食べてハムストリング強化だわっしょい! 「スクワットプラスゆで豚」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。本日のレシピは「スクワットプラスゆで豚」です。 レシピはこちら⇒表面の水気を取った豚肉を、ポリ袋に入れ塩こうじと酒をもみ込み、1時間以上おきます。たこ糸で縛って、水1リットルを入れた鍋で強めの中火に。 沸騰してきたらアクを取り、ふたをして火を弱めの中火にして20分。火を止めてから30分おいて、肉を取り出します。 たこ糸を取り食べやすく切った肉に、ニンニクを薄皮付きのままトースターで焼いて皮をむいて潰したものに、マヨネーズと好みでからし・しょうゆを混ぜたソースをかけて出来上がり。 (新宿のグルメ中華

食べてハムストリング強化だわっしょい! 「スクワットプラスゆで豚」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20180702140534j:plain

 

今回の料理:「スクワットプラスゆで豚」

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

ダイエットのお供に

枝元 西原さんが「りえさん手帖」にも描いていますが、頑張ってダイエットを続けています。筋トレでヒンズースクワットをしているので、スクワット用にたんぱく質を取りましょう。豚もも肉を用意しました。

西原 ハムストリング掛けるハムストリング。医食同源ですね。

枝元 塩こうじに2晩漬けて下味をつけておきました。鍋に入れ、水を足してゆでますね。

西原 お肉は水が沸騰してから入れるって教わったんですけど。

枝元 そうすると表面が先に固まり中まで火が通りにくいと思ってね。沸騰してきたらアクを取ってふたをし、弱めの中火で20分ほどゆでます。これ、ゆで汁も使えるんです。こしてからナンプラーなどで味を調え、「糖質オフ」の麺を入れたら夜食もOKかなと。もともと「おかん飯」はダイエット企画から始まったしね。では、ゆで終わったら縛っていたたこ糸を取り除きます。ほらこれ見て! ボンレスハム状態です。

西原 私がストッキングをはくと、こんな感じになりますね。二の腕もそう。私、ハワイでノースリーブを着て歩いていたら、彼氏に「僕のボンレスハムちゃん。とってもすてき」って言われたんです。本気で言われたから、腹が立つけど怒りようがないんですよ。……もう悔しい!

枝元 「僕のボンレスハムちゃん」って可愛いね。でも「痩せていてきれいな人がいい」って言うような人よりはずっといい!

西原 でもね、今まで20~30年着ていた11号の服がきつくなっちゃってね……。

枝元 11号? まだ全然いいじゃない。(小声で)私この前、15号買っちゃったもん。今日は焼いたニンニクで「アイオリソース」を作ってお肉にかけます。南フランスやスペインでディップなどに使われるマヨネーズ系ソースです。

西原 私、ダイエットにマヨネーズがいいって聞いたんですよ。脂だから。脂がいいんですって!

枝元 えー。どの説を信じたらいいか分からない。

西原 でもね、50歳過ぎたら何やっても効かないの。しょうがないから筋トレになっちゃった。結局、食事制限と運動しかないんですよ。

枝元 そういうことらしいです。この豚もも肉を食べながら、頑張ってスクワットしてください。

西原 わっしょい、わっしょい!!

 

【構成・矢澤秀範、写真・小川昌宏】

 

スクワットプラスゆで豚

f:id:g-gourmedia:20180702140528j:plain

材料<作りやすい分量>

  • 豚もも塊肉         600グラム
  • A(塩こうじ大さじ1と1/2、酒大さじ1)
  • ニンニク          3片
  • マヨネーズ         大さじ4
  • (好みで)練りからし・しょうゆ 各適量

作り方

  1. 豚肉は表面の水気を取り、ポリ袋に入れAをもみ込み、1時間以上おく(1晩漬けるといい。この状態で3日持つ)。たこ糸で縛る。
  2. (1)と水1リットルを鍋に入れ、強めの中火にかける。沸騰してきたらアクを取り、ふたをして火を弱めの中火にし、20分ゆでて火を止める。そのまま30分おいて、肉を取り出す。
  3. ニンニクは薄皮付きのままトースターで6~8分焼き、皮をむいて潰し、マヨネーズと、好みでからし・しょうゆを混ぜ、たこ糸を取り食べやすく切った肉にかける。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から2017年3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る