安い&旨いのオンパレード!大阪キタ界隈最強の立ち飲み屋「わすれな草」のクオリティに感激した

大阪キタ界隈最強の立ち飲み屋はどこ?と聞かれると必ず名前が上がると言われる超有名店「わすれな草」を紹介します。「新鮮なものを安く」というシンプルかつ力強いポリシーのもと営業する同店は、まさに安い&旨いのオンパレード。車エビの踊り食いが180円、ローストビーフが480円と、コスパが高すぎて注文するのに罪悪感すら抱いてしまうお店です。ほとんどすべてのメニューが300円~400円台ということもあって、気軽に酒を飲んで美味しいものを食べることが可能です。大阪キタ界隈の酒好きには一度は行ってほしいお店のひとつです。 (肥後橋のグルメ居酒屋

安い&旨いのオンパレード!大阪キタ界隈最強の立ち飲み屋「わすれな草」のクオリティに感激した

まいど憶良(おくら)です。

f:id:g-mag:20170607095837j:plain

こんなきれいなローストビーフ、なかなかお目にかかれない。

そんなローストビーフが なんと480円で食べられる立ち飲み屋さんがあると聞き、大阪は北区にやって来ました。

 

f:id:okuradesu:20170404210701j:plain

大阪駅から地下鉄四つ橋線の西梅田まで移動し、1つ目の駅の肥後橋で降りて徒歩1分。大阪駅から散歩がてらのんびりと歩いても苦にならない距離です。

 

f:id:okuradesu:20170404210957j:plain

大きなコンサートなんかがあるフェスティバルホールからも近い、こちら、わすれな草は昼も夜も行列が出来る人気店。

 

f:id:okuradesu:20170404211117j:plain

昼はカレー屋さんで行列が出来ます。アイドルタイムを置いて、夕方4時からは立ち飲み屋さんになります。

 

 

f:id:okuradesu:20170405030143j:plain

居酒屋としては土日が休みという事もあり、またこの周りがオフィス街という事もあり、5時くらいからもう行列が出来てしまうという事も珍しくはありません。

この日も16時、開店と同時に私を含めて5人のお客さん。

 

大阪キタ界隈最強の立ち飲み屋の呼び声高し

大阪キタ界隈最強の立ち飲み屋はどこ?と聞かれると必ず名前が上がると言われる超有名店です。

 

定番メニューに加えて、毎日中央卸市場からやってくる日替わりの厳選食材を使った料理が黒板に書かれます。

f:id:okuradesu:20170404211415j:plain

見てください、この安さ

あれも食べたい、これも気になるというメニューがずらりと並びます。

 

 

f:id:okuradesu:20170404212145j:plain

食材の新鮮さはピカイチ。

タコなどはあえて開店直前まで生かしておいて、それから調理します。

〆てから塩もみし、ぬめりを取りますが、この作業が10分以上続きます。

「丁寧に処理しないと、生臭さが残りますから」

と言いながら本当に丁寧に、念入りに、そこまでしなくてもと言いたくなるくらいの仕事がされます。

f:id:okuradesu:20170404212151j:plain

塩をするとその刺激で色が変わったり、ボールから逃げようとします。

 

f:id:okuradesu:20170404212245j:plain

タコは茹でてすぐに氷水で絞められます。

 

f:id:okuradesu:20170404220317j:plain

さぁ何を飲みましょうと言いつつ、やっぱり最初はビールですね。

 

f:id:okuradesu:20170404212403j:plain

かんぱぁいっ!

 

車エビの踊り食いが180円!

そして看板メニュー、車エビの踊り食い180円を注文。

 

f:id:okuradesu:20170404212423j:plain

氷水かと思ったら、なにやら下が白く濁っています。

何かと聞きますと、「それはお酒が入っているんです」との答え。

 

f:id:okuradesu:20170404212435j:plain

見てください。このエビの綺麗な事。

皮を剥くと、 びくびくっ!としますので落とさないように要注意です!

 

f:id:okuradesu:20170404212449j:plain

これは美味しいっ!

もっちりして、プリッとして、そりゃ今まで生きてたんだから当然ですが新鮮この上なし。

噛むと、ビビビッと踊ります。

 

f:id:okuradesu:20170404214811j:plain

頭は塩焼きにしてくれます。

 

とろけるローストビーフの旨味がハンパない

f:id:okuradesu:20170404214649j:plain

もう一つの看板メニュー、ローストビーフを注文。

 

f:id:g-mag:20170607095650j:plain

美味しそうっ!

 

f:id:g-mag:20170607095745j:plain

ウズラの卵の黄身を

f:id:g-mag:20170607095837j:plain

割ると、とろぉりと、

f:id:g-mag:20170607095924j:plain

黄身が流れていきます。

 

f:id:g-mag:20170607100010j:plain

素敵な光景だなぁ。

 

f:id:g-mag:20170607100107j:plain

もうなんやわからんくらいメチャクチャ柔らかくて旨い。

とろけるっ!

