どこのこじゃれた娘さんの食べ物やねん…!「アボカドシュリンプのサンドイッチ」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。本日のレシピは「アボカドシュリンプのサンドイッチ」です。レシピはこちら!⇒むきエビに塩(適量)を加えて水で洗いざるに上げ、紙タオルで押さえて水気を取ります。ボウルに入れて、小麦粉、塩・コショウ、溶き卵、パン粉を順に加えて絡め、フライパンにオリーブ油を熱し、2人分に分けて両面を焼きます。アボカドは半分に切り、種を取って皮をむき、食べやすい大きさに切ります。トースターでパンを焼き、半分にカットしたら、マスタードを塗り、アボカド、エビの順にのせ、マヨネーズ、コショウをかけ、パセリをのせて、付け合わせ野菜と共に器に盛れば出来上がり。(代官山のグルメ洋食・西洋料理

どこのこじゃれた娘さんの食べ物やねん…!「アボカドシュリンプのサンドイッチ」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20181112134053j:plain

今回の料理:「アボカドシュリンプのサンドイッチ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

おしゃれなカフェ

枝元 今日は冷凍の甘エビを使います。小さいけれどおいしいので、まとめればでっかくなります。福井の農家に行ったときに、甘エビを固めてコロッケみたいに揚げたのを食べさせてもらったんだけど、とってもおいしくてね。

西原 ぜいたくー。

枝元 そうなんですよ。まあ、エビが少なかったら他の材料を混ぜてください。解凍して塩で洗い、水気をしっかり取るとぬめりと臭みが取れます。小麦粉、塩・コショウをちょっと入れて、溶き卵を。塩は小さじ半分くらいかな。

西原 かき揚げでもいいですね。

枝元 パン粉をまぶすのは、卵の量が多いのもあるんですが、安定させておく役目もあるんです。

西原 パン粉をこうするっていうのは知らなかった。

枝元 ハンバーグにパン粉を混ぜるじゃないですか。そのようなつもりで。そしたらフライパンで焼きます。これは割れてもよし。

西原 うわー。この世で最もエビフライが好きな私にとって、ものすごく禁断の何かですね、これは。とにかく女子はエビとかアボカドとかチーズばっかり食べていますよね。

枝元 チーズって太るけど、やっぱりおいしいですよね。

西原 ふはははは。

枝元 昔はスタジオで雑誌や本の撮影をすると、昼ご飯の時間をちゃんと取っていたんですよ。みんなでお弁当を注文したりして、その時ちょっと高いサンドイッチ屋に頼むと、必ずアボカドシュリンプサンドを選ぶ人がいてね。「なんだよそれ、肉食っとけ」って思っていたんだけど、ちょっと憧れていたんだよね。今日使うパンはフォカッチャ。冷凍で売っていますが、重宝しますよ。最初にレンジでちょっと温めて、それからトースターでホイルなどで包んで焼くのがベスト。焼き上がったらカットして具材をのせます。付け合わせは赤タマネギにマスタードと油を混ぜたものと、トマトにケチャップとペッパーソースをあえたものです。

西原 まあ、おしゃれなカフェ飯ですね。ネギもゴマ油も入っていないよ。エビとアボカドですよ、どこのこじゃれた娘さんの食べ物やねん。

枝元 インスタ映えー、インスタ映えー!!

西原 ササッと作っただけの付け合わせもおいしいですね。

【構成・矢澤秀範、写真・丸山博】

 

アボカドシュリンプのサンドイッチ

f:id:g-gourmedia:20181112134049j:plain

材料<2人分>

  • むきエビ        150グラム
  • アボカド        1個
  • パン          2個
  • A(小麦粉大さじ2、塩・コショウ各少々、溶き卵1個、パン粉大さじ5)
  • オリーブ油       適量
  • マスタード・マヨネーズ 各適量
  • コショウ        少々
  • イタリアンパセリ    適量
  • 付け合わせ用野菜(トマト、赤タマネギなど) 適宜

作り方

  1. むきエビは塩(適量)を加えて水で洗ってざるに上げ、紙タオルで押さえて水気を取る。ボウルに入れてAを順に加えて絡める。フライパンオリーブ油を熱し、2人分に分けて両面を焼く。
  2. アボカドは半分に切り、種を取って皮をむく。食べやすい大きさに切る。
  3. トースターでパンを焼き、半分にカットする。マスタードを塗り、(2)、(1)の順にのせ、マヨネーズ、コショウをかける。パセリをのせる。付け合わせ野菜と共に器に盛る。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から2017年3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る