豚の脂の白米泥棒っぷりがすげえ…!豚肉の照り焼き、略して「トンテリ」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「豚肉の照り焼き」。豚肉に長芋を挟んで「テリシャク」な味と食感を楽しみましょう!ジャガイモだと火の通りを心配しないといけないですが、ナガイモなら生でもいけますよ。みりんや砂糖の力を借りて照りっ照りに仕上げましょう。最後はマヨネーズを注入!脂のおいしさを楽しめる間違いないレシピです。(鎌倉のグルメ和食

豚の脂の白米泥棒っぷりがすげえ…!豚肉の照り焼き、略して「トンテリ」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20171010090649j:plain

今回の料理:豚肉の照り焼き

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

テリテリにマヨ投入

枝元 では豚肉の照り焼き、略して「トンテリ」いきます。

西原 トンテリって名前、可愛いですね。商標登録したい。

枝元 広げた豚肉の上にスライスしたナガイモをのせ、肉を半分に折りたたみ、かたくり粉をまぶします。お肉は肩ロースが向いています。

西原 私、肩ロース以外の豚肉はあまり認めません。

枝元 本当ですか、バラもおいしいっすよ。

西原 おいしいんですけど、脂が多すぎて。脂の少ないバラ肉はどこに売っているんだろうって、いつも思います。とにかく肩ロースが一番軟らかくて、脂もサシも適度に入っていて、お値段的にも良くてね。

枝元 ちょっと厚いナガイモも入れてみます。シャクッとした感触が良いのです。ジャガイモだと火の通りを心配しないといけませんが、ナガイモなら生でもいけるから。

西原 照り焼きは、かたくり粉をつけると家族みんなの評判がいいです。縮まないし、タレもよく吸う。

枝元 絡んでテリテリしやすい。

西原 口触りも良くてね。

枝元 豚肉はフライパンに入れて縁が色付いてきたらひっくり返します。こんがりと色が付くまで焼いたら、砂糖、酒、みりん、しょうゆの順に加えて絡ませます。

西原 いい音。おいしいお風呂にお肉が入っているみたい。

枝元 火を止めたら、レタスをのせた器に移します。

西原 トンテリちゃんがテリテリしています。

枝元 これ、みりんや砂糖の照りかなって思うけれど、実はけっこうな率で脂の照りなんですよ。あっと我に返る時があるんです。いけないことしているんだって。

西原 浮気するならこっちでしょ。

枝元 甘いものじゃなくてね。盛り付けたらマヨネーズをかけます。

西原 ここでマヨネ! ここにまた油の塊を投入するんですね。のど越しが良すぎて大変じゃないですか!

枝元 滑るよー。最後にサンショウを振りましょう。

西原 ナガイモが中でシャクシャクして白米に合う。麦とろご飯みたいな感じ。でもこのテリテリは脂なんですよね?

枝元 あなたをテカテカにしたい。

西原 エダモン、顔が脂まみれ。どんな化粧水よりも脂ね!

枝元 お肌にいいよー。

【構成・矢澤秀範、写真・竹内紀臣】

 

 

豚肉の照り焼き

f:id:g-gourmedia:20171010091620j:plain

 

材料(4人分)

  • 豚肩ロース肉(薄切り) 300グラム
  • ナガイモ        1/2本(250グラム)
  • 塩・コショウ      各少々
  • かたくり粉       適量
  • A(砂糖小さじ2、酒・みりん・しょうゆ各大さじ2と1/2)
  • レタス         3枚
  • マヨネーズ・サンショウ 各適量

作り方

  1. 広げた豚肉にスライスしたナガイモ5~6枚をのせて半分に折りたたむ。塩・コショウを少々振り、かたくり粉を薄くまぶす。
  2. フライパンに油を熱し、1.の両面を香ばしく焼き、Aを順に加えて絡ませる。
  3. レタスの上に盛り付け、マヨネーズ、サンショウをかける。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る