年明け早々、食欲全開…!「餅カナッペ」と「ショウガ焼き」と「白あえ」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。スペシャルゲスト、DJみそしるとMCごはんさんを迎えた本日のレシピはなんと3品!「餅カナッペ」と「ショウガ焼き」と「白あえ」です。まずはエダモンことを枝元なほみさんがお正月のお餅の残りを片付けるレシピを、そしてDJみそしるとMCごはんさんのヒップホップでレシピを展開するメニューが続きます。歌で覚えていると作れるもんですので、ぜひお試しを!(鎌倉のグルメ居酒屋

年明け早々、食欲全開…!「餅カナッペ」と「ショウガ焼き」と「白あえ」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20180109132208j:plain

今回の料理:餅カナッペ、ショウガ焼き、白あえ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

ヒップホップでレシピに挑戦 DJみそしるとMCごはんさん

西原 明けましておめでとうございます。今年もよく太りましょうね、皆さん。

枝元 今年もよろしくお願いします。(西原さんのクマのかぶり物を見て)クマ年でしたか?

西原 今年のえとにちなんだ「いぬ」と似たようなもので、穴から出てきて飢えています。

枝元 年明け早々、食欲全開ですね。お正月特集の今回、すてきなゲストが遊びに来てくれました。

西原 可愛くてフレッシュ。平均年齢をガッツリ下げました。

みそ お邪魔します。DJみそしるとMCごはんです。「おみそはん」と呼んでください。

枝元 イエーイ。

西原 さて、踊らなきゃ。

枝元 せーのっ!

3人 パッ!パッ!パラライス パラライス(「ライスマイル」より)

  ◇

枝元 お餅が残っていると思うので、カナッペ風にします。半分に切った餅と輪切りにしたレンコンを、こんがりと焼いて重ねます。

みそ 穴に何か詰めますか?

枝元 いや。面倒臭いもーん!

みそ そっかあ。私、「おかん飯」を愛読しているのですが、確かにエダモンさんの料理は面倒臭くなくていいですよね。

枝元 すいません、エヘヘ。餅の上には明太子とかイクラとかを好きにのせてください。

西原 すごいおしゃれ。

みそ かっこいい。おいしそう。「インスタ映え」しますね。

西原 おしゃれなパーティー丸出しよ。レンコンと合いますね。

みそ 豪華な味がする。

枝元 重ねただけなのにね!

  ◇

枝元 おみそはんに腕を振るってもらいます。

みそ はい! 最新のアルバムに入った「CITY RiCE」という曲で「チャッチャとできる生姜(しょうが)焼き」のレシピを歌っています。タマネギとショウガをフライパンの中に直接スライスして入れて、酒とみりん、しょうゆを加えてお肉を入れるだけなんです。

西原 意地でもまな板を使わないという作戦ですね。

みそ すぐに作れるし、去年一番作った料理なんです。

西原 スライサーは深追い派でしょうか、それともさっさとやめる派でしょうか?

枝元 気を付けてね。本当にスライサー、危ないからねー。理恵子ちゃんだって切ったのよ。

西原 深追い派で、しょっちゅう私の爪が入っているんだから。

枝元 お母さんは、もうこんなことしてくれているだけで十分にうれしいわ(涙)。

みそ ははは、ありがとうございます。今度は自分の母にも料理を作ってあげたいです。

枝元 ところで、何でヒップホップを始めたんですか?

