夏休みで退屈してる子どもと一緒にキッチンへ!本日のレシピは「豆腐パン」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「豆腐パン」。夏休みで退屈しているお子さんと一緒にさあキッチンへ!むか~しお婆ちゃんに作ってもらったハンバーガーって、こんな味だったかも…と懐かしい気分になりそうです。レシピではランチョンミートとキュウリとマヨネーズを挟んでますが、肉味噌や小さいハンバーグ、クリームチーズとジャムでも美味しいですよ。夏休み、お子さんとぜひお試しを!(表参道のグルメハンバーガー

夏休みで退屈してる子どもと一緒にキッチンへ!本日のレシピは「豆腐パン」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170724194317j:plain

 

今回の料理:豆腐パン

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

子どもと楽しく作ろう

枝元 夏休みで退屈している子どもと一緒にさあキッチンへ。今日のメニューは豆腐パン。薄力粉と塩、ベーキングパウダーを混ぜたところに豆腐、溶き卵を入れ、混ぜてから手で丸めます。

西原 お菓子作りの好きなお母さんが「子どもとケーキを作るのが夢だった」とこういうのやるじゃん。すると子どもの汚い手がピッカピカになる。その練った手でキッチン触りまくって、鼻くそほじくったり、男の子だと急に怪獣が出てきたりして、ベチャベチャ飛ばしたり。

枝元 わっはっは。丸めるときは手に油を。粉っぽさがなくなったら8等分にして丸めます。

西原 昔うちのお父さんが、こういうのでドーナツを作ってくれました。天ぷらで残った真っ黒い油で。延ばしてからおわんとおちょこで真ん中をくりぬいて揚げるの。

枝元 子どもの頃一緒に作ったものって覚えてますよね。これをフライパンで焼きますが、オーブンペーパーを敷くと火の当たりがやわらかい。強めの中火くらいで蒸気が出てきたら弱火にして8分焼き、裏返して7~8分さらに焼きます。

西原 おやきみたい。和物の匂いがしますね。おばあちゃんっぽい。

枝元 竹串を刺して生地がくっつかなければ大丈夫。このまま半分に切ってもいいけど、イングリッシュマフィンだとこんなふうにフォークでくるりと1周させて割りますよね。

西原 そうやると潰れなくて済むんだ。あっ、めっちゃ豆腐の匂い。イギリスの香りを期待したのに……。これはおばあちゃんの蒸しパンだ。

枝元 今回挟んだのは、ランチョンミートとピーラーでカットしたキュウリとマヨネーズ。肉みそや小さなハンバーグでもおいしいですよ。クリームチーズとジャムを挟んだのも作ってみました。豆腐味ですけど。

西原 かわいい形ですね。

枝元 三角の旗を立てましょか。西原さんに絵を描いてもらおうっと。

西原 おしゃれな喫茶店で出てくるマフィンみたいなのを期待して食べてみると、まるでおばあちゃんの味。懐かしい味です。

 

【構成・矢澤秀範、写真・根岸基弘】

 

 

豆腐パン

f:id:g-gourmedia:20170724194318j:plain

材料(2人分)大は大さじ小は小さじ

  • 絹ごし豆腐 1/3丁(100グラム)
  • 溶き卵   1個分
  • A(薄力粉2カップ、ベーキングパウダー小1と1/2、塩小1/3、油大1と1/2)

作り方

  1. ボウルにAを入れて混ぜ、豆腐と溶き卵を入れて水分が見えなくなるまで混ぜる。
  2. 手に油を付けて8等分してから1.を丸める。
  3. フライパンにオーブンペーパーを敷き、2.を並べてふたをして中火にかける。蒸気が出たら弱火にして片面8分ずつ焼く。
  4. 焼けたパンの厚みを半分に割る。
  5. ランチョンミートを焼いてのせ、薄切りキュウリにマヨネーズを絞る(分量外)。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る