生肉が提供できなくなってしまったために、このユッケ風のように見た目も楽しめるように、工夫がしてあります。

単に美味しいだけではないんですね。

・・・、いやしかし、旨いっ。

 

 

f:id:okuradesu:20170404212840j:plain

海老の頭が焼かれてきました。

180円で踊り食いが出来るのも凄いですが、頭も無駄にせずこんなに美味しくしてくれるなんて。

命に、そして手間に感謝です。

そういえば梅田で同じように180円で踊り食いが出来て、頭を塩焼きしてくれるお店がありました。

1年近く前に取材させて頂いた「酒場やまと」さん。

よく話を聞くと、やまとさんは姉妹店だとか。

なぁるほど。

 

良コスパで激旨な居酒屋メニューの数々

f:id:okuradesu:20170404212915j:plain

クレソンサラダ。

 

f:id:okuradesu:20170404212924j:plain

ハモ皮。

 

f:id:okuradesu:20170404213016j:plain

水菜キムチ。

 

f:id:okuradesu:20170404212954j:plain

こちらはタコ生レバー風。

 

f:id:okuradesu:20170404213004j:plain

これも生レバーが提供できなくなってから、せめてそれっぽい物が食べたいというオーダーに応えた一品。

 

ゴマ油と塩が効いていて、さらにあの鮮度が良いタコ。 美味くないわけがない。

 

 

f:id:g-mag:20170607100352j:plain

これも看板メニューのお刺身三種盛り。

お気づきとは思いますが、看板メニューが多いんです。

特にお店が看板メニューとして推しているわけではなくて、ファンのみんなが看板と認めるメニューです。

 

f:id:okuradesu:20170404213209j:plain

シマアジ。

f:id:okuradesu:20170404213211j:plain

おまけで入れてくれたカンパチのハラミ。

もちろん、取材だからおまけしてくれたのではありません。

サービス精神が、旺盛すぎるんです。

 

f:id:okuradesu:20170404213251j:plain

クジラ赤身、

f:id:okuradesu:20170404213331j:plain

真鯛。全部旨い。

これで480円とは!

どれもこれも値段を考えると素晴らしいお値打ち品ばかり。

当然、憶良のコスパが高すぎて、注文時に罪悪感を感じる店に認定させていただきます。

 

f:id:okuradesu:20170404213403j:plain

お酒も進みます。

竹鶴ハイボールと、ビールで乾杯っ!

 

この店に来たら絶対食べたいカレーを使ったメニュー

さて次は、この店に来たら絶対に食べたいメニューはまだあります。

カレーを使ったメニューです。昼間は行列が出来るカレー専門店ですから、美味しくないわけがない。

 

f:id:okuradesu:20170404213439j:plain

これがそのカレーです。

 

f:id:okuradesu:20170404213500j:plain

なんと水を1滴も使わず、トマトとヨーグルトで作ったチキンカレーなのです

これは食べずにはいられない!

 

f:id:okuradesu:20170404213741j:plain

これをリゾットに仕上げます。

 

f:id:okuradesu:20170404213757j:plain

チキンカレーリゾット480円。

 

f:id:okuradesu:20170404213825j:plain

そして、通な人はこの上に出し巻き280円をトッピングするんです。

もちろん単品で頼むのが普通なのでしょう。実際メニューには出し巻き乗せという文字はないのですが、かなりの高確率で組み合わせて頼まれるようです。

 

f:id:okuradesu:20170404213946j:plain

この大スター級の人気メニューが合体した姿が、

f:id:okuradesu:20170404214018j:plain

これだっ!

たまごの色が美しい。

そして包丁を入れるとどれだけ弾力があるかがわかります。

 

f:id:okuradesu:20170404214137j:plain

すっと入った切れ目から見えるのは、とろっとろの玉子。

 

f:id:g-mag:20170607101023j:plain

スプーンで広げていくと・・・

 

いやぁ、もう、勘弁してください。

やられっぱなし状態です。

 

 

f:id:g-mag:20170607101116j:plain

美味しい、美味しい。

たまごのふわふわ度が凄い。

もう、ダメになりそうです。

特製スパイスを振りかけて食べていくと、あっという間になくなってしまいました。

 

さぁ、締めで食べるつもりのメニューも食べたことだし、あとはもう入りませんと言って取材を終えてもいいのですが、

f:id:okuradesu:20170404214437j:plain

見上げた先に自家製の干物を見つけてしまいました。

 

f:id:okuradesu:20170405002938j:plain

下を見ればこれまた人気メニュー、ホルモン煮込み。また食欲が復活してきました。

 

f:id:okuradesu:20170404214956j:plain

思わずエビスを追加で注文。

ついで、車エビの塩焼きを注文しました。

 

本当に罪悪感を感じてしまいます。

f:id:okuradesu:20170404215158j:plain

鮮やかな手つきでエビに串を打ち、塩を打ち、

 

f:id:okuradesu:20170404215201j:plain

「さぁ、これを焼いていきますよ!」

f:id:okuradesu:20170404215246j:plain

踊り食いが出来る車エビを塩焼きするなんて、なんて贅沢な。

しかも、1匹180円!

