上品、あまり主張しない、この「しょうゆ」のような父だったらしいが、ごく稀に、理解不能な事象に対して怒り狂うことがあったそうだ。

 

S氏はとにかくそれが恐怖だった。父が何らかの魔物に憑りつかれたと表現していた。その中で、最も理不尽であったのが、親子でうどん屋に行った際に、出されたお冷が、親父のやつだけちょっと少なかったことに対する怒りだったそうだ。みんな8分目くらいの量なのに、親父だけ6分目だった。たぶん店員さんも急いでいて入れ切らないうちに出してしまったのだろう。

 

S氏の親父は怒り狂った。この世を焼き尽くす活火山のごとく怒り狂い、店員に当たり散らした。それから、水が少ないと親父が悪魔に憑りつかれると思い、表面張力レベルまで入れる癖がついた、とのことである。いやはや、人に歴史ありとはこのことだ。

 

塩味 0
甘味 1
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.9 しぼりたてうすくち生しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725155928j:plain

品名 うすくちしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、みりん/アルコール

色の濃さ 0
香り 0
容器 4

 

めちゃくちゃ色が薄い。皿の模様が完全に透けてしまっている。また香りもほとんどしない。ここまで「こいくちしょうゆ」「さいしこみしょうゆ」と出てきたが、新たな分類「うすくちしょうゆ」が登場してきた。これは関西発祥の製法で、発酵・熟成の温度を低めにし、醸造時間を短くして色や香りを薄くしたものらしい。主に京料理など繊細さを要求される料理の味付けに用いられる。

 

「うすくちしょうゆ」という名称や、色の薄さ、香りのなさから、ひょっとしてものすごく味が薄いのではないかと予想していたが、味わってみて驚いた。かなり味が強い。むしろ塩の味はこいくちしょうゆ以上だ。さらに深い旨みも印象に残る。

 

本来はしょうゆの色や香りを付けたくない場面での味付けに使われたりするのだろうが、なかなかタコの刺身にあう。意外な味わいにかなり驚いてしまった。塩味はかなり強いか、もしくは全くないか、どちらかに振り切れるのがタコの刺身にあうポイントなのかもしれない。

 

塩味 4
甘味 1
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★★ 

 

No.10 超特選極旨しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725160000j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(大豆(アメリカ、カナダ)(遺伝子組換えでない))、小麦、食塩/アルコール

色の濃さ 3
香り 1
容器 4

 

容器のカラーリングが既に貫禄があり、高級路線の商品かな? とワクワクさせてくれる。そしてパッケージに踊る「特選」「極旨」の文字。キッコーマンさんがかなり力を入れている商品に違いない。

 

まず、塩の成分はほとんど感じられない。ほのかに香る程度だ。そこから深い旨味がやってくる。さすがに「極旨」と謳うだけあってかなり強く深い旨味だ。すぐにではなく、口に入れてタコを噛んだくらいのタイミングでブワっと風味が広がっていく。かなり美味い。

 

ただ、味わい的には煮物などの味付けが得意な感じだ。すごい優秀だけど刺身はやや苦手、といった印象を受ける。

 

塩味 1
甘味 1
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★ 

 

No.11 削りたて鰹節香るしょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725160015j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ(大豆・小麦を含む)、ぶどう糖果糖液糖、食塩、かつお節、砂糖、昆布エキス、酵母エキス/アルコール、調味料(アミノ酸等)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 1
容器 4

 

こちらも「しょうゆ」ではなく「しょうゆ加工品」という位置づけ。名前から分かるように、しょうゆに鰹節を加えることで旨味をプラスしている。

 

味わってみると分かるが、完全に鰹節の味しかしない。しょうゆというよりはだしに近い感じで、料理の味付けなどに使う用途なのだろうと思う。旨みは強いが鰹節の主張がかなりあるため、しょうゆとは違った味わいを楽しむことができる。一風変わったタコ刺身を味わいたい場合はありだが、王道とはいえない。

 

また、「しょうゆのようでしょうゆではない」といった味わいから、同僚Sさんの彼女のことを思い出す。同僚Sさんは、彼女ができた時に物凄く浮かれていた。すごくかわいい彼女で、34歳という年齢ながら20歳にしか見えないと豪語していた、おまけにとある女優に似ているらしい。

 

同僚の誰もがSさんのノロケに全く興味ないといった趣だったが、さすがにかわいそうなので僕が「女優の誰に似てるんすか」と嫌々ながら質問した。すると「土屋太鳳」に似ているといった。「つちやたお」と読むのだが、Sさんはなぜかどういう読み方をしたのか「つちやほうおう」と呼んでいた。鳳凰である。一瞬誰のことを言っているのか分からなかった。

 

土屋太鳳のようで土屋太鳳ではなく土屋鳳凰とのことである。まさにこの「しょうゆ」ではないか。

 

それから、僕らの中ではSさんの彼女は鳳凰ということになり、いつの間にか火の鳥と呼ばれることとなった。

 

塩味 1
甘味 1
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.12 超特選 味わい贅沢生しょうゆ(キッコーマン)

f:id:yoppymodel:20180725160054j:plain

品名 さいしこみしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩

色の濃さ 1
香り 1
容器 4

 

これまでの検討で、「さいしこみしょうゆ」はかなり手間のかかる製法であるが、できあがるしょうゆの旨味がとんでもないことになる、という知見を得ていた。その製法を用い、「贅沢」とまで銘打ったのが同商品である。

 

味わってみると、かなり深いコクに強い旨みがする。さすがといったところか。かといってその強い旨味の主張が強いわけでなく、あくまでも裏方に回っていく。タコの刺身によく合うと断言しても良いだろう。しょうゆ本体で味わうと強い味で自己主張があるが、刺身に合わせるとそうでもない。まさにこういうしょうゆを待っていたというところだ。

 

甘味はほとんどなく、口の中からタコが消えてもまだしょうゆは残っているんじゃないかと思うほどに強い旨味を残してくれる。かなり強い後味だ。

 

後味といえば、同僚Sさんの彼女である土屋鳳凰であるが、職場の連中で河川敷で草野球をしたときに、鳳凰が応援に来るという噂が立った。ついに鳳凰がやってくるとちょっとした騒ぎになったが、最終回の攻防が終わっても鳳凰は来なかった。

 

Sさん曰く、Sさんがピッチャーじゃなくライトを守っていたのが見えたのでそのまま帰ったらしい。我々一同が呆然とするしかないとんでもない後味を残して去った女、土屋鳳凰、ちょっと会ってみたい気持ちが高まってきたのを覚えている。

 

塩味 3
甘味 0
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★★

 

No.13 日高昆布醤油(はま寿司

f:id:yoppymodel:20180725160111j:plain

品名 しょうゆ加工品 
原材料 しょうゆ(小麦・大豆を含む)、昆布エキス、砂糖、食塩/アルコール、調味料(核酸等)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 1
容器 1 

 

回転ずしチェーン「はま寿司」で使われているしょうゆがそのまま販売されている。まず、パッケージが固い。力強く握って出そうとするとドプシャーと出てしまう。このあたりは改善を促したい。

 

かなり味が濃い。うまみ成分を強く感じられるように配合しているのではないか。お寿司屋さんで使われているだけあってタコの刺身にもよく合う。おそらく昆布エキスの味わいがかなりあり、それが味の主体をなしているのだろうと思う。

 

チェーン店で使われるという事情から、万人向けする味にセッティングされているのではないか、そう強く感じた。

 

Sさんの彼女である土屋鳳凰であるが、一度だけ職場に電話をかけてきたことがあった。たまたまその時に僕が出たのだが、しきりに「Sさんを出せ」と言っていた。Sさんは会議に行っていなかったので、「今、席を外してまして」と説明するのだけど、「嘘おっしゃい、匿ってるんでしょ」と言うばかりで大変な騒ぎだった。生まれて初めて「嘘おっしゃい」って言われた気がする。その時の鳳凰のセリフで印象的だったのが、「私は万人受けする柔らかな性格だけど、今回だけは怒り狂ったのよ。Sの行動に激怒した。憤怒である」であった。万人向けかあ? と思ったが、そんな彼女をここまで激怒させたS氏の行動がとても気になった。

 

塩味 1
甘味 2
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★

  

No.14 特製だし醤油(はま寿司

f:id:yoppymodel:20180725160129j:plain

品名 だししょうゆ
原材料 しょうゆ(小麦・大豆を含む)、果糖ぶどう糖液糖、みりん、かつお節エキス、昆布エキス、食塩、酵母エキス/アルコール、調味料(アミノ酸等)

色の濃さ 2
香り 1
容器 1 

 

こちらもはま寿司の商品である。回転ずし店では好みに合わせて何種類かの中からしょうゆを選べるようになっていることが多い。その一環で、こちらはだし風味を強めたものになるようだ。何度も言うが、容器が固い。ドピュッシーと出てしまうので、その辺のところは猛省を促したい。

 

味わいの方は、寿司には合いそうだが、刺身ともなると少し自己主張が強いかなという感じである。もちろん、こういった「だし風味」で味をごまかす手法を邪道と取る人もいるかもしれないが、単純に言って美味ければいいのである。

 

かつおと昆布でかなり旨みがあり、ほのかに甘さも感じる。白身魚の寿司に合うのではないかと思うが、タコの刺身となると少し疑問符だ。決め手が足りないといったら最もしっくりくるかもしれない。ただし、味わいの強い他の魚なら合うと思う。

 

塩味 2
甘味 1
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.15 愛する人へ。あまくておいしい醤油(フンドーキン)

f:id:yoppymodel:20180725160144j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ(小麦を含む)、たんぱく加水分解物、砂糖、食塩、みりん、かつおエキス/調味料(アミノ酸等)、アルコール、甘味料(ステビア、甘草)

色の濃さ 3
香り 1
容器 3

 

どういう経緯を辿ったらこのような商品名になるのか個人的に興味のあるフンドーキンさんの商品。なぜ「愛する人へ」などとつけてしまったのか。位置づけとしてはしょうゆ加工品である。

 

色合いはしょうゆ本来のものというよりはその他の成分によるものといった感じ。しょうゆ加工品だけあって様々な成分が入っている。特に甘味料によって甘味をつけているところがポイントである。

 

味わってみると、めちゃくちゃ甘い。甘さの中から旨みが出てくるようなイメージだ。本来持っている「しょうゆ」というイメージを覆す甘さだ。甘い味を好む人には美味いと思うが、タコの刺身に合うかといえば否定的にならざるを得ない。

 

さて、こういった甘いしょうゆ、実は九州地方、それも南に行けば行くほど主流となる。鹿児島地方などではかなり甘いしょうゆがあるようだ。ではなぜ、九州は甘いしょうゆが多いのか、調べてみると、諸説あるようだがその中の一つの説に、砂糖が高級品だったからというものがあるようだ。

 

鎖国していた時代、砂糖は長崎でしか手に入らないものだった。奄美大島を掌握した薩摩藩がサトウキビの栽培を奨励し、莫大な利益を上げ始めるころに、「高級な料理ほど砂糖を使う」という風習ができたようだ。貴重なものだが薩摩藩では入手がしやすかったのだろう。

 

大切な人へ出す料理にはかならず砂糖が使われ、しょうゆにも使われるようになった。それが甘いしょうゆの始まりとされる説だ。だから薩摩藩に近づくほどしょうゆが甘くなり、大切な人へと振舞われるようになったのだ。

 

それを知って商品名を見ると納得である。大切な愛する人に出すしょうゆは甘いのだ。

 

塩味 1
甘味 5
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★ 

 

No.16 さしみあまくち(フンドーキン)

f:id:yoppymodel:20180725160214j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組み換えでない)、小麦、食塩、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(サッカリンNa、甘草、ステビア)、増粘剤(キサンタン)、保存料(パラオキシ安息香酸)

色の濃さ 5
香り 2
容器 2

 

こちらもフンドーキンさんのしょうゆ。どこかレトロさを感じるパッケージが特徴的だ。「あまくち」とあることから、またもや九州特有の甘いしょうゆであると思われる。さらに、さしみしょうゆという位置づけだ。これは期待できる。

 

色合いを見てみると、かなり濃い黒色をしている。ここまでで最も黒いしょうゆかもしれない。成分にカラメル色素とあるので意図的に色を付けているのではないか。さらに増粘剤という粘っこくする成分が投入されていることから、刺身に良く絡むように粘っこくし、見た目にも映えるように黒い色合いにしていると考えることができる。

 

味の方は、かなりの甘さである。複数種類の甘味料を入れているのでかなりの確信をもって甘い味付けにしているのだと思う。旨みやコクなどよりも強烈な甘さが口の中に広がる。甘さを重視する志向の人にはかなり良いと思うが、僕にとってはタコの刺身に合うとは思えなかった。これは完全に個人の好みの問題である。

 

S氏の恋人である土屋鳳凰であるが、怒りの電話を職場にかけてきてからそのなりを潜めていたが、一カ月くらいしてまた電話をかけてきた。鳳凰の復活である。鳳凰は何度でも蘇る。

 

「佐藤を出しなさいよ! 携帯にかけても無視するのよ!」

 

と開口一番怒りのセリフであった。名前を出すわけにはいかないが、S氏はその時はデスクにいたので転送した。鳳凰と会話するS氏の様子を見ていると、キャンプに行く行かないで揉めているようだった。話を整理すると、テントとか持ち込んで山の中でガチめのキャンプをしたい鳳凰と、キャンプ場のコテージなどであまり準備する必要のないキャンプをしたいS氏との間で言い争いのようになっていた。これも完全に個人の好みの問題である。僕もコテージでの軽めのキャンプを好むと思う。

 

「だいたい、君は一切準備をしないじゃないか! それなのにテントでキャンプは嫌だよ」

 

と電話に向かって怒鳴るS氏を見て、ごもっとも、と思ったが職場でやる言い争いではない。帰ってから家でやれ。

 

塩味 0
甘味 5
旨味 1
タコ刺身にオススメ ★ 

 

No.17 減塩しょうゆ(甘口)(キンコー醤油)

f:id:yoppymodel:20180725160237j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 小麦、脱脂加工大豆、希少糖含有シロップ(レアシュガースウィート)、食塩、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 1
容器 3

 

鹿児島鹿児島市に本社を置くキンコー醤油さんのしょうゆ。甘口であり、減塩であるところが特徴だ。これまでの傾向として減塩はタコの刺身に合う、でも甘いものは合わない。そのどちらも満たすこのしょうゆにおいて、どちらの要素が勝るか興味深いところである。

 

このしょうゆのもう一つの特徴としてレアシュガースウィート(希少糖:自然界に存在量が少ない単糖)を使って甘味を出している点がある。これもこれまでの甘味料による味とどう違うのか興味深い。

 

甘口とあるのに、そこまで甘くない。減塩とあるのにそこまで塩味が弱いわけではない。どちらもほのかに控えられていて自己主張が小さく、そこそこタコの刺身に合う。端的に言うと、思ったより塩味が強い。甘さが控えめなのはレアシュガーによるものなのかもしれない。総じてこういった塩に寄った味わいはタコの刺身に合う。

 

甘味 2
塩 2
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.18 こいくちしょうゆ むらさき あまくち(ヒシク)

f:id:yoppymodel:20180725160251j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、酒精、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(サッカリンNa、ステビア、カンゾウ)、ビタミンB1

色の濃さ 2
香り 2
容器 3

 

創業明治三年、鹿児島で醤油を作り続ける藤安醸造株式会社(ヒシク)さんの商品だ。パッケージから見るに、こちらも南九州特有の甘口しょうゆのようだ。

 

味わってみると、かなり濃厚な甘味がある。相当に甘い。ただ、あまりしつこい感じではなく、甘ったるさとは無縁だ。こういう甘さはそこまでタコの刺身に合わないわけではない。さっと甘味が消えた後に素材の味がくる感じだろうか。基本的に甘口のものは旨みを感じにくいが、このしょうゆはほのかに旨味が広がりクセになる味わいがある。さすが老舗の味といったところか。

 

さて、S氏の恋人である鳳凰であるが、あまりの暴れっぷりに職場内でも有名になってしまい、見てみたい、会ってみたいという機運が高まってきた。そこで「以前は草野球の応援に来ることになっていたんだけど、佐藤さんがピッチャーじゃないからって怒って来なかったんだ」と説明すると、じゃあSさんをピッチャーにすればいい、ということになった。

 

相手は古くから草野球活動を続ける老舗のチームであった。そこで登板したSさんは、1球もストライクが入らないという伝説を打ち立て、27点取られた。さすが老舗の味である。普通は6点取ったくらいから慈悲の心からほのかに手を抜くはずだが、一切容赦ないチームだった。鳳凰は来なかった。ネイルの予約を入れていたことを思い出したらしい。

 

塩味 0
甘味 4
旨味 1
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.19 ヒガシマルしょうゆ うすくち

f:id:yoppymodel:20180725160306j:plain

品名 うすくちしょうゆ(本醸造)
原材料 食塩、小麦、脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、大豆(遺伝子組換えでない)、ぶどう糖、小麦たんぱく、米、アルコール

色の濃さ 1
香り 1
容器 2

 

うすくちしょうゆ発祥の地、兵庫県たつの市の名産である。前にも出てきたが「うすくち」だからと言って味が薄いことはない。むしろ、他のしょうゆに比べて濃いくらいだ。色合いや香りだけが薄いものと心得るべきである。

 

塩の風味がかなり強い。それもクセになるタイプのやつだ。お酒のつまみとして食べる物の味付けにかなり良さそうで、やめられないとまらない感じだ。もちろん、タコの刺身にも合う。これならばいくらでもいけちゃう、みたいな状態になりやすい。爽やかな塩味だ。こいつはいいぞ。

 

塩味 5
甘味 0
旨味 3
タコ刺身にオススメ ★★★★ 

 

No.20 うすくち つき(ヤマエ食品工業)

f:id:yoppymodel:20180725160321j:plain

品名 うすくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、果糖ぶどう糖液糖、脱脂加工大豆、小麦、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(カンゾウ、ステビア)、ビタミンB1 

色の濃さ 1
香り 1
容器 3

 

こちらも「うすくちしょうゆ」であるが、発祥の地である関西ではなく、宮崎県で作られている。外観からいってしょうゆとは思えないほどに薄さを演出している。なんらかのダシかと思うほどだ。