みそ 言葉数が多くてメッセージ性が高いから、レシピ以外のことも歌えると思って。お母さんの気持ち、愛情とかも曲の中に込めています。

枝元 うんうん(涙)。

みそ 最後にお肉を入れて、火が通れば完成です。ご飯に合います。

西原 この豚バラ肉の脂が誘ってやがるぜ。意外とけっこうタマネギの水分が出ますね。

みそ つゆだくです。これをご飯にのせて、キャベツと一緒に食べるのが好きなんです。

西原 おいしい。ショウガが利いている。こんなにいっぱい入れていいんだ。うちでもやってみる。

みそ うれしい、良かった。

枝元 お汁もたくさんだから、ドレッシングかけなくていいね。

  ◇

みそ 「白和(あ)え」という曲を基に作っていきます。お正月だから、富士山のように重箱に盛りつけたいと思います。サビを歌います。白和えパーティーだ! アーイエーって感じです。「豆腐おおきめにちぎって茹(ゆ)でる」とか「塩・酒・醤油(しょうゆ)に砂糖はマスト」とかも出てくるんです。

枝元 オーケー! 歌で覚えていると作れるもんだね。白あえって、日本版野菜サラダですね。

みそ ゴマじゃなくてクルミやカシューナッツでもできるのかな。サラダバーみたいなのあるじゃないですか。似たように白あえバーがあったらいいですよね。豆腐も絹か木綿か選べて。

西原 うん、絶対いい。女子の味方。いくら食べてもいいですよ。

みそ 罪悪感ないですよね。

枝元 年末からお正月にかけて、ちょっとウエストが大きくなっちゃったなっていうときにもいいですね。

 

【構成・中川聡子、写真・丸山博】

 

 

餅カナッペ

f:id:g-gourmedia:20180109132204j:plain

材料

  • 切り餅      6個
  • レンコン     1と1/2節
  • 明太子      1/2腹
  • イクラ      40グラム
  • 油・マヨネーズ  各適量
  • 塩・ユズ皮・セリ 各少々

作り方

  1. レンコンは皮をむかずに5ミリ厚さに切り、油をひいたフライパンで両面をこんがりと焼き、塩を少々ふって取り出す。
  2. フライパンに油を追加し、餅を半分に切って強めの中火で焼く。両面がこんがりして膨らんだら取り出す。
  3. レンコンに餅を重ね、6個にマヨネーズを絞り明太子をのせ、セリの葉先を飾る。残り6個にイクラとユズ皮をのせる。

ショウガ焼き

f:id:g-gourmedia:20180109132211j:plain

材料

  • 豚バラ薄切り肉 200グラム
  • タマネギ    1個
  • ショウガ    60~80グラム
  • A(しょうゆ・酒・みりん各大さじ2)
  • キャベツ    1/6玉

作り方

  1. フライパンにスライスしたタマネギとショウガ、Aを入れる。
  2. 中火にして沸々してきたら豚肉を広げながら入れる。
  3. ふたをして弱火にし、肉に火が通ったら完成。千切りキャベツを敷いた皿に盛り付ける。

白和え

材料

  • 木綿豆腐  1丁
  • ゴマ    大さじ2~3
  • コンニャク 120グラム(1/2枚)
  • ほうれん草 200グラム
  • ニンジン  1/3本
  • A(砂糖・しょうゆ各大さじ1)
  • B(砂糖大さじ2、酒大さじ1、しょうゆ・塩各小さじ1)

作り方

  1. コンニャクとニンジンは3センチの拍子木切りにしてそれぞれ下ゆでする。ほうれん草はゆでてから長さ3センチに切る。
  2. 豆腐は大きめにちぎり、沸騰した湯の中に入れ、水が出てきたら引き上げる。
  3. 小鍋にAを入れ、1.の具材を入れて下味を付ける。
  4. すり鉢で煎ったゴマをすり、2.の豆腐を加えて更にする。Bを加え、混ぜて味を均等にしたら3.を入れる。

人物略歴 

f:id:g-gourmedia:20180109132201j:plain

DJみそしるとMCごはん

料理と音楽の新たな楽しみ方を提案するヒップホップミュージシャン。1989年、静岡県生まれ。女子栄養大学在学中に料理レシピとヒップホップを融合させた音楽を発表。2013年にメジャーデビューし、14年からNHK・Eテレ「ごちそんぐDJ」に出演している。最新アルバム『コメニケーション』を発売。

 

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から2017年3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る