f:id:okuradesu:20170404215308j:plain

驚いたことに半身が赤くなったこの状態でひっくり返されたエビが、

びくっ!と動きました。

 

f:id:okuradesu:20170404215333j:plain

バーナーで仕上げます。

 

f:id:okuradesu:20170404215435j:plain

うわぁあ、なんて美味しそうなんだ。

頭からかぶり付くと、ミソの香りが口の中で ほわっ、と広がります。

そして、この焼き加減が絶妙。

 

f:id:okuradesu:20170404215514j:plain

銀鱈の西京焼き。

f:id:okuradesu:20170404215540j:plain

メッチャ上品な味。

もう、日本酒が欲しくなる味です。

そして、もう一品、何かお勧めはありますかと聞きますと、

f:id:okuradesu:20170404215601j:plain

推奨メニューは『梅水晶』ですね。との事。

 

f:id:okuradesu:20170404215655j:plain

フカひれと鶏軟骨(ヤゲンまたはカッパ軟骨と言われる部分)と、飛びっ子(トビウオの卵)を梅で和えたという一品。

ポリポリ、ぷりぷり、プチプチと食感が楽しい。

 

f:id:okuradesu:20170404215953j:plain

そしてこの梅の味。

それはもう、

f:id:okuradesu:20170404215739j:plain

日本酒を飲んでね、というメッセージなのでは。

 

f:id:okuradesu:20170404215753j:plain

埼玉のお酒、琵琶のささ浪。

 

f:id:okuradesu:20170404215815j:plain

これも一合入って380円。

 

f:id:okuradesu:20170404215939j:plain

ああ、日本人に生まれてよかったぁと思える味です。

心なしか、日本酒の表面に日本が輝いて見えるのは私だけでしょうか。

 

なにはともあれ、食べたい物はまだまだあったのにお腹がいっぱいです。

ご馳走様でした。

 

「新鮮な物をお安く」がポリシー

最後に副店長さんの佐藤さんにお話をお聞きしました。

憶良 : お店のセールスポイントは。

佐藤さん : いやもう、新鮮な物をお安く、だけです。

憶良 : でも、手間も凄くかかってますよね。

佐藤さん : 新鮮なもの、良いものをぞんざいに扱う事はやっぱりできませんので、いい状態で食べてほしい、という欲求はやっぱりあります。

本当にただ、それだけなんですよ。

憶良 : そこに、料理人の魂を感じますね。

藤さん : だって、勿体ないですよね。

 

そう。

手間を勿体ないと感じるか、食材の魅力を引き出せない事を勿体ないと感じるのか。

そこが誰しも認める人気店と、そうでないお店の分かれ目なのかもわかりません。

f:id:okuradesu:20170405154428j:plain

 佐藤さん : でも、一つ言える事は、お客さんが美味しいと思ってくれ、「ああ、また来よう」と思ってくれる店でありたい。そう思いながら仕事をしている。

それは誇りにしてもいいかな、とは思っています。

憶良 : それはでも、料理を作る人としては理想ですよね。

佐藤さん : そうですね。

また来たよ、この店で美味しい物を食べる事を考えて、それをモチベーションにして頑張って仕事をしてきたんだから、今日は美味しい物を食べさせてね。

なんていわれるともう、一生懸命作ってますのでどうぞ楽しんでいってくださいとなりますよね。

憶良 : そして、自信をもって出したものを食べた瞬間、にこおっっ、て笑われたりなんかすると。

佐藤さん : それはもう、料理人冥利に尽きます。

f:id:okuradesu:20170405154631j:plain

憶良 : 今日はもうお腹一杯ですが、絶対食べたいメニューがまだまだあります。

佐藤さん : ありがとうございます。是非お越しをお待ちしています。

また来てよかった、そう思って頂ける店でありたい。そう考えて日々頑張っていますので、この記事を呼んで頂いている方も是非おこし頂ければと思います。

f:id:okuradesu:20170404220205j:plain

17時を過ぎると、もう店はいっぱいでした。

 

f:id:okuradesu:20170404220216j:plain

こんな時間に酔ってていいのかしらと考えながら帰路につきました。

 

紹介したお店

今回ご紹介したお店には公式Webサイトがありません。

住所 : 大阪大阪市西区江戸堀1-14-1 平和相互肥後橋ビル 1F
TEL : 06-6445-7557

営業は

ランチ 月~土 11:00~14:30

夜   月~金 16:00~24:00

休み  土曜夜、日、祝日

土曜の夜は営業していませんので要注意です。

r.gnavi.co.jp

 

プロフィール

憶良(おくら)  :  元ゲームプランナー、元ゲームプロデューサー。

ゲーム企画講師や駄菓子屋店長などを経て現在に至る。

休日は高速道路を使わずに名古屋から鳥取あたりの温泉に行って浸かり、道中や行先の地元スーパーで珍しい食材を買い込むと例え深夜に帰ったとしても料理する。

その際食べ歩きにも積極的と、食に対してはかなり貪欲。

「美味しいものを食べている時、美味しいものについて話している時に悪いことを考える人はいない。」という持論を持っている。

ブログ:


                             
ページ上部へ戻る