 

味の方は、やや強い塩味に、独特の旨みがある。特にこの旨味が特徴的で、塩味と絡み合って味の立体感が演出されている。かなり個性的な味わいだ。タコの刺身によくマッチする味わいであるが、やや個性のある味なので人によって好みが分かれる可能性があり、そこが少し心配なところだ。

 

Sさんも鳳凰も大人しくなった時期があったので、ちょっとミーティングの時にSさんに最近どうですか、と興味本位で聞いてみたところ、彼は少し疲れた表情をしていた。そして、溜息と同時に吐き捨てるように言った。

 

「もしかして彼女って個性的なのかな」

 

今頃気付いたのかという思いである。とにかく、S氏は疲れていた。

 

塩味 5
甘味 0
旨み 4
タコ刺身にオススメ★★★ 

 

No.21 あまくちさしみ(早川

f:id:yoppymodel:20180725160337j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 脱脂加工大豆、小麦、食塩、アミノ酸液、糖類(果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖)、カラメル色素、甘味料(サッカリンNa、甘草、ステビア)、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、保存料(パラオキシ安息香酸)

色の濃さ 4
香り 1
容器 2

 

宮崎県都城市の老舗である早川醤油のあまくちさしみしょうゆである。色素によって色の濃さを出し、粘性をあげることでよく刺身に絡むようにした典型的な「さしみしょうゆ」である。

 

「あまくち」ということでかなり甘味を感じるが、それだけではなく、後から塩の味が追いかけてくる。むしろその塩味が甘味を打ち消してくるので、徐々に味が変化していくグラデーション的な味わいがある。

 

これはとても面白い味わいで、タコの刺身にマッチする。タコの刺身、足の先の方か根元の方かによって、微妙に歯ごたえと味わいが異なる。そういった味の立体性にしょうゆのグラデーションが加わり、食べるごとに異なった味わいを演出してくる。さすが老舗と唸るしかない深い味わいだ。

 

さて、Sさんの話であるが、深いため息に心配になった僕は、少し突っ込んで話を聞いた。すると、けっこう深刻な悩みであることがわかった。

 

「もしかしたら浮気をしているかもしれない。それもウチの同僚と」

 

衝撃的な発言だった。あの土屋鳳凰が浮気である。いや、僕自身も鳳凰に会ったことはないので「あの」という権利はないが、何度か怒りの電話を受け取った身としては、やはり衝撃だった。

 

あまりに怪しい行動の多い鳳凰に、S氏は詰め寄った。普通なら、誤魔化したり言い訳したり、別れ話を始めたりするのかもしれないが、鳳凰は違った。あっさりと浮気を認めたという。そのうえで、私にとって浮気は重要な恋のエッセンスであると言い切った。彼女にとってS氏への愛と浮気の背徳感はグラデーションなのである。その時に応じて変わる色合いを彼女はなによりも楽しんでいるようだった。

 

S氏に不満があるわけでも、別れたいわけでもない、浮気とは彼女の中で必須のエッセンスなのだ。恋に立体感を出すためのものなのだ。

 

「なるほどなあ」

 

僕が唸ると、S氏はうなだれた。

 

「やはりおれがおかしいのか」

 

浮気を受け入れられない自分こそが、心が狭く、器の小さい男だと思い始めたようだ。けっこう危ない状態である。

 

甘味 4
塩味 4
旨み 1
タコ刺身にオススメ ★★★ 

 

No.22 さしみ醤油(ヤマキュー醤油)

f:id:yoppymodel:20180725164813j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、ぶどう糖果糖液糖、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(甘草、ステビア、サッカリンNa)、増粘剤(キサンタンガム)、ビタミンB1、保存料(パラオキシ安息香酸)

色の濃さ 5
香り 2
容器 2

 

鹿児島鹿屋市のしょうゆ。こちらも「さしみしょうゆ」ということで色を濃くし、粘性も高く作ってある。しかしながら、香りは強くないので刺身の風味を邪魔しない。

 

やや強い甘味がある。粘性が他の「さしみしょうゆ」より高いので、タコの刺身にかなり絡む。タコの刺身の持つなめらかな口触りを手助けする効果もあり、つるっと口の中で踊る。

 

甘味のあるしょうゆはあまりタコの刺身に合わない傾向があったが、これはしつこい甘味ではないので、甘味と同時に旨味が感じられ、調和のとれた味わいがする。刺身のことだけを考えて作ったような、老舗の意地を感じる。

 

件のS氏であるが、鳳凰の浮気によって自暴自棄になっているところがあった。このままでは色々と危険が危ないと思ったので、何か夢中になれることを提案し、精神の安寧を図るべきだと思った。そこで僕は提案した。

 

「鳳凰自身が浮気を正当化しているのは置いといて、浮気相手は問題じゃないか? しかもこの職場にいるんだろう?」

 

S氏と鳳凰の関係を知っていて浮気をする同僚がいるのならば、それは問題である。

 

「とにかく浮気相手を見つけるべきではないか」

 

僕がそう提案すると、S氏は少しだけやる気を出してくれた。今は目の前に目標を作ることが大切なのである。

 

「やってやるぜ、地獄を見せてやる」

 

彼の持つ意地のようなものが垣間見えた。意地とは時に人間を美しく昇華させる。

 

塩味 1
甘味 4
旨味 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.23 さしみ醤油(マルチョウ醤油)

f:id:yoppymodel:20180725160434j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、糖類(砂糖、水あめ)、小麦、食塩、みりん風調味料/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草、ステビア、サッカリンNa)、ビタミンB1

色の濃さ 5
香り 1
容器 3

 

「さしみしょうゆ」ということで、これまでどおり色は濃いが、そこまで粘性はない。少しさらさらしている珍しい「さしみしょうゆ」だ。

 

爽やかな甘味がある。その甘みとほのかな塩味が混ざり合って深い味わいを演出している。なんというか、凛々しい味わいがある。この味を表現するのにどういった言葉を使えばいいか迷ったけど、行きついた表現が「楚々」であった。良い味わいである。しかしながら、あまりに爽やかな風味なので、ともすれば単調な味になってしまい、飽きやすいという側面もある。

 

鳳凰はS氏に飽きたのだろうか。そうではない。彼女は「浮気はグラデーションである」と言った。浮気行為を肯定するつもりはないが、僕は彼女の主張が何となく理解できる。結局、彼女は誰よりも真剣に生きているのである。

 

人間の寿命は長い。虫よりも、魚よりも犬や猫や猿よりも長生きだ。その一生の間に生きている喜びを見つけることが幸福なのである。彼女は自分自身の幸福を見つけ、従った。浮気は良くないことだけど、彼女は忠実に従った。それだけだ。

 

ということは、浮気相手はS氏と同じ系統の人間であるとは思えない。むしろ正反対の人間ではないだろうか。それこそが彼女の言う「グラデーション」なのである。

 

「Tじゃないだろうか」

 

S氏はそう言った。名前を出すわけにはいかないが、確かにT氏はS氏とは正反対の性格だ。バーベキューとかしなさそうなS氏に、しそうなT氏、フェイスブックをしないS氏に、最高の仲間の写真をアップロードしそうなT氏、これだけで正反対の人間だと分かってもらえると思う。S氏は心当たりがあるようなことも言っていた。いよいよキナ臭い感じがしてきた。

 

塩味 3
甘味 3
旨み 1
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.24 しょうゆ おさしみ用こいくち(マルイしょうゆ)

f:id:yoppymodel:20180725160450j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖・ぶどう糖)、みりん風調味料、アルコール、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 3
容器 2

 

こちらも鹿児島鹿屋市のしょうゆのようだ。「さしみしょうゆ」ということで、色を濃くし粘り気をつけてある。スタンダードなものだ。

 

甘味が強く、その粘り気で刺身を包み込むような感覚がくる。刺身と口の皮膚の間にもう一枚薄い膜ができたような感覚がある。その膜が溶け消えると、ふわっと旨みがくる、これがとても口当たりがよい。

 

「甘いしょうゆ」というものに馴染みがなく面食らっていたが、徐々に慣れてきて「あり」と思えるようになってきた。つくづく、しょうゆとは習慣なのである。

 

塩味 2
甘味 5
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★ 

 

No.25 かんろ(あまくちさしみ)(キンコー醤油)

f:id:yoppymodel:20180725160639j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、脱脂加工大豆、小麦、食塩、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、カンゾウ)、カラメル色素、ビタミンB1

色の濃さ 5
香り 1
容器 2

 

またもキンコー醤油さんのものである。かんろという商品名で、かなり甘さを前面に出したものになっている。ホームページによると「キンコー醤油の製品で最も甘いしょうゆ」とのことだ。かなり甘いのだろうと覚悟が必要だ。

 

しかしながら、そこまで強烈な甘味を感じるわけではない。同時に塩味も抑えられているので、旨味だけで戦っているような印象すら受ける。控えめでありながら、決して物足りないわけではなく、素材の旨みを活かすことを目的に作られたような味だ。なかなかタコの刺身にあう。

 

さて、鳳凰の浮気相手と予想されるT氏であるが、僕が入手した噂によると、なかなか暴力的な人間であるようだ。人を殴るということはないが、武勇伝的に高校生時代の暴力話をするような人間らしい。ハッキリ言って腕力ではS氏に勝ち目はないだろう。

 

おまけに、T氏は愉快な濃いメンツを集めてバーベキューを毎週のように行っている。その濃いメンツが本当に濃い。ここまでのしょうゆは味や甘さが濃いとパッケージで匂わせておいて実際にはそうではない、というパターンが多かったが、彼らは濃い。フェイスブックで先週のバーベキューの様子をチェックすると、とんでもなく喧嘩が強そうだ。彼らに取り囲まれたらS氏などひとたまりもないだろう。なぜか全然関係ないのに僕まで濃いメンツに囲まれる想像をしてしまい、勝手に震えてしまった。

 

塩味 2
甘味 2
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★

  

No.26 さしみしょうゆ 太陽(添田醸造)

f:id:yoppymodel:20180725160652j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、砂糖、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草、ステビア、サッカリンNa)、保存料(パラオキシ安息香酸)、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 2
容器 3

 

鹿児島枕崎市のしょうゆとのこと。枕崎鹿児島本土の中でもかなり南に位置している。かなりレトロなパッケージに「太陽」というネーミング、存在感がある。

 

味の方は甘味と旨みのハーモニーといったところだろうか。決してしつこくなく、さっと脇に引っ込む裏方的な味わいがあり、タコの刺身にとても合う。味からは太陽の要素はあまり感じられなかったが、良いしょうゆだった。

 

「彼女は僕の太陽なんだ」

 

S氏はそう言った。なんとしてもT氏から鳳凰を取り戻したいという決意めいた言葉を発していた。ただ、そもそも本当に件のT氏が鳳凰の浮気相手なのか謎である。まずはそこの確認をしないとおおごとになりかねない。S氏が行くと色々と問題があるだろうということで、僕がT氏のもとへと確認にいくことになった。怖い。行きたくない。なんでこんなことに。太陽がくすんで輝いているように見えた。

 

塩味 1
甘味 4
旨味 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.27 愛する人へ。あまくておいしいさしみ醤油(フンドーキン)

f:id:yoppymodel:20180725160704j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組み換えでない)、小麦、食塩、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖/調味料(アミノ酸等)、アルコール、カラメル色素、甘味料(甘草、ステビア)、増粘剤(キサンタン)

色の濃さ 3
香り 3
容器 4

 

またまたフンドーキンさんの「愛する人へ」シリーズである。大切な人へ贈る甘いしょうゆだ。これまで「さしみしょうゆ」は色が濃い傾向にあったが、これはやや薄い色に見える。

 

「あまくて」と謳っているので確かに甘い味だが、全体的に薄い味付けにしていると感じる。これもまた粘性をもたせて素材に絡ませ、本来の味を引き出そうとするタイプのさしみじょうゆだ。こういった薄い味付けを含めて「愛する人へ」の気遣いなのかもしれない。

 

さて、もう一人、愛する人のために戦おうとする男がいる。S氏である。そして、愛してすらいなくてほぼ関係ないのに戦わなければならない男がいる。僕である。バイオレンス要素の高いT氏のもとに赴いて本当に鳳凰と浮気しているのか聞きにいかなければならなくなった。

 

T氏のいる部署に赴く最中、色々と考えた。「浮気しているの?」「はい、してます」そう認める人間はあまり多くないと思う。「浮気しているの?」「してねーし」これが普通の反応である。ということは今、勇気を振り絞っているこの行動は全く無意味なのでは? そのような疑問が生じる。それでも「愛する人」のために戦うこともあるだろう。でも、僕は全然関係ないのだ。

 

塩味 2
甘味 3
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.28 おちょぼ口 あまくち正油(正田醤油)

f:id:yoppymodel:20180725160718j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ、砂糖、水あめ、たん白加水分解物、みりん、食塩/アルコール、増粘剤(キサンタン)(原料の一部に小麦・大豆を含む)

色の濃さ 2
香り 1
容器 4

 

しょうゆ加工品ということで、正当なしょうゆではない位置づけの商品だ。パッケージにも、お子様メニューや魚介、フライ、からあげに相性よし、とある。いわゆる味が濃く油っぽいものにつけて食べてね、という商品のようだ。

 

容器が変わっていて、先っぽが大砲みたいになっている。

 

f:id:yoppymodel:20180725160731j:plain

 

これがまあ、ちょっとずつしか出ない。おそらくフライなどに直接かける形を想定していて、ドバーっとならないようにしているようだ。

 

味の方は、一口入れた瞬間に、あ、これはフライに合うわという印象。つまり脂っこいものに合う薄めの味付けがなされている。あまり強い味ではない。しょうゆ本来の味からもやや外れ、ソースに近い。もちろん、タコの刺身はフライではないので合わない。

 

それはまるで大砲のようであった。何がかというと、T氏の腕の太さがである。腕力を必要とする部署で働くT氏は、持ち前の腕力(かいなぢから)を誇示するかのように、シャツを日向小次郎みたいにしていた。

 

周りにも同様に海賊団に所属しているような感じの取り巻きがおり、とてもじゃないが話を切り出せる雰囲気ではなかった。

 

「なに? 何か用?」

 

T氏は薄ら笑いを浮かべながら言った。あまりの恐怖に浮気のことを切りだせなかった僕は、なぜか

 

「草野球の試合をしませんか」

 

と練習試合の申し込みをしていた。日時は次の土曜日(河川敷のグラウンドが取れれば)ということになり、こうしてS氏が所属する我が部署と、T氏が所属する部署との試合が決まったのだ。浮気? そんなのどうでもいいよ。俺、関係ないし。怖いし。

 

塩味 1
甘味 1
旨味 2
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.29 まろやか丸大豆しょうゆ(ヤマエ)

f:id:yoppymodel:20180725160758j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆、小麦、食塩、果糖ぶどう糖液糖/アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 2
容器 3

 

これはこのしょうゆに限ったことではないが、基本的にしょうゆのラベルは情報過多である。いろいろと書いてありすぎる。例えばこのヤマエ醤油さんの商品にしても、これだけ書いてある。

 

f:id:yoppymodel:20180725160811j:plain

 

九州の味」「ヤマエ」「だんらん」「笑顔が並ぶいつもの食卓」「まろやか」「丸大豆しょうゆ」「九州本醸造」、そしてアレルゲン表示である。多くのしょうゆで「果たしてどれが商品名なのだろう」と首を傾げることが多い。

 

さて、そのような多すぎる情報の中に「まろやか」とあったが、味の方はそこまでまろやかではなく、かなり尖った塩味を感じた。かなりソリッドな味わいと言えるだろう。ただ、それがタコの刺身によく合う。これもやめられないとまらないという病みつきの味を演出するのに一役かっている。

 

問題の野球勝負の話に戻ろう。S氏に「野球で勝負することになった」と伝えたところ、彼は大きく勘違いした。やはりT氏は鳳凰と浮気しており、しかも本気で、彼女を賭けて野球で勝負することになったと勘違いしたのだ。実際には怖くて切り出せなかったので、練習試合の申し込みをしただけである。でも情けなくてそんなこと言えなかった。

 

なぜかS氏は盛り上がっており、「彼女は野球が好き」「ヤクルトファン」「甲子園出場経験のあるお父さん」「歴代の彼氏も野球経験者」「グローブの油みたいなやつの匂いが好き」という心の底からどうでもいい鳳凰情報を教えてくれた。情報過多である。

 

いよいよ負けられない戦いがやってくる。河川敷グラウンドも借りられた。決戦は土曜日、鳳凰を賭けた戦いが始まる!!!!(実際にはただの練習試合)

 

塩味 5
甘味 0
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.30 牡蠣だし醤油(ヒガシマル)

f:id:yoppymodel:20180725160929j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ(本醸造)、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、食塩、醸造酢、魚醤(魚介類)、かきエキス、かつおエキス、こんぶエキス、さばエキス、しいたけエキス、海苔たん白加水分解物、かつおぶし、かつお削りぶし、アルコール、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に小麦・大豆を含む)

色の濃さ 1
香り 0
容器 2

 

原材料表示を見ればわかるように、ものすごく色々なものが入っている。完全にしょうゆというよりは「しょうゆを使った何か」である。パッケージからも分かるように、特に牡蠣エキスに重点を置いているようだ。

 

味わってみると、とにかく旨みがすごい。本当にすごい。これはしょうゆではない。ダシとかそういう類のものだ。これだけで成立してしまう味なのでタコの刺身には合わない。完全に味付け用途や、卵ご飯などに合う感じがする。とにかく味わいが深く立体的で、うまい。だけどタコの刺身にはダメ。別なものになってしまう。

 

さて、いつの間にかただの練習試合が別の何かに変わり、女を賭けた戦いに変わった草野球の練習試合であるが、当日、むちゃくちゃ雨が降ったので中止になった。

 

塩味 2
甘味 2
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.31 土佐しょうゆ(正田醤油)

f:id:yoppymodel:20180725160943j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ、還元水あめ、食塩、かつおぶしだし、カツオブシエキス、みりん、砂糖混合異性化液糖、アルコール、調味料(アミノ酸等)、酸味料、くん液、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

色の濃さ 2
香り 1
容器 3

 

土佐のカツオの味わいをしょうゆにもたらしたしょうゆ加工品。かつおぶしだしとかつおぶしエキスで濃厚なかつおぶしの味わいをもたらしている。

 

