焼きそばにも、ご飯にも、冷奴にもいける!「ゴーヤーのつくだ煮」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは、焼きそばにも、ご飯にも、冷奴にもいける「ゴーヤーのつくだ煮」です。夏の日よけの緑のカーテンでたくさんできちゃったという人のために、今回は保存のきく濃い味のつくだ煮を紹介します!(仙台のグルメ沖縄料理

焼きそばにも、ご飯にも、冷奴にもいける!「ゴーヤーのつくだ煮」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170912112053j:plain

今回の料理:ゴーヤーのつくだ煮

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

苦みがおいしい

西原 ゴーヤーを夏の日よけの「緑のカーテン」にすると、あんな熱いアスファルトの上でどうしてこんな実をつけることができるのっていうくらい実がなりますね。

枝元 たくさんできちゃったという人のために、今回は保存のきく濃い味のつくだ煮です。

西原 青々とした匂いがする。

枝元 私が一番好きなのは、まだ緑のトマトの匂い。本当に鼻をうずめてもいいとさえ思うくらい好きで、香水を作ってほしいなって。ゴーヤーは縦半分に切ってから小口切りに。

西原 このきれいな緑色も好き。

枝元 チャンプルーで食べると、この内側のクリッとしたところがあるじゃないですか。それがミミガーみたいですごく好き。ゴーヤーは体に良いしね! 材料はゴーヤーと刻んだショウガとツナ缶です。今日は大きいの2本なので、小さいツナ缶を2個使います。

西原 ゴーヤー1本にツナ缶一つ。分かりやすいですね。

枝元 お湯を沸かし、ゴーヤーをゆでこぼします。ゴーヤーの栄養のビタミンCが落ちちゃうんだけど、こうするとその分、倍ぐらいの量を食べられるから、一緒だと思って!

西原 苦みを取るわけですね。塩水につけるのではなくて?

枝元 どっちも一緒だけど、ゆでこぼしたほうが苦みが取れます。鍋に塩をちょっと入れて、ドバッとゴーヤーを。再沸騰させて色が鮮やかになるくらい30~40秒ゆでて、氷水にとって一気に冷まします。

西原 きれいな色だなあ。

枝元 フライパンにはまずサラダ油とショウガを入れます。水気を絞ったゴーヤーを入れて、つやつやしてきて温まったら調味料を入れます。今回は私の好みで甘みを少なくするので、酒大さじ4、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ1と2分の1。あれば薄口しょうゆでね。それからツナを入れ、水分が飛ぶまで炒めます。ジャコでもサバ缶でもおいしい。日持ちもするし、冷凍しても味が変わりにくい。最後にゴマと一味唐辛子をかけて。

西原 ゴーヤーとツナって合う!

枝元 おかかでもいいよ。

西原 これで焼きそばもいけます。

枝元 ご飯と一緒でもおいしい。

西原 大人になるとこの苦みがいいですね。冷ややっこに乗せても絶対においしい。

 

【構成・矢澤秀範、写真・根岸基弘】

 

 

ゴーヤーのつくだ煮

f:id:g-gourmedia:20170912112052j:plain

材料(4人分)

  • ゴーヤー  大2本(計600グラム)
  • ショウガ  1片
  • ツナ缶   小2個
  • A(酒大さじ4、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ1と1/2)
  • サラダ油  適量
  • ゴマ    大さじ2
  • 一味唐辛子 適量

作り方

  1. ゴーヤーは種とワタをスプーンですくい取り、縦半分に切ってから小口切り。鍋でサッとゆでて冷水に取り、冷まして水気を絞る。
  2. フライパンにサラダ油と千切りにしたショウガを入れ、1.のゴーヤーを炒める。つややかに温まったらAとツナ缶を入れ、しんなりするまで炒める。
  3. ゴマと一味唐辛子を振りかけて完成。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る