何を巻いてもおいしくなるスグレモノ!「ギョーザ皮の肉巻き焼き」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「ギョーザ皮の肉巻き焼き」。中途半端に余ることがある餃子の皮で肉巻きスティックを作ります。お肉は安い豚コマを使用。軽く塩コショウしたお肉を餃子の皮で棒状に巻いたらフライパンへ。焼き色がついたら蒸し焼きにして、塩コショウ味と照り焼きを半分ずつ作ります。おつまみとおかずにぴったりなんです。(表参道・青山のグルメ中華)

何を巻いてもおいしくなるスグレモノ!「ギョーザ皮の肉巻き焼き」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20171205125815j:plain

 

 今回の料理:ギョーザ皮の肉巻き焼き

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

魅惑のスティック

枝元 中途半端に余ることがあるギョーザ皮で肉巻きスティックを作ります。安い豚コマでね。

西原 豚コマ肉って、炒めると硬くなるから困っていたんです。

枝元 先に軽く塩コショウをしておきました。皮の手前から4分の3まで肉をのせ、手前からグルグルグルグルッと巻いていきます。

西原 私、ギョーザの中身と皮のバランスが合ったためしがない。それをピタッと合わせられないかしら。

枝元 私、最近それができるようになった。中身を何等分かにして、初めに皮の分量に分割しておくの。

西原 さまざまなものをたくさん切るから、どのくらいの量になるか見当がつかないうえ、そういうときに限って家族が手伝い始めて「この量じゃない」とか言いながら、変なハンバーガーみたいになったりして。保存容器に残り物を入れるときに、明らかに自分の目分量と合わないときの悔しさと一緒。

枝元 へへ、それも上手になったよ。

西原 素晴らしい。何年やっているの私?って、そのたびに腹が立って。

枝元 フライパンには巻き終わりの部分を下にして入れます。ちょうど皮1袋で20本、フライパンに敷き詰められました。

西原 ぴったり!

枝元 塩コショウで食べるのと、甘辛にした2種類の味にしますね。焼き色が付いたら酒と水を大さじ2ずつ入れて、蓋(ふた)をして弱火で3分くらい蒸し焼きにします。

西原 この後、もういっぺんパリパリにするんですか。

枝元 蓋を取ってちょっと強火に。半分はフライパンから取り出して、シンプルに塩コショウ&ガーリックパウダーで味付けを。残りは砂糖、みりん、しょうゆを加えて絡め、テリテリにします。

西原 うーん、焼いただけなのに、こんなにおいしい。

枝元 シンプル味はおつまみになりますね。甘辛のほうは、ご飯のおかずになるかも。

西原 枝元さんさっきね、冬だからってリップクリームを塗っていましたけれど、この豚の照りでいいんじゃないですかね。

枝元 おほほほほっ。

西原 お弁当のおかずにもなる。

枝元 うん、いいっすね。シンプル味のほうは、酢じょうゆで食べると野菜のないギョーザみたい。どっちも簡単なので、試してみてね。

 

【構成・矢澤秀範、写真・根岸基弘】

 

 

ギョーザ皮の肉巻き焼き

f:id:g-gourmedia:20171205125809j:plain

材料(2人分)

  • ギョーザ皮  1袋
  • 豚コマ肉   250グラム
  • A(塩小さじ1/4、コショウ・ガーリックパウダー各少々)
  • B(砂糖小さじ2、みりん・しょうゆ各大さじ1と1/2)
  • 塩・コショウ 各少々
  • 酒・水    各大さじ2
  • 油      大さじ2

作り方

  1. 塩・コショウを軽く振った豚コマ肉をギョーザ皮にのせ、棒状に巻く。
  2. フライパンに油を熱し、1.の両面を焼く。焼き色が付いたら酒と水を入れて蓋をし、弱火で3分ほど蒸し焼きにする。
  3. 蓋を開けて水気を飛ばし、半分を皿に出し、Aをかける。残りはBを加えて絡めて仕上げ、好みで小ネギをふる。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る