味わってみると、これは完全にカツオの味だ。当たり前だけどカツオの味しかしない。醤油というよりはカツオのエキスという味わい。タコはタコであって決してカツオではない。こういった別々なものが混ざり合うことはないと予想したが、不思議とタコの刺身に合った。

 

これまで食べたどのタコにも当てはまらない味わいが演出されるので、決して王道ではないが、ちょっと気分を変えたいな、という時はアリである。定期的に味わいたい気持ちにさせてくれる。

 

さて、こちらは決して混ざり合わないS氏とT氏の問題である。野球の中止により、その浮気問題はうやむやのうちに終わってしまった。これは僕が悪いのだけど、T氏はそもそもただの練習試合と思っていたし、S氏は彼女を賭けた戦いだと思っていた。それが中止になったことで、T氏は練習試合がなくなった程度の認識だが、S氏は死に場所を失ったくらいの思いである。

 

生気を失ったS氏は見るに堪えないものがあった。ただ、浮気相手がT氏である、という予想は僕らの推論に過ぎない。S氏はT氏だと信じて疑っていないが、実際にはそうではないかもしれない。ただT氏に確かめるのは怖いので、ここは鳳凰のほうにT氏であるのか確認するべきではないだろうか。浮気の事実を認めている鳳凰である。ならば相手がT氏ならばアッサリ認めそうな気がする。

 

「間違っていたら大変だから、本当にT氏なのか彼女に確認すべきでは」

 

そう提案し、なんとかS氏を落ち着かせた。

 

塩味 3
甘味 0
旨味 4
タコの刺身にオススメ ★★★ 

 

No.32 心からあまくち(キンコー醤油)

f:id:yoppymodel:20180725160958j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、果糖ぶどう糖液糖、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、カンゾウ)、カラメル色素、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 1
容器 2

 

「心から」という異色のネーミング。どうにもこうにも、ローカル的なしょうゆはエモーショナルな部分に訴えかけてくるネーミングがごく稀にある。パッケージも少し変わっている。しょうゆ自体は「こいくちしょうゆ」という位置づけなので、色を濃くしてある。

 

「あまくち」とあるがそこまで甘くない。やはり地域的に甘いしょうゆが主流だが、このしょうゆはむしろ塩味と旨みが強い。こういった傾向にある味はタコの刺身によく合う。甘さを控えたあまくち、これはよい傾向なのである。

 

さて、しょうゆは良い傾向にあるが、悪い傾向にあるのがS氏の問題である。本当にT氏が浮気相手であるか問い詰める道を選択したが、問い詰められないでいた。悪い傾向だ。勇気を出してそれっぽい会話に持っていこうとするが、上手にはぐらかされてしまうらしい。

 

「聞けた?」

 

「今日もダメだった」

 

そんなやり取りが数日続いた。ちょうどその時、T氏の方から「延期になった練習試合をいつするのか?」という問い合わせがあった。今はそれどころではない。黙ってろ。だいたいお前が強面っぽい見た目をしてるから話がややこしくなるんだ。

 

甘味 2
塩味 4
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.33 黒糖しょうゆ 伝承 甘口さしみ(かねよ)

f:id:yoppymodel:20180725161012j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(果糖ぶどう糖液糖、黒糖、加工黒糖、中双糖)、米発酵調味料、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、サッカリンNa、甘草)、増粘剤(キサンタンガム)、ビタミンB1、乳糖

色の濃さ 6
香り 1
容器 3

 

鹿児島のしょうゆである。5段階評価であるはずなのに、あまりの漆黒ぶりに「色の濃さ 6」をつけてしまった。それほどに黒い。もはや闇である。どうやってこの黒さを出しているのか原材料を見てみると、甘さをだすのに黒糖を使っているらしい。色素も使っているが、それ以上に黒いのはこれが原因ではなかろうか。

 

黒糖を使っているからか、甘味がこれまでのしょうゆとは違う。コクのある甘味だ。ただ、それはねっとりと絡みつくような感じではなく、スッと通り過ぎるような甘味と表現するべきだろうか。ただ、何度も言っているが、この種の甘さはあまりタコの刺身に合わない。しょうゆ自体は甘さが上品でおいしい。

 

甘すぎるのではないか。

 

そう言ったのはしょうゆに対してではなく、S氏に対してである。そもそも浮気をしたのは鳳凰である。その鳳凰に対してもっと強気で攻めなければいつまでも話が進展しない。甘さは捨てるべきである。そう助言したが、この日、S氏は反応がなかった。僕がいくら話しかけても無視するだけである。何かあったのだろうか。

 

甘さ 4
塩味 1
旨み 1
タコ刺身におススメ ★★★

 

No.34 丸大豆生しょうゆ(マルヱ)

f:id:yoppymodel:20180725161028j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆(九州産)、小麦(九州産)、食塩(九州産)、アルコール

色の濃さ 2
香り 3
容器 3

 

徹底的に九州にこだわったしょうゆだ。大豆、食塩、小麦すべてが九州産ということで、素材へのこだわりを強く感じる。ここまで原材料が少ない王道的なしょうゆもひさしぶりだ。

 

味のほうは、かなり強塩味。王道的な味だ。すこし強すぎるきらいがあるくらいだが、味わい深く、個人的には嫌いではない。強い塩味はタコに合う傾向があるので、このしょうゆもかなり合うが、別にこれでなくては、というほどではない。ただ、しょうゆとしてはかなり美味い。日常でも使いたいくらいだ。

 

塩味 5
甘味 0
旨み 3
タコ刺身におススメ ★★★

 

No.35 さしみ(あまくち)(キンコー)

f:id:yoppymodel:20180725163846j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、脱脂加工大豆、小麦、食塩、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、カンゾウ)、カラメル色素、ビタミンB1

色の濃さ 5
香り 2
容器 2

 

かなりシンプルなデザインのパッケージ。容器は「しょうゆ」といえば多くの人がこのフォルムを連想するものだ。

 

味わいの方は、ハッキリ言うと全体的に濃い。甘味も強いが塩味も強い。うまみを感じる暇がないほどにこれらが強く、強烈に口の中でぶつかり合う。賑やかな味わいと言ったら適切だろうか。こういった賑やかさはタコの刺身に合うが、飽きが来るのも早い。単調とまではいかないが、もっと深みが欲しいところではある。

 

塩味 4
甘味 4
旨味 1
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.36 おさしみ 霧島(フジジン)

f:id:yoppymodel:20180725163900j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、カラメル色素、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 5
香り 0
容器 3

 

大分県臼杵市にある富士甚醤油株式会社の商品。香りがほぼなく、色が濃い。これまでに「さしみしょうゆ」という分類は甘口と謳いつつも甘さを控えている印象であったが、これは相当に甘みが強い。甘味の裏に旨味があるのでそこまで甘ったるい感じはしなく、深い味わいを演出している。

 

しょうゆといえば甘いものだ、という人はこれくらい甘いしょうゆを味わってみるのもいいのかもしれない。

 

甘味 5
塩味 0
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.37 おさしみ 高嶺(フジジン)

f:id:yoppymodel:20180725163915j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、砂糖、カラメル色素、アルコール、増粘剤(グァーガム)、調味料(アミノ酸)、甘味料(甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 6
香り 1
容器 3

 

こちらもフジジンさんの「さしみしょうゆ」で先ほどの商品と同じに見えるが「霧島」「高嶺」と名前が違う。微妙にパッケージも違うので注意されたい。「霧島」と比べてこちらの「高嶺」は、5段階評価なのに6をつけるくらい色が濃い。ただ、香りは少なく感じる。

 

味も全然違っていて、こちらは甘味を抑えていて、けっこうな塩味が最初に感じられる。その後にふわっと甘味が来るようになっている。もちろん、こちらのほうがタコの刺身には合う。もちろん旨味も全体的に強い。シリーズのどちらかを選ぶなら迷わずこちらを選ぶ。

 

甘味 3
塩味 5
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★★ 

 

No.38 あまくち減塩しょうゆ(フジジン)

f:id:yoppymodel:20180725163931j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組み換えでない)、小麦、食塩/アルコール、甘味料(ステビア)

色の濃さ 2
香り 1
容器 3

 

こちらもフジジンさんの商品。「あまくち」とあるが甘味はほぼ感じない。「減塩」とあるが塩味がけっこう強い。ラベルに書かれた過多な情報から推測する味と180度違うので驚く。ただ、この種の味はタコの刺身によく合う。

 

「甘さを控えたあまくちしょうゆ」「減塩」このあたりはタコの刺身に合うポイントなので、そういった意味ではおさえるべきポイントをおさえたしょうゆと言える。

 

さて、問題のS氏だが、どうにも彼の様子がおかしい。おさえるべきポイントはおさえて、仕事上のやり取りなどは対応してくれるのだが、それ以外のやりとりとなると、どうも僕を避けるようにしている。目線も合わさないように逸らしている素振りだ。

 

何か後ろめたいことがあるのだろうか。例えば、鳳凰を問い詰める過程で間違いが起こってしまい、冷たくなった彼女を……、もしそうなら大変だ。というか、S氏が僕を避けるのはもうそれしか考えられない。もしそうなら早めに罪を償ってほしい。

 

はっきりさせなければならない。

 

僕の決意はこれまでの曖昧なものから180度変わったのだ。

 

甘味 1
塩味 2
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.39 さしみしょうゆ(サクラカネヨ)

f:id:yoppymodel:20180725164005j:plain

品名 さいしこみしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、小麦、脱脂加工大豆、糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、食塩、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(ステビア、甘草)、増粘剤(キサンタンガム)、ビタミンB1

色の濃さ 5
香り 3
容器 3

 

鹿児島県いちき串野市の醤油である。久々に「さいしこみしょうゆ」がやってきた。再仕込み製法で旨味を確保しつつ甘口に仕上げたしょうゆだろうか。

 

予想通り、強い甘味と同時に今までに味わったことのない深いコクを感じる。こういった味わいは、タコに限らず刺身全般に合いそうな気がする。かなり美味いしょうゆで、タコの刺身に懐疑的な想いを持っている人に賞味してもらうなら、このしょうゆかもしれない。

 

さて問題のS氏だが、彼の視線は「懐疑」そのものだった。どうも僕を避けているようなそぶりを見せる彼は不自然そのものだった。

 

自動販売機が置かれた休憩スペースにS氏がいたので、問い詰めてみた。一体どうしたんだ、おかしいじゃないか、確かに怖くてT氏に浮気のことを詰め寄れず、ただの練習試合にしたのは俺だ、なに、それじゃない? じゃあなんなんだ。問い詰めるとS氏は白状した。

 

やはり鳳凰は浮気をしていた。

 

勇気を出して問い詰めると、鳳凰は相手を白状したらしい。それが僕だった。嘘だろ。会ったことすらねえよ。事態は混沌を極めてきた。

 

甘味 2
塩味 0
旨み 5
タコ刺身におススメ ★★★★ 

 

No.40 金醤 丸大豆 うまくち(ヤマエ)

f:id:yoppymodel:20180725164051j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆、小麦、食塩、果糖ぶどう糖液糖、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア)、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 2
容器 3

 

青天の霹靂とはこのことである。凄まじい旨味と塩味が口の中に広がり絶妙のハーモニーを奏でる。これはかなりタコの刺身に合う。いつのまにかタコすらも参加して味のハーモニーを演出しているイメージに近い。口の中の合奏団みたいなイメージだ。

 

かなり味が濃い設定になっているので、厚みのある刺身でもしょうゆが負けず物足りなさを感じることがない。ただ、長く味わうと少し旨味がわざとらしい感じにはなってくるが、そこまで気になることではない。

 

青天の霹靂がもう一つある。鳳凰の浮気相手として僕が名指しされた点だ。もうS氏は完全に懐疑的な視線を僕に向けている。

 

「そもそも会ったことがない」

 

僕がそう弁明するが、S氏は聞き入れない。

 

「会ったことがないのになんでお前のことを知っているんだ」

 

「それはお前らがキャンプのことで揉めている時とか電話かけてきたろ、その電話をとったんだよ、その時に名乗るさ」

 

弁明するが、疑いを晴らすほどの決定打にはならない。そうなってくると、T氏に詰め寄らずに練習試合にした行為も、T氏に罪を擦り付けようとした風に映るようだ。完全に万事休すである。悪魔の証明である。

 

いままで面白がって眺めていた芝居の舞台に、急に引っ張り出されたように感じた。本格的に青天の霹靂である。

 

甘味 0
塩味 4
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★★

 

No.41 濃厚 おさしみ(マル井)

f:id:yoppymodel:20180725164110j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 脱脂加工大豆、小麦、食塩、アミノ酸液、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、カラメル色素/調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、甘草、サッカリンNa)、保存料(パラオキシ安息香酸)、ビタミンB1

色の濃さ 5
香り 1
容器 4

 

鹿児島県出水市にある藤本醸造店の醤油。容器が変わっている。小さくて細身の容器であり、出口も変わった形状をしているのでちょっとずつしか出ないようになっている。

 

濃厚と謳っているだけあって味わいはかなり濃厚で存在感がある。全体的に強い印象を残す味付けだ。ほのかな甘味と濃い旨みが波のように次々と押し寄せてきて、波が引くようにさっと塩味が来る。美味し。

 

打ち寄せる波のごとき味わいは喜ばしいものだが、人間においてそれはあまり喜ばしいものではない。対人関係において関係が波のようであることは、ムラが多いということでもある。つまりS氏だ。

 

あれほど仲良くしていたのに、彼女である鳳凰の浮気疑惑がもたれ、その容疑者に僕が名指しされてからというもの、彼の態度は波が引くように冷淡なものになった。なんとかしなければならないが、別に何とかしなくてもいいのかもしれないと考える僕もいた。これが実際に浮気していたら狼狽する事象だが、浮気どころか当人に会ったことすらないのだ。別にどうでもいいと考えるのはドライすぎるだろうか。

 

そんな折、職場に電話がかかってきた。あの気だるい口調、非常識な内容、間違いない、鳳凰だ。一言でも文句を言ってやろう。僕の怒りの感情も荒ぶる波のように突如として盛り上がった。

 

甘味 2
塩味 1
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.42 濃厚 おさしみ 黒ラベル(マル井)

f:id:yoppymodel:20180725164142j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 脱脂加工大豆、小麦、食塩、アミノ酸液、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、カラメル色素/調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、甘草、サッカリンNa)、保存料(パラオキシ安息香酸)、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 1
容器 4

 

先ほどの商品の黒ラベルバージョン。原材料も全く変わらないのでラベルが違うだけなのかなと思ったけど、よく見たら値段が微妙に違うので味も違うのだと思う。

 

さきほどの商品より少し甘味を強くしているように感じた。内容物は同じだが、配合を微妙に変えたような感じだろうか。それでも全体的に濃厚な味わいで、同じく旨味も強い。個人的には赤ラベルのほうが好みである。

 

甘味 3
塩味 1
旨味 4
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.43 鰤王醤油(マルコ)

f:id:yoppymodel:20180823153346j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 さいしこみしょうゆ(本醸造)、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖、黒糖)、食塩、昆布だし、かつおだし/アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草、ステビア)、ビタミンB1(原材料の一部に大豆・小麦を含む)

色の濃さ 3
香り 1
容器 3

 

力強いフォントで「鰤(ブリ)王」と書かれている。ブリの王様ということだろうか。

 

原材料を眺めてみても、鰤は入っていないような気がする、と思ったら鰤料理に使うべき醤油という意味のようだ。とにかくブリ料理にはこれだ! というスタンスらしい。ずいぶんと狭い部分を狙った商品だ。まあ、ブリじゃなくてタコにつけて食べるんですけど。

 

甘味と旨みが強い。確かにこれでブリを食べたらとても美味しそうだ。パッケージに力強く「すべてのブリ料理に!」と書かれているのも頷ける。ブリを食べる人はこのしょうゆを購入すべきである。そこまで断言できる。ただ、まあ、タコにはそこそこだね、という印象。

 

こういった狭い範囲を狙った戦略的商品は嫌いじゃない。本来、全ての人間は戦略をもって生きるべきだからだ。そこで電話をかけてきた鳳凰である。彼女も戦略をもって電話をかけてきた。

 

「佐藤さんいますかあ」

 

気だるくアンニュイな雰囲気を演出して電話をかけてきやがる。

 

「佐藤は今席を外しております」

 

S氏はいなかった。

 

「そっかあ」

 

電話を切ろうとした彼女に言ってやった。

 

「どういうつもりで僕と浮気しているなんて言ったんですかね」

 

突然の問いかけに鳳凰は戸惑った様子だった。受話器から漏れ聞こえてきた吐息が止まった。

 

「ああ、あの人ね、そうそう、あの人ね」

 

鳳凰は浮気相手として僕の名前を出したことを思い出したようだった。

 

「ごめんなさいね。あの人がしつこくって。俺の同僚と浮気しているんだろうって。そんなことないのに。それで困って電話かけた時に聞いた名前を言っちゃった。グフッ」

 

グフッ、じゃねえよ、それでどれだけこっちが迷惑したと思うんだ。と考えたけど、よく考えたらS氏と会話しなくなったくらいで、あまり迷惑していなかった。

 

「本当に浮気している相手の名前を言えばよかったんじゃないですか?」

 

僕が冷静に指摘すると、鳳凰は受話器の向こうで押し黙った。

 

「わたし、浮気していないから」

 

甘味 4
塩味 1
旨味 4
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.44 乙姫様(エンマン醤油)

f:id:yoppymodel:20180725164250j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、砂糖/カラメル色素、酸味料、甘味料(ステビア、甘草、サッカリンNa)、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、保存料(パラオキシ安息香酸)(原材料の一部に大豆・小麦を含む)

色の濃さ 6
香り 1
容器 3

 

宮崎県日南市のしょうゆ。まず、乙姫様というネーミングがよく分からない。パッケージには「刺身醤油」と書かれているので、おそらく竜宮城のタイやヒラメの舞い踊りから連想し、その艶やかな魚たちを食べるのに使ってくれというイメージなのかもしれない。そうなると、乙姫様がこのしょうゆを持って手下である魚たちを食べているビジョンが浮かんでくる。乙姫様が邪悪に笑う。なかなかホラーだ。

