男子は何でもベーコンで巻けの法則発動!!「カキのベーコン巻き」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。本日のレシピは「カキのベーコン巻き」です。レシピはこちら!⇒カキをボウルに入れて塩水で2、3回ふり洗いして水気をきります。フライパンにオリーブ油を熱し、カキに白ワイン(または酒)少々をふり、ふたをして2~3分蒸します。プルーンの中にはクリームチーズを入れます。ベーコンは半分に切り、カキとプルーンをそれぞれのせて巻き、ようじで留めます。フライパンに油を熱して、カキとプルーンを入れ、転がしながら脂が落ちるまで焼きます。薄切りにしたフランスパンにオリーブ油とバター、ニンニクすり下ろしを塗ってオーブンで焼き、一緒に召し上がれ。(中目黒のグルメ洋食・西洋料理

男子は何でもベーコンで巻けの法則発動!!「カキのベーコン巻き」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20181211142510j:plain

今回の料理:「カキのベーコン巻き」

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

うまみの二重奏

枝元 カキは生っぽいとおいしくないので、先に火を通します。

西原 カキをベーコンで巻くっていう凶悪すぎる組み合わせですね。

枝元 うまみの二重奏や!!

西原 ド豚骨プラス魚介のラーメンみたいですね。男料理のような。

枝元 カキはさっと洗ってから、フライパンで蒸します。蒸した後の残り汁は、煮詰めてパリパリのカキふりかけにするとおいしいですよ。

西原 この貝柱すごくでかくない? こんなカキ、初めて見たんですけど。さぞや高かっただろうな。

枝元 いつもは冷凍だけど、今日は生のカキです。もう、ゴージャス。今年仕事で稼いだお金を今年中に使わなければいけないの(笑い)。

西原 江戸っ子だーい!

枝元 でもカキはお高くて数も足りないから、プルーンも巻いちゃおうと思って用意しました。中にクリームチーズを入れます。人が大勢来るときに、ピックでさして出そう。

西原 これはもうね、某女優が登場するテレビCMのパーティーより上等ですね。そもそも、クラッカーの上に少しずつ違うものをのせたら、余った材料をどうするつもりなのって、子どもの頃から考えていて。

枝元 材料費もかかるし面倒臭い。

西原 スルメを出しておけばいいのよ!マヨネーズと一緒にね。

枝元 そうそう。それではベーコンで巻くよ。

西原 まあ、こじゃれてるー。くるくるくるくる。ベーコンで巻いたカキが口の中で暴れるんですね。

枝元 ベーコンは脂がちょっと落ちるくらいがおいしいので、じっくりと焼きましょう。

西原 超辛口のシャンパンが欲しくなりました。

枝元 カキフライ作るよりも簡単でしょ。

西原 ベーコンが全てを解決してくれますね。おしゃれでゴージャス!

 

【構成・矢澤秀範、写真・尾籠章裕】

 

カキのベーコン巻き

f:id:g-gourmedia:20181211142506j:plain

材料<4人分>

  • カキ           8個
  • ドライプルーン(種抜き) 4個
  • ベーコン         6枚
  • クリームチーズ      30グラム
  • 塩、白ワイン、バター、ニンニクすり下ろし、オリーブ油 各適量
  • フランスパン       適宜

作り方

  1. カキはボウルに入れて塩水で2~3回ふり洗いして水気をきる。フライパンオリーブ油を熱し、カキに白ワイン(または酒)少々をふり、ふたをして2~3分蒸す。プルーンの中にクリームチーズを入れる。
  2. ベーコンは半分に切り、カキとプルーンをそれぞれのせて巻き、ようじで留める。
  3. フライパンに油を熱して(2)を入れ、転がしながら脂が落ちるまで焼く。
  4. 薄切りにしたフランスパンオリーブ油とバター、ニンニクすり下ろしを塗ってオーブンで焼き、(3)といただく。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から2017年3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る