「おかん飯」の一番はコレだ…!「ビーフシチュー」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。最終回となる本日のレシピは「ビーフシチュー」です。レシピはこちら!⇒ポリ袋に塩・蜂蜜、赤ワイン、オリーブ油、粗びきコショウなどをもみ込んだ牛肉と、大きめに切ったニンジン、タマネギ、ローリエを入れて半日以上おきます。フライパンにオリーブ油とバターを熱し、牛肉に小麦粉をまぶして表面を焼き、漬け汁を加えます。これを鍋に入れ湯3カップ、コンソメを入れ、アクを取りながら30~40分煮込む。トマト缶とマッシュルーム、漬けておいた野菜を加えてさらに30分煮込みます。レンジに8分かけたジャガイモとデミグラスソース缶を入れ、温めて、出来上がり。(神田のグルメ洋食・西洋料理

「おかん飯」の一番はコレだ…!「ビーフシチュー」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20181225113449j:plain

今回の料理:「ビーフシチュー」

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

楽しくおいしい5年間

枝元 「おかん飯」ではこれが最後のメニューになりました。

西原 今回にていったんお休みさせていただきます。全部おいしかったなあ。そしてこのビーフシチューもおいしい。なぜこれまで作らなかったのでしょうか。

枝元 煮込むのに時間がかかるし、高いし。でも最後だからパッといったれや!

西原 お肉は赤ワインで漬けておいたんですね。漬けるほどおいしくなるというけれど、本当においしい。どうしてこんなに軟らかいの?

枝元 ワインと香味野菜で漬けたのも良かったんですけど、小麦粉をまぶして焼いて、肉汁を閉じ込めるからね!

西原 すごいフワフワ。中の脂もいい感じです。その下ごしらえで、こんなにもお肉がおいしくなるんだ。

枝元 お店の豪華なお肉もいいけど、こういうふうにいっぱい入っているのも家庭風でいいよね。

西原 煮ちゃえば全部一緒だから、面倒臭いことはしたくないと思うんだけど、やっぱり下ごしらえするとこれだけ味が違うんですね。エダモンに教わる「おかん飯」。5年もやったんですね。

枝元 そうそう。20歳の頃からやっていますもんね(笑い)。

西原 この前、息子が「俺はお母さんの料理が大好きなんだ」ってビール飲みながら私につぶやいたんですよ。うれしくてね。背中で聞いて、返事しなかった。

枝元 もらい泣きしちゃう。

西原 いつも私が帰宅するまで、食べないで待っているんですよ。

枝元 うえーん。

西原 だからうれしくて。エダモンのおかげで料理が上手になりました。本とか見ても上手にならないけど、目の前で手順とか味とか匂いとか五感で見ていると全部覚えちゃう。私、仕事中にスタッフの食事も作るんですけど「料理上手になりましたよね」って褒めてもらったんです。その宝を一生持って、これからもご飯作ります。

枝元 ううっ、本当に楽しかったよお。ありがとうございました。

【構成・矢澤秀範、写真・尾籠章裕】

 

※2013年12月から連載していた「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」は今回で終わります。ご愛読ありがとうございました。単行本5巻は、毎日新聞出版より来年秋ごろに刊行予定です。

 

ビーフシチュー

f:id:g-gourmedia:20181225113445j:plain

材料<4人分>

  • 牛肉(カレー用)      500グラム
  • ニンジン          3本
  • タマネギ          大1個
  • ジャガイモ         3個
  • ローリエ          2枚
  • マッシュルーム       8個
  • A(塩・蜂蜜各小さじ1、赤ワイン1/2カップ、オリーブ油大さじ1、粗びきコショウ少々)
  • ▽固形コンソメ        2個
  • ▽トマト水煮缶詰       1/2缶
  • ▽デミグラスソース      1缶
  • 小麦粉、バター、オリーブ油 各適量

作り方

  1. 牛肉はポリ袋に入れてAをもみ込み、大きめに切ったニンジン、タマネギ、ローリエを入れて半日以上おく。
  2. フライパンオリーブ油とバターを熱し、(1)の牛肉に小麦粉をまぶして表面を焼く。(1)の漬け汁を加える。
  3. 鍋に(2)と湯3カップ、コンソメを入れ、アクを取りながら30~40分煮込む。トマト缶とマッシュルーム、(1)の野菜を加えてさらに30分煮込む。
  4. レンジに8分かけたジャガイモとデミグラスソース缶を入れ、温めて完成。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から2017年3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

  

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る