 

しょうゆの色はかなり黒い。そして粘性も高い。これは「さしみしょうゆ」としての王道をしっかりおさえていると言える。

 

さて、味わいの方だが、これはなんだろう。やや甘味に偏った濃厚な味なのだけど、それ以外の風味もある。これまでの醤油とは少し違う風味がわずかに出るので、人によってはクセがある味のように感じるかもしれない。僕個人としてはけっこう好きな味だった。

 

「わたし、浮気していないから」

 

こちらの乙姫もおそらく電話の向こうで邪悪に笑っているのだろうと思った。

 

「は?」

 

職場ということも忘れて素っ頓狂な声で答えてしまう。

 

「してないの」

 

鳳凰は念を押すように改めて言った。

 

「でもご自分で認めたんじゃないですか? それで佐藤さんは苦悩していたんですよ」

 

僕の言葉に彼女はクスクスと笑った。

 

「あなた本当にいい人ね」

 

少しバカにした感じで、はぐらかすようにそう言った彼女の態度で少しムッとした。

 

「いいわ、どうしても気になるのなら寺岡さんに話を聞きに行って」

 

彼女の口からT氏の名前が出てきた。あの、暴力が公用語みたいな暴君の名前だ。イビルジョーみたいなやつだ。あまりの迫力についつい野球の試合を申し込んでしまった男だ。

 

「寺岡さんがどうしたんですか?」

 

ここでT氏の名前が出てきたということは、やはり浮気相手なのだろうか。できれば行きたくない。また無意味に練習試合を申し込むことになるかもしれない。

 

「大丈夫だから。とにかく行ってみて」

 

彼女はそう言って電話を切った。

 

甘味 2
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.45 おちょぼ口 うめ正油(正田)

f:id:yoppymodel:20180725164307j:plain

品名 梅風味調味料
原材料 水あめ、砂糖、梅肉、しょうゆ、食塩、調味酢、かつおエキス調味料、酵母エキス、こんぶエキス、かつおぶしエキス、アルコール、酸味料、調味料(アミノ酸等)、ベニコウジ色素、香料、増粘剤(キサンタン)、ベリー色素、シソ色素、(原材料の一部に大豆・小麦、りんごを含む)

色の濃さ 1(ピンク)
香り 1(梅の香り)
容器 4

 

めちゃくちゃピンクじゃないか。かなり梅風味をつけているようだ。既に品名が「しょうゆ」ですらなく「梅風味調味料」になっている点も見逃せない。液の状態が完全にしょうゆのそれではなく、カクテルみたいな色合いになっている。それでも「しょうゆ」の棚に置いてあったのでレビューしなくてはならない。

 

豆腐や納豆、揚げ物にとパッケージに書いてある。果たしてタコの刺身にあうのか。全然合わなかった。しょうゆ自体は梅味でかなり美味いが、タコを梅味にする必要はない。タコを梅味にしてはいけない。絶対にだ。これだけは守ってくれ。

 

甘味 0
塩味 0
旨み 0
梅 5
タコ刺身にオススメ ★

 

No.46 鶴の生醤油 なべづる(藤本醸造店)

f:id:yoppymodel:20180725164328j:plain

品名 こいくちしょうゆ
原材料 大豆、小麦、食塩、アルコール

色の濃さ 2
香り 2
容器 2

 

ここにきて普通のしょうゆがやってきたと思った。しょうゆ加工品や、様々な添加物が入ったものが続いたが、王道的に大豆、小麦、食塩、アルコールのみのしょうゆである。特に特徴はない。パッケージの鶴が目印、くらいのものだろうか、そう思っていた。

 

味わってみて驚いた。なんだこれ。めちゃくちゃうまい。王道的な醤油という味わいだが、特に何かを添加していないのに旨味がすごい。多くのしょうゆは旨味を調味料で出していたりするが、発酵のみでこれを出したのならば驚異的だ。

 

味のバランスが絶妙で、ほどよい塩加減がタコの刺身に合う。そして、王道と思いきや、後味に独特の風味をそっと残していく独自性もだしており、いつまでも味わっていられる。現時点でタコ刺身界最強のしょうゆだ。

 

甘味 2
塩味 3
旨み 4
タコ刺身におススメ ★★★★★★

 

No.47 鹿児島の甘い醤油 おさしみ(マルイ)

f:id:yoppymodel:20180725164344j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖、ぶどう糖)、アルコール、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(ステビア、甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 1
容器 2

 

かなり小さめの容器だ。商品名にあるように鹿児島のしょうゆらしい。色の濃さは、「さしみ醤油」を謳っている中ではやや薄い方という印象だ。

 

味の方は、絡みつくような甘味が口の中に広がってくる。タコの刺身に合う濃厚な味わいだ。基本的には、餅とかの米を使った料理全般に合いそうな味わいという印象を受けたが、メーカーは刺身醤油という狙いで出しているので、本来は魚介に使うものなのだろう。いや、さしみしょうゆは餅に使う場面もあったかもしれない。よく覚えてない。

 

しっかりとした味わいに支えられた甘味がクセになる逸品だ。

 

甘味 5
塩味 3
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.48 こだわりしょうゆ(マルコ)

f:id:yoppymodel:20180725164357j:plain

品名 さいしこみしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、調味料(アミノ酸等)、アルコール、甘味料(甘草、ステビア)、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 1
容器 3

 

「さいしこみしょうゆ」である。この製法で作られたしょうゆは相当に旨味が強く、なめらか、タコの刺身によく合うのである。否が応でも期待が高まる。

 

さすが「さいしこみ」ですわ、と唸るしかないなめらかな味わい。熟成された深みが強い。甘味と旨みのコラボレーションが上質の味わいを演出する。ワンランク上の味わいをあなたに。なんかマンションの宣伝文句みたいになってきたな。

 

そうそう、「マンション」といえばS氏とその彼女である鳳凰の問題である。鳳凰自身は浮気を否定した。では、なぜ浮気をしたとS氏に伝えたのか。答えを求めてT氏を訪れた。

 

相変わらずT氏は、ぶっとい腕を誇示し、人でも殺してきたような顔をしていた。

 

「練習試合の日、決まった? 河川敷のグラウンドとれた?」

 

雨で流れた草野球の試合のことばかり気にしていた。このままではまた意味不明に試合を組むことになってしまうので、勇気を出して鳳凰のことを切り出した。

 

「ガハハハハハハ」

 

T氏は豪快に笑った。なんだ、そんなことか、とも言っていた。なんでも、T氏と鳳凰、イトコらしい。幼い頃から遊んだりしていたが、思春期あたりから疎遠になり、親戚付き合いの場面で顔を見る程度だったが、恋人であるS氏がT氏と同じ会社と分かると、また連絡を取り合うようになったらしい。

 

「あの二人は結婚するんだよ」

 

よく相談に乗っていたT氏は、今回の騒動は二人の喧嘩の延長線上でこういうことが起こったと言っていた。鳳凰によると、結婚を考え、新居を決めようとなったときに、駅近くのオシャレなマンションを絶対に購入したい鳳凰と、郊外に一軒家を買いたいS氏との間で喧嘩みたいになったらしい。

 

それから、ことあるごとに意見がぶつかりあうようになり、その当てつけで「浮気した」という鳳凰の発言になったようだ。いやはや、勝手にやっててくれよという感じである。

 

「俺も一軒家がいいとは思うけどな」

 

T氏の意見は別にどうでもいいとして、マンションか一軒家か、そんなことで争っていたのである。

 

「で、練習試合はいつにする?」

 

そんなT氏の言葉を背中に受けつつ、S氏のもとへと向かった。

 

甘味 3
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.49 さしみしょうゆ こいくち かんろ(マルコ)

f:id:yoppymodel:20180725164415j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
脱脂加工大豆、小麦、食塩、アミノ酸液、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)/アルコール、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(甘草、ステビア、サッカリンNa)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 3
容器 2

 

これもパッケージに色々書かれていて何が商品名かわからない、という典型的なしょうゆである。パッと見ただけで、「さしみしょうゆ」「伝統熟味」「かんろ」「こいくち」「小」といろいろ書いてある。あれもこれも書いとけ、みたいな勢いを感じる。

 

肝心のしょうゆの方は、「さしみしょうゆ」としては色合いと粘り気は抑え目であるという印象だ。味の方も、甘さは抑えられていて、塩味と旨みをかなり濃く感じられるようなバランスになっている。これまた一風変わった「さしみしょうゆ」だ。タコの刺身には合う。

 

甘味 1
塩味 3
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★★ 

 

No.50 うすくち 上淡(じょううす)(サクラカネヨ)

f:id:yoppymodel:20180725164547j:plain

品名 うすくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、小麦、脱脂加工大豆、砂糖、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(サッカリンNa、甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 1
香り 1
容器 3

 

鹿児島の醤油会社、サクラカネヨの商品。うすくちしょうゆということで色と香りはかなり抑えられている。ちょっとレトロ風なパッケージが良い味を出している。「うすくちしょうゆ」は淡い味付けなどに用いることが多いが、意外とタコの刺身に合う傾向があるので期待が高まる。

 

味わいは、期待通り、見ための薄さからは想像できないほどに味が濃く、旨みと塩味が強い。後味がすこし独特な感じがして、これが関西地方ではなく南九州で作られる「うすくちしょうゆ」の特徴なのかなと思う。

 

甘味 1
塩味 3
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.51 おちょぼ口 だし正油(正田)

f:id:yoppymodel:20180725164943j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ、砂糖混合異性化液糖、食塩、かつおぶしエキス、みりん、調味料(アミノ酸等)、アルコール、増粘剤(キサンタン)、酸味料、くん液(原材料の一部に大豆・小麦を含む)

色の濃さ 1
香り 2
容器 3

 

またもや正田さんのしょうゆ加工品シリーズだ。梅は完全に口に合わなかったけど、今回は「だししょうゆ」ということで、そこまでキワモノ感はない。独特の大砲みたいな注ぎ口が頼もしい。

 

これは完全に「だし」だ。「しょうゆ」よりも「だし」に近い「だししょうゆ」だ。この手の味はタコとの相性が良い。タコ焼きに合いそうとといえば想像しやすいだろうか。

 

深い塩味、そしてあっさりとした風味がタコの切り身によくマッチする。ダシに寄せたこの醤油はタコに合うが、しょうゆという観点で見るとやや邪道よりな気もする。

 

邪道である。何が邪道かというと鳳凰の件の対応である。もちろん新居問題は一生を左右しかねない問題であるので、マンションか一軒家かは重要である。この先もずっと決して安くないローンを支払っていくことを考えると、納得のいく形で実現させたいものだ。

 

だからと言って、その問題がこじれたときに何をやってもいいという問題ではない。腹いせや当てつけで「浮気をしている」なんて言うべきではないし、ましてや無関係の人間を巻き込むべきではない。完全に邪道で、禁じ手に近い。S氏の元へ向かう道中、ずっとそんなことを考えていた。

 

S氏は作業をしていた。

 

「おつかれ!」

 

僕がそう話しかけて隣に座ると、また冷たく視線をそらした。まだ僕が浮気相手だと思っているのだからこの対応は正しい。僕は気にせず勝手に話を始めた。

 

「やっぱ買うなら一軒家だよな」

 

その言葉にS氏はハッとした。どこでそれを? とでも言いたげな顔だった。

 

僕は勝手に淡々と話し始める。T氏は鳳凰のイトコであったこと、相談に乗っていたこと、そこから一軒家かマンションで揉めている話を聞いたこと、そして、その争いの当てつけとして浮気話をでっち上げたこと、淡々と話をした。

 

「そうだったのか……」

 

どこか思い当たることがあったのか、S氏は意外にもアッサリと受け入れた。

 

「すまなかった、彼女の分も謝るよ」

 

S氏はそう言った。

 

「どうしても一軒家にしたいんだ。そして、庭を持ちたい」

 

S氏は男の夢を語る。彼は庭が欲しいのだ。そのために一軒家を買いたいのだ。そのためには多少郊外でも構わない。そういう決意だった。

 

「どうしても庭に卓球台を置きたいんだ」

 

また訳の分からないことを言い出した。

 

甘味 0
塩味 4
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.52 さしみ醤油(デコー)

f:id:yoppymodel:20180725165010j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、砂糖混合異性化液糖/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(ステビア、甘草、サッカリンNa)、ビタミンB1、保存料(パラオキシ安息香酸)

色の濃さ 3
香り 2
容器 3

 

まずラベルから漂う「しょうゆじゃない感」がすごい。もうちょっと辛い物を連想してしまいそうなデザインだ。

 

辛みのありそうな外観とは裏腹に、味の方はほんのりとした甘味。しょうゆ自体は濃厚な味わいで旨みも強い。ただし、この種の味がタコに合うかといえばやや疑問符だ。むしろマグロなどの赤身の魚に合いそうな味わいだ。

 

甘味 4
塩味 2
旨味 2
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.53 マイルド むらさき(ヤマエ)

f:id:yoppymodel:20180725165129j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、果糖ぶどう糖液糖、脱脂加工大豆、小麦、食塩、アルコール、カラメル色素、調味料(アミノ酸)、甘味料(カンゾウ、サッカリンNa)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 2
容器 3

 

またヤマエさんのしょうゆだ。ヤマエさんのものは「甘口」を謳っていてもそこまで甘口ではなく、抑え気味なのが特徴だ。この商品もそのような味わいであると予想した。

 

そういった予想は裏切られるようにできているものである。予想とは裏切られるためにあると言い切れるほどだ。今まで出てきた「あまくち」を謳うしょうゆの中で最も甘さが強いように感じる。この甘さはちょっと慣れている人じゃないときついかもしれない。あまり慣れていない僕は、もはや「しょうゆ」の範疇を超えた味であるように感じた。

 

予想を裏切られるといえばS氏である。

 

マンションか一軒家かで恋人と揉めていてS氏が一軒家を主張していると聞いたとき、てっきり、男の夢、一国一城の主、的な憧れがあってそう主張していると予想していた。しかしながら、S氏に話を聞くと、どうやら「庭に卓球台を置きたい」という一点のみで一軒家を主張しているというのだ。

 

「え、雨が降ったらどうするの?」

 

そう思った。卓球台はあまり外に置くものではないし、S氏の話を聞いているとガレージとかそういう場所に置くのではなく、剥き出しで芝の上に置くような感じだったからだ。

 

「そんなに卓球好きだったっけ?」

 

そう尋ねると首を横に振った。ますますもって謎である。

 

「どうしても庭に卓球台を置きたいんだ」

 

S氏は自分に言い聞かせるようにそう言った。なにか決意めいた強い意志のようなものを感じた。

 

「マンションの広い部屋に卓球台を置くとかじゃダメなんだね?」

 

そう聞くと、ゆっくりと縦に首を動かす。何か決意した男の目だった。

 

甘味 5
塩味 1
旨み 1
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.54 おちょぼ口 こてマヨ正油

f:id:yoppymodel:20180725165145j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ、半固体状ドレッシング、水あめ、砂糖、醸造酢、食塩、香辛料/アルコール、増粘剤(キサンタン)、調味料(アミノ酸)、酸味料、香辛料抽出物(一部に小麦・卵・大豆・りんごを含む)

色の濃さ 6(ただし醤油の色ではない)
香り 4(ただし醤油の香りではない)
容器 3(もはやしょうゆのパッケージではない)

 

キワモノしょうゆラインナップをそろえる正田さんの作品だ。梅も相当だったがそれ以上に不穏な空気が漂う「こてマヨ」である。こってりしたマヨの色合いと香ばしい香りがすでにしょうゆからの逸脱を示唆している。

 

醤油の色合いではないし、ラベルを読むとマヨ風味でお好み焼きなどに合うらしい。なるほど、そんな感じがする。でも絶対にタコにつけちゃダメな奴だろうと雰囲気で分かる。でも意外と合うってこともありえて、いけるじゃんってなるのかもしれない。そういうことけっこうあるよね。

 

味わってみる。合わないどころの話じゃなかった。初めて食いきれずに残した。吐き出した。マヨの味わいがすごくて、確かにお好み焼きたこ焼きにはめちゃくちゃ合う。美味いことは美味い。でもそれはお好み焼きに使うものであって、タコの刺身につけてはいけないのだ。味わったことないカオスが口の中に錬成されて死ぬかと思った。

 

誤解なきように付け加えると、梅味もこてマヨもそれ自体は美味い。良い味付けだ。きちんと対象を絞って使えばよい調味料である。しょうゆと呼んで良いかとかは別にしてだ。ただ、タコにはつけてはいけないのだ。絶対にだ。今ここで約束してくれ。

 

甘味 0
塩味 0
旨み 0
マヨ 10
タコ刺身にオススメ

 

No.55 専醤(極あまくち)(ヒシク)

f:id:yoppymodel:20180725165203j:plain

品名 こいくちしょうゆ
原材料 アミノ酸液、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、脱脂加工大豆、小麦、食塩、発酵調味料、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、甘味料(ステビア、サッカリンNa、カンゾウ)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 1
容器 2

 

ラベルには「極あまくち」と書かれている。ただの甘口ではなく極である。もうシロップかと思うほどに甘いに違いない。

 

味わってみると、確かに甘い醤油で、他の甘口に比べても甘味が強いようには感じる。けれども他とは違うベクトルの甘味である気がする。強いけど、ネトッとはこなくて、爽やかである意味涼しい感じの甘味がある。これは、ハマる人がかなりいるだろうなという印象の味わいだ。

 

「そんなにハマってたっけ? 卓球」

 

どうしても庭に卓球台を置きたいと主張したS氏に再度、たずねた。

 

「ハマってない、それどころか、ほとんどやったことすらない。体育の授業でちょっとしたくらいかな」

 

さらに謎は深まった。混迷を極めた。なぜ卓球台なんだ。

 

これにはどうやら、S氏の父親が関係しているようだった。S氏の父親は前にも述べたが、普通の穏やかな人だったが、よく分からないことで修羅の如く怒る人だったようだ。店で、出された水がやや少なかっただけで激怒し、悪魔が憑りついたようになった父にS氏は畏怖の気持ちを抱いていた。結果、彼は飲食店において表面張力レベルに水を入れないと安心できない体質になってしまったのだ。

 

「ある日、親父が卓球台を置くって言ったんだ」

 

淡々とS氏が語りだす。

 

「家族が仲良く暮らすには卓球台を置くしかない。急にそんなことを言い出したんだ。もちろん家族内に卓球経験者なんていなかったし、興味があるやつもいなかった」

 

それから家族でスポーツ用品店など回ったが、満足のいく卓球台は売られていなかった。遊びでやるようなコンパクト卓球台とか、簡易的なやつは売られていたが、ちゃんとしたやつがなかった。

 

「やっぱ国際標準のやつじゃねえとな」

 

Sの父は国際規格の卓球台を求めた。彼が何を思ってそれを求めたのかは分からない。ただ、そういった規格を満たす卓球台は10万円をゆうに超え、注文取り寄せになるということだった。S父はそれを拒否した。すぐにでも欲しかったのだ。そろそろ父がイライラし始めて悪魔が憑りつきそうな気配が漂ってきた。慌てて宥めた。

 

ホームセンターに行き、木材を購入したそうだ。自分で作ろうと考えたらしい。そして設計図も引かずにまあまあの感覚で製作が始まる。「あれはこの世に現出した地獄であった」S氏がそう語るほど、製作は難航を極めた。出来上がった卓球台はグラグラしていて左右の大きさが異なり、ナチュラルに遠近法を演出していたという。とてもじゃないが国際規格を満たしてはいなさそうだった。

 

問題はさらにあった。家の外で製作していたので、玄関のドアを通らなかった。結果、庭に置かれることになったが、その次の日に比較的大きめの台風が直撃したそうだ。庭を眺めていたS氏の目の前で遠近法の卓球台が浮かび上がり、家の窓ガラスをぶち破ったそうだ。恐怖新聞かよ。

 

「あれからかな、家族がおかしくなったの。ギクシャクしちゃって」

 

S氏は遠い目でそう言った。

 

「だから、今度は絶対に飛ばない卓球台を庭に置きたいんだ。それが俺の夢」

 

熱く夢を語るS氏を見て思った。

 

「また台風が来たら飛ぶじゃん」

 

でも、そんなことは言えなかった。

 

甘味 5
塩味 1
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.56 おちょぼ口 おさしみ正油(正田)

f:id:yoppymodel:20180725165221j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ、みりん、しょうゆもろみ、食塩、酵母エキス、アルコール、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

色の濃さ 3
香り 1
容器 1

 

キワモノというか、かなり特化した使用用途の変わったしょうゆシリーズを世に送り出している正田さんの正統派さしみしょうゆが出てきた。コテマヨの失敗があるので酷い目にあったので、この容器を見るだけでちょっとトラウマ的なものが出てくる。

 

畏れながら食べたが、本当に正統派の味だった。旨みがあり、コクが深い。塩味がタコの味を引き出す。良いおさしみしょうゆだ。コテマヨのトラウマは完全に払拭された。

 

甘味 0
塩味 4
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.57 白だしかき醤油(アサムラサキ)

f:id:yoppymodel:20180725165239j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ、砂糖、みりん、食塩、かつおぶし、かきエキス、植物たん白加水分解物、かつおエキス、こんぶエキス、こんぶ、乾しいたけ、調味料(アミノ酸等)、アルコール、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

色の濃さ 2
香り 1
容器 1

 

パッケージに威風堂々と厳島神社が描かれているので広島の醤油かと思ったら岡山で作っていた。かき醤油ということで、カキのエキスをだして旨みを出しているようだ。そういった意味でカキが特産である広島なのだろう。

 

開封するとき栓がすげー固かった。この世に開けられる人がいるのかよ、スコット・ノートンくらいじゃないの、と思いながらなんとか開けた。もう少し栓を緩くしてもよいのではないだろうか。

 

しょうゆの味わいのほうは、良かった。かき醤油は本当にタコに合う。ともすればちょっと物足りないと思うこともあるタコに、物足りさをプラスしてくれる旨みを補ってくれる。しょうゆ自体も味わい深く、絶対に卵かけご飯とかに合いそう。

 

甘味 1
塩味 4
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.58 おちょぼ口 バタマヨ正油(正田)

f:id:yoppymodel:20180725165257j:plain

品名 バター風味調味料
原材料 しょうゆ、半固体状ドレッシング、砂糖、食塩、香辛料、バターエキスパウダー、アルコール、香料、カラメル色素、増粘剤(キサンタン)、調味料(アミノ酸)、(原材料の一部に小麦、卵、乳成分、大豆、りんごを含む)

色の濃さ 6(ただし醤油のそれではない)
香り 6(ただし醤油のそれではない)
容器 2(とてもしょうゆとは思えない)

 

もう勘弁してください。絶対に合わない。そういう色している。もう商品名も「バター風味調味料」でしょうゆの「しょ」の字もないじゃないか。

 

おそるおそる味わってみると、完全にバターとマヨの濃厚なアンサンブルだった。焼とうもろこしなどの焼き物に使うとかなりおいしいだろうなあという味わいだ。バターの風味とマヨの味わいで海の家の焼きトウモロコシを連想する。もちろん、絶対にタコにつけて食べてはいけない。

 

甘味 0
塩味 1
旨み 1
バタ 5
マヨ 5
タコ刺身にオススメ  

 

No.59 鹿児島の甘い醤油(こいくち)(マルイ)

f:id:yoppymodel:20180725165320j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖、ぶどう糖)、みりん風調味料、アルコール、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 5
香り 2
容器 2

 

甘くて濃い

 

甘味 5
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.60 おいしい笑顔が見たいからあまくち九州醤油(フジジン)

f:id:yoppymodel:20180725165338j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆、食塩、小麦、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)

色の濃さ 2
香り 4
容器 4

 

完全に昨今のライトノベルみたいな長い名前の付いたしょうゆである。調子に乗ってどんどん名前の長いしょうゆを作ってほしい。「おいしい笑顔をみたいと思って作ったしょうゆだけど俺の妹がしょうゆは嫌いと言い出してどうしていいかわからないうちに異世界転生してハーレムで大変な件」みたいなしょうゆを作ってほしい。

 

さて、味わいのほうはまろやかな甘味といったらよいだろうか。こうして色々と味わっているとしょうゆの甘味にも色々な種類があることがわかる。深いコク。そして爽やかな後味。つるんとした滑らかさをタコに付与してくれるので口の中でのタコの刺身を引き立ててくれる。

 

さて、「父親が自作した卓球台が台風で飛んで恐怖新聞のように窓に突き刺さって家族が崩壊した件」みたいなライトノベルにもなりゃしない件だが、アマゾンで10万くらいで国際規格の卓球台を買えるよとアドバイスし、台風で飛ばないように何個か重りも見繕って勧めておいた。

 

これで庭に卓球台問題は解決したかと思われたが、問題は別なところにあった。卓球台がインパクトありすぎて忘れていたが、本来はマンションか、一軒家か、という問題であった。そこを解決しなければならないが、深く考えたら別にどうでもよかった。もう浮気の疑いは晴れたので、僕にとっては関係のない話だ。好きにしてくれ、という思いだ。一軒家でもマンションでも何でも買ってくれ。

 

そんな思いで微妙に距離をとりつつ過ごしていたとき、社内旅行があった。全部署挙げて聞いたことないような温泉地へ行って宴会するという、昭和の遺物のような行事があり、面倒くさいなと思いつつも参加した。

 

宴会を早々に切り上げ、旅館ご自慢の温泉に入ろうと卓球台の横を通り過ぎて大浴場に向かう。卓球台を見てS氏のことを思い出す。本物の卓球台は重量感があってちょっとやそっとじゃ飛びそうにない。S氏の親父の台は自作したから飛んだんだ。これなら重しを勧める必要なかったな。というかこれは国際規格に則っているのだろうか。

 

そんなことを考えながら大浴場に行き、露天風呂に浸かっていると、黒闇の中から話しかけられた。

 

「テメー! どうなってんだよ!」

 

向こう側の岩のところに腰かけていた男はT氏であった。

 

甘味 4
塩味 2
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.61 鹿児島の甘い醤油(かんろ)(マルイ醤油)

f:id:yoppymodel:20180725165402j:plain

品名 さいしこみしょうゆ(混合)
原材料 小麦、脱脂加工大豆、アミノ酸液、食塩、砂糖、発酵調味料、アルコール、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(ステビア、甘草)、増粘剤(キサンタン)、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 3
容器 3

 

ここまで何個か出てきた「鹿児島の甘い醤油シリーズ」である。小さなビンが特徴的で、安定的にタコの刺身に合うしょうゆを出し続けている期待のシリーズだ。その中でも最も期待値の高い「さいしこみしょうゆ」というのだから、これはかなり期待できる。

 

味わいのほうは、まず甘さがくる。その後に旨みがグッとくるのだけど、それがしょうゆ自体の旨みではなく、タコが持っている旨みを引き出したように感じられるのだ。優しい口当たりに深い旨み。さすが「さいしこみしょうゆ」といったところか。かなり良い。

 

甘味 5
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.62 竜宮城(エンマン醤油)

f:id:yoppymodel:20180725165419j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、砂糖、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、保存料(パラオキシ安息香酸)

色の濃さ 5
香り 2
容器 3

 

前に出てきた「乙姫様」のシリーズだ。浦島太郎にちなんだネーミングで「さしみしょうゆ感」を出そうという商品名だ。

 

ぼわっと広がる甘味に旨み。この甘さがタコの味わいに階層をつける。そういった意味では、タコが本来持つ甘さという味わいをこのしょうゆが引き出してくれている。きっと竜宮城ではタイやヒラメの舞い踊りに届かなかったタコがいるのである。タコは踊りが下手だった。でも竜宮城は育成機関としても優れているので、タコの良いところを引き出し、楽器演奏とかさせるのである。そういう意味で竜宮城というネーミングなのだ。

 

タコも甘いんだ、醤油とは別に甘いんだと気づかせてくれる、そんな逸品である。

 

甘味 4
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.63 いしり(ホクチン)

f:id:yoppymodel:20180725165601j:plain

品名 魚醤油
原材料 いか、食塩

色の濃さ 3
香り 1
容器 2

 

原材料が「イカ」と「食塩」だけ、といういわゆる「魚醤」というやつである。

 

イカの内臓に塩をかけて1週間発酵させただけの能登の伝統的製法だ。刺身に使う場合は普通の醤油と1:1で混ぜて使うとのことだが、まずは混ぜずにこのしょうゆだけでタコを味わってみた。

 

完全にイカの内臓という味である。しかしながら、これでタコを食べるとイカとタコを同時に食べている感覚がもたらされる。スルメのような後味がいつまでも残って美味いのである。ただ、やはり単体ではなく、普通の醤油に混ぜて深いコクと旨みを与える類のものという印象だ。

 

レビューNo.1のキッコーマンの醤油と混ぜて使ってみたら、めちゃくちゃ美味かった。オーソドックスな味わいに、濃厚なコクと旨みが付与され、味に深みが出る。なかなか面白いしょうゆだ。

 

甘味 0
塩味 5
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★(他の醤油と混ぜた場合 ★★★★★)

 

No.64 だんらん 二段熟成極あまくち(ヤマエ)

f:id:yoppymodel:20180725165631j:plain

品名 さいしこみじょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、発酵調味料/アルコール、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、カンゾウ)、ビタミンB1

色の濃さ 2
香り 2
容器 3

 

またもやヤマエさんの「ラベルにいろいろ書きすぎ」しょうゆである。情報量が多い。今回はシリーズの中でも二段熟成の「さいしこみしょうゆ」である。かなり期待できる。

 

「極あまくち」とあるが、甘味はほとんど感じない。塩味と旨みがグッとやってくる、これは「さいしこみしょうゆ」の王道的な味わいだ。ただ、その後にほわっと小さな甘味が来るところがほかのしょうゆとは一線を画する。全体的によくまとまってる味わいだなあという印象だ。丁寧に大切に作られている感じがする。

 

大切にする思いとは尊いものだ。露天風呂でいきなり暴力的な言動を放ってきたT氏も、別の誰かを大切に思ってのことなのだ。

 

「どうなってんだよ、あの佐藤との話はよ」

 

T氏は名前を出すわけにはいかないが、S氏の恋人である鳳凰のイトコである。強面ではあるが、鳳凰を大切にする思いがあるようだ。

 

「なんか卓球台を置きたいらしいですよ」

 

僕がそう説明すると、T氏はすぐに聞き返した。

 

「どこに?」

 

「庭に」

 

「雨降ったらどうすんの?」

 

極めて普通の反応である。

 

僕はなぜS氏が一軒家にこだわるのか丁寧に説明した。そこには少年時代の深いトラウマがあったのだ。こんな話をして「ふざけるな!」と怒られるんじゃないかとヒヤヒヤものだったが、T氏は思いのほか大人しくその話を聞いていた。

 

「いい話じゃねえか」

 

どこにいい話要素があったのか全く理解できないが、彼の心に響いたらしい。

 

「なんとかして庭に卓球台置かせてやりてえなあ」

 

T氏はそう呟いた。けっこう男気があるやつなのである。

 

「はあ、そうですか」

 

僕が別にどうでもいいよといった反応を見せているのに、T氏は無関係と言わんばかりに言い放った。

 

「よしわかった。順子は俺が説得しよう。何とかして一軒家を買わせて庭に卓球台、置かせよう」

 

もうお前らの一族で勝手にやってろよと思ったが、T氏が湯船から出るときに僕の背中を比較的強めに叩きながら言った。

 

「たのんだぜ、キューピット」

 

いつの間にかキューピットに任命されていた。鳳凰曰く、「あのキューピット役をかって出た男が全く使えない。早くプロポーズさせて」と言っていたらしく、それでT氏は怒っていたらしい。一軒家論争を繰り広げていたのでとっくにプロポーズを済ませたと思っていたが、まだのようだ。驚きだ。それよりなにより、いつの間にかキューピット役を拝命してたようだ、驚きだ。

 

風呂から上がると、S氏が浴衣姿で卓球台のサイズを測っていた。なにやってんだ、こいつ。

 

甘味 2
塩味 4
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.65 正田のしょうゆ(正田)

f:id:yoppymodel:20180725165648j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、大豆(遺伝子組換えでない)、アルコール

色の濃さ 2
香り 2
容器 4

 

バタマヨ、コテマヨ、梅など物凄いしょうゆを生み出してきた正田さんの正統派しょうゆである。容器も大砲みたいなあの形状ではなく、極めて正統派なものだ。

 

味わいのほうは、塩味をかなり前面に出していると感じた。こうすることで、どのような料理にも合う万能なしょうゆができあがる。キワモノと違い、そういった位置を狙った商品なのだろうと思う。

 

どんな料理にも合いそうなオールマイティな味わいに仕上がっていて、こういった味はタコの刺身によくあうのである。やるじゃん。正田さん。

 

甘味 1
塩味 5
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.66 上級あまくちむらさき(ヤマエ)

f:id:yoppymodel:20180725165711j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、果糖ぶどう糖液糖、アルコール、カラメル色素、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、調味料(アミノ酸等)、保存料(安息香酸Na)、ビタミンB1

色の濃さ 2
香り 3
容器 3

 

ヤマエさんの商品である。王道的な容器がしょうゆとしての頼もしさを演出している。さて、これまで数多くヤマエさんの商品を扱ってきたが、特徴として「謳っている味わいは実は少なく、予想外の味で攻めてくる」という点が挙げられる。甘口を謳っているのにそこまで甘くない、などである。

 

ただ、この商品は「甘口」と謳い、本当に甘い。ただ、その甘味の裏に見え隠れする深い旨みがある。これがタコの刺身によくマッチし、王道的な旨みを演出しているのだ。

 

甘味 4
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.67 本醸造あまくちさしみしょうゆ(ヤマエ)

f:id:yoppymodel:20180725165730j:plain

品名 さいしこみしょうゆ(本醸造)
脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、アルコール、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(サッカリンNa、ステビア、カンゾウ)、増粘剤(キサンタン)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 2
容器 3

 

やはりヤマエさんの特徴なのだけど、品名から予想する味わいと実際の味わいが大きく異なる。良い意味で期待を裏切られるのだ。

 

このしょうゆも「あまくちさしみしょうゆ」と謳っているのでまあまあの甘さを予想していたら、むしろ塩味を強く感じる口当たりなのである。なのに、その後の味わいや、後味で、ああ、あまくちだなあとなる不思議な味わいなのである。タコの刺身に合う。

 

期待を裏切られるといえば、S氏である。あまりにT氏が怖いので、卓球台の前で僕は言ったのだ。

 

「一軒家かマンションで悩むのもいいが、その前にするべきことがあるのではないか」

 

鳳凰もT氏も正式なプロポーズがないことに不快感を持っているのである。それをするべきではないか、と言いたかったのだ。

 

「なに? 卓球台?」

 

S氏はとぼけた顔で言った。

 

「いや、そうじゃない。卓球台はもういいから。アマゾンで買えばいいだろ」

 

僕がそう言うと、S氏は他に何かあるか? といった不思議そうな顔していた。絶対にいま頭の中にラケットとかピンポン玉が浮かんでは消えていると思う。そうじゃない。

 

「一軒家でもマンションでもいい、庭に卓球台を置いてもいい。でも、そのまえに男と女が一緒に暮らすって前提があるんだから、手順を踏む必要があるんじゃないか」

 

なんだか「プロポーズ」という単語を出すことが妙に恥ずかしく、遠回しな言い方になってしまった。

 

「ああ、そうか」

 

なんとか理解してくれたようだ。

 

「さっそく聞いておくよ」

 

僕は安心した。これでキューピットとしての責務を果たしたからだ。良い旅行になったものだ。僕は置かれていたラケットで少しだけ素振りをした。

 

 

旅行が終わり、しばらくして内線電話でT氏から電話があった。怒っている。

 

「まだプロポーズしてこないらしんだけど」

 

「え、旅行の時にするって言ってましたよ」

 

どうやら全然ないらしい。旅行の時に連絡があったらしいが、それが、

 

「家かマンションを買うにしても住宅ローンになるが、銀行から借りるのと、会社の組合が貸し付けてくれるのとあるけどどっちがいい?」

 

という問いかけだけだったそうだ。つくづく、期待を裏切る男である。

 

「たぶん金利の面から考えて審査通るなら銀行がいいですよね」

 

僕がそう言うと、T氏はさらに怒った。期待通りの男である。

 

甘味 2
塩味 4
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.68 うまくちしょうゆ 紫(緑屋本店)

f:id:yoppymodel:20180725165754j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、保存料(パラオキシ安息香酸)

色の濃さ 2
香り 1
容器 2

 

なかなかレトロさを感じるラベルである。

 

皿に注いでみて驚いたが、サラサラの性状である。別にダジャレではない。ここまでで一番粘度が低いかもしれないと思うほど特徴的な性状だった。

 

味のほうは、甘味も塩味もあまり感じず、ぐいっと旨みだけが大黒柱のように口の中を支配する。カツオ節エキスでも入ってるかとおもうくらい強い旨みだったが原材料を見ると入ってなかった。調味料(アミノ酸等)だけでこれだけの旨みを出しているとは思えないので、熟成に何か秘密があるのだと思う。

 

甘味 1
塩味 1
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.69 寺岡家のちょっとぜい沢なあごだし醤油

f:id:yoppymodel:20180725165813j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ(大豆、小麦を含む)、砂糖、食塩、焼きあご粉末、酵母エキス、アルコール

色の濃さ 1
香り 2
容器 2

 

広島福山市の寺岡さんが作ってるしょうゆ。「あごだし」とはトビウオのダシという意味である。ダシの中でも高級品で、そういった意味で「ぜい沢な」とつけられているのだと思う。

 

ラベルにも書かれている通り、味わいは焼き魚や煮物の味付け用に作られているようだ。トビウオの旨みがかなりすごく、上品で深い。これは本当に煮物や冷ややっこにあうだろうなあという印象。タコ刺身に合うかというと、そういうものだと割り切ればけっこうアリになる。

 

甘味 0
塩味 3
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.70 さしみしょうゆ(フンドーキン)

f:id:yoppymodel:20180725165827j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、水あめ、砂糖/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、保存料(パラオキシ安息香酸)、甘味料(甘草)

色の濃さ 5
香り 2
容器 3

 

情報過多になりがちなしょうゆのラベルにおいて、品名と会社名しか書かれていない潔い商品だ。

 

正統派のさしみしょうゆという味わい。甘味も強いが、味に深みと旨みがある。この辺りは絶妙のバランスというほかない。味わいもそうだが、粘度と色合いもバランスが良く、刺身に絡めたときにもっとも映えるようになっている。刺身のインスタ映えを狙うのであればこのしょうゆだ!

 

甘味 1
塩味 4
旨み 4
タコ刺身にオススメ度 ★★★

 

No.71 小麦を使わない丸大豆しょうゆ(イチビキ)

f:id:yoppymodel:20180725165843j:plain

品名 たまりしょうゆ(本醸造)
原材料 大豆(遺伝子組み換えでない)、食塩/アルコール

色の濃さ 1
香り 1
容器 2

 

こいくちしょうゆの製造には小麦の存在は欠かせない。主に発酵の過程においてこれらは機能するのだ。これを抜いて製造すると、発酵を促す成分が少ないために、一般的なしょうゆに比べて熟成期間が長くなる傾向がある。中には3年もの時間をかけた醤油も存在するらしい。

 

味わい的には、まず、するっとした滑らかな印象を受けた。その後、濃厚な旨みが出てくる。このあたりは小麦を入れてないことで味わいが大豆由来のものメインとなったことが関係していると思う。また、長い熟成期間による深みも感じられる。薄味かなと予想していたが、かなり濃い味。こういった「たまりしょうゆ」製法を使ったものは濃厚な味になるらしい。

 

もちろん、タコの刺身にもそこそこ合う。グルテンフリー的に考えても良いしょうゆである。

 

甘味 0
塩味 5
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.72 キッコーシン さしみしょうゆ老松(岩永醤油)

f:id:yoppymodel:20180725165953j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、糖類(砂糖、水あめ)、脱脂加工大豆、食塩、小麦/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘剤(キサンタン)、甘味料(ステビア、甘草)、保存料(パラオキシ安息香酸)

色の濃さ 6
香り 1
容器 2

 

商品名は「しょうゆ」とズバリである。ここまでありそうでなかった。ただ、位置づけとしては「さしみしょうゆ」である。色素で色を付けて甘味も加えてある。色は特にすごく、完全に漆黒の闇である。

 

めちゃくちゃ色が濃い半面、味はなかなか薄い。素材の旨みを引き出すタイプのさしみしょうゆであろう。甘さも控えめで、予想していたよりサラリとしているので、いくらでも味わうことができる。その中にも旨みがあって、まるでレイヤーがかった独特の風味を演出してくる。

 

レイヤーとはまさに「層」のことであるが、昨今ではそれ以外の使われ方もする。件のS氏であるが、遠回しに言っても何も解決しないので、ダイレクトに言うことにしたのだ、ちゃんと鳳凰にプロポーズしなさい、と。別に僕自身はそう思っていないが、T氏が怖いのでそう言っているだけだ。

 

「うーん、しなきゃとは思ってるんだけどね」

 

S氏はあっけらかんと言っていた。薄ら笑いすら浮かべていた。なんでこの間抜けな笑顔のために恐怖に震えたり心配したりしているんだ、心の底からバカバカしい、そう思った。

 

「ちょっと躊躇するというかなんというか」

 

なぜだかS氏は煮え切らない。まだなんかあるのか。もう家を買うとか庭に卓球台を置くとかいろいろあるのにまだ何かあるのか。もう勘弁してくれ。そう思っていると、とんでもないことを言い出した。

 

「彼女、レイヤーなんだ」

 

これは「層」だとかそういった意味の「レイヤー」ではない。「コスプレイヤー」を略したものである。

 

「コスプレイヤー?」

 

「そう」

 

「なんのコスプレしてるの?」

 

一瞬、トサカとかつけて火の鳥のコスプレをしているのかと考えたが、たぶんそれはない。作品が古い。

 

「〇〇〇とか〇〇〇とか」

 

なにかキャラ名を言っているのだけど、ごめん、全く分からなかったので全然名前を覚えられなかった。何らかの提督っぽい名前だったと思う。休みの日などはそのコスプレイベントに参加しているのだという。

 

「じゃあ、そのコスプレ趣味をやめてほしくてプロポーズできない感じなの」

 

まあ、確かに受け入れられないこともあるのかもしれない。恋人や配偶者がコスプレに興じていること自体を受け入れられない、あり得る話なのかもししれない。そう思って問いかけたが、S氏の返答は違っていた。僕は自分の愚かしい考えを恥じるほど、S氏の回答は予想外のものだったのだ。

 

甘味 2
塩味 2
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.73 梅漬けしょうゆ(フンドーキン)

f:id:yoppymodel:20180725170015j:plain
※季節限定商品

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ(小麦を含む)、砂糖混合ぶどう糖液糖、食塩、かつお節/アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)

色の濃さ 0
香り 0
容器 1

 

「しょうゆ」とは謳っているが、これは「しょうゆ」ではない。梅を買ってきて、これに漬けてカリカリの漬けものを作るためのものだった。しょうゆ的な味わいであるのだろうけど、本来の使い方ではない。本来のしょうゆとしての使用は想定してないだろうけど、しょうゆとして販売しているので仕方がない。買って試すしかない。

 

予想以上に甘みがあり、旨みも深い。特に最初に感じる旨みが控えめで、逆にそれがタコの旨みを実感させてくれる。これ、梅を漬けてる場合じゃねえ! タコの刺身に合うぞ! 残念ながら、梅を漬けこむ時期だけの期間限定販売らしいので、入手困難であるところが最大の難点か。

 

甘味 1
塩味 3
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.74 あまくちさしみしょうゆ(ヤマエ)

f:id:yoppymodel:20180725170046j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、果糖ぶどう糖液糖、脱脂加工大豆、小麦、食塩、アルコール、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(サッカリンNa、甘草)、ビタミンB1、増粘剤(キサンタン)

色の濃さ 3
香り 2
容器 2

 

やはりヤマエさんである。謳っている味わいをそこまで前面に出してこない。この甘口はそこまで強い甘口ではなく、塩味がぐぐっと主張してくる。こういった味わいは好みの問題でもあるが、タコの刺身によく合う。

 

というか、ヤマエさんはなかなか商品のラインナップが多い。

 

甘味 1
塩味 4
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.75 超特選さしみしょうゆ(フンドーダイ)

f:id:yoppymodel:20180725170142j:plain

品名 こいくちしょうゆ
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、砂糖、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、アルコール、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、甘味料(甘草)

色の濃さ 4
香り 1
容器 2

 

熊本県に本拠を置くフンドーダイ五葉さんの「超特選さしみしょうゆ」である。

 

味わい的には塩味がかなりちょうどよい感じであるという印象がある。ちょっと塩味が足りないかな、と思うギリギリちょっと上くらいの絶妙な位置に設定されていて、タコのような素材に合うように作られている。逆に味の濃い素材だった場合は「しょうゆ」の方が負ける可能性がある。それくらい絶妙の味加減で設定されている。

 

「コスプレをやめてほしいとは思わない。彼女のコスプレは素材にあっているからね」

 

S氏はそう言った。

 

「じゃあなんでプロポーズしないの?」

 

そう聞くと、黙って少し考えこんでから言った。

 

「僕はコスプレってものがよく分からないけど、彼女がそういう世界観に憧れているのはわかるんだ。だから、プロポーズもそういうシチュエーションでされたいのかなあって」

 

そういうものなのだろうか。

 

「そういうものなのだろうか?」

 

考えていることと言葉が一致してしまった。

 

「そういうものだよ、一生に一度だからね、プロポーズは。だから今は彼女がコスプレしているキャラクターの世界観を勉強している」

 

さっき聞いたキャラ名によると名前に「提督」とかついていたので、とてもじゃないがS氏に再現できる世界観とは思えない。

 

「それにできれば僕もコスプレしてプロポーズできたらなあって。それには痩せないとね」

 

そう言った。いつまで待たせるつもりだ。

 

そこまで待っていたら僕がT氏にぶん殴られてしまう。最初に戻ってしまうかもしれないが、これはもう脂肪吸引しかないのかもしれない。

 

甘味 1
塩味 3
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.76 うまくちさしみしょうゆ(ニビシ)

f:id:yoppymodel:20180725170203j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)/アルコール、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、甘味料(ステビア、甘草)

色の濃さ 3
香り 3
容器 2

 

ラベルに堂々と「九州地区売り上げナンバーワン」と書かれている。九州で最も売れているしょうゆということだろうか。それとも、この会社のラインナップの中で、ということだろうか。調べたけれどもちょっとよくわからなかった。

 

味わいのほうは、なるほど、クセのない味だ。万人に愛される味というか、これを嫌いという人はあまりいないんだろうなあ、という無難な位置に調整してある印象。まろやかで、大きく主張してくる成分がないので、どこか安心するような味わいだ。どのくくりであれ、九州ナンバーワンも頷ける。

 

甘味 1
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.77 こいくち甘露(サクラカネヨ)

f:id:yoppymodel:20180725170231j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 2
容器 3

 

サクラカネヨさんのパッケージは全体的に昭和的なレトロさがあり、味がある。

 

味わいのほうは、甘味がやや強い。全体的にではあるが、ある種、切れ味のある味わいではなく、全体がぼやっとした朧げな印象を受ける。ただし、これは短所ではなく、用途によっては長所にもなりうる独特の味わいである。

 

朧げな印象といえば、S氏のコスプレ問題であるが、あれほど訳の分からないものに対しては全く朧な印象になってしまう、というものである。

 

またもや、鳳凰からS氏にあてた電話を僕がとった時のことだった。常に苦しめられている存在であるところの鳳凰であるが、こうして声を聴くのは久々の感がある。懐かしさすら覚える。

 

「コスプレをされてるようで」

 

僕がそう切り出すと、鳳凰は爆裂といった勢いで語り始めた。

 

「そうなのよ、こんど合わせがあって×××でそれから〇〇〇オンリーでしょ」

 

ちょっとよく覚えてないけどそんなことをまくしたてていた気がするが、その名前が全然覚えられない。なんか印象が朧げで、「提督っぽい名前」くらいしか感じられないのだ。困った。ただ、雰囲気的にS氏が真似するのは無理そうなので、もう単刀直入に聞いてみた。

 

「そういうコスプレ的なシチュエーションでプロポーズとかされたいんですか? そのキャラになりきってされたいとか」

 

これには鳳凰が不快感を顕わにした。

 

「わたしはそういうのでコスプレしてないから。あくまでも自分じゃない自分になりたくてやってるし、準備期間のほうが楽しいくらい。だから、そういうのでプロポーズはちょっと」

 

もう何やってんだよ、S氏、全然ダメじゃん。彼女そんなの求めてないじゃん。求められてないのに脂肪吸引して提督の恰好してプロポーズしたらピエロですよ、ピエロ。提督じゃなくてピ・エ・ロ!

 

「それに、やってほしいプロポーズのシチュエーションは他にあるから」

 

そう言った鳳凰の話、心底どうでもよかったけど聞くしかなかった。

 

甘味 3
塩味 1
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.78 九州しょうゆ(フジジン)

f:id:yoppymodel:20180725170247j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、果糖ぶどう糖液糖、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 3
容器 3

 

かなり強い旨みがある。九州しょうゆという商品名から、やや甘めの味を想像していたが、最初に予想外に強い塩味がやってきた。その裏側にさらに予想外の旨味があり、それでいて全体が濃厚でまろやか。タコの刺身を包み込むような包容力があって、しょうゆ本来の働きを思いださせてくれる。これはかなりの逸品である。

 

甘味 0
塩味 5
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★★

 

No.79 母ゆずり うすくち 天然だしいり(かねよしょうゆ)

f:id:yoppymodel:20180725170306j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ(小麦、大豆を含む)、風味原料(さつま本ぶし、いりこ)、果糖ぶどう糖液糖、米発酵調味料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 1
香り 2
容器 2

 

かなり色が薄い。香りはしょうゆのそれというより、だしのそれのようだ。天然だし入りと謳っていることから、味付け用途を想定しているに違いない。そういった意味で商品名も「母ゆずり」であり、おふくろの味を再現できるようにしているのではないか。

 

味のほうもダシの風味がかなり強い。なかなか美味いが、これはダシである。何につけてもその味にしてしまうということから、別にタコの刺身でなくてもいいのである。肉じゃがなんかに使ったらそうとうマッチするんじゃないだろうか。

 

甘味 0
塩味 2
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★ 

 

No.80 うすくち 白(フンドーキン)

f:id:yoppymodel:20180725170325j:plain

品名 うすくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、脱脂加工大豆、小麦/調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)、保存料(パラオキシ安息香酸)

色の濃さ 1
香り 2
容器 2

 

こちらもダシほどではないが、味付け用途を見据えているであろうことが色や香りから伺える。

 

味わいは濃厚のひとことだ。とにかく旨みがすごい。色の薄さに反して味はとにかく濃く、ホワッと口の中に広がった旨みがクッションのようになってタコの刺身を受け止める印象を受ける。

 

甘味 0
塩味 3
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.81 うまくち減塩しょうゆ(ニビシ)

f:id:yoppymodel:20180725170342j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、果糖ぶどう糖液糖、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 3
香り 3
容器 4

 

ピンクのラベルがなんとも愛らしいニビシさんのしょうゆ。さらには「おいしさそのまま塩分45%カット」と書かれている。かなりのカット率である。いたずらに40や50にしなかったところが試行錯誤して限界までカットした感があってよい。

 

味わってみると、食塩45%カットだなーという味わい。塩味と旨みが強い醤油から塩味を45%減らしたような味わいだ。個人的には塩味が好きで減塩のものは物足りなく感じるが、なぜかそういったものはタコの刺身によくマッチする。これも例外なくマッチした。

 

味わいにおいても何においても、マッチすることは幸せで良いことである。しかしながら、それは裏を返せばマッチしないことが悲劇であることを示している。

 

S氏はコスプレ好きの彼女に合わせて提督になってプロポーズをしようと考えた。しかし、肝心の彼女は、コスプレにそういうものを求めていなかった。はっきり言って完全に意思がマッチしていない。

 

本来ならこういったマッチしない意見は話し合いによって修正していくべきだが、議題がプロポーズである以上、それはあまり好ましくはない。なぜかプロポーズはややサプライズ寄りに考えられるのが一般的だからだ。

 

「俺からお前へのプロポーズのシチュエーションだけど」

 

という相談自体が、すでにプロポーズになってしまうという構造がある以上、かなり難しいのだ。

 

「やってほしいプロポーズのシチュエーションは他にあるから」

 

電話口の鳳凰はそう言った。これは、そうしろという僕への命令に近い。心の底からどうでもいいという思いを堪えて聞くしかないのだ。そして、聞いてしまったらそうするようにS氏を誘導するしかないのだ。今世紀最大の面倒くささである。

 

「ドラマみたいにプロポーズされたい」

 

それは提督くらい難易度が高いのではないか、そう思った。

 

甘味 0
塩味 2
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.82 超特選しょうゆ(ヤマサ)

f:id:yoppymodel:20180725170510j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩

色の濃さ 3
香り 3
容器 5

 

千葉県の銚子にあるヤマサ醤油さんの商品。

 

まず目を引くのがその容器の形状である。まるでシャンプーとかの詰め替えパックみたいな形状をしているが、れっきとしたしょうゆである。しかも、ここから別のビンに詰め替える「つめかえ用しょうゆ」というわけでもなく、正真正銘、これが本体である。

 

しょうゆは、空気に触れることで酸化が起こり、風味や色合いが変化する。つまり鮮度が落ちるのだ。それを防ぐため、密封ボトルなどの形状が提案され、ここまでもかなりの種類登場してきた。これはその最先端を行く形状だ。

 

「抜群の鮮度キープ力 エアブロック弁」と書かれているとおり、これは二重の袋になっている。取り出し口は弁のようになっていて、中身は出るが空気が入らない状態にしてある。おまけに、普通にプラスチックやビンの容器を用いると、ある程度使った後に必ず空間ができてそこに空気が入るが、これは袋なので萎むだけであり、空気と接しない。いつまでも鮮度を保てるというわけだ。なかなか考えられている。

 

開けようとすると、とにかく開けにくかった。なかなか苦労したが、実際に味わってみると、めちゃくちゃ美味い。タコの刺身のために作られたような味わい。塩味がやや強く、濃い味なのにさっと身を引いて、最初だけ味を調えた後にグワッとタコのうまさを引き出している。しょうゆ単体でみてもかなり美味いので、日常的に使っていきたいとすら思った。それほどの味である。

 

甘味 1
塩味 4
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★★ 

 

No.83 ゴールデン紫(フンドーキン)

f:id:yoppymodel:20180725170527j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、砂糖混合果糖ぶどう糖液糖/アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)

色の濃さ 3
香り 3
容器 2

 

そういえば、ここまで何個か商品名に「紫」を冠したものが登場してきた。普通にスルーしていたが、どうして「しょうゆ」に「紫」なのだろうか。しょうゆ、ぜんぜん紫色じゃなく、赤みがかった黒ってくらいなのに。

 

これはもしかしたら、寿司の世界でしょうゆのことを「むらさき」と呼ぶことに由来しているのかもしれない。江戸時代に寿司が流行したとき、そこに使われる「しょうゆ」は高級品であった。実に塩の8倍以上の値段がして、大変貴重なものだったのだ。

 

もともと「紫」とは高貴で貴重なものを表す色だった。そんな事情で貴重なしょうゆを「むらさき」と呼ぶようになったんだとか。その名残で、高貴なしょうゆであるという意味合いを込めて商品に「むらさき」とつけるのかもしれない。

 

さて、その「紫」の味わいであるが、単刀直入に言うとタコに合うのだ。高級感とかは分からないが合うのだ。先ほどのヤマサのものよりやや塩味が抑えられた味という印象だが、そのぶん、タコの風味が増すことになっている。ただ、唯一の欠点は、やや物足りなさを感じる場面も出てくるというところである。

 

甘味 1
塩味 3
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.84 日高昆布しょうゆ(トモエ)

f:id:yoppymodel:20180725170545j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ(本醸造)(脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩)、果糖ぶどう糖液糖、還元水飴、昆布(日高産100%)、昆布エキス、アルコール、調味料(核酸)

色の濃さ 3
香り 2
容器 2

 

「しゅうゆ」をもとに作った「しょうゆ加工品」であるが、これは日高昆布を投入することで昆布風味のものをつくりました、というやつだ。

 

味わってみると、思っていた以上に昆布の味わいが前面に出てくる。昆布の持つまろやかな旨みがタコによく絡み、口の中に小さな海底を作ったような印象を受ける。塩味は抑えめであり、昆布だけではない、しょうゆやほかの旨みがいくつか絡み合ってくる。そこそこタコの刺身に合うが、たぶんこれは何につけても美味い。

 

甘味 1
塩味 2
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★ 

 

No.85 かき醤油(アサムラサキ)

f:id:yoppymodel:20180725170605j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ、砂糖、みりん、食塩、かつおぶし、かきエキス、植物たん白加水分解物、かつおエキス、こんぶエキス、こんぶ、乾しいたけ、調味料(アミノ酸等)、アルコール、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

色の濃さ 3
香り 2
容器 1 

 

あれ、さっきもこのかき醤油やらなかったっけ、岡山で作っているのに厳島神社がパッケージにあるやつ、と思ったが、前回のものは「白だしバージョン」、これはそうじゃないバージョンのようだ。

 

これはむちゃくちゃ卵かけご飯にあうと思う。もうこれ自体が旨みが深く完成されている味なので、あまり刺身には向かない。刺身を殺してしまうレベルの味わいだからだ。逆に邪魔してしまうに違いない。料理の味付けや卵かけご飯になどにどうぞ。

 

さて「邪魔をする」であるが、S氏と鳳凰のプロポーズの件である。

 

「ドラマのようなプロポーズをされたい」

 

と言う鳳凰。僕が猟銃を所持していたら撃っていたかもしれない。

 

「具体的にどんなドラマ」

 

と聞くが、名前は出てこない。あるドラマ単体をさして、これみたいなプロポーズではなく、全般的な概念として「ドラマのような」プロポーズがいいらしい。

 

「例えば困難があったり、邪魔する人がいたり」

 

なるほど、そういうのがいいわけか。困難というハードルを乗り越えてプロポーズをするカタルシス。なるほどなるほど。

 

「邪魔する人ねえ」

 

ちょっとそういう人が浮かばない。

 

「邪魔する人、やってください」

 

何を言ってるんだ、この人は。

 

「わたしたちのプロポーズを邪魔する人やってください」

 

さすがに意味もなく人の恋路を邪魔するようなことはできんよ、と思いつつも、猟銃を持ってS氏の行く手を阻む姿を想像してしまった。「プロポーズしたきゃ俺を倒していきな」想像の中とはいえ、何をやってんだ、僕は。

 

「考えてみます」

 

「よろしくおねがいします」

 

そう言って電話を切った。いよいよ事態は深刻である。

 

甘味 2
塩味 3
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★

 

No.86 うすくちしょうゆ あじさい(ヒシク)

f:id:yoppymodel:20180725170639j:plain

品名 うすくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、小麦、脱脂加工大豆、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、カンゾウ)、ビタミンB1

色の濃さ 1
香り 4
容器 2

 

うすくちしょうゆは色を薄くし、香りも控えめにする傾向があるが、これは色こそは薄いが香りはまあまあ強い。なぜ「あじさい」なのか調べてみたがちょっと分からなかった。

 

今までの「うすくちしょうゆ」の中でも最も味が濃い。比較的味が濃い傾向になる「うすくちしょうゆ」だが、その中でも群を抜いて濃い。特に塩味が強く、その後に多層の旨みが効いてくる。さいごにちょっと独特の後味が自己主張してくる感じだ。なかなか美味く、タコの刺身に合う。やはり「うすくちしょうゆ」は全般的に合うのだ。

 

甘味 1
塩味 5
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.87 特選初茜(フジジン)

f:id:yoppymodel:20180725170700j:plain

品名 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆、小麦、食塩、砂糖、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、サッカリンNa、甘草)

色の濃さ 2
香り 1
容器 2

 

あまくちと表記があるが、そこまで甘いわけではない。まず旨みが広がってきて、あまり甘くないな、というか甘さないな、と思ったら後からじわっとほのかな甘味が広がる。予想外のタイミングでくるので、実際の甘味以上に甘さを感じることにはなる。上品な味わいで、全体的に整った印象が強い。

 

甘味 3
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.88 生たまりしょうゆ(イチビキ)

f:id:yoppymodel:20180725170719j:plain

品名 たまりしょうゆ(本醸造)
原材料 脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、食塩、みりん、砂糖、小麦/アルコール

色の濃さ 4
香り 3
容器 2

 

またもや小麦を使わない「たまりしょうゆ」だ。第一印象として、かなり香りが良い。香ばしい風味が周囲に広がる。これはたまりしょうゆ独特のものだろうか。

 

味わいのほうは、大豆の味わいがかなり深い、旨みも予想以上に深追いしてくる。これらは味付け用途としてはかなり優秀で、ブリの照り焼きなどに用いるのがベストではないか。ただし、タコの刺身に合わせた場合は、可もなく不可もなくといった感じになる。

 

甘味 3
塩味 2
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.89 うすくち(フジジン)

f:id:yoppymodel:20180725170738j:plain

品名 うすくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、果糖ぶどう糖液糖、脱脂加工大豆、小麦、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)、ビタミンB1

色の濃さ 1
香り 2
容器 2

 

ここまで何本か「うすくちしょうゆ」が出てきたが、やはり全てタコの刺身に合う。これも例外ではなく、独特の味わい深さがあり、ちょっと癖になる。旨みとコクが強いだけでなく、タコに絡んだ後の後味が良いのである。

 

世の中の全てが後味の良いものであることが望ましい。しかし、残念ながらそうはいかない。むしろ後味の悪いことが世の中には溢れているのである。例えば、一世一代のプロポーズに失敗したら、大変後味が悪い。

 

これはプロポーズの返事がNoだったという類の失敗ではない。むしろそちらは清々しい。ここでいう失敗とは、「やりたい形でのプロポーズができなかった場合」なのである。これはとても後味が悪いと思う。

 

例えば本人が望んでいないのに、提督のコスプレをしてプロポーズなどだ。もしくは満員の東京ドームで電光掲示板にデカデカとプロポーズ、など美談になりそうだが、本人がそういう派手なことを嫌っていた場合は後味が悪いことになってしまう。そういった意味では、なるべく鳳凰の希望に沿ったプロポーズに誘導する義務がある。

 

「ドラマのように困難を乗り越えてプロポーズされたい」

 

難しい注文である。なぜなら、困難はそこにあるもので作り出すものではないからだ。つまり、今現在で困難がないのに作り出す必要が生じるわけである。それは愚かな行為だ。

 

「どうなの最近?」

 

なんとか糸口を見出そうと、S氏に探りを入れる。早く何とかしないとT氏に殴られる。

 

「どうって何が?」

 

「その、彼女とか」

 

何か困難っぽいことはないか、強力なライバルがあらわれるとか、海外に転勤になるとか、そういうのはないのか、心の中で懇願する僕だったが、ライバルは出ないし、転勤もない。

 

「ああ、明日から、彼女、社員旅行だよ」

 

もうこれが困難でいいや、困難ということにしよう、そう思った。愛する相手が社員旅行なんて! とんでもない距離! ものすごい困難だ!

 

甘味 1
塩味 3
旨み 5
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

No.90 さしみしょうゆ あまくち(ヒシク)

f:id:yoppymodel:20180725170807j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、食塩、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、サッカリンNa、カンゾウ)、増粘剤(キサンタンガム)、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 2
容器 2

 

さっきもこれ味わった気がする、ヒシクさんの「さしみしょうゆ」だよね、と思ったが今度は「あまくち」らしい。

 

甘さの中に独特の旨みとコクがある。これはちょっと不思議な味わいだ。甘さと旨みの比率が噛むたびに変わり、口の中で何度か味を変える風味だった。それらの味が消えた後に引っ張りだされるようにタコ本来の旨みが来る。なかなか味わい深い。というか興味深い味だった。

 

甘味 3
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.91 TABASCO スパイシーしょうゆ(正田)

f:id:yoppymodel:20180725170827j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ(本醸造)、ペパーソース、アルコール、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

色の濃さ 2
香り 2
容器 4

 

また正田さんである。もういい加減にしてほしい。タバスコじゃねえか。ラベルが完全にタバスコのそれだ。これをしょうゆとして売るか。見るからに赤いのが出てきたらどうしようと思ったが、色は普通にしょうゆ。香りもしょうゆ。

 

おそるおそる味わってみると、思ったより辛くない。下手したら罰ゲームレベルに激辛で悶絶するかと思ったが、普通にこいくちしょうゆの味だ。それでいて、味わい終わった後にピリピリしたほのかな辛さがのこるだけである。下手したら気づかないレベル。

 

そういった意味では、キワモノでもなんでもなく、普通に正統派な味わいだ。そこそこタコにも合う。

 

甘味 0
塩味 2
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.92 かんろ(カネヨ)

f:id:yoppymodel:20180725170852j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(ステビア、サッカリンNa、甘草)、ビタミンB1、増粘剤(キサンタンガム)、乳糖

色の濃さ 5
香り 3
容器 2

 

独特の香りがあり、こういう香りのするしょうゆは初めてだなという印象。ただ決してネガティブなイメージではない。

 

味のほうは、甘さがあるが、そこまで強くない。すぐに消え失せて。旨みだけが残される印象だ。粘性が高くしてあるので、ちょっとつけるだけでかなりの量が刺身に絡むので、味が濃すぎると感じることもあるが、全体的によくまとまっている。

 

そう、まとまっていることが大切なのだ。

 

S氏と鳳凰の話は浮気話から家の話に飛び火し、とっちらかっているがここらでまとめなければいけない。というか、早くしないとT氏と僕が持たない。なんとかこの鳳凰の社員旅行を困難であるとして、それを乗り越えてプロポーズするようにもっていってまとめあげる必要がある。

 

「彼女と結婚したいのか?」

 

まずは意思確認をする。S氏はゆっくり、そして大きく頷いた。よし、ならばプロポーズだ。

 

「じゃあプロポーズだろ」

 

僕がそう言うと、S氏はグチャグチャネチョネチョ何かを言い始めた。

 

「いや、まずはコスプレするために世界観を理解して、それで衣装が合うようにダイエットして、それからだね」

 

もう、そういうのはやめるべきである。

 

「結婚したいと思ったなら、すぐにプロポーズするべきだろ」

 

僕の発言にS氏は押し黙った。

 

「いや、それにお互いの親族のこともあるし、それに彼女が何を考えているのかわからないし」

 

けっこうごもっともな意見だが、伝えるわけにいかないが相手は困難を乗り越えたプロポーズを望んでいる。いきなり困難の設定は難しいので、この社員旅行での距離を困難に据えてやるしかないのである。

 

「できれば凝った内容でやりたいし」

 

その言葉に反論した。

 

「そんなんじゃないんだよ。たとえばさ、『しょうゆ』って色々な味があってさ、甘味を出すために甘味料入れたり、旨みを出すために調味料入れたり、カツオや昆布入れたり、バタマヨとかそんなのもあるんだ。凝ったしょうゆっていっぱいあって、それぞれが美味い。でも、素朴なしょうゆも美味いんだよ。そんなもんじゃない? プロポーズだってさ、凝ったサプライズより、キザな言葉より、素朴な結婚してくださいが心に響くことがある」

 

「しょうゆ……」

 

S氏が呟いた。

 

甘味 4
塩味 1
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.93 昆布しょうゆ(福寿)

f:id:yoppymodel:20180725170920j:plain

品名 しょうゆ加工品(調味料)
原材料 しょうゆ、ぶどう糖、米発酵調味料、食塩、そうだかつお削りぶし、こんぶ、アルコール、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

色の濃さ 2
香り 4
容器 2

 

S氏は迷いを見せた。そしてゆっくりと口を開いた。

 

「うちの親父がさあ、しょうゆのことで怒ったんだよね。いつもの銘柄と違うしょうゆを母さんが買ってきてさ、悪魔が憑りついたように怒り始めた。怒り狂う親父に、ビクビクする母親、顔色をうかがう子供たち、それが俺の持つ家庭像だった。だから家庭を持つのがどこか怖い自分もいたんだ」

 

ずっと思っていたが、S氏は父親からの呪縛がすごく、それが彼を苦しめている部分があった。

 

「しょうゆって習慣だよ。誰だって慣れ親しんだ味が安心する。でも習慣って呪縛なんだ。本当はしょうゆってめちゃくちゃ種類があって、味わいも全部違うんだ。世界は広い。いろいろな美味しいものや珍しいものがいっぱいある。幸せだってきっとそうじゃないかな。いろいろな形の幸せがきっとある。それを単一して悲観的になるのはただの呪いだよ。いい加減に父親の呪縛から解き放たれるべきだ」

 

沈黙が流れた。

 

そしてS氏が何かを決意する。

 

「明日、プロポーズする。彼女の社員旅行先でプロポーズする」

 

ついに物語はクライマックスを迎えた。

 

(しょうゆはダシ風味、ただしその風味は意図的に抑えられている印象だ。どうやら昆布エキスとかではなく、昆布が丸ごと投入されているらしい。そこから染み出した旨みが強いが、時間の経過によって風味が変わる印象がある)

 

甘味 1
塩味 2
旨み 4
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.94 さしみ あまくち福寿(カネキ醤油)

f:id:yoppymodel:20180725170940j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、砂糖/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、サッカリンNa、甘草)、保存料(パラオキシ安息香酸、安息香酸Na)、増粘剤(サッカリンガム)

 

その日は朝から雨だった。

 

きちんと休暇届を出して仕事を休んだ僕とS氏は車に乗り込んでいた。これから鳳凰の社員旅行先である、温泉地へと車で向かうのである。S氏の所有する黄色い軽自動車は、今にも朽ち果てそうで、廃墟写真集とかに出てきそうなものだった。

 

「たぶん、高速は無理なんで、下の道で行こう」

 

「そうだね、下手したら社員旅行より先に到着する可能性もあるしね」

 

向こうの詳細なスケジュールが分からないので、できれば夜に到着したいところだ。そこで温泉街の明かりにプロポーズと行くべきである。

 

「雨が強いね」

 

途方もない山の中を黄色い軽自動車が駆け抜けていく。S氏の愛車はとにかくワイパーの性能が悪く、窓の水滴をかき混ぜて遊んでいるだけだった。

 

「昨日のしょうゆの話なんだけど」

 

S氏は不意に切り出した。

 

「あれから何種類か買って味わってみたんだけど、全部味が違うの。驚いたよ。しょうゆって言ったら頭の中に浮かぶ味、それがこの世の全てだと思っていた」

 

「それが呪縛だよ、習慣という名の呪縛」

 

対向車の水しぶきがフロントガラスを覆った。

 

「結局、親父の呪縛から逃れられなかったんだろうなあ。卓球台にしても何にしても」

 

僕はS氏の言葉を黙って聞いていた。

 

「しょうゆだって色々ある、人生だって色々さ」

 

ここで話に割って入る。

 

「卓球台も、国際規格にこだわらなかったら色々ある。折り畳みのヤツとか」

 

二人の笑いが車内に響いた。

 

(色の濃さ 5)
(香り 2)
(容器 3)

(香りが独特である。味のほうも甘みがあり、その甘みに絡むように独特の風味が強く主張してくる。噛んでいるうちにそのバランスが変わっていき、いつまもでも噛んでいたいような気持にさせてくれる)

 

甘味 4
塩味 1
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.95 鮑醤油(アサムラサキ)

f:id:yoppymodel:20180725171003j:plain

品名 しょうゆ加工品
原材料 しょうゆ、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、食塩、米発酵調味料、還元水飴、かつお節、植物たん白加水分解物、アワビ肝エキス、かつお節エキス、こんぶエキスパウダー、こんぶ、乾シイタケ、調味料(アミノ酸等)、酒精、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆、あわびを含む)

 

カーラジオが聞こえにくくなってきた。県境が近いということである。このままあと2つも県境を越えれば鳳凰の社員旅行先の温泉地、約束の地へと到着する。高速を使わなくとも明るいうちに到着しそうな勢いだった。

 

「やばい」

 

S氏が声を上げた。

 

「どうしたの?」

 

問いかけると、思いっきり助手席に顔を向けながら心配そうな表情で言った。

 

「ガソリンがない」

 

いいから前を向いてくれと思ったが、ガソリンも重要だ。聞くと、出発した段階であと1目盛りというくらいガソリンがなかったそうだ。なんで今まで気づかないんだよ。入れとけよ、と思ったが、心を弾ませる自分がいた。

 

“これは困難だ”

 

困難を乗り越えてプロポーズさせるために社員旅行を追いかけているけど、まあ、山道が険しいことと雨が降っていることくらいでさしたる困難ではない。そこにガス欠やってきた。これは困難である。

 

しばらくすると、プスンプスンという断末魔の叫びをあげて、車が止まった。山と山が重なり合う景色が延々と続くワインディングロード、木々が覆いかぶさる狭い道だったがすれ違うために設けられたやや広い場所に運良く停まった。

 

「停まったね」

 

「停まったね」

 

激しい雨が車を打ち付けていた。

 

「どうしようか」

 

これは願ってもない展開である。時間調節にもなる。ただ、困った素振りをみせた。ここでかつて敵対していた相手が助けに来たら最高だろ、そう思った僕はT氏に電話を掛けた。

 

(色の濃さ 3)
(香り 3)
(容器 5)

 

(高級感あふれる陶器製の容器に、アワビの文字。かなりリッチさを意識した商品だ。アワビの香りなのだろうか、これまでに体験したことない上品な香りがする。口の中に広がるアワビの風味が深く味わい深い。これがアワビの出す旨みだろうかと感嘆するほどだ。とにかく美味いけど、タコにアワビの味はいらないというところが正直なところだろうか。ちょっと味がとっ散らかってしまう。なにせ、アワビの味が欲しいならアワビ食べればいいしね。)

 

甘味 2
塩味 3
旨み 3
タコ刺身にオススメ度 ★★

 

No.96 ぼたん(ヤマエ)

f:id:yoppymodel:20180725171025j:plain

 

数回コールすると、低い声の男が気だるそうに電話に出た。たぶん勤務中なのだろう、とにかく気だるそうだった。

 

「今からプロポーズに行く」

 

僕の宣言にT氏は目が覚めたようだった。

 

「マジか!? ついにか!?」

 

姿は見えないがたぶん立ち上がっていると思う。それくらいの勢いだった。

 

「ただ問題があって、いま県境でガス欠になって立ち往生している」

 

「なんで」

 

至極まっとうな意見である。いちいち困難を作るために社員旅行先まで行ってプロポーズする、その際にガソリン入れ忘れたと説明するのは面倒だ。

 

「とにかく助けに来てくれ!」

 

ここでT氏がガソリンをもって駆けつけてくればかなり熱い展開である。かつて我々を苦しめた存在が助太刀してくれるのである。これはもうドラマだろ。画面の下の方に高速でスタッフロール流れてミスチル流れてるでしょ。

 

「俺も年かな、丸くなっちまったよ。お前らを助けるなんて。こうなったらプロポーズ絶対に成功しろよ!」

 

崖から落ちる直前にT氏がそう言うんですよ。そして僕らにガソリンを託して、崖から……。

 

「やだよ、JAF呼べよ」

 

こいつはとんでもないやつだ。ドラマというものを全く理解していない。

 

「いや、俺も佐藤さんもJAFの会員じゃないし」

 

なんとかドラマを演出したいんだ。

 

「会員じゃなくても来てくれるだろ、別に料金とられるだろうけど」

 

「そりゃそうだけど」

 

T氏は畳みかけるように言った。

 

「それに今日は仕事終わったら野球チームのみんなでサウナいくから」

 

サウナなら仕方がない、そう思った。

 

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、果糖ぶどう糖液糖、アルコール、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、ビタミンB1、甘味料(カンゾウ、ステビア)

(色の濃さ 3)
(香り 4)
(容器 2)

 

(ヤマエさんのしょうゆにしては香りが強い。ほのかに甘味を加えたしょうゆという立ち位置のようだが、相変わらずヤマエさんのしょうゆは塩味が特徴的だ。深い塩味がタコに絡む。それこそが極上の味わいを演出してくれるのである)

 

甘味 1
塩味 3
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.97 さしみ醤油(ヤマキ)

f:id:yoppymodel:20180725171050j:plain

 

JAFは来てくれた。県境だったからか、それとも忙しかったのか、2時間くらい待ったら来てくれた。2時間の間、ずっと雨の音だけを聞いて待っていたわけではない。

 

「うちの親父はさあ、こういうガソリンマークあるじゃん、もう少しでなくなるから入れろよってランプが点灯するだけで激怒する人間でさ、少なくなってくると母親が入れにいっていたんだ」

 

「親父さん、怒りすぎだろ」

 

「だから俺も、自然とこのランプがつく前に入れたんだよね。こんなボロボロになるまで乗った車なのに、このランプがついたの見たことがなかった」

 

「それもすごいな」

 

「今日初めて見たよ、こんな色してたんだな。そして今日初めてガス欠した。いいもんだな」

 

S氏は父の呪縛がものすごい。それから解き放たれたような清々しい顔をしていた。

 

「結婚ってもしかしたら親の呪縛から解き放たれることかもしれないね、良い悪いは別にして」

 

また雨脚が強まったのを感じた。また沈黙が流れ、屋根を打ち付ける雨がサンバのリズムのように感じられた。

 

「しょうゆ」

 

またS氏が切り出した。

 

「しょうゆの話さ、いろいろなしょうゆがあってってやつ、あれなんか勇気出るよな」

 

「そう?」

 

「しょうゆが一つの味しかなかったら、それが嫌いだった時に困る。でも色々な醤油があるから救われる。用途に合わせて使い分けもできる。人間もそんなものかもしれないね」

 

「そうだね」

 

「うん、そうだよ」

 

「しょうゆうこと」

 

冗談を言い合ってたら、ルームミラーに眩しいライトが見えた。きっとJAFだ。

 

「さあ、行くぜ。呪縛を解き放ちに」

 

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 脱脂加工大豆、小麦、アミノ酸液、食塩、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(ステビア、甘草)、保存料(パラオキシ安息香酸)

(色の濃さ 4)
(香り 2)
(容器 2)

 

(かなり強い甘味がある。ただ甘味だけでなく、旨みが幾層にもなって存在するので、ちょっとずつ味が変化していく立体的味わいを演出している。この独特の構造は、何か発酵に秘密があるのかもしれない)

 

甘味 5
塩味 1
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.98 キヌアしょうゆ(丸秀醤油)

f:id:yoppymodel:20180725171108j:plain

品名 しょうゆ調味料
原材料 キヌア、食塩

色の濃さ 1
香り 4
容器 2

 

大豆も小麦も米も使っていないしょうゆという触れ込みである。「キヌア」という高地にはえるホウレンソウ科の植物から作ったらしい。植物を使って作ったしょうゆのようだ。希少な植物なのか、とにかく値段が高い。普通はこの内容量からするとどのしょうゆも300円から400円くらいの価格帯だが、これは1,400円もする。めちゃくちゃ高価だ。

 

まず、独特のにおいがある。これがキヌアの香りだろうか。味は少し甘味がかった味の後に刺すように塩味が来て旨みが来る。甘さを少し控えたあまくちさしみ醤油に近いかもしれない。独特の後味と香りがあるが、完全にしょうゆをしていて、大豆などを使ったものと大差のない味である。ただ、高価すぎる。

 

甘味 3
塩味 3
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★ 

 

No.99 母ゆずり こいくち(かねよしょうゆ)

f:id:yoppymodel:20180725171126j:plain

 

料金は結構かかった。次のスタンドがある場所まで行ける程度のガソリンを入れてくれて、そのガソリン代と出張費みたいなものがかかった。二人の持ち金を合わせてややギリギリという料金だった。

 

ガソリンを入れてもらったといっても、本当に次のスタンドまで持つのかは分からない量だ。なにせこの年代物の軽自動車は普通の車より燃費が悪い可能性があるからだ。空調を切断するのはもちろんのこと、下り坂ではなるべくアクセルを踏まないようにして節約した。なんとか命からがら状態でスタンドに到着した時には、もう日が落ちかかっていた。

 

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(ステビア、サッカリンNa、甘草)、ビタミンB1、増粘剤(キサンタンガム)、乳糖

(色の濃さ 5)
(香り 3)
(容器 2)

 

(すこしくぐもった香りがする。味わいのほうは「さしみしょうゆ」的なスタンダードといったところだろうか。味が濃いわけではないが、長いこと口の中に滞留していて、ずっと味を残している)

 

甘味 3
塩味 2
旨み 3
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.100 タイ(こいくち)(キンコー醤油)

f:id:yoppymodel:20180725171145j:plain

 

いよいよ温泉地が見えてきた。約束の地である。色々なことがあった。ガス欠になり、道も間違えた、おまけに通行止めの個所もあり、大回りしたらとんでもなく不気味な村に出たりもした。予定よりもずいぶんと遅れて温泉地に到着することになり、もう真夜中に近い時間だった。まさに困難である。

 

「ついた」

 

「やっとだ」

 

S氏は精根尽き果てた顔をしていた。

 

「ついにプロポーズだ、ここまで長かった」

 

僕がそういうと、S氏は少し口ごもった。あまりに時間が経ちすぎ、色々なことがありすぎて決意が揺らいできたらしい。

 

「こんな真夜中だし、大雨だし、もう旅館で寝てるんじゃないかな。プロポーズは日を改めてしたほうが……」

 

また彼の悪いところが出てきた。何かにつけてやらない理由を探す、彼はそうやって生きてきた。偉そうなことを言っているが、僕だってそうだ。でも、そんなことはもうやめよう、やらない理由を探すより、やる理由を大切に保持しよう。

 

「庭に卓球台を置くんだろ」

 

僕がそう言うと、S氏はさらに口ごもった。

 

「いや、卓球台はもう別にこだわりはない。なんならもうマンションでいいと思っているし」

 

「だったらそれを伝えなきゃ」

 

S氏は黙ったままだった。

 

傾斜のきつい上り坂が目の前に現れた。あまりに角度がきつすぎて、折からの雨が滝のようになって坂道を下っていた。ここを登りきると温泉地らしい。

 

とりあえず、社員旅行の旅館に乗り込んでいくわけにもいかないので、鳳凰にメッセージを送らせる。ちょっと旅館から出てきてほしい、と伝えさせる。

 

車がうなりをあげた。それでも全然登らない。オンボロ軽自動車も限界が近づいていた。

 

「やっぱり無理だよ」

 

S氏のその言葉と同時に、エンジンが止まった。何かが壊れたらしい。完全に沈黙してしまった。雨が容赦なくフロントガラスを打ち付ける。

 

「ここまでだね。こんな真夜中だから彼女もきっと眠っている。もう旅館は目の前だけどこの雨じゃ、それに車をここに放置していくわけにもいかない。ゲームーオーバーだ」

 

S氏が、あきらめたような、それでいてどこか安堵したようなトーンで言った。まさかここまでの困難になるとは思わなかった。本当にゲームオーバーなのか、打ち付ける雨音のリズムがショパンの雨だれのように聴こえた。

 

「もう無理だよ。明日も仕事だし」

 

そうだ。またJAFを呼ばないといけない。そこから修理して戻ることを考えると、ゲームオーバーだ。それに、鳳凰からも返事がない。きっともう寝てるのだろう。S氏の意見に同調しようとしたとき、S氏のスマホが頼もしく振動した。

 

「なに? 社員旅行に来てるって言ったよね? もう寝るんだけど」

 

画面にはそう表示されていた。

 

「起きてる!」

 

ドラマである。少なくとも僕らが乗り越えてきたこの旅路は困難である。そして最後に奇跡が起こった。これをドラマと言わずして何をドラマというのか。

 

「行ってこい!」

 

僕のセリフにS氏が困惑する。

 

「え、でも車を置いていくわけには」

 

すぐに言葉をかぶせる。

 

「俺が何とかする。いけ!」

 

「で、でも……」

 

「いけ!」

 

雨の中、S氏は坂を上っていく。まるでそんな彼をせせら笑うかのように雨が一層激しくなった。

 

「やれやれだぜ」

 

天井を見上げる。俺に任せていけ!とかっこいいことを言ったけど、やるのはJAFを呼ぶことぐらいである。

 

「しょうゆうことだよ」

 

ずぶぬれで走るS氏の後ろ姿にそう声をかけた。届きもしないのに。めでたい報告を聞かせてくれよと祈りながら。

 

 

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、果糖ぶどう糖液糖、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、サッカリンNa、カンゾウ)、カラメル色素、ビタミンB1、保存料(パラオキシ安息香酸) 

(色の濃さ 4)
(香り 1)
(容器 2)

 

(なぜ商品名が「タイ」なのか。別に鯛エキスが入ってるわけでもない。疑問は尽きないが味わってみると、甘味がソリッドであると感じた。普通甘味はドロっとくるが、これは鋭利にやってくる。決して強くなく、ぬるくなく、切れ味良くくる甘味。ただし、塩味や旨みはやや抑えめな印象だ。もしかしたらタイの刺身に合うのかもしれない)

 

甘味 4
塩味 1
旨み 1
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.101 濃口醤油(キッコーマツ)

f:id:yoppymodel:20180725171210j:plain

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、食塩、脱脂加工大豆、小麦、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、サッカリンNa)、保存料(パラオキシ安息香酸)、ビタミンB1

色の濃さ 4
香り 2
容器 2

 

濃口と謳う割にそこまで味は濃くない。すべての味成分がちょうどよいバランスに抑えられている。オールマイティな味わい。

 

甘味 2
塩味 2
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★

 

No.102 花嫁OHあまくち(フンドーキン)

f:id:yoppymodel:20180823153510j:plain

 

細かい模様が入った重厚なドアが開いた。

 

なぜか入場曲は西野カナの「トリセツ」だった。誰の趣味だろうか。

 

タキシードに身を包み、よくわからない髪型にされているS氏は、ひきつった表情をしている。多分緊張しているのだろう。その横には艶やかなドレス姿の女性が立っていた。

 

「いやーめでたい、めでたい」

 

乾杯が終わり、歓談が始まると、T氏がグラスを手にやってきた。

 

「めでたいめでたい、で、野球の試合、いつにする?」

 

「それはもういいですよ」

 

どんだけ野球やりたいんだ。

 

S氏の父親は会場後ろの親族席でブチ切れていた。なんか気に食わないことがあったのだろう。

 

しばらくすると、二人の生い立ちを紹介するムービーが流される。同時に司会の人から二人のなれそめが紹介された。

 

「なんと社員旅行先にプロポーズをしにきた勇作さん、雨に濡れ、車も壊れてずぶぬれの勇作さんを見て、ドラマみたいとプロポーズを承諾した順子さん」

 

そこにいた僕は、まるで二人というタコの刺身を彩り、手助けした「しょうゆ」のようだと少し誇らしかった。

 

そんな馴れ初めを聞きながら、改めて鳳凰の顔を見る。

 

「初めて見るけど、ぜんぜん土屋太鳳に似てねえなあ」

 

そう思いながら、ワインを飲んだ。

 

きっと、それでもS氏には彼女が土屋太鳳に見えるのだろう。

 

しょうゆとは習慣である。

 

そして、人生とはしょうゆのようなものなのである。

 

この国には幾多のしょうゆが存在し、それらがすべて異なった味をしている。それと同じで僕らの人生は様々な味がある。それは好ましくないことかもしれない。苦しいことかもしれない。楽しいことかもしれない。けれども、人の数だけしょうゆの好みがあるように、きっとそんなキミの人生を受け入れてくれる人がいるはずだ。恋人であったり友人であったり、きっと誰かを受け入れ、誰かに受け入れられるのである。

 

僕らは勇気をもって進むべきである。

 

全ては「そういうこと」という気持ちで進むべきなのだ。あ、「しょうゆうこと」という気持ちで進むべきなのである。人生はたいていそれでなんとかなる。そして受け入れられるのだ。

 

引き出物は、しょうゆセットだった。濃厚で香りが強い。塩味の強い「こいくちしょうゆ」といったところか。万能な味であらゆる食材に結び付く、引き出物にはぴったりの味だ。「タコの刺身にオススメ ★★」である。

 

品名 こいくちしょうゆ(混合)
原材料 アミノ酸液、食塩、砂糖混合ぶどう糖液糖、脱脂加工大豆、小麦/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、サッカリンNa、甘草)、保存料(パラオキシ安息香酸)

(色の濃さ 3)
(香り 2)
(容器 4)

 

(ネーミングがもうよく分からない。なぜ花嫁なのか、OHとはどんなテンションなのか、謎だらけだ。甘味でも塩味でもない不思議な味がする。かなり奥深いが、決して嫌な味ではない。かなりオリジナリティのある味なのではまる人はむちゃくちゃはまると思う。そういった意味で花嫁は旦那だけ、ハマる人にはハマるということだろうか、S氏、鳳凰、末永くお幸せに)

 

甘味 2
塩味 2
旨み 2
タコ刺身にオススメ ★★★★

 

いかがでしたでしょうか。

 

本当に僕は貧しく乏しい食生活を幼少の頃より営んできたので、こんなにも「しょうゆ」に種類があり、こんなにも味わいが違うとは思いませんでした。今回は、九州地方を中心に攻めましたが、地方が変わればもっと沢山の種類があるはずです。皆さんも自分好みのしょうゆを探してみてはいかがでしょうか。きっとこれぞ、というものが見つかるはずです。

 

多くのしょうゆにはそれぞれに良いところがあり、かならず誰かのNo.1になるはずです。あえて僕の中でのNo.1をつけるとするならば、

 

No.46 鶴の生醤油 なべづる(藤本醸造店)

f:id:yoppymodel:20180725171308j:plain

 

です。これはとにかくタコの刺身との相性がすごかった。

 

※今回、使用したしょうゆはすべて自分で使いたかったのですが、しょうゆには消費期限があります。開封もしてしまっているので、ほとんどを近所におすそ分け、実家の近所と親戚の近所におすそわけ、だぶって買ってしまって未開封(けっこうある)のものは近隣の子ども食堂に寄付させていただきました。

 

書いた人

f:id:yoppymodel:20180727151236j:plain

テキストサイト「Numeri」管理人。ストロングゼロ(ダブルレモン味)と稲村亜美さんを愛するおっさん。

                             
ページ上部